Cover_Lingua_vol.6 no.1 Mei 2012.FH11

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Cover_Lingua_vol.6 no.1 Mei 2012.FH11"

Transcription

1 Lingua JURNAL ISSN cultura Vol. 6 No. 1 Mei 2012 Jurnal Lingua Cultura Vol. 6 No. 1 Hlm Jakarta Mei 2012 ISSN

2 Lingua JURNAL ISSN cultura Vol. 6 No. 1 Mei 2012 Ketua Dewan Redaksi Akun, S.Pd., M.Hum. Dewan Redaksi Dra. Ienneke Indra Dewi, S.Th., M.Hum. Dra. Endang Ernawati, M.Lib. Risa Rumentha Simanjuntak, S.S., M.App.Ling., M.A. Andyni Khosasih, S.E., B.A., M.Lit. Cendrawaty Tjong, B.A., M.Lit. Sofi Zhang, B.A., M.Lit. Dra. Nalti Novianti, M.Si Rosita Ningrum, S.S., M.Pd Mitra Bestari Prof. Bahren Umar Siregar, Ph.D. (Atmajaya University Jakarta) Indonesia Dra. Ekawati M. Dukut, M.Hum. (Unika Soegijapranata semarang) Indonesia Associate Prof. Ariel Heryanto,m Ph.D. (Australian National University) Australia Associate Prof. Yousif A. Elhindi, Ph.D. (East Tennessee State University) USA Max M. Richter, Ph.D (Monash University) Australia Associate Prof. Wang Zhili, Ph.D. (Xiamen University) China Associate Prof. Zhang Shenglin, B.A., M.A. (Huaqiao University) China Ma Feng, B.A., M.Lit.(Universiti Tunku Abdul Rahman) Malaysia Fu Ruomei, B.A., M.Lit. (Binus University) Indonesia Livia Vasantadjaja, B.A., M.Lit. (Universitas Kristen Maranatha) Indonesia Elisa, B.A., M.Lit.(Universitas Kristen Petra) Indonesia Dr. Bambang Wibawarta S.S., M.A. (Universitas Indonesia) Dr. Ekayani Tobing M.Si (STBA LIA) Indonesia Prof. Dr. Sheddy Nagara Tjandra, M.A (BINUS University) Indonesia Editor Bahasa dan Setter Dra. Endang Ernawati, M.Lib. Nuriana Firda, S.S. Holil Angga Ferdiansyah Sekretariat: Hery Harjono Muljo, S.Kom. Alamat Redaksi: Subcenter Publikasi Ilmiah Bidang Sastra Research Office Universitas Bina Nusantara Kampus Anggrek Jl. Kebon Jeruk Raya No.27 Kebon Jeruk Jakarta Barat Telp (ext. 1189) Fax

3 Lingua JURNAL ISSN cultura Vol. 6 No. 1 Mei 2012 DAFTAR ISI Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling Errors in English Ads And Fallacious Trends of Job Advertisements in Jakarta Anton Sutandio Monkey Dance Transformation and Displacement: From Traditional Performance to Urban Everydayness Almodad B. Asmani Evaluating The Usefulness of an English Course at Binus University: Freshmen s Perspectives Quantitative Approach Hiroaki Chijiiwa Saying I Know You Conversational Analysis on Internet-Chatting By Dating Couples Nalti Novianti Majas Eufimisme dalam Kamigata Rakugo Karya Katsura Beicho Rosita Ningrum Efektifitas Mind Mapping dalam Pembelajaran Kosakata Bahasa Jepang pada Pemelajar Tingkat Dasar Mariana Evolution of the Women Images in Chi Li s Novel Fu Ruomei The Usability of Bridge-A Course Book of Intermediate Practical Chinese at Chinese Department Binus University Zhang Shenglin; Yi Ying The Condition of Mandarin Language Learning in Indonesia Anna Seo Xu Guangqi s Thought on Supplementing Confucianism with Christianity

4 ERRORS IN ENGLISH ADS AND FALLACIOUS TRENDS OF JOB ADVERTISEMENTS IN JAKARTA Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling Faculty of Letters Universitas Kristen Indonesia Jakarta Jl. Mayjen Sutoyo 2, Cawang, Jakarta ABSTRACT Article investigated the errors found in job advertisements from Kompas newspapers and the fallacious trends. The methodology used in this paper was descriptive qualitative. Data were gathered randomly from job advertisements from Kompas in The data were analyzed through the following steps: first, the data were gathered and classified into errors from L1 interference, and errors from lack of grammatical knowledge. After causes of errors were explained, then the fallacious trends were described. Data showed the inconsistency of translating Job s titles because of L1 interference. Errors due to lack of grammatical knowledge were classified into four categories of omission, addition, and substitution. From 44 data of omission and addition, the inflection (ending s and -ed) mostly occured. There were 24 cases found from the errors of substitution regarding the class words, preposition, and agreement. Fallacious trends that Job s ads written in English that were free from errors proved to be contrary to the fact. Keywords: job advertisement, English ads, fallacious trends, job advertisement. ABSTRAK Artikel menjelaskan penelitian tentang kesalahan yang ditemukan dalam iklan lowongan pekerjaan dari koran Kompas dan kesalahan pandangan mengenai lowongan pekerjaan berbahasa Inggris. Metodologi yang digunakan adalah deskriptif kualitatif. Data dianalisis melalui langkah berikut. Pertama data dikumpulkan dan dikelompokkan sesuai kesalahan karena pengaruh bahasa pertama dan kesalahan karena kurangnya pengetahuan tata bahasa. Sesudah kesalahan tersebut dijelaskan, kemudian kesalahan pandangan mengenai lowongan pekerjaan berbahasa Inggris dijabarkan. Data menunjukkan adanya kesalahan menerjemahkan nama pekerjaan. Kesalahan karena tata bahasa dibagi menjadi tiga yaitu pengurangan, penambahan, dan substitusi. Dari 44 data, kesalahan pengurangan dan penambahan yang terbanyak adalah infleksi (akhiran s, dan ed). Dari 24 data kesalahan substitusi, yang terbanyak adalah kesalahan kelas kata, preposisi, dan kesesuaian antara subjek dan kata kerja. Dengan demikian terbukti bahwa lowongan pekerjaan berbahasa Inggris tidak lepas dari kesalahan. Kata kunci: iklan lowongan pekerjaan, iklan berbahasa Inggris, fallacious trends. Errors in English.. (Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling) 1

5 INTRODUCTION English as an international language has been widely used in almost all fields, including advertisements. Choices of using English rather than Indonesian indicate privilege, prestige, and mingles. Lie (Kompas, 2002) stated that English has become an elite language in some developing countries and it has a relationship with the social stratification in that community. Everything that sounds English is greatly fancied because it may leave a first-class impression. As Gunarwan (Kompas 2003), a sociolinguist, mentioned, to be in a high class society in the global world, Indonesian people must be able to speak English. Job advertisements in Indonesia are mostly written in English. As an example, from 350 job advertisements randomly taken from three editions of Kompas local newspapers in Jakarta 196 (56%) are written in English, 142 (41%) in Indonesian language (Bahasa) with English job titles, and only 12 (3%) purely in Indonesian. It shows that English is very popular in job ads in Kompas, the most reputable newspapers in Indonesia. English is one of important requirements to get good jobs, obtain better positions, and have higher income. English does not only mean that the applicants should be able to speak English, but it also indicates that the company which publishes the ads is respectable, reliable and reputable. Advertisement is a public notice or announcement, usually paid for, as of things for sale, needs, etc. (Webster s New World College Dictionary). In job ads, the potential customers are the job seekers. To persuade them to read the ads, the advertisement titles are written in English, such as Urgently Required, Challenging Opportunity, Excellent Opportunity, and Walk in Interview. Besides, to make the ads more interesting, most job titles are also written in English, like Electrician, Logistic Manager, and Human Resource Staff instead of Tehnisi Listrik, Manajer Logistik, and Staf Sumber Daya Manusia. Subsequently, it is not surprising that many job advertisements in Kompas newspapers, whose English content is supposed to pass the good image of the companies, turns out to contain a lot of errors. These errors, however, usually are not people s attention because of the false believe, that published job advertisements in English, especially in reputable newspapers like Kompas, must have been free of errors. The fallacious trend of using English advertisement seems normal and accepted as long as people can understand the idea or the message. This makes the errors in job advertisements arise repeatedly. Since Indonesian language has several differences from English in its morphological level and syntactical level, so the phenomenon of the source language becomes common errors in using English in advertisements. This phenomenon is frequently labeled with a L1 interference, as sometimes we can find the expression like Join With Us (* to join with our. kompas 19 july 2008 p.51). The error with appears probably because the literal translation of Bergabunglah dengan kami. The appropriate statement should be Join us without the word with. This type of error, eventhough seems minor, indicates a sign of not having adequate grammatical knowledge. It indicates that it is very important to edit the language use of English in job advertisements in daily Kompas. Review of Related Literature Some studies have been conducted concerning errors produced by those who use English as a second or foreign language, especially students. Fauziati (2003) found interlanguage errors in English Textbooks for Junior High School Students in Surakarta. From the errors in the area of vocabulary and grammar, she stated that the English used in those textbooks were still at the level of interlanguage (resemble to the first language). 2 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 1-13

6 Gustinefa (2007) carried out a research of Error Analysis on learners journal writings. She found out that most of the errors occured was the result of intralingual transfer (overgeneralization, simplification, and incomplete knowledge of English/ grammatical rules) rather than interlanguage (interference from the native language). She classified the errors into 4 categories: addition, omission, substitution, and ordering. From those categories, the errors of substitution was the most frequently committed by the EFL learners. Regarding the errors from the linguistics point of view, Nobles (2006) explains the top grammar errors haunt Web pages. She explained the errors mostly occur in the Web including puctuation (it s = it is, periods or commas, and hypen); spelling ( vs. ), and S-V agreement (singular plural). Stojanovska-Ilievska (2007) goes over the errors made by Macedonian learners of English that includes grammar (tenses and subject deleted); vocabulary (no one to one translation equivalents between Macedonian and English); pronunciation (long and short vowels); and spelling (consonants, vowels, and diphtongs). Some studies concerning fallacy mostly discuss a kind of error in reasoning from phylosophy or logic point of view (Gregwright, Paul 2005) like Ad hominem (meaning "against the person") attacks the person and not the issue, or Bandwagon creates the impression that everybody is doing it and so should you [means that we usually imitate what other person does]. Sgarbossa (2006) explains the logical fallacies and ethics in everyday language. In her study, she gives explanation that fallacious arguments can point to seemingly compelling conclusions that are, however, invalid and often misaligned with ethical principles. By focusing on the inextricable link between ethics and language, her article reviews some of the most common logical fallacies to help in detecting (and avoiding) them. Crawford (1997) conducted a research of ten common fallacies about bilingual education which does not relate to the fallacy of philosophy. He discusses the fallacies of bilingual education, which led to some assumptions, that there are a number of commonly held beliefs about bilingual education that run counter to research findings. Based on his research, he clarifies some of the myths and misconceptions surrounding language use and bilingual education in the United States. METHODOLOGY This study investigates the errors found in job advertisements from Kompas newspapers and the fallacious trends. The methodology used in this paper is descriptive qualitative. Data are gathered randomly from job advertisements from Kompas in Types of job advertisements found in Kompas consist of 4 types: Ad1 ) purely in English; Ad2) advertisement titles and job titles in English; Ad3) Only job titles in English; and Ad4) purely in Indonesian. The data used are taken only from Ad1, Ad2, and Ad3. The data are analyzed through the following steps: first, the data are gathered and classified into errors from L1 interference like literal translation especially in job titles, and errors from lack of grammatical knowledge. After that, the causes of errors are explained. Finally the fallacious trends are described. This investigation then, divided into two parts: the errors and fallacious trends of job advertisements written in English in Kompas newspapers. Corder 1973 (in Lengo 1995) refers to errors as breaches of the code. Errors deviate from what is regarded as the norm. The norm here means the deviation of grammatical rules. The fallacious trend in this study, however, has no connection with the fallacies of philosophy mentioned above. The word fallacious, taken from fallacy, means a false or mistaken idea or opinion (Webster s new world college dictionary). The fallacious trend refers to the false belief of using English in job advertisements which firstly thought to be free of errors, but Errors in English.. (Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling) 3

7 they unfortunately content plenty of errors. Based on current study, this clarifies some of the misconceptions surrounding English use in job advertisement written in English in daily Kompas. Regarding the grammatical errors, this study explains the language transfer (literal translation especially in job titles) and lack of grammatical knowledge of English. Language transfer refers to speakers or writers applying knowledge from their native language to a second language. Language transfer is also known as L1 interference (Wikipedia). Larsen (1984) divided the kinds of translation into 7 types from the very literal translation to the unduly free translation (very free translation). One of those types Larsen called as inconsistent mixture translation. Inconsistent mixture translation is a partially modified translation that is modified the order and grammar into the acceptable sentence structure in the target language. Lack of grammatical knowledge of English makes a lot of errors in the sentence structure used in the job ads. The commit of errors, according to Corder (1973:277), fall into four main categories: omission of some required element; addition of some unnecessasy or incorrect element; substitution of an incorrect element; and misordering of elements. Errors in this study are analyzed based on Corder s four categories. RESULTS AND DISCUSSION The body of job advertisements consists of the head, that is the name of the company or advertisement title such as Urgently needed and Great Opportunity. Then comes the introduction, job titles, qualifications or requirements, and finally the address of the company. The grammatical errors are commonly found in the introduction and job titles. Errors L1 Interference ( Inconsistent Mixture) Some cases of errors due to the L1 interference are as follows: 1. L1 interference in the case of Literal Translation that is using Indonesian expression in writing English expression. For example: University graduate in background mechanical engineering (Kompas 23/2/08). This sentence is the literal translation of tamat dari universitas dengan latar belakang tehnik mekanika. It shoud be written in English as university graduate with mechanical engineering background 2. L1 interefence is mostly found in the writing of most job s titles. The interefence are showed as inconcistent mixture of translation of job s titles. There are 3 types of inconsistency found in the data. Case 1: Forms of job s titles used Indonesian construction (Noun + adjective) but maintained using English word instead of Indonesian, as in the following data: 4 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 1-13

8 Data Indonesian English Staff Akunting Staf akunting Accounting Staff Staff Keuangan Staf Keuangan Financial Staff Staff Promosi Staf Promosi Promotion Staff Manager Keuangan Manajer Keuangan Finance Manager Asisten Manager Proyek Asisten Manajer Proyek Project Manager Assistant Cashier Hotel Kasir Hotel Hotel Cashier Case 2: Job s titles are written in the form of Indonesian language, but maintain using English words, such as: Data Indonesian English Staf Maintenance Staf Pemeliharaan Maintenance Staff Staf Engineering Staf Teknisi Engineering Staff Staf Administrasi Staf Administrasi Administration Staff Kredit Kontrol Executice Eksekutif Kredit Kontrol Credit Controll Executive Elektrikal Mekanikal mekanik elekrik electrical mechanic Case 3: Job s titles are written mixing English and Indonesian language. Data are taken from the Ad3 (only job titles are written in English). Example 1 Suzuki Finance Kesempatan berkarir Sebuah perusahaan pembiayaan resmi motor. Membutuhkan para profesional muda yang dinamis, kreatif dan inovatif sebagai: 1. Branch Manager 2. Credit Analysist (CA) 3. Marketing Head (MH) 4. Credit Marketing Officer (CMO) 5. AR Officer/Collector (ARO) 6. Staff Promosi 7. Operation Staff... etc. The writing of job tittles preferable using English words rather than Indonesian are probably because of the idea that English is more popular than Indonesian. Example 2 Andalan Chevrolet Membutuhkan: 1. Sales Supervisor 2. Sales Consultant /Sales Excecutive 3. Kepala Bengkel 4. Parts Head 5. Adm. Senior Spare Parts Example 2 shows the incostency of using Indonesian and English in the job titles. This probably because the writer seems difficult to find the equivalent words in Indonesian or lazy to look up the words in proper Indonesian. Example 3 Errors in English.. (Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling) 5

9 (Kompas 28/06/08) Urgently Required (The Gandhis Memorial International School) Music Teacher (for choir and orchestra) Chemistry Teacher IT Teacher Bahasa Indonesia ESL Teacher P.E. Teacher/ Guru Olah Raga etc Example 3 uses English in most part, but only write Bahasa Indonesia to refer to a teacher of Bahasa, and Guru Olah Raga, to refer to P.E Teacher. the Indonesian equivalen (Guru Olah Raga) is icluded since P.E Teacher sounds unfamiliar. The inconsistency probably shows that the practice of mixing Indonesian and English is common and accepted. It may also imply that we do not give interest to the inconsistency of language use. Lack of Grammatical Knowledge Errors based on lack of grammatical knowledge are classified into the category of omission, addition, substitution, and misordering. Each category is then explained at the syntactical and morphological level. Omission A lot of cases are found concerning the omission of required elements: The omission of articles No Data Corrections Sources 1 PT Buana Capital is seeking people with a to fill the following positions 05/07/2008 high dedication to fill position 2 Fluently in English and Mandarin both oral & written is must 3 Please send your application quoting job code in the subject or at the right side of envelope 4 We thank all applicant, however only those candidates selected for interview Fluency in English and Mandarin both oral & written is a must 05/07/2008 at the right side of the envelope 05/07/2008 however only those candidates selected for an interview 5 Ability speaking in Mandarin is most prefered. Ability to speak in Mandarin is the most prefered. 6 We invite you to submit your resume to to the address address stated below 7 Degree S1 Transportation Management or its equivalent. 8 Panca Group is fast growing restaurant company with multi brands and franchises as well as branches in many big cities in Indonesia is seeking some qualified, dynamics and creatives people for the following positions: Degree S1 Transportation Management or the equivalent. Panca Group a fast growing restaurant company 05/07/ /07/ /02/ /02/ /07/ Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 1-13

10 The omission of inflection No Data Corrections Sources 1 General requirement General requirements 05/07/ Specific requirement Specific requirements 05/07/ Good communication skill Good communication skills 05/07/ Fast growing Palm Oil Plantation Company based in Jakarta required human resource with a good personality human resources 05/07/ has good interpersonal skill has good interpersonal skills 05/07/ An attractive renumeration package, benefits and challenging working environment and excellent career growth in the company would be offered to the successful candidate. successful candidates 05/07/ We thank all applicant, however only those candidates selected for interview 8 We are an Injection and blowing plastic industry looking for qualified and competent personel for the position of: 9 Ability to read technical drawing and good understanding of the mention software program "Solidwork", "Autocad", "Unigraphic"/ "Delcam" We thank all applicants, however, only those candidates selected for interview qualified and competent personnels 05/07/ /07/2008 software programs 05/07/ Fresh graduate Fresh graduates 05/07/ High School Graduate High School Graduates 05/07/ We are an organization which provide quality solutions in Medical Waste Management Service with a mission of enhancing public health, environment and safety in the provinces of Indonesia, seeking dynamic, dedicated and suitably qualified staff to fill the following positions. an organization which provides 23/02/ Qualification for retailer Qualifications for a retailer 24/02/ Graduate in Agricultural Science or related fields Graduated from Agricultural 05/07/2008 Science or related fields 15 To apply, please send your application letter, CV, recent pasport sized photograph, copy of certificates and put the code on the top left envelope, at the latest two week after this advertisement to: 16 A fast growing company, invites suitable candidates for the following position: 17 Graduate from reputable university with relevant degree at the latest two weeks after this advertisement to: 20/07/2008 the following positions 23/02/2008 Graduated from reputable university with relevant degree 05/07/2008 Errors in English.. (Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling) 7

11 The omission of preposition No Data Corrections Sources 1 S1 (majoring Accountancy or Finance S1 (majoring in Accountancy or Finance) 2 Graduated from S-1 majoring Accounting from reputable university 3 Good understanding CAD-CAM, CNC- Miling Process and manufacturing machines 4 Familiar with all the labour law and relevant statutory requirements in Indonesia. Graduated from S-1 majoring in Accounting from reputable university 05/07/2008 Good understanding of CAD-CAM 05/07/2008 Familiar with all of the labour law 23/03/ At least 5 years working experience in all the human resource functions. 6 If you are ready to be part of our winning team, we are currently seeking a Rated Commercial Pilot / Experienced on the B-737 Family of aircraft as a First Officer. 7 We offer a highly attractive compensation and benefit package. working experience in all of the human resource functions. If you are ready to be a part of our winning team attractive compensation and a benefit package 23/03/ /03/ /03/2008 The omission of Conjunction No Data Corrections Sources 1 Key performance indicator for this position will be sales volume, customer & market share, new costumer development, profitability 2 Having good knowledge in Accounting, Finance, Taxes development, and profitability Having good knowledge in Accounting, Finance, and Taxes 24/02/ /07/2008 The omission of punctuation No Data Corrections Sources 1 Strong knowledge on channel management (distributors, contractors etc) 2 You are responsible for daily sales activities, marcom activity, identify retrofitting and project sales, preparing marketing plan etc. (distributors, contractors, etc.) 24/02/2008 preparing marketing plan, etc. 24/02/2008 From 36 data, the omission of inflection (ending s plural, -s third person singular, and ed verb) is of the most frequent happen. Others are the omissions of articles, prepositions, and conjunctions. It not only shows lack of knowledge of English, but also L1 interference for such types (like articles and inflection) which do not exist in Indonesian language. Another possibility is that articles, prepositions, inflections, conjuntions, and punctuation mostly considered as trivial parts. 8 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 1-13

12 Addition Additions of some unnecessary element are also found as the following data: The addition of inflection No. Data Corrections Sources 1. Please send your application letter and CV within 1 weeks to: 2. Panca Group is fast growing restaurant company with multi brands and franchises as well as branches in many big cities in Indonesia is seeking some qualified, dynamics and creatives people for the following positions: 3. Interest candidates shoulds submit a full CV with recent photograph, position code, past and present employment and professionals qualification, within 14 days after the date of this advertisement to below address: 4. You will have to develop logistics needs and compliance requirements for the company and drive the implementation 5. 8 years experiences in marketing field, having engineering and technical knowledge is preverable 6. Interest candidates shoulds submit a full CV with recent photograph, position code, past and present employment and professionals qualification, within 14 days after the date of this advertisement to below address: within 1 week 23/02/2008 dynamic and creative people 05/07/2008 should submit 05/07/2008 You will have to develop logistic needs 20/05/ years experience 05/07/2008 professional qualification 05/07/2008 The addition of punctuation No. Data Corrections Sources 1. Interest candidates shoulds submit a full CV with recent photograph, position code, past and present employment and professionals qualification, within 14 days after the date of this advertisement to below address: professional qualification within 14 days (no comma) 05/07/ Garuda Indonesia, is committed to provide safe, comfortable air transportation in Indonesia and internationally. Garuda Indonesia is committed to provide (no comma) 01/03/2008 The data shows that the addition of some unnecessary or incorrect element happens not as frequent as the omission elements. Most cases are on the inflection (ending s) to the words which does not need to be added. Errors in English.. (Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling) 9

13 Substitution Substitution is another case that occus a lot in the data. The Substitution of Class Word No. Data Corrections Notes Source 1. Fluently in English and Mandarin both oral & written is must Fluency in English and Mandarin both oral & written is a must substitution: Noun 23/02/ Specially requirement Special requirements substitution: Adjective 3. Good communication and fluent in English is a must. Good communication and fluency in English is a must. substitution: Adjective 23/02/ /02/ Develop and presentation of market analysis for potential business opportunities 5. You should be able to demonstrate excellence in your previous employment. 6. Ability speaking in Mandarin is most prefered. 7. Ability to maintenance electrical & mechanical 8. Ability to maintenance electrical & mechanical 9. Computer literated and having good command of English Develop and present market analysis You should be able to demonstrate excellency in your previous employment. Ability to speak in Mandarin is the most prefered. Ability to maintain electric & mechanic Ability to maintain electric & mechanic Computer literate substitution: Verb 05/07/2008 substitution: Noun 05/07/2008 substitution: To infinitive 05/07/2008 substitution: Verb 05/07/2008 substitution: Adjective substitution: Noun 05/07/ Garuda Indonesia, is committed to provide safe, comfortable air transportation in Indonesia and internationally. air transportation in Indonesia and international. subtitution: Adjective 01/03/2008 The Substitution of Preposition No. Data Corrections Sources 1. University graduate in background mechanical engineering University graduate with mechanical engineering background 23/02/ Computer literate and having good command in English good command of English 23/02/ Indonesian citizen aged about years old 4. Graduate in Agricultural Science or related fields 5. Minimum 3 years experience as an Accounting Supervisor at Palm Oil Plantation Company Indonesian citizen aged between years old Graduated from Agricultural Science or related fields Minimum 3 years experience as an Accounting Supervisor in Palm Oil Plantation Company 05/07/ /07/ /07/ Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 1-13

14 The Substitution of Agreement No. Data Corrections Notes Sources 1. A new develop Hotel company in Jakarta, looking for energetic candidate which have qualification 2. Interested applicants should submit your complete application, CV, photo (red colour), copies of related documents and contact number to: A new develop Hotel company in Jakarta is looking for energetic candidates who have qualification Interested applicants should submit their complete application substitution: pronoun substitution: pronoun 05/07/ Panca Group is fast growing restaurant company with multi brands and franchises as well as branches in many big cities in Indonesia is seeking some qualified, dynamics and creatives people for the following positions: Panca Group a fast growing restaurant company substitution: double verb 05/07/2008 The Substitution of Conjunction Data Garuda Indonesia, is committed to provide safe, comfortable air transportation in Indonesia and internationally. Corrections to provide safe and comfortable air transportation Notes Sources subtitution: N 01/03/2008 The Substitution of Paralel Verbs Data Plan for business growth by identifying opportunities and consistently pursuing them to successful closure Corrections Plan for business growth by identifying opportunities and consistently pursue them to successful closure Notes substitute: pursue (paralel with plan) Sources 05/07/2008 The Substitution of Punctuation Data Corrections Notes Sources To apply for this opportunity, please go to: and complete the on-line application form. Or bring your application in person to : Recruitment Department, 2nd floor Garuda Indonesia Management Building, Garuda Maintenance Facility, Soekarno-Hatta, Cengkareng, Tangerang Banten, before March 31, complete the on-line application form, or bring your application in person to: Substitute: comma and no capital O 01/03/2008 Errors in English.. (Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling) 11

15 The Substitution Of Articles Data Corrections Notes Sources Also, he should have an commissioning experience Also, he should have a commissioning experience substitution 05/07/2008 There are 24 cases found from the errors of substitution. Most errors are concerning the class words, preposition, and agreement. Other errors are the misuse of conjunction, paralel verbs, punctuation, and articles. Misordering No data are available regarding misordering of element. Since there are a lot of errors found from the job ads mentioned above, it indicates that the occurence of errors are neglected. It is probably still accepted to have the errors as long as the ads are understood. It also means as long as the job ads use English, it does not really matter. Fallacious Trends Of English Job Advertisements Fallacy 1: Job Tittles in English use correct English. This study shows that not all job titles use correct English. Example: Data Assistant Manager Claim Assistant Marina Manager Correction Claim Assistant Manager Marina Assistant Manager Fallacy 2 : Job Ad Title in English use English in its content Some job ad titles in English use Indonesian language in the introduction. For example, from 46 job ad titles in English, only 10 of them use Indonesian language. Fallacy 3 : English Job Title will use English for Job Names; Indonesian Job Title will use Indonesian Names for the Job The names of jobs mostly used English whether or not the language is in English or Indonesian. It seems that using English for the job names are more appropriate than using Indonesian names. 12 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 1-13

16 CONCLUSION Errors in English job ads occur as the result of the L1 interference and lack of grammatical knowledge. English is used mostly because of the trend that using English will give the impression of prestige and privilege. No matter whether the ads in English contain errors or not, it does not give a lot of effects because English is considered as a prestige. That is why English is used to attract people s attention and becomes the trends in job advertisements. REFERENCES Corder, S.P. (1973). Introduction Applied Linguistics. Harmondsworth: Penguin Education. Crawford,J Ten Common Fallacies about Bilingual Education. ERIC Digest. Dowden, B.( 2008). The Internet Encyclopedia of Philosophy. California State University, Sacramento. Endang Fauziati. (2003). Interlanguage Errors in English Textbooks for Junior High School Students in Surakarta. TEFLIN (Teaching English as a Foreign Language in Indonesia) Journal vol. 14 No. 2, pp Gregwright. Fallacies (Adapted from Sahakian and Sahakian s Ideas of the Great Philosophers). Gustinefa. (2007). Error Analysis of EFL Learners Journal Writing: Evidence for Inter- and Intralingual Transfers. CONEST 4 (Fourth Conference on English Studies), pp Larsen, M.L. (1984). Meaning-based Translation: A Guide to Cross-language Equivalence. USA: University Press of America. Lengo, N. (1995). What is an Error? Forum Magazine vol. 33, No. 3, pp Newall, P.( 2005). A Guide to Fallacies. Nobles, R.(2006). Top Ten Grammar Errors That Haunt Web Pages. Sgarbossa, E.(2006). Heads I Win, Tails You Lose : Logical Fallacies and Ethics in Everyday Language. Translation Journal Language and Communication. Vol. 10, No Stojanovska-Ilievska, N.( 2007). Common Errors Made by Macedonian Learners of English Due to L1 Interference. Errors in English.. (Masda Surti Simatupang; Yusniaty Galingling) 13

17 MONKEY DANCE TRANSFORMATION AND DISPLACEMENT: FROM TRADITIONAL PERFORMANCE TO URBAN EVERYDAYNESS Anton Sutandio School of Interdisciplinary Arts Ohio University ABSTRACT This research attempts to investigate how the monkey dance, a traditional mobile performance from village to village, transforms and displaces itself into a semi-permanent urban street performance as the effect of modernization and globalization. The research is closely relevant to the theme of the everyday life on the relation between art and the social. Doger monyet (monkey dance) performance has always been regarded as the marginal art/culture. Its place has always been among the mid-lower class of society, thus when it changes its mode and place of performance, questions and curiosity arises. This phenomenon requires a re-examination of the cultural transformation effect to everyday life. This research attempts to answer several issues regarding the phenomena: how the performance negotiates its way to the urban everyday life and its everydayness; how it manages to place itself within the urban space; how it deals with the authority and the urban dwellers, and what its future is going to be like in the new space. Keywords: monkey dance, transformation, displacement, everyday life, place, space ABSTRAK Riset ini menginvestigasi pertunjukan doger monyet yang mengalami transformasi dan pergeseran tempat (displacement) pertunjukan, dari satu desa/pinggiran kota ke desa/pinggiran kota lainnya, menuju pusat kota. Modernisasi dan globalisasi adalah dua faktor utama yang menggiring pertunjukan ini ke dalam ruang dan tempat yang baru. Riset ini berhubungan erat dengan tema hidup keseharian (everyday) dan kaitannya dalam hubungan antara seni dan kehidupan sosial. Sebagai bentuk seni, pertunjukan doger monyet ditempatkan sebagai seni/budaya marjinal yang merupakan bagian dari seni hiburan bagi masyarakat kelas bawah. Pertanyaan timbul ketika mode dan ruang seni hiburan ini berubah. Fenomena ini membutuhkan analisa ulang dari efek transformasi budaya terhadap ranah hidup keseharian. Riset ini mencoba untuk menjawab beberapa pertanyaan yang terkait dengan fenomena ini: bagaimana pertunjukan ini melakukan negosiasi untuk masuk ke dalam ranah hidup keseharian kota; bagaimana pertunjukan ini dapat bertahan hidup dalam ruang urban; bagaimana pertunjukan ini menghadapi otoritas kota dan penghuninya; dan seperti apakah masa depan pertunjukan ini di ruang dan tempatnya yang baru. Kata kunci: doger monyet, transformasi, pergeseran tempat, hidup keseharian, tempat, ruang 14 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 14-23

18 INTRODUCTION Although this traditional performance has been around for many decades in Indonesia, there are very limited literatures on it. Its basis as a marginal culture and its function as merely entertainment for children might be one of the reasons it goes unnoticed. Thus, the data needed for the research is mainly based on newspaper articles, personal blog sites, and some amateur websites. I find that the available data provided by common people somehow suits the research on the everyday life, as they have firsthand experience and interaction with the performance. To respond to the inquiries, I adopt the method that Joe Austin exercises in his analysis on New York City graffiti/writing art that became an urban crisis in his book Taking The Train. He discusses how graffiti/writing art evolves and attempts to find its place and identity in the hustle bustle of the city whose dwellers are divided between those who accept and reject it. The traditional monkey dance performance virtually undergoes a similar problem when it tries to define and negotiate itself within the urban space. Bandung: Now and Then In Bandung : Studi Tentang Perkembangan Ekonomi Kota, Reiza D. Dienaputra argues that the capital of West Java, also known as Paris van Java and Flower City, has experienced drastic transformation in the last century. Since Bandung held the gemeente (municipality) status in 1906, Bandung became politically and economically more significant for the Dutch colonial. Infrastructures were continuously built as the support for a modern city. The basic plan for Bandung during colonization was to make it a leisure gateway for the Westerners. However, the gradual development of Bandung until it became the capital city of West Java brought acceleration to the early plan. The most noticeable impact is from the population growth. In 2007 census, the population is about 2.7 million, compared to 1970 with only 1.1 million people. The city space grows in parallel with the growth of population although in a slower pace. In 1906 the city total area was 900 ha, and in 2005 it developed into 16,730 ha. It grows almost twenty times in a century, and it is still growing. With approximately more than 3 million dwellers in 2010 and crawling space expansion, urban space is rapidly overcrowded and turns into a conflicting and negotiating space between authority, city dwellers and immigrants. Modernization and globalization become the driving force of the urban development. In Sociology of Everyday Life, Andrew J. Weigert argues that the increase of population and urbanization are two important facts about the modern world (7). Modernization in this context refers to the advancement of science and technology which is also part of capitalism impact on big cities. To Henri Lefebvre, it also became synonymous with consumer culture (113). Further, in Globalization in Southeast Asia: Local, National, and Transnational Perspectives, Shinji Yamashita and J.S. Eades states that many cities in Southeast Asia and Indonesia in particular experienced massive inflows of goods, money, information and people (2) as the effect of capitalism and globalization. In Key Concepts in Urban Studies, M. Gottdiener and Leslie Budd define globalization as the increased interdependence of the world s economies shown by the circulation of information, money, people and good across national boundaries (44). Impact of globalization is obvious in Bandung city, for instance it shows through the circulation of international tourists and consequently money, as the result of the opening of direct international flights to and from Bandung in the early 21 st century. The growing circulation of people and money attract more people from villages and suburbs to come to Bandung. In Album Bandoeng Tempo Doeloe, Sudarsono Katam and Lulus Abadi argue that Bandung today is overcrowded due to the number of population that grows far beyond the originally projected numbers. Bandung at present is still a leisure gateway for people from other cities; in its development, it turned into the center of shopping (especially fashion and shoes) and culinary tourism. The latest substantial government project in Bandung was the construction of an anti-earthquake flyover called Pasupati (Pasteur-Surapati) that splits the city in two (image 1). The flyover stretched for about 2.8 Monkey Dance Transformation.. (Anton Sutandio) 15

19 km from the west to the east part of Bandung, and it becomes a new symbol for the city. The construction intends to overcome the physical distance of space and it consequently shapes the everydayness into a synchronized modernity. The construction took about four years to complete and it started operating in 25 June The flyover construction also created new spaces underneath (image 2 and 3) thatt soon turn into a conflicting arena between the everyday life in Bandung and the unfamiliar everydayy trying to incorporate itself into the city. In Radical Street Performance, Jan Cohen-Cruz states that, Space is always controlled by someone and exists somewhere, so is inevitably marked by a particular class or race and not equally accessible to everyone (2). The urban space in Bandung more or less reflects what Cohen-Cruz says, the opening of new spaces as the result of development always ends up with questionss of who has the right to occupy the space and for what purpose. In short, Michel de Certeau in The Practice of Everyday Life states that space is a practiced place (117). Whoever occupies the place and move in it, it becomes space. Image 1 : Pasupati flyover, Bandung Pasupati Bridge at night 16 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 14-23

20 Image 2 Image 3 The above photos on the space under the flyover show how the place is being practiced and negotiated. The place is originally intended to become a different kind of public space. Unlike other public spaces such as park or town hall, this place is supposed to be sterile from public activities for the sake of the city aesthetic look. However, it has attracted urban public whose lifespace is already limited due to the urban development and growing urbanization, thus the place function becomes vague. In the second image on the left, some teenagers make use of the empty spacious place as a soccer arena. In parallel, lack of school space is obvious in the next image where some elementary Monkey Dance Transformation.. (Anton Sutandio) 17

21 children and their teachers utilize the place to do some exercise. In the third image the place is turned into a parking lot. Graffiti artists also take the advantage of the bare pillar of the flyover as their canvas as seen in the second and third image. The various utilizations of that particular place show how complex the issue of urban space is. In City Publics: The (Dis)enchantments of Urban Encounters, Sophie Watson argues that the 21 st century public space is a site of multiple connections and interconnections of people (12) who come from various background and try to give meaning to the space. This urban space as the result of modernity becomes the heterogeneous and ambivalent landscape of everyday that needs investigating: to the teenagers and the graffiti artists, it might give pleasure and freedom, for the street performers it is probably depressing. It is a never ending negotiation; it is never complete and is always contested. RESULTS AND DISCUSSION Monkey Dance at a Glance Cohen-Cruz states that the street performance strives to transport everyday reality into something more ideal as their audience is not theater-goers. Potentially, street performance creates a bridge between imagined and real actions (1). As far as the imagination and real actions are concerned, monkey dance performance does just that. What they perform is mundane activities that bring the audience closer to reality in the midst of seemingly unreal moments of their everydayness. In City Publics: The (Dis)enchantments of Urban Encounters, Bim Mason argues that there are several motivations that drive the performers to move to urban space: money, freedom from routine, the spontaneity and the ability to travel (27). From my findings, the major drive for the monkey dance performers is money. Capitalism that leads to the free market has indirectly affected them and forced them to leave the traditional way and at the same time become capitalized. The origin of monkey dance performance is unknown, but its existence is known in many major areas in Indonesia, proven by the different names it has in different areas throughout Indonesia. The performance is popular in the 80s but then it declines. Despite the bombardment of modern capitalist culture in Indonesia, the performance survives in the marginal areas and attempts to adapt itself in the modern era. The performance involves at least two monkeys, a dog as an option, a monkey trainer, and at least one musician who plays the gamelan. The attraction depends on the skills of the monkey to perform human daily activities such as riding a bicycle, smoking, praying, dancing, saluting or reading newspapers. Based on an interview with the monkey trainer, it could take six months to one year to train one monkey to do the tricks and it pretty much depends on the monkeys themselves. In one day, they can repeat the same performance for twenty times. They train the monkeys by method of action repetition that somehow also reflects the characteristic of everyday modernity: repetition-of-the-same. It is interesting to observe how the performance has not only affected by modernity, but more than that, it actually performs the concept of modernity. Every elements of the performance, not only the training of the monkeys, is based on repetition. The trainer and the gamelan player are all doing the same thing everyday repetitively. The monkey dance performance has always been regarded as a marginal culture, and it is probably the reason it goes unnoticed. It circulates around the lower class society, and its main purpose is entertainment for children. Monkey dance performance today has been commercialized and industrialized. There is a special school for monkeys where animal trainers train the monkeys and rent tem. There are also monkey dance lords who have many trained monkeys and musical instruments and hire people to perform. To deal with the difficulty of playing gamelan, tape recorder is used as the replacement. Modernity obviously has a great impact on them in their mode and means of performance. 18 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 14-23

22 To perform in the city, they firstly have to negotiate its place in the urban space. As mentioned before, the urban space is a conflicting area between the authority, public and the newcomers. I find that there is no single straightforward answer to explain the reason why eventually the performers manage to occupy certain urban spaces in the city. I am certain though that globalization and modernization play an importantt role in the negotiation. First, the capitalist culture and modernization drive the performers to enter the urban space. It is a matter of survival for them, both as a culture as well as an occupation. On the other hand, globalization that brings cultural insecurity compels the authority to nurture any kind of traditional culture. The flow of knowledge and information from foreign countries keeps pushing the local culture aside. In Shelter, the Family, and the Environment, Nathaniel Von Einsiedel argues that local authority has to give support to indigenous and national cultures-tmodernization bring competition among cities in Indonesia in many domains: business, tourism, let them flourish alongside foreign ones (26). To the authority, globalization and education. Bandung attempts to establish itself as a cultural city, a city that embraces and nurtures traditional culture. Thus, the condition brings win-win solution for them. However, I notice that their placement in specific urban spaces reveals the authority s strategy to localize as well as marginalize them, make them easier to be controlled and supervised. Mason argues that when it comes to street performers, the authority is somewhat distrustful toward them, fearing of their dangerous potential as people who live outside the established society with their own rules (16). This prejudice puts the street performers in an insecure position where the authority can any time removee them from the urban space. Politically, by letting them perform continuously, the authority desires to form public opinion which in time expectantly resultss in concensus about the performance e. Yamashitaa argues that there is no culture withoutt place. Culture has to be localized (5). This battle of claiming a particular culture as one s local culture is not an uncommon thing that happens in Indonesia lately. The rise of globalization causes local values to be a rarity that needs maintenance and nurturing. As mentioned before, the origin of monkey dance performance is unknown, so the monkey dance performance itself is still pretty much free of any local claim. I argue that this could be the leverage for the performers to perform in the urban space. Image 4: Doger monyet performance under the flyover Monkey Dance Transformation.. (Anton Sutandio) 19

23 In the research of everyday life, the question of whose everyday is the first to answer. In this context, I find at least there are two everyday lives involved: the monkey dance performers and the urban commuters/dwellers. Before the transformation and displacement, they both share different space, but now theree are certain strategic spots where the two encounter each other. Once the monkey dance performance leaves its traditional mode of performing, it directly occupies a strategic place in the urban space: street junctions. Cohen-Cruz states that, The usual rhetoric of street performance configures the streett as the gateway to the masses (2). Driven by economic needs, the performance requires continuous audience, and street junctions are the best option for the performers. In a busy urban street, street junctions are the spots where people are accumulated and where they have to stop for a moment. Street junctions are other inevitable results of city development, where lines of cars and motorcycles have to wait in turn to cross them. Traffic jam on street junctions has become so common in Bandung that it becomes an inseparable part of the everyday life. Street junctions with their traffic lights create ambivalent meanings to the urban dwellers. Street Junction between Pasirkaliki and Pasteur Street, Bandung Traffic lights as the marker of street junctions become one of the routine daily monitors, a different temporal experience that mark each and every day of the urban commuters. In Everyday Life and Cultural Theory: An Introduction, Ben Highmore further argues that, The everydayness of everydayy modernity is a synchronization based on minutes and seconds (6). Traffic lights perform this synchronization of time daily. They force the urban commuters to obey them. Within modernity, this monotony results in the emptying of time. When urban commuters stop at traffic lights, their everydayy is momentarily ceased and the ambivalent value of everydayness creeps upon them. Time is temporarily and routinely emptied; it might offer them sanctuary, delight, pain, or boredom, time is emptied of any significant markers that would differentiate one moment from the next (7). Any moment spent at any traffic lights signifies no different moments to the urban commuters. Borrowing Marx s concept on factory work, Highmore states that the moment is part of intensification of alienation brought about by modern capitalism (7). Everyday modernity in a city is signified by 20 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 14-23

24 busyness and work pressure. Bandung commuters, similar to other big cities also experience the alienation. Weigert supports this concept of alienation by stating that urban dwellers become more individualized in the city. Similar to Ben Hamper s statement in Rivethead: Tales from the Assembly Line on the relationship between the assembly line and the stretching out of time, every second and every minute people spent at traffic lights was a plodding replica of the one that had gone before (8). Repetition of the time spent waiting for the traffic lights turn green is an unbearable boredom. When the monkey dance performance enters this modernity boredom sphere, it inevitably disturbs the urban commuters everydayness through the exotic, unfamiliar ambience they bring. Both the urban commuters and the performers sense the displacement; to the urban commuters: the sight of monkeys and sound of gamelan in the midst of a busy street that do not blend into its surroundings; to the performers: lines of car, sound of engines, blaring horns, and ignorant audience. The everyday modernity of urban commuters becomes temporarily unrecognizable with the disruption by the unfamiliar attempting to blend into the urban everyday life. Adopting Lefebvre s term, their encounter provides opportunities to create moments of vivid sensations, a promise of the possibility of everyday life, while at the same time puncturing the continuum of the present Moments in this context are those instances of intense experience in everyday life that provides an immanent critique of the everyday (115). The performance somehow draws the audience from their present and brings them to a bizarre everyday. The promise the performance brings might mean the escape from the boredom that works for both parties. To the performers, new space and audience may bring new experience and more income. However, this escape does not necessarily signify positive meaning; the sight of the other could trigger any possible sensations: pleasure, delight, shocked or even disgust. When two groups of people encounter each other in a certain place and time, dialogue will follow, and this ongoing dialogue is dynamic and ambivalent. This encounter is what Lefebvre states as the lived experience through which people structure their everyday life. The structure itself is dynamic; it may change daily through endless encounters with the familiar as well as the unfamiliar banality of daily life. How people deal with this daily encounter determines the meaning they give to their life and it may or may not prevent them from the tanglement and boredom of everyday modernity. With this in mind, I will return to the concept of boredom that results from the emptying of time. As Highmore states, the debilitating boredom is caused by the repetition of the same action. The future of the monkey dance performance will likely become boredom if they stay the same. Their repetitiveaction-based method of performance mirrors the modernity synchronization of time. Although the gamelan sound and spectacle of monkeys are still unfamiliar to the urban life, gradually they will enter the realm of urban life and incorporated into it. When that happens, then the encounter with the urban commuters will lose its sensations. Their transformation and displacement bring them more audience and income and paradoxically may cost them their uniqueness and identity. CONCLUSION The discussion of everyday life is slippery and difficult to grasp. There is no straightforward answer on what everyday may bring in the future. Everyday is dynamic and made complex by various elements that surround it. Globalization and modernization are two major elements in this research. They become the driving force of the monkey dance performance s transformation and displacement. Modernity has greatly affected the traditional performance both positively and negatively. In the new place, they have to negotiate with the authority on the urban space they occupy. The suspicious approval by the authority only shows that the monkey dance performance is in the midst of conflicting arena between political and economical interest. Street junctions in Bandung become their stage and traffic lights lines become their moments. To the urban commuters, traffic lights become the emptying of time; they have to obey the synchronization of time imposed by the traffic lights. Referring to Highmore s concept on boredom, the encounter of the monkey dance performance with the urban Monkey Dance Transformation.. (Anton Sutandio) 21

25 commuters at traffic lights bring opportunities for both to find new meaning and sensations in their everyday life. The unfamiliar exotic everyday of the performers collide with the everyday of urban commuters at traffic lights where boredom gives birth to possible moments. These moments may temporarily bring ambivalent change on the structure of everyday. Due to the ambivalence, the encounter of the two different everyday also may end up in many things, something, or nothing. There is no straightforward way of understanding urban encounters in public space. When nothing happens, boredom meets boredom and results in more boredom. In Cities in the 21 st Century: Urban Issues and Challenges, Sharifah Norazizan Rashid states the irony of a city which is supposed to be socially just, ecologically sustainable, politically participatory, economically productive, and culturally vibrant (1) seems to always lag behind in achieving all that. There is no single city in the world that has successfully managed that. Watson argues that city as, a space of segregation, division, exclusion, threat and boundaries (1) is ambivalence par excellence. In the modern globalized city, anything can and cannot happen. The traditional monkey dance performance, trying to taste the city and gain benefit from it has involuntarily sucked into the mechanization of city. Max Weber argues that everyday life in the city has become an iron cage and society is the prison. Being ambivalent, he also states his historical axiom that city air makes one free. To the performers, city offers new opportunities and freedom, but the everyday modernization at the same time puts them in a cage. Globalization and everyday modernization result in what Yamashita calls hybridization and the localization of culture. Monkey dance performance has definitely changed the moment it enters the urban space. How far they will change the urban everyday modernity or be changed by it is still an open discussion as the process is continuing to this very moment. REFERENCES Austin, Joe. Taking the Train. New York: Columbia UP, Print. Blue Sky. Bandung Pasupati Flyover: 2.5 Km with 300 Meter Cable Stayed Bridge. Skyscrapercity forums. Issue 12 Spring September Web. 25 January < Blue Sky. Bandung Pasupati Flyover: 2.5 Km with 300 Meter Cable Stayed Bridge Cohen-Cruz, Jan. (ed.). Radical Street Performance: An International Anthology. London: Routledge, Print. Colombijn, Freek et.al. (eds.). Kota Lama Kota Baru: Sejarah Kota-kota di Indonesia. Jogjakarta: Penerbit Ombak, Print. D. Dienaputra, Reiza. Bandung : Studi Tentang Perkembangan Ekonomi Kota. Kota Lama Kota Baru: Sejarah Kota-kota di Indonesia. Freek Colombijn, et.al. (eds.). Jogjakarta: Penerbit Ombak, Print. De Certeau, Michel. The Practice of Everyday Life. Steven F. Rendall (transl.). Berkeley: UC Press, Print. D.S. Katong. Jembatan Pasupati Bandung. Flickr Yahoo. 29 October Web. 27 February Gottdiener, M. and Leslie Budd. Key Concepts in Urban Studies. London: Sage Publications, Print. 22 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 14-23

26 Hamper, Ben. Rivethead: Tales from the Assembly Line. Warner Books: New York, Print. Highmore, Ben. Everyday Life and Cultural Theory: An Introduction. London: Routledge, Print. Highmore, Ben (ed.). The Everyday Life Reader. London: Routledge, Print. Katam, Sudarsono and Lulus Abadi. Album Bandoeng Tempo Doeloe. Bandung: Polar, Print. Mason, Bim. Street Theatre and Other Outdoor Performance. London: Routledge, Print. Rahardjo, Budi. Doger Monyet. Padepokan Budi Rahardjo. 31 May Web. 26 January < Rashid, Sharifah Norazizan Syed Abd., et.al. (eds.). Cities in the 21 st Century: Urban Issues and Challenges. Selangor: UPM Press, Print. Rifu. bandung-jakarta dengan sepeda lipat!!! Apapun Lah. Wordpress.com. 31 January Web. 27 February < rifu.files.wordpress.com/2009/01/img_0743.jpg>. Von Einsiedel, Nathaniel. Shelter, the Family, and the Environment. Urban Management Programme, Regional Office for Asia and the Pacific: Kuala Lumpur (?), Print. Watson, Sophie. City Publics: The (Dis)enchantments of Urban Encounters. Abingdon: Routledge, Print. Weigert, Andrew J. Sociology of Everyday Life. New York: Longman Inc., Print. Yamashita, Shinji and J.S. Eades. (eds.). Globalization in Southeast Asia: Local, National, and Transnational Perspectives. New York: Berghahn Books, Print. Monkey Dance Transformation.. (Anton Sutandio) 23

27 EVALUATING THE USEFULNESS OF AN ENGLISH COURSE AT BINUS UNIVERSITY: FRESHMEN S PERSPECTIVES QUANTITATIVE APPROACH Almodad B. Asmani English Department, Faculty of Language and Culture, Bina Nusantara University, Jln. Kemanggisan Ilir III No. 45, Kemanggisan/Palmerah, Jakarta Barat ABSTRACT Article examined the feedback and responses provided by Binus University freshmen students concerning their study experiences of taking an English subject, called English Entrant, as part of their compulsory English course program at Binus University during the odd semester of 2010/2011. The research was to find out whether such program has been useful and effective for these students in terms of the teaching quality, course contents and independent learning system commonly applied at Binus University. The research applied the quantitative approach with the focus on finding the general tendency of these students in evaluating the program based on numerical data. In the initial stage of the research, the writer selects the random sample of four to five English Entrant classes ranging from small to large number of students. The results are that the teaching methodology applied in English Entrant tends to be highly acceptable if the lecturers are more communicative and engaging with their students. The speaking format in the classroom is also more preferred by the students if it focuses more on the fluency and clarity rather than the accuracy. Lastly, the independent learning system is more likely to be appreciated by these students if it can provide the proper feedback and improvement for their English learning experiences. Keywords: English Course, Freshmen, English Entrant ABSTRAK Artikel membahas masukan dan respon mahasiswa baru di Universitas Bina Nusantara yang sedang mengambil mata kuliah English Entrant, sebagai salah satu mata kuliah wajib pada semester ganjil 2010/2011. Tujuan penelitian adalah mengevaluasi apakah English Entrant bermanfaat dan efektif bagi mahasiswa ditinjau dari kualitas pengajar, materi, dan sistem pembelajaran mandiri yang diterapkan di Universitas Bina Nusantara. Penelitian menggunakan metode kuantitatif yang berfokus pada temuan terkait tendensi umum mahasiswa dalam mengevaluasi English Entrant berbasis data angka. Responden ditentukan secara random sampling, yaitu dipilih empat lima orang dari setiap kelas, tergantung dari besar atau kecilnya jumlah mahasiswa dalam kecil kelas tersebut. Hasil penelitian menunjukkan bahwa metode pengajaran yang disukai adalah apabila dosen lebih komunikatif dengan mahasiswa, format berbicara di kelas disukai yang lebih berfokus pada kelancaran dan kejelasan, dari pada ketepatan berbicara, dan sistem pembelajaran mandiri yang disukai adalah apabila sistem tersebut dapat memberi dampak yang benar sehingga mampu memperbaiki pengalaman mereka dalam belajar bahasa Inggris. Kata kunci: pengajaran bahasa Inggris, mahasiswa baru, English Entrant 24 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 24-39

28 INTRODUCTION The research project is closely linked to the previous study results on the issues of why and how Binus university students value English in terms of the general, academic and ELT (English Language Teaching) contexts (See Asmani: 2010). From the results, it shows that Binus University students have the tendency to value English of both benefits and universal factors that English can bring into their lives, such as in economic, communicative (here meaning communication and transport), cultural, social and educational contexts. The information has contributed to the English program design in the institution, including English Entrant course. For the past semesters of 2010/2011, freshmen students of Binusian 2014 have become the first customers to ever undergo the teaching and learning process of this new program. A variety of responses, both from teachers and students, has been emerged from this new course scheme with the apparent results of growing needs of collecting and recording the necessary data for future improvement and/or maintenance of the program. Teachers responses have been particularly notable and abundant. However, the students perspectives have always been the focus of the writer since they are the subjects who experience directly the effects of the new learning process, which is greatly different in nature and procedure from the long-traditional grammar-based English classes in the institution. These are all the reasons why the writer needs to evaluate the running program, so as to gain as much information as possible from the students perspectives because their voices contribute significantly to the final establishment of the new scheme. This has been in line with the Binus University attitude, which has always put main emphasis on customer satisfaction in balance with other academic and supporting factors. Purposes of the Study The purpose of the research is to find out whether the new English program has proved useful for the students of Binusian 2014 in ways that correspond to their general preferences and future careers, as discussed in the previous study of how and why they value English in certain contexts. The research is also to find out aspects of these students evaluation in terms of aspects in the teaching process, course contents, and independent learning system. Therefore, the research project aims to find out: How they rate the usefulness of the teaching process, course contents, and beyond-class learning activities? What suggestions or input they may give regarding the teaching process, course contents and beyond-class learning activities? Significance of the Study The study has some academic significance in a way that it provides the detailed explanation on the general tendency these students might have in their ways of evaluating the English course program in the institution. The information is very valuable for the institution, since it can show how far these students are satisfied with the teaching-learning process they are dealing with. The result of the findings can also provide important input for the English teachers, since some aspects of the teaching process are directly linked to the actual practice of teaching performance like presentation techniques, materials preparation, individual approach, etc. The research also provides useful input for the curriculum designer of the English course program, since the findings will benefit in two ways. First, it tells how useful the aspects of the course outline for these students either for academic purposes or for future careers. Second, it tells how appropriate the course implementation is with the learning styles and characteristics of these students. Lastly, the research can give feedback information for the Language Center unit and Binus University concerning the usefulness for beyond-class learning activities, such as self-study for reading and listening, conversations clubs and tutorials, extracurricular activities, etc. Evaluating the Usefulness.. (Almodad B. Asmani) 25

29 Reviewing the Literature The research project is based on some observations and studies about the application of Communicative Language Teaching (CLT) approach in Asian contexts, in which local cultural values and practices may be in direct conflict with the western teaching and learning ways. Siemon (2010: 40) states that... Chinese students English learning strategies are primarily focused on reading and writing, on grammar and translation, and on memorization of vocabulary. However, research has shown that this traditional method has failed to develop an adequate level of communicative competence (i.e. the ability to use the target language for authentic communication) (Hu 2002: 93). However, she also reminds that due to large class sizes of generally 50 to 60 students as well as economic restraints, CLT approach may be difficult to apply in the real classroom, and she suggests arrangements like group discussion, pair work and language labs may overcome this difficulty (2010: 42). Regarding learner-centered curriculum, Brown (2003: 49) states that students can be observed working individually or in pairs and small groups on distinct tasks and projects. McCombs and Whistler in Brown (2003: 49) mentioned two essential factors that contribute to the success of the learner-centered approach in educational contexts. The two essential factors include characteristics of the learners and teaching practices. Furthermore, Richards (2001) specifies four biggest factors that contribute significantly to achieve quality teaching in a language institution. They are institutional factors, teacher factors, teaching factors and learner factors. Under the institutional quality indicators, he highlights the question of which type of curriculum best meets student needs? (p. 202). He mentions influential factors such as equipment, support staff, teacher workspace, teaching facilities, and class size. Under the teacher factors, he highlights practical knowledge, which is the teacher s repertoire of classroom techniques and strategies (p. 209). Under the teaching factors, the communicative approach (p. 215) is described as one of the teaching models that can be applied in language programs. In the approach, the focus of the teaching is authentic communication; extensive use is made of pair and group activities that involve negotiation of meaning and information sharing. Fluency is a priority (p. 215). In summary, according to Richards, all of these four factors contribute to the improved and high quality of teaching practice at a language institution. Under the learner factors, Brindley in Richards (2001, 223) states that, when learners and teachers meet for the first time, they may bring with them different expectations concerning not only the learning process in general, but also concerning what will be learned in a particular course and how it will be learned. The possibility exists, therefore, for misunderstanding to arise. It is, accordingly, of vital importance that, from the beginning of the course, mechanisms for consultation are set up, in order to ensure that the parties involved in the teaching-learning process are aware of each other s expectations. If learners are to become active participants in decision making regarding their own learning, then it is essential that they know the teacher s position and that they be able to state their own. Teachers, conversely, need to canvass learners expectations and be able to interpret their statements of need. In the same vein, Richards (2001: 223) mentions that courses may expect their learners to represent some different roles in the learning process, such as manager of his or her own learning, independent learner, need analyst, collaborator and team member and peer tutor. Willing (1985, cited in Nunan 1988, 93) specified four different learner types in the population he studied: Concrete learners, who preferred games, pictures, films and video, talking in pairs, learning through the use of cassettes, and going on excursions. 26 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 24-39

30 Analytical learners, who liked studying grammar, studying English books, studying alone, finding their own mistakes, having problems to work on, learning through reading newspapers Communicative learners, who liked listening to native speakers, talking to friends in English, watching TV in English, using English in shops, and learning English words by hearing them and learning by conversations. Authority-oriented learners, who liked the teacher to explain everything, writing everything in a notebook, having their own textbook, learning to read, studying grammar, and learning English words by seeing them. All of the aspects discussed in the above literature show that in order to be successful in implementing its academic program, a language institution should shift its gravity from a totally teacher-focused direction to a more balance state between teacher-centered and student-centered one. Another factor that contributes significantly to the success of a language institution is the facility of Self-Access Center, in which students can access the additional materials, either in printed copies or in multimedia format, to support their learning experiences in the program. Concerning the Self-Access Center, Harmer (2007: ) mentions some characteristics of a good self-access center, which are: Classification system, where there is a clear description, coding, labeling, indexing or database of all the type of materials and the level they are designed for. Pathways, where students are given suggestion about the next materials, suggested by software, or assistants and teachers can help students to use the center s contents and benefits further Training students, in which students need to be trained to use programs and centers best Making self-access centers appropriate for students, where materials and tasks should be designed specifically to have groups working together in pair or group interaction Keeping interest going, where students involvement in using SAC should be maintained through a variety of means such as feedback sheets, SAC-users committee, newsletter, website, reward for regular attendance, etc. Susan McLean Orlando suggests that the kind of learning that happens in formal setting may represent only a fraction of the learning experienced by participants (McLean Orlando in Harmer 2007: 407). Harmer (2007: 407) also adds that students will use English in the real world outside the classroom, so students need to learn to access and investigate English on their own. He also gives some examples of the methods that promote students independent learning, such as tasks or reports of using English outside the class, extensive reading and listening assignments, learning journals and records, etc. Research Design General Research Approach Instead of trying to find the universal laws underpinning a social world (Cohen et al., 2000), I will focus on the general tendency of these students in evaluating the usefulness of an English course they have studied during the odd semester of 2010/2011. After that, I will try to link their ratings in this regard with some related views in the ELT pedagogy. Thus, I will try to find out their pattern of responses to the statements that I will design in the instrument. Based on the nature of this knowledge, my position in this research project is more towards the positivist/empiricist epistemology, which is more concerned with generalization, prediction and control. Evaluating the Usefulness.. (Almodad B. Asmani) 27

31 Based on the nature of my research, I apply the approach of quantitative data gathering and analysis. By using a quantitative methodology in the research project, I focus on more context-free generalizations of the observed social phenomenon by examining the relationship of the variables. Here, I rely on statistical results represented with numerical data. Data Collection I use survey questionnaires to collect the data, and my target population consists of all Binusian students of 2014 who take English Entrant classes at Binus University in the odd semester of 2010/2011. Questionnaires To find out how these students evaluate the course usefulness, I use statements representing the teaching quality, the course contents and the beyond-class learning activities. I use arguments that are carefully considered as representing the fundamental principles in evaluating an English course, based on the ideas of some authors. These statements provide many possible responses regarding how the students rate the usefulness level of the English course they were taking to find out whether the program has met their needs and demands. I give the statements in the form of questionnaires of predominantly selected-response questions with some open-ended items. The selected-response items enable me to maintain the precision and clarity of my research problems in a way that the possibility of the students to give answers or responses, which deviate from the real problems, can be put at a minimum level. It is very hard to control this in open-ended questions or interviews alone. Wiersma (1991) notes that Selectedresponse items enhance consistency of response across respondents, data tabulation generally is straightforward and less time-consuming than for open-ended items (p. 176). In my consideration, the pre-coded items also help students think about the criteria they evaluate in this matter, which might already exist unconsciously in their minds. Open-ended items alone take more time and effort for them to think again about these criteria. Furthermore, the statements that I provide in the questionnaire are already thought of and formulated carefully to represent many possible criteria that best reflect how students evaluate an English course in Binus university. Since I measure how strong their average responses to each statement are, it asks for degrees of agreement. Here, I use a kind of Likert scaling with five or more choices, ranging from Strongly Agree to Strongly Disagree. McDonough and McDonough (1997) note that each statement is related to each other, and the respondents responses can be summed over the whole questionnaire to produce a measure of strength.. Due to some considerations of the high response rate, non-respondents exclusion, the spread of respondents and reasonable costs, I personally administer the questionnaire to the participants by asking the permission of time and opportunity from some English lecturers teaching their classes in the odd semester of 2010/2011 across campuses at Binus University. Participants I divide the participants into two groups of Binusian freshman 2014 who take English subjects in the odd semester of 2010/2011 at Binus University, which are: Undergraduate students studying at Faculty of Computer Studies (120 students) Undergraduate students studying at other faculties (120 students): o Undergraduate students studying at Faculty of Economics and Business (40 students) o Undergraduate students studying at Faculty of Communication and Multimedia (40 students) o Undergraduate students studying at Faculty of Language and Culture (40 students) 28 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 24-39

32 These Binusian students are chosen as the participants in my research project due to some reasons. First, all students of non-english department studying at Binus University must take English course as the compulsory subjects. This results in a large number of English-studying students who need a special academic consideration and treatment to meet the aims and objectives as expected. Second, because I am the coordinator of all English course program at Binus University, I am in a better position to investigate any issue of the English course running in terms of the appropriateness and usefulness of the teaching methodology delivered, the curriculum designed and the beyond-class activities conducted. Since there are subpopulations in the population to be sampled and due to the fact that it is not homogeneous, I will use the approach of stratified random sampling, where all strata are represented in the sample, and the sample members are selected from each stratum at random (Wiersma, 1991: 253). For allocation of sample size among strata, I will use proportional allocation method, where the allocation of strata members in the sample is proportional to the numbers of members in the strata of the population (Wiersma, 1991: 253). Data Analysis: Quantitative For quantitative analysis, I use the ANOVA statistical analysis to test the hypotheses as follows: 1. Null Hypothesis 1: the responses means for Binusian students rating English Entrant under two different groups of faculty are equal. 2. Alternate Hypothesis 1: the responses means for Binusian students rating English Entrant under two different groups of faculty are not equal 3. Null hypothesis 2: the responses means for Binusian students rating English Entrant under three different categories of criteria are equal 4. Alternate hypothesis 2: the responses means for Binusian students rating English Entrant under three different categories of criteria are not equal My independent variable is group difference (Faculties) and criteria category (Teaching Methodology, Course Contents and Beyond-Class Activities), and my dependent variable is the student s responses. I choose the ANOVA statistical analysis due to various reasons. First, I use single items with Likert scale response format for measurement of the dependent variable (responses), whose data is on interval scale. Second, I will test the significance of the difference between the means of two independent samples under two independent variables, and the ANOVA statistical analysis applies in this procedure. The data collected will be presented in a 2x2 Multifactor Analysis of Variance to find out the combined effect of the faculty difference and the criteria category to the student s responses. By using the model, I will analyze: 1. whether there is a significant difference of the students responses under two groups of faculty 2. whether there is a significant difference of the students responses under three categories of criteria If there is a significant difference in the first point, I describe how different the students responses are distributed under each group of faculty, and I will interpret the findings as to why they are different. If there is no significant difference in the first point, I describe how similar the students responses are distributed under each group of faculty, and I will interpret the findings as to why they are similar. Evaluating the Usefulness.. (Almodad B. Asmani) 29

33 Research Report Data Presentation Responses data of Binus University students from two faculty groups in evaluating English Entrant under three categories of criteria is presented in the table below: Table 1 Students Evaluation on English Entrant from Two Faculty Groups under Three Categories of Criteria Computer Studies 40 means 1 Non-Computer Studies 40 means 4 Teaching ΣX = ΣX = 172 ΣX r1 = X = 4.08 X = 4.3 X r1 = 4.19 ΣX 2 = means 2 ΣX 2 = means 5 Course ΣX = 151 X = 3.77 ΣX = X = 4.05 ΣX r2 = X r2 = 3.91 ΣX 2 = means 3 ΣX 2 = means 6 Independent Learning ΣX = X = 3.52 ΣX = X = 3.37 ΣX r3 = X r3 = 3.44 ΣX 2 = ΣX c1 = X c1 = 3.79 ΣX 2 = ΣX c2 = X c2 = 3.90 ΣX Total = ΣX 2 Total = X Grand Mean = 3.85 Data Summary The responses data of the four student groups under the two faculty groups with two question categories is summarized in the table below: Table 2 Summary of a 2 x 2 Multifactor Analysis of Variance of Six Student Groups Source of Variance SS df MS F Level of Significance Between columns (Studies) Between rows (Criteria) Column by rows (Interaction) Between groups Within groups Total Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 24-39

34 Three F ratios are listed in the table. To find the significance of each of these values, the writer consults the table of F values in the appendix. To use the table, the writer uses the number of degrees of freedom associated with each F ratio (df for the numerator) and the number of df associated with the within-groups mean square (df for the denominator). The between-columns F ratio is Consulting the table, with 1 and 234 df, the writer finds that an F ratio of 3.89 or more is needed for significance at the.05 level, and an F ratio of 6.76 or more is needed at the.01 level. Because the obtained value of 4.29 is higher than 3.89, but lower than 6.76, the writer can conclude that the difference between the responses of the students from computer studies and from other studies is statistically significant at the.05 level but not at the.01 level. The between-rows F ratio is With 2 and 234 df on the table, the obtained value of far exceeds both 3.04 (.05 level) and 4.71 (.01 level). The writer can conclude that the difference of the students responses to evaluate English Entrant under criteria of teaching, course and beyond-class activities are statistically significant at both the.05 level and the.01 level. The column-by-rows F ratio is With the same df (2 and 234), the obtained value also exceeds both of the values on the table (3.04 and 4.71), and is thus significant at the.05 level and the.01 level. Data Interpretation Data Interpretation of the First F Ratio The first F ratio (between columns) is not significant and shows that the faculty groups do not differ significantly from one another in their effect on the responses of the students in answering the questions. The analysis, a comparison of the combined responses of groups 1, 2 and 3 (X = 3.79) with the combined responses of groups 3, 4 and 5 (X = 3.90), was not statistically significant, so I do not have sufficient evidence to make any conclusions about the faculty conditions. Data Interpretation of the Second F Ratio The second F ratio (between rows) is significant and shows that the three categories of criteria differ significantly from one another in their effect on the responses of the students. This analysis is a comparison of the combined responses of groups 1 and 4 (X = 4.19), with the combined responses of groups 2 and 5 (X = 3.91), and the combined responses of groups 3 and 6 (X = 3.44). From the significance of this F ratio I can infer that the difference between the evaluation attitudes of the students towards three criteria of English Entrant, which are teaching aspects, course content, and independent learning system, is beyond chance expectation. Because I have a significant F ratio for the difference, I conclude that among freshmen students of Binusian 2014: fully supporting attitudes and more can be expected from these students when they evaluate the teaching aspects of English Entrant almost fully supporting attitudes can be expected from the students when they evaluate the course contents of English Entrant neutral attitudes can be expected from the students when they evaluate the independent learning system of English Entrant Teaching Under the teaching criteria, both groups of students give the average mean scores of 4.08 and 4.3 respectively, which indicate that they tend to show a preference towards teaching features in English Entrant. The teaching aspects include whether the teacher has communicated the materials Evaluating the Usefulness.. (Almodad B. Asmani) 31

35 clearly, has prepared for classes, has organized class effectively, has stimulated students interest in the subject, has been responsive to student problems, and has delivered an appropriate teaching methodology. Based on statistical results, the writer concludes that generally freshmen students of Binusian 2014, whether they are of computer and non-computer studies, tend give a more positive attitude towards some teaching aspects of English Entrant. Course Under the course criteria, both groups of students give the average mean scores of 3.77 and 4.05 respectively, which again show that they tend to give a more agreement response, though not fully. The course aspects include the materials aims and objectives, contents, designs, the curriculum methodology, the assessment system, and the overall course program. Based on the statistical results, the writer concludes that freshmen students of Binusian 2014, no matter of which faculty they study at, tend to favor (though not fully) with the course contents in English Entrant. Independent Learning System Under the criteria of beyond-class activities, both groups of students render the average mean scores of 3.52 and 3.37, which show that they tend to give a more neutrality response towards beyondclass learning activities. The beyond-class activities include the activities of reading journal, writing tasks on GSLC (Guided-Self Learning Classes), listening assignments at laboratories, speaking practice at tutorial program, English extra-curricular activities, and the independent learning system in general. Based on the statistical results, the writer concludes that freshmen students of Binusian 2014 generally tend to be neutral with some aspects of independent learning activities in and around the campus. Data Interpretation of the Third F Ratio The third F ratio shows the interaction effect between the two variables: faculties and evaluation criteria. The significance in this case means that the effect of faculty differences on these students responses in evaluating English Entrant depends on the criteria choice. Among the students evaluating the teaching aspect of English Entrant, the difference between responses of computer students and non-computer students is 0.22 point ( ). Among the students evaluating the course content of English Entrant, the difference between responses of computer students and non-computer students is 0.28 point ( ). Among the students evaluating the independent learning system of English Entrant, I find a difference between responses of computer students and non-computer students of only 0.15 point ( ). Because the F test indicates that the interaction is significant, I can conclude that responses of non-computer students makes more difference when they evaluate the course content of English Entrant than when they evaluate the teaching aspect or the independent learning system. CONCLUSION The first quantitative finding shows that the average responses of the computer students are not statistically different from those of the non-computer students. This means that the faculty group difference does not make any effect on the way these students value English Entrant. So, both groups of students generally tend to judge English Entrant in relatively the same way of perspectives. 32 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 24-39

36 The second quantitative finding shows that there are significant differences among all students average responses to teaching criteria questions, those to course criteria questions, and those to independent learning system questions. This means that the criteria choices give effects on the way these students evaluate English Entrant, with the results that: fully supporting attitudes (mean 4.19) can be expected from these students when they evaluate the teaching aspects of English Entrant almost fully supporting attitudes (mean 3.91) can be expected from these students when they evaluate the course contents of English Entrant more neutral attitudes (mean 3.44) can be expected from these students when they evaluate the independent learning system of English Entrant The third quantitative finding shows that the interaction effect of the faculty differences and evaluation criteria are significant. The significance in this case means that the effect of faculty differences on these students responses in evaluating English Entrant depends on the criteria choice. Since the difference between average responses of computer students and non-computer students evaluating the course content is the highest (0.28 point), I can conclude that responses of noncomputer students makes more difference when they evaluate the course content of English Entrant rather than when they evaluate the teaching aspect or the independent learning system. Results of the Study The findings of the quantitative analysis have generated some valuable input and implications for the ELT contexts at Binus University: The teaching methodology of communicative language approach, which is predominantly employed in English Entrant, can achieve a high degree of acceptance and success in term of students feedback and achievements, if only the instructors are socially communicative and highly engaging with their students. The course content of English Entrant will be more appreciated by these students if the speaking format still emphasize on fluency and clarity rather than accuracy, The independent learning system will be more appreciated by these students if it provides access for these students to improve their language learning experiences beyond the class activities. REFERENCES Asmani, A.B. (2010). How do Binus University Undergraduate Students Value English in the General, Academic, and ELT Context? Lingua Cultura. 4(1), Breen, M. No date. A Pragmatics of Language Teaching: From Practice to Principles. In Richard, J. C. (2001). Curriculum Development in Language Teaching. Cambridge: Cambridge University Press. Brindley, G. (1984). Needs Analysis and Objectives Setting in the Adult Migrant Education Program. In Richard, J. C. (2001). Curriculum Development in Language Teaching. Cambridge: Cambridge University Press. Brown, K. Laboard. (2003). From Teacher-centered to Learner-centered Curriculum: Improving Learning in Diverse Classrooms. Education. 124 (1), Cohen, L., L. Manion, et al. (2000). Research Methods in Education. London: Routledge Farmer. Evaluating the Usefulness.. (Almodad B. Asmani) 33

37 Harmer, J. (2007). The Practice of English Language Teaching. Essex: Pearson Education Limited. Hu, G. (2002). Potential Cultural Resistance to Pedagogical Imports: The Case of Communicative Language Teaching in China. Language, Culture and Curriculum. 15(2), McCombs, B. L. (1997). Self-assessment and Reflection: Tools for Promoting Teacher Changes toward Learner-centered Practices. In Brown, K. Laboard. (2003). From Teacher-centered to Learner-centered Curriculum: Improving Learning in Diverse Classrooms. Education. 124 (1), 50. McCombs, B. L. and Whistler, J. S. (1997). Learner-centered Classroom and Schools: Strategies for Increasing Student Motivation and Achievement. In Brown, K. Laboard. (2003). From Teacher-centered to Learner-centered Curriculum: Improving Learning in Diverse Classrooms. Education. 124 (1), 49. McDonough J., and McDonough S. (1997). Research Methods for English Language Teachers. UK: Arnold. McLean Orlando, S. (2006). The Importance of Informal Learning in EFL. In Harmer, J. (2007). The Practice of English Language Teaching. Essex: Pearson Education Limited Nunan, D. (1988). The Learner-centered Curriculum. New York: Cambridge University Press. Richard, J. C. (2001). Curriculum Development in Language Teaching. Cambridge: Cambridge University Press. Siemon, Anne. (2010). Learning English in China: Is Communicative Language Teaching a Reality? Australian Journal of Language and Literacy. 33 (2), Usher, R. (1996). A critique of neglected epistemological assumptions of educational research. In D. Scott and R. Usher (eds), Understanding educational research. London: Routledge. Wiersma, W. (1991). Research Methods in Education. USA: Allyn and Bacon. 34 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 24-39

38 Appendices Computation for Quantitative Data The total sum of squares is found by using the formula: SS t = ΣX t 2 (ΣX t ) 2 N Based on the above formula, the value of the total sum of squares is: SS t = SS t = (924.33) SS t = SS t = The sum of squares between groups is found by applying the formula SS b = ΣX b 2 = (ΣX 1 ) 2 (ΣX + 2 ) 2 (ΣX) 2 n 1 n 2 N Based on the above formula, the value of the sum of squares between groups is SS b = SS b = (163.33) 2 (151) 2 (140.8) 2 (172) 2 (162.33) 2 (134.83) (924.33) SS b = SS b = SS b = The sum of the squares within groups is obtained by subtracting the sum of squares between groups from the total sum of squares: SS w = SS t SS b Evaluating the Usefulness.. (Almodad B. Asmani) 35

39 The value of the sum of squares within groups is SS w = SS w = The between-columns sum of squares represents the sum of the squared deviations caused by the difference between the column means and the grand means. It is found by using the formula: SS bc = (ΣX c1 ) 2 (ΣX + c2 ) 2 (ΣX) 2 + n c1 n c2 N The sum of squares between the columns for the data shown in the table is SS bc = SS bc = (455.16) 2 (469.16) 2 (924.33) SS bc = SS bc = 0.73 The between-rows sum of squares is the sum of the squared deviations caused by the difference between the row means and the grand mean. The value is found by using the formula: SS br = (ΣX r1 ) 2 (ΣX + r2 ) 2 (ΣX) 2 + n r1 n r2 N The sum of squares between the rows for the data shown in the table is SS br = SS br = (335.33) 2 (313.33) 2 (275.66) 2 (924.33) SS br = SS br = SS int = SS b (SS bc + SS br ) SS int = ( ) SS int = 2.25 df for between-columns sum of squares = C 1 = 2 1 = 1 df for between-rows sum of squares = R 1 = 3 1 = 2 df for interaction = (C 1) (R 1) = (2 1) (3 1) = 1 x 2 = 2 df for between-groups sum of squares = G 1 = 6 1 = 5 36 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 24-39

40 df for within-groups sum of squares = N G = = 234 df for total sum of squares = N 1 = = 239 Questionnaire English Entrant Student Appraisal Form Explanation The purpose of this questionnaire is to provide the New English MKU program with feedback on its performance during the Odd Semester of 2010/2011 in Binus University. Your feedback is an important element in the ongoing process of assessing and improving the teaching and learning process within the institution. Please think carefully before making your judgments. Direction: Student comments should apply ONLY to the performance of the teacher, undertaken course, and beyond-class learning activities Course : Class Code : Semester : Academic Year : Teaching In general, I have found that this teacher: 1. has communicated class materials clearly (Presentations, Strategies, Tips, etc) Strongly Agree Agree Neutral Disagree Strongly Disagree 2. has been well prepared for classes (Textbook Contents, Multimedia Application, Activities format, etc) Strongly Agree Agree Neutral Disagree Strongly Disagree 3. has organized class effectively (Time Management, Tasks Allocations, Speaking Spots, etc) Strongly Agree Agree Neutral Disagree Strongly Disagree 4. has stimulated my interest in the subject (Motivation, Sense of Humor, Comfortable learning environment, etc) Strongly Agree Agree Neutral Disagree Strongly Disagree Evaluating the Usefulness.. (Almodad B. Asmani) 37

41 5. has been responsive to student problems (Feedback, Questions, Answers, etc) Strongly Agree Agree Neutral Disagree Strongly Disagree 6. Having considered various aspects of the performance of the designated teacher, how would you rate the teaching methodology overall? Excellent Good Acceptable Poor Very Poor Course In meeting your study needs and abilities: 1. How do you rate the aims and objectives (target scores, fluency in speaking, etc) of this course? Very Appropriate Appropriate Somewhat Appropriate Least Appropriate Not Appropriate 2. How do you rate the materials content (business/academic topics, speaking/listening/reading/writing skills, no formal grammar etc) of this course? Very Appropriate Appropriate Somewhat Appropriate Least Appropriate Not Appropriate 3. How do you rate the materials design and organizations (activities sequence, textbook grading, tasks composition, etc) of this course? Very Appropriate Appropriate Somewhat Appropriate Least Appropriate Not Appropriate 4. How do you rate the curriculum methodology (communicative approach) of this course? Very Appropriate Appropriate Somewhat Appropriate Least Appropriate Not Appropriate 5. How do you rate the assessment system (task-based and computer-based scoring) of this course? Very Appropriate Appropriate Somewhat Appropriate Least Appropriate Not Appropriate 6. Having considered various aspects of the performance of the undertaken course, how would you rate the course program overall? Very Appropriate Appropriate Somewhat Appropriate Least Appropriate Not Appropriate 38 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 24-39

42 Independent Learning System For your study support and improvement: 1. How do you rate the reading journal (textbook timetable, vocabulary development, etc)? Very Useful Useful Somewhat Useful Least Useful Not Useful 2. How do you rate the writing tasks on GSLC sessions? Very Useful Useful Somewhat Useful Least Useful Not Useful 3. How do you rate the listening assignments at Lab? Very Useful Useful Somewhat Useful Least Useful Not Useful 4. How do you rate the speaking practice at Tutorial program? Very Useful Useful Somewhat Useful Least Useful Not Useful 5. How do you rate other English extra-curricular activities groups? Very Useful Useful Somewhat Useful Least Useful Not Useful 6. Having considered various aspects of the performance of yourself as a student, how would you rate the independent learning system overall? Very Useful Useful Somewhat Useful Least Useful Not Useful Evaluating the Usefulness.. (Almodad B. Asmani) 39

43 会話中に 相手を知っている と言うことの会話分析的研究 ~ 付き合う男女のインターネットチャットを題材に ~ 大阪大学大学院言語文化研究科日本語 日本文化専攻博士前期課程千々岩宏晃 SAYING I KNOW YOU CONVERSATIONAL ANALYSIS ON INTERNET-CHATTING BY DATING COUPLES Hiroaki Chijiiwa Assosiate of Research Department Japanese and Japanese Culture Department for Master and Doctor Degree, Osaka University 概要 中山 (2003) は 普段人々は 私たちの親しさはこのぐらい というような言語形式によって お互いに親しさを確かめ合うことを行わない と述べている 1 確かに 親しさ と呼ばれる非常に曖昧な概念において その尺度を演繹的に決定することは非常に困難であり ましてや 対話の中でそのようなことを行うことは難しいであろう しかし 人々は尺度的に行うことはないまでも 会話中で二者間の関係に言及し 二者間の関係が発展したことを確認しあうことは まったく 行わないのであろうか 本研究は 以上の疑問を解消するために 付き合う男女のインターネットチャットのデータを会話分析の手法に基づいて分析し 付き合う男女二者間で起こった言語活動による二者間の関係の 親しさのストラテジー としての 相手を知っている 発話の機能 2 を帰納的に抽出しようとする質的研究である 心理学的見地での 透明性の錯覚 についての研究は 主に相手に自分の思考がばれていると認知する傾向の言説であった しかし ここで行われていることは 発話者が被発話者に対して 知っている と述べる行為であり 被発話者は 知られている と示される という活動であった キーワード : 親しさ 親密度, 会話分析, インターネットチャット, 透明性の錯覚 ABSTRACT In casual conversations, Japanese people do not refer to their intimacies saying We are close this much. It is difficult to create special scales for intimacies because the term of Intimacy is too abstract and vague. However, don t Japanese people really scale their intimacies during their conversations? In this study, the researcher aimed to describe strategies of intimacies in Japanese using method of Conversational Analysis onto dating couple s casual internet chat data and analyzed how people show their intimacies to opponent through the conversations. For conclusion we can say; Japanese people tend to say I know you in indirect way to emphasize the opponent s the illusion of transparency. Keywords: Intimacies, Closeness, Conversational Analysis, Internet Chatting, Illusion of transparency 1 とはいっても 会話で 出会ったときはこんなに仲良くなるとは思わなかった と述べることはたびたびあるように思われるが これについては別に考える必要があるであろう 2 ここでの 機能 とは 発話機能 のことではなく それをつかって会話参与者が何をしているかを表す 40 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

44 研究目的 中山 (2003) は 普段人々は 私たちの親しさはこのぐらい というような言語形式によって お互いに親しさを確かめ合うことを行わない と述べている 3 確かに 親しさ と呼ばれる非常に曖昧な概念において その尺度を演繹的に決定することは非常に困難であり ましてや 対話の中でそのようなことを行うことは難しいであろう しかし 人々は尺度的に行うことはないまでも 会話中で二者間の関係に言及し 二者間の関係が発展したことを確認しあうことは まったく 行わないのであろうか 二者間の関係の変化によって つまり二者の関係の発展 ( つまり 恋愛結婚や婚約 付き合い始めることなど ) や 社会的 ( あるいは法的 ) な約束によって生まれた関係の変化を準物理的な関係の変化の証と捉えて 関係が発展したと述べることは 比較的容易ではある しかし それら関係の変化 以降 つまり 社会的拘束による関係の変化が顕著に見られない二者関係はどのように二者間の関係の発展を同定し それを二者間で認めているのだろうか 本研究は 以上の疑問を解消するために 付き合う男女のインターネットチャットのデータを会話分析の手法に基づいて分析し 付き合う男女二者間で起こった言語活動による二者間の関係の 親しさのストラテジー としての 相手を知っている 発話の機能 4 を帰納的に抽出しようとする質的研究である 先行研究 本節では 本研究の基礎となる 親しさ ならびに 親密度 に関するいくつかの研究 言説を概観し その研究における問題点と本研究への応用を検討する なお 以下本研究で述べる 親しさ とは 大坊 (2004) の述べる親密度に関する分類の中の 認知的親密感 ならびに 親しさを保つための 対人コミュニケーション行動の連鎖 ( 親密な行動 ) に当てはまるが 以下で述べるように帰納的研究のため 具体的定義はここでは行わない 対人関係の社会学的言説分析の問題 : 加藤 (2008) 加藤 (2008) は 親密性に関する言説を分析することについての問題点を考察した 加藤によれば 親密性に関する言説の多くの概念が研究者によって操作的に定義されていたり あるいは明確な定義のないまま日常語としての意味内容が暗黙のうちに想定されていたりする ことが問題であり 研究対象を曖昧にするものであると述べている また 客観的 概念を用いようとした社会学や心理学における量的研究 ( 例えば 質問紙等による回答 ) には 回答者がその概念の イデオロギー ( または あるべき姿 ) を答えてしまう傾向がある 5 とアラン (1993) を引用して述べ 現実のあり方 と イデオロギー を分析的に区別 3 とはいっても 会話で 出会ったときはこんなに仲良くなるとは思わなかった と述べることはたびたびあるように思われるが これについては別に考える必要があるであろう 4 ここでの 機能 とは 発話機能 のことではなく それをつかって会話参与者が何をしているかを表す 5 加藤 (2008 :p.16) には例えとして 親友と共にする行動 を 親友とともにするべき行動 としての問いと解釈される ことが述べられている Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 41

45 することが問題であると述べている さらに 加藤は対人関係に関する言説の多様性について述べ それを どう定義するか 何が要件になるのか 何が起こっているのか どうあるべきか の四つにまとめている 加藤の問題点の考察は まさにこれから本稿で述べようとするものの必要性を指摘するものである 千々岩 (2011) では 久保 (1993) 中山 (2003) 高木 (2009) 前澤 (20 08) などの問題点として 加藤が言及した 操作的定義 を挙げ その中で行われた 親しさ の概念を先行的に ( 時に十分な根拠を示さないまま ) 決める 演繹的研究 による研究成果に対して疑問を呈した 確かに 加藤が 友人と特徴づける 外的な 根拠はない とアランを引用して述べるように 必ずしもこのレベルの問題は重要なものとは限らない かもしれない しかし これまでの親しさに関する研究において 親しさ や 友人 という尺度を用いる場面では 多くの場合この操作的定義があり それゆえに曖昧とした結果になってしまったことは事実である また そのことは留意され 避けられるべきものである このことは 本研究を行う動機でもあり 3.2 で詳しく示すように 本研究では帰納的研究を主とする必要が出てくるのである 自他領域概念に基づく 笑い の分類 : 早川 (2000a, 2000b) 早川 (2000a) は 自 他領域という点に着目し 会話における笑いについて研究した 早川は 笑いを 3 つ (A 類 : 仲間づくりの笑い B 類 : バランスの笑い C 類 : 覆い隠す笑い ) に大別し さらにそれぞれを下位分類した また 早川 (2000b) では それを数量的データを用いて実証し さらに A 類は親しい関係間や 雑談場面 B 類は 普通 の関係や ミーティングの場面で多発することを述べた 確かに 早川の研究は笑いを一括で処理する (= 言語の音声的側面を考慮しない ) ことで 言語の一側面である笑いの相互行為側面を抽出することに成功している しかしながら 分析中に使われている 親しい 関係は 2.1 で述べたように先行的に決定されているものであり それぞれの言葉の定義があいまいであることも問題視されるであろう とはいえ 1 で触れ 後に 3.1 で述べるように これから分析するデータには音声的側面がないため 音声的側面を排した笑いの分析は 有用であろうと思われる 親密な関係におけるメタ認知バイアスについての研究 : 工藤 (2007) 工藤 (2007) は 自分の考えが相手に分かると推測するメタ認知バイアス (= 透明性の錯覚 ) を中心に据え その傾向が親しい友人間で大きくなること また それが社会的規範 ( ここでは加藤の述べる あるべき姿 と同様の意味 ) と関係があるかを心理学的視点から研究した 後者についてはその仮説が棄却されたと述べる一方 前者については肯定し さらに その逆 ( つまり 相手の考えがわかると錯覚する傾向 ) も親密な友人間では高い数値を示すことが示された さらに 工藤は 研究の全体考察の中で 次のように述べている 42 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

46 インセンティブ 6 がない状態の推測も 考慮した結果生じた判断と考えられる 友人間においては 主観的に正確な推測をした結果が大きな透明性の錯覚として表れていると考えられる (( 引用者中略 )) インセンティブがない状態での判断がすでに熟慮したものである可能性も指摘できるが 逆に透明性の錯覚が熟慮しても低減できないバイアスである可能性も示唆している そのように特に親密な関係における透明性の錯覚が頑健なバイアスであるとすれば その背後には適応的 機能的意味がある可能性が考えられるだろう 工藤 (2007) pp ここで 工藤の述べる 透明性の錯覚の背後にある応用的 機能的意味 とは まさに本研究でこれから明らかにしようとすることと関係がある インセンティブがない場合でも 平時から透明性の錯覚について熟慮しているということは 親密な関係において 知られていること による何かしらの 相互行為的価値 があることが示唆されているためだ そして その相互行為は まさにこの研究で使用する会話分析の分析対象として主流のものである (3.2 参照 ) また 逆の傾向 ( 相手の考えがわかると錯覚する傾向 ) についても インセンティブがあれば 未知の間柄でも友人間と同程度の推測量が得られると述べていることも興味深い ただし ここでいうインセンティブが 日常の文脈でどのような形で表れているのかは さらに考察をする必要があるように思われる 先行研究から得られたこと 本節で概観したこれら三つの先行研究から 以下のようなことが導き出されるであろう 1. 親しさに関する分析は その定義の操作性 曖昧性などから 帰納的研究が求められている 2. 親しい とすでに操作的に定義された研究の中でも 本分析への適用は十分に可能である ( 親しさに関する先行研究の価値を同定する ) 3. 透明性の錯覚 等心理学的見地は参照されるべきものであるが それらは ( その研究デザイン上 ) 日常性という視点に欠けている または 実際の応用的 機能的意味については考察が不十分である 以上の三点は 本研究の動機でもあり 本研究を 行わなければならない 理由でもある また 研究デザインにおいても 同様のことが言えるであろう 6 この場合のインセンティブ (incentive) とは 推測が正しいこと で報酬を得られるといったような外的動機のことである 工藤 (2007) では このインセンティブにより 透明性の錯覚における社会的規範の影響が小さくなると仮説を立てたが 棄却された Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 43

47 研究の方法 使用データ 本研究で使用するデータは 付き合って半年になるあるカップルのインターネットチャットでの会話を収集したもので 2011 年 3 月から 6 月にわたって継続的に採集された A4 用紙にして 60 ページ (10 万文字程度 ) の言語データである データでの会話参与者は二名で I 国に在住する 20 代前半の男性 ( 仮名 : アンドウタクヤ ) と 大阪に居住する 20 代前半の女性 ( 仮名 : オオウエカナエ ) のカップルである ( ただし データの最初ではまだ男性が日本に滞在しているデータも存在する その際は別途明言する ) なお アンドウはオオウエより 3 歳年上であり 同じ大学の先輩であった インターネットを利用したチャットソフト Skype 7 での文字列をコピー アンド ペーストで保存し そのまま分析資料とした なお このインターネットチャットのソフトウェアにはビデオ付きの通話機能が存在するため ビデオ付き通話を行っている部分は資料から除かれている この言語資料での特徴は インターネット上での二者間のみによる会話という点で特徴づけられている つまり 対面ではない遠隔で行われている (2 時間の時差も存在する ) こと また 二者間のみであり Goffman(1981) のいう参与者枠組み (Participation Framework) のもっともプリミティブな発話者 被発話者という枠組みが適用されており そこに存在する会話のアドレスは 特別なコンテクストがない限りにおいて それぞれ話中の相手に向けて発話されていると考えることができるだろう さらに 視線や ジェスチャーといった非言語的相互行為や アクセント イントネーション 声色 顔の表情などを見ることはできない また 発話が秒単位でしか計測できないため 発話のタイミング等は推測に頼らざるを得ず それゆえ 発話の 仕方 よりも発話の 内容 により重きが置かれること ( あるいは 置かざるを得ないこと ) は 分析を行うに先立って述べておく必要があるであろう 分析方法 本稿の分析は 会話分析 (ConversationalAnalysis) の手法を用いている 会話分析は エスノメソドロジー (Ethnomethodology) での主流的研究方法である ( 山田, 好井, 山崎, 1987:p.7) そして エスノメソドロジストたちは 会話そのものに関心を寄せているわけではないし まして言語に特別の関心をもっているわけでもない ( 好井,1992) と述べられている しかし 本研究では会話そのもの つまり 話し方 と 話されている内容 は分かちがたく存在していると位置付けている 8 よって本稿では 話されている内容とその機能的位置づけにおいても言及したい 本稿では チャットでのデータ ( 以下 チャットデータ ) を時系列に沿って読み そのなかで おおよそ 親しくない二者間では起こり得ないと思われる出来事 を抽出 分析する これは通常 友人たちや参与社会に存在する半知りの人々と話すような一般的な会話 ( GeneralConversation) ではなく 付き合う という二者間において ( のみ?) 起こるであろうと考えられる特異な会話 (Peculiar Conversation) であることを示している 7 Skype の詳細な機能については公式サイト ( 最終アクセス :2012/1/24) を参照 8 詳しくは千々岩 (2011) を参照されたい 44 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

48 i それら会話を 前後のコンテクストを含めて抽出し なにが行われているかを大まかに現象別に書きだし 分類した その後 それぞれの現象を大きくまとめ さらに付き合う二者間で特徴のあると考えられる現象 3 種類に分析対象を限定した 9 それらはすべて 相手を知っている ということに基づいているため それら分析対象群を 相手を知っていること と呼ぶ なお フォローアップインタビューを実施し 発話の以前にある二者の共通知識について問う必要がある場合について質問を行い そのことが共通の認識として存在したことを確認する作業も行っている データ分析 結果と考察 第四節では 第三節で示したデータを詳しく分析していき 会話の中に存在する 相手を知っている ということがどのような二者の関係とかかわっているのか 分析を試みる これらの 相手を知っている という要素を含意するデータは 言語資料から抽出されたものであり これ以上の活動が 今回の言語対象の二者間における対面の場合や 他のカップルで行われている可能性については否定できない しかし 冒頭述べたような状況的な制約があり さらに適用できる範囲は限られているものの 二者間のストラテジーを抽出することに全く意味がないとはいえないのではないだろうか というのも これら彼らが使用しているストラテジーは 彼らが今までの社会の中で他者とのインタラクションを通して獲 Commonsense Knowledge 得した親しさのストラテジーであり また それが社会的な日常の知により培われてきたものであるとすれば 他の社会の構成員が類似した あるいは同じ活動を行っているはずだということは想像に難くないからである 本節では 言語資料中に発見された 相手を知っている と述べることを分析し それが二者間でどのような相互行為であるのかを明らかにする 認識の類似について言及すること チャットデータ 1< 開かずの観賞室 > ii 新入部員のために Kキャンパスを案内した方がいいと言う話をしている タクヤは以前カナエを案内しているため カナエは他の部員よりもKキャンパスの地理に明るい [2011 /04/04] [19:34:25] タクヤ : いや 案内してあげないと かわいそうだよ [19:34:31] タクヤ : せっかく K きゃん 10 にいるのに [19:34:41] タクヤ : 映画部員としてのファーストステップだよ! [19:34:53] タクヤ : (ninja) (( 著者注 : 忍者の絵文字 (Emoticon) が表示されている )) [19:34:58] カナエ : どこを案内しろと? [19:35:01] タクヤ : 部室 [19:35:06] タクヤ : と 部室 [19:35:09] タクヤ : と 部室 9 限定は多くのデータから帰納的に取り出しているため 操作的とは言えない また 分析対象の限定は紙幅上の都合による 10 K きゃんは 二人の大学のキャンパスの一つ きゃん はキャンパスの意 Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 45

49 [19:35:12] カナエ : あ 観賞室 [19:35:13] タクヤ : あ 観賞室明けないと 12 [19:35:20] タクヤ : おんなじこと考えてたwww [19:35:23] カナエ : 笑 [19:35:29] カナエ : しかも あ って笑 [19:35:30] タクヤ : 締まってた? [19:35:33] カナエ : しまってました [19:35:37] タクヤ : なるー [19:35:45] カナエ : サオトメさん [19:35:46] タクヤ : じゃぁ 学生課か 以下 部活の中での役割の分担の話になる 01 で タクヤ ( 以下 T と記載 ) は新入部員にキャンパスを案内しないことは かわいそうなことであると述べている さらに 02 でキャンパスに居るのに案内しないことの もったいなさ を語る そして 03 では それが映画部員となる第一段階であることを示し 忍者 の絵文字を使用する (04) この絵文字の使用意図は不確かであるが 04 から 05 へ 12 秒程度間があることから K へのターン交代の表示か K への発話催促ではないかと考えられる その証拠に K は 5 秒後に 案内する場所はどこが適切かということを T に尋ねる (05 ) T は 部室 と 06 で解答し さらに選択肢を示す目的ではなく部室しか場所がないことを示すように と 部室 と 07 と 08 で繰り返す その 3 秒後 K と T は一秒差というほぼ同じタイミング 13 で 観賞室について述べる その際 09 の K よりも 10 の T の方が 観賞室への態度 ( この場合では 開けなければらないということ ) がより明確に表れている 11 では この 09 と 10 の同一の思考にたいし おんなじことを考えてた と述べる さらに www と提示されていることから それが T にとって異常な事態であることがうかがわれる 12 で K はそれに同調し 13 で観賞室もさることながら (= しかも ) あ という感嘆詞までも同じであることを指摘する 14 で T は それには触れず 観賞室が締まっていたか という事実を確認し 15 で K はそれに答える 16 で T は なる ( ほど ) と述べ 17 で K は サオトメさん と現部長の名前をタイプする このサオトメという人物は 部長としての責務を果たさないという点で 二人の話題に上っていたことがあった ここで観賞室が開いていない事態に対し サオトメの名前を出したことは その責任について言及することを含んでいるものであると考えられる 18 で T は サオトメさん発言については触れずに 観賞室を開けるための手立て ( この場合では学生課に行くこと ) を示唆する ここで特異だと考えられる点は 09~13 で起こる 同じことを言うこと である この現象が起こることは 06 から 09 で繰り返し述べられている 部室 が 二人の中で 観賞室が開いていないこと を想起させるリソースとして働いていることに由来する そのことは この現象が起こる背景に 部室 から派生する認識が T と K の二者間で非常に類似していることを示している このように 同じ言葉を述べ それについて言及することは キーワ 11 観賞室が手違いでカギをかけられてしまい 大学の事務所まで行き開けてもらわなければいけないことから ずっと鍵がかかっている状態であることが 二者の共通知識としてあった 12 以下の 締まっていた ということから 開けないと のミスタイプだと考えられる 13 一秒では 10 の T の発言は打つことができない パソコンの特性上 最低 26 個のキーを打たねばならぬため 一秒では難しいであろうと考えられる ゆえに これは T が 11 で述べるとおり 同じことを考えていた ことになる 46 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

50 ードへ遡り そこからの 認識の類似を示す ことを行っているとみられる また あ が重なったことについても 13 で K が言及しているとおり また 笑 で示されている通り 通常とは違う異常な行為であることは明確だが それにより 二人の認識の類似性を強調していることとも言える では チャットデータ 1 の ある言葉が二者間に同じことを想起させ そのことに言及する 例として チャットデータ 2 を見る チャットデータ 2 < 豆太 > 人は写真を撮るのが趣味である タクヤは カナエに写真をネット上でデータで送信し 意見を求める [2011/05/12] [17:57:03] *** タクヤが *****.JPG 14 を送信しました *** [17:57:11] タクヤ : こっちと比べて どちらがお好きでしょうか [17:57:38] カナエ : 暗めの方 [17:57:49] タクヤ : ふーむー [17:58:22] カナエ : いや 気分の問題かも [17:59:05] タクヤ : そんな 逆立ちしたら上が下で下が上だ みたいな [17:59:12] カナエ : 笑 [17:59:30] カナエ : 好きなのは明るいほうだけど 今は暗いほうの気分 [17:59:39] カナエ : なんかいみわからない笑 [18:00:14] タクヤ : まぁ カナも人間ってことだよね [18:00:38] カナエ : 人間です [18:00:47] タクヤ : フ フッ ( ε( =========( =_ ` ) 嘘じゃないよ! っ [18:01:03] タクヤ : インゲン? [18:01:15] カナエ : 豆 [18:02:46] タクヤ : ( 豆 `) [18:02:58] カナエ : そ それは? [18:03:10] タクヤ : 豆太 [18:03:24] タクヤ : ( 豆 `) まめまめおー [18:03:42] カナエ : 私もやろうとしました笑 [18:04:57] タクヤ : あら 気が合うね [18:05:06] タクヤ : ねぇ 俺たち 付き合わない?( ぉ 15 [18:05:10] カナエ : うーん [18:05:19] カナエ : 笑 その後 付き合っていない状態を仮定した冗談をタクヤが繰り返す 会話は 01 の T が写真のデータを送信するところから始まる 02 で T は K に対して二つの写真でどちらが好みかどうかを尋ねる 14 JPGは画像の拡張子の一つ ***** と合わせ タクヤがカナエに送信したファイルの名前である 15 ここでは二人は別れておらず 付き合っている Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 47

51 この際 注目すべき点は 文末が丁寧体表現になっているということである この二人の場合 通常話されているスピーチスタイル ( いわゆる 基調 ) は K から T が丁寧体 ならびに語末を省略した表現 (08) および普通体 (09) と混合して使用されている 16 のに対し T から K へは普通体 ( 大阪方言も使用される ) である これはおそらく この付き合うという恋人関係へと移行する前に 同じ専攻 部活の先輩 後輩関係であったということが影響していると考えられる しかし ここで 02 の文末がそれに反し 丁寧体である これは おそらく 頼みごとをする 頼みごとを引き受ける と言う二者間の役割において 頼みごとをすることが相手に対しての負担をかける行動であるため ここでは二者間での関係よりも濃く表れてスピーチスタイルのシフトが起こっていると考えられる 03 で K は 比べた写真では暗めの方が好みであることを T に告げる T は ふーむー と K の判断が T の意思とは異なっていることを示す 05 で K は それを受け それが 気分の問題 であるという 06 で T は その類似例として逆立ちした時の状態を提示し 軽く非難する K は笑と T に対して ごまかしの笑い ( 早川 2000) を行い 03 の判断が好きなものと今の気分が背反したものであると述べる (07) 08 で K は さらに 05 の補足として 気分の問題でその好みの判断が揺らいでいることを述べ 09 で 08 が補足として不適当であることを示し 自らでも判断についてよくわからない状態であることを述べる 10 で T は K の一連の気分の問題による判断の揺れについて あなたも人間であるのでそれは仕方がないと述べる 11 で K は人間です と T を肯定し それに対し で T は嘘じゃないよ とピノキオ 17 の顔文字を使う これにより 暗に あなたは人間ではない と冗談風に述べていることも考えられる 14 でさらに 人間 と インゲン と聞き間違えたように ( 視覚上のデータであるため 聞き間違えることはない ) 発話をデザインし K は 15 で豆と答える 14 でのデザインは インターネット会話独特のもので 視覚上で行われるチャットのやり取りでは聞き間違えることがないにもかかわらず 聞き間違えたようにデザインするということは まさに日常の会話でのストラテジーがインターネットチャットにも適用されている例であると言えるであろう 16 で T は顔文字の中に 豆 という字を組み込んだものを提示し 17 で K はそれが何かを問う T は 18 でその名前 ( 豆太 ) を述べ さらに 14 秒後に 豆 と犬の顔文字 (( ^ω^) わんわんお!) を組み合わせたものを作る 20 でカナエは それに対し 私もやろうとしました と T に対してその行為が 自分がしようとした行為と同じであることを述べる T は 21 で二人の気が合うこと そして 22 で ( すでに付き合っているけれども付き合っていなデザインで ) 付き合わないか と問う その際に ( ぉ と述べているのは それが冗談であると示すためであろう それに対し K は 23 で うーん と冗談に対してのコメントを避け それが否定的に取られないために 笑 と付け加える (24) ここで注目したい点は 20 で行われている K の 私もやろうとしました笑 という発話である この発話は 16 での 豆 という漢字を用いた T の顔文字の装飾 ( おそらく顔文字 ( ω `) ショホ ーン ) に対しての連鎖 (16 での新しい要素の提示 17 での 16 に対する質問 18 での応答 ) が終了した後に出てくる 19 の T の顔文字発話に対するコメントである ここでの論点は なぜ このような発言を行うことが K にとって必要であったのかというものである ここで チャットデータ 1< 開かずの観賞室 > での理論の適用が可能である ある言葉からの認識の派生が類似であること を示しているのだ つまり 16 での顔文字 (( 16 このことはより詳しく調査されるべきであろうと考える というのも 親しさによってスピーチスタイルシフトが起こることは我々にとっては日常知であるが どの段階でどのように行われるかについては今まで不明確であるからだ 17 童話ピノキオで主人公のピノキオは嘘をつくと鼻が伸びてしまうことから 48 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

52 豆 `)) に対する認識の派生方法が T と K で似通っていることを明示的に示すために K はこのような発話を行ったと考えられる 以上 チャットデータ 1 および 2 で行われている相互行為は 互いの認識の類似性を示す ことにより お互いがより近い認知状態にあることを示す ことを目的としているものとしてとらえることが妥当であろう このことが 相手に 認識的に寄り添おう とする行為なのであれば それは二者間でどのような機能を持つのであろうか 村山 (2004) は 顧客と従業員を対象に行った親密度の長期的調査の結果で 友人関係における関係深化の要因として 本音の自己開示 なんらかの類似性の存在 相手の立場にたった心配り の三つを挙げている この なんらかの類似性の存在 というのは 楠見 (1989) に初出したものであるが おそらくこれは表層的なものを志向しているように思える 例えば 飼っているペットの名前が一緒であるとか 妹が二人いることとか そのようないわゆる モノの偶発的類似性 についてであろう しかし この会話資料から二人の間で行われているのは 認識の類似性を相手に示すこと であり これがモノ的類似性に関係していながらも もっと深層的な 思考の類似性 とも呼ぶべきものである 双方にモノ的類似点があった場合に 人々の間で会話が盛り上がる ということは 往々にしてありうるし 想像に難くない しかし 事物に対する認識の類似性 を認知して会話が盛り上がることは 想像しにくいにもかかわらず このデータに見られるもの二点は確かに その類似性を相手に示している よって この類似性の提示を親しさのストラテジーと呼ぶべき物理的証拠はないにせよ それがその一種であることは肯定できる 相手の行動 / 性質が予測の範疇だと述べること では 認識の類似性 を相手に示すことによって 二者間の関係がより近い状態にあることを提示するデータを示した では 相手を どのように認識しているのか について言及するデータはあるのであろうか ここでは そのことに関連したデータを示したい チャットデータ 3 < パンケーキ > 二人はTの働き先について話しており その後 二人が所属している映画部の部長 サオトメ と連絡が取れない話になる [2011/04/14] 01 [20:24:16] カナエ : あ 02 [20:24:27] カナエ : サオトメさん どうなりました? 03 [20:24:52] タクヤ : 音沙汰ナッシング 04 [20:24:57] タクヤ : イェア! 05 [20:25:09] カナエ : ( ノД`) 06 [20:26:20] カナエ : ま いっか 07 [20:26:32] タクヤ : いいんじゃね?w 08 [20:26:41] カナエ : いいですよね 09 [20:26:43] カナエ : 笑 10 [20:26:45] タクヤ : いいいい ほっとけw 11 [20:26:48] タクヤ : ホットケーキ 12 [20:27:03] タクヤ : はっ パンケーキ食べたい 13 [20:27:09] カナエ : 言うと思った笑 Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 49

53 [20:27:13] タクヤ : www [20:27:17] タクヤ : おいしいじゃない パンケーキ [20:27:25] タクヤ : 美味しいパンケーキは美味しいじゃない [20:27:25] カナエ : おいしいですよ 以下 K はパンケーキを好きであり それに対し二人の共通の先輩に言及されたという話になる 01 で K は あ という言葉で 認識が変化したことが示され 違う話題の提供を行う ( この話題の前は T の勤務先についての話 ) 02 で サオトメという映画部の部長と連絡が取れたかということを T に尋ねる T は 音沙汰なし と 英語の Nothing( 何もない ) を組み合わせた語を 03 で述べ それが英語風の表現であることを強調するように Yeah のカタカナ語である言葉を 04 で述べる K はそれに対し 悲しい表情の顔文字を表示する (0 5) しかし 06 では 連絡が取れないことはどちらでもいいことである という旨の発言を行う それに対し 07 で T は K に対し賛同する 08 で K は それが妥当である確認を行い それを冗談風にデザインしなおす (09) 10 で T は K の意見をサポートするために いいいい ( この いい の繰り返しは いい 必要ない ということを強調するためであると考えられる ) と述べ さらに 放っておけ と述べる (10) さらに T は 11 で ホットケーキ と述べる これは ほおっておけ から派生した ほっとけ を ホットケ ( ーキ ) と読み替えたことによる言語行動で 連想 と呼べるであろう さらに 12 で T は連想を深め ホットケーキ から パンケーキ を導き それを食べたいという欲求の対象であると述べる すると 13 で K は 言うと思った笑 と 相手の パンケーキを食べたい発言 が予測の範疇であるということを述べる それに対し T は w を繰り返し使って笑いを表現し (14) 12 の発言の妥当性を高め 同意を要求するために パンケーキがおいしい ことを述べる (15) 16 ではそれを訂正し 美味しいパンケーキは美味しい と パンケーキの属性をさらに狭め 同意しやすいように程度を下げる とほぼ同時に ( 発話された時間を参照すると 1 秒以内の出来事である )K は おいしいですよ と T の 15 に向けて同意する (16) ここでの注目すべき点は 13 における K の 言うと思った という言語活動である 文末への 笑 の付加により冗談風にデザインされているこの活動は 12 のパンケーキを食べたいという欲求の発露へのコメントである iii しかし その言い方は 言うと思った という相手の発話を予測するものであり かつ 前後のカナエの発言 8 17 とは違い スピーチスタイルシフト (Speech Style Shift) 18 が行われている これはいったいどのようなことを指向した活動なのであろうか 相手の行動を予測していたと述べることは 4.1 で述べた 認識の類似性 を提示しているものとは異なり 相手の行動を予測し 自分の認識へと組み込む 作業である つまり T がホットケーキから パンケーキへと連想を深め それを食べたいということ は K にとってはすでに知っていることであり ( または知っているとデザインすることが よい ことであり ) 私はあなたの行動がわかる あなたの行動は認識の範疇である と述べることによって 相手に 知られていること を自覚させ 知られている関係であることを暗に伝える手法なのである これが相互的に実現すれば 単に一方的な関係ではなく相互的に 18 この場合では いわゆる ため口 と呼ばれるものではなく K のいわゆる基調に対し丁寧体が脱落し 再度もとに戻ることを述べている 50 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

54 知り合っている ( ように見える 19 ) 関係になり 互いを互いの認識に組み込む作業につながる そして スピーチスタイルシフトが行われていることを加味するのであれば それは相手への接近を示していることになるのではないかと思われる チャットデータ 4 < 星の王子様 > 昔話の話をしている途中で話題が変わり ある共通の知人について Tが家業を継げばいいのにと提案する [2011/05/28] [9:02:37] タクヤ : それに パン屋はとても大切なものなんだ おいしいパンが食べられる [9:03:10] タクヤ : ある日パン屋が全部 突然なくなったら 我々は いったい朝 何を食べればいいのだろう [9:03:15] タクヤ : クラッカー? [9:03:27] カナエ : 笑 [9:03:42] タクヤ : ねぇ [9:03:49] タクヤ : 羊の絵を書いて!( 違 [9:03:55] カナエ : 言うと思った [9:03:57] タクヤ : 笑 [9:04:01] カナエ : 笑 [9:04:06] タクヤ : ハーメルンの笛吹き男 [9:04:22] タクヤ : その他に なんか知ってそうだけど 実は知らない 西洋の昔話ってある? 以下 家業の話題の前に話されていた昔話についての話題になる ここでは 07 と 08 でチャットデータ 3 同様の活動が行われている T は 07 で 06 までとは関係のない新しい話題の表示 ねぇ を発話後 08 の 羊の絵を書いて という 星の王子様 でのフレーズを引用し それが前の話題と関係のないことを示すために 違 という言葉を語尾にカッコつきで付与する それに対し 09 は 言うと思った と 述べる ここでは チャットデータ 3 と違い その発言が 09 の時点では冗談風にデザインされていないことである 10 での T の 笑 をうけ 11 で K が笑いあうまで 09 は冗談化されていない そのあと 12 でさらに最初の話題である 昔話 の中で登場したハーメルンの笛吹き男の話題を再度提示する この ねぇ 羊の絵を書いて という表現は これ以前の会話資料でもたびたび出現する よって この会話では ねぇ から派生する言語表現が二者間で常用されていることを示すために あるいは 09 の語末の から 何度も使い古された表現に対しての一種の 呆れ を表示させるために使用していることが考えられる どちらの可能性にせよ 最終的には冗談風にデザインし直されるこの表現は 二者間の認識類似性を双方に提示する手法であることは考えられる 19 ここであえてように見えると述べているのは 工藤 (2007) で述べられている 透明性の錯覚 の議論による Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 51

55 また この 相手に関する予知が妥当であった と示す活動は 相手の 行動 に対しての言及だけではなく 相手の性質についても類似した活動を行うことができる チャットデータ 5 < 蛇の果物 > タクヤが カナエにサラクと呼ばれるヘビの鱗に似た皮を持つ果物を買ってきて その画像を送った その後 その味について話し合っている [2011/04/16] 01 [21:15:17] カナエ : 美味しかったですか? 02 [21:15:22] タクヤ : いいえwww 03 [21:15:25] カナエ : 笑 04 [21:15:37] カナエ : 甘いんですか? 05 [21:15:38] タクヤ : りんごのほうが美味しい 06 [21:15:44] タクヤ : んー 07 [21:15:46] カナエ : 笑 08 [21:16:16] タクヤ : 甘くはない 09 [21:16:18] タクヤ : すっぱい? 10 [21:16:22] タクヤ : 変な味 www 11 [21:16:28] カナエ : www 12 [21:17:59] タクヤ : 13 カナ ビジュアル的に嫌いかなって思って 以て帰ってきた 14 w 15 [21:18:04] タクヤ : もってかえってきたw 16 [21:18:12] カナエ : 笑 17 [21:18:23] カナエ : ビジュアル的に嫌いです笑 18 [21:18:56] タクヤ : www 19 [21:19:13] タクヤ : だと思ったw 20 [21:19:18] カナエ : 笑 21 [21:19:55] カナエ : よく分かりましたね笑 22 [21:20:26] タクヤ : いや 爬虫類じゃん どう見てもw [21:20:32] カナエ : 笑 01 で K は その果物の味について 美味しかったかどうか尋ねる タクヤはそれに対し 02 で いいえ と述べる K は 03 でそれに笑いで返し 味の詳細について選択的に ( 甘いかどうか ) 尋ねる 05 で T は 02 への追加情報として リンゴ を比較対象として差出し そちらのほうが美味しいと述べる 06 では T は甘いかどうか (04K の質問 ) への答えとして 甘くはない と否定し 自問する形で すっぱい? と疑問形式で提示 (09) した後 変な味 と結論づける (10) K はそれに対して同調する笑いを行う (11) 次に T は 12 ~13 で このサラクを持って帰ってきたことが カナ (K のこと ) がビジュアル的に嫌いであるだろうこと を志向していたことを述べる 14 で 持って を 以て と打ち間違えたことに対しての訂正を行い 15 で K は 12 に対して笑いで返答する さらに 16 で 12 の T の予測が正しいことを述べる それに対し 17 で T は笑いで応答し だと思った と自ら行った予測が正しかったことを再度提示する K はそれに対して 笑 と さらに書き よく分かりましたね笑 と 相手の予測に対して ( おそらく肯定的に ) コメントする T は それに対して どう見てもそのサラクは爬虫類のようである 52 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

56 20 ことを述べ その推測が自らにおいては妥当であったことを述べ K は 22 で笑いで応答する ここでの T18 の発言 だと思った w は チャットデータ 3 4 の 言うと思った と同様の機能を持つと考えられる T には その前から カナエ についての先行する二者間共通の情報 ( 爬虫類の見た目が嫌い ) があり それをいわば駆使して 爬虫類が嫌いであるということは この爬虫類の見た目をした果物も嫌いであるはずだ という予測を行ったうえで持って帰ってきており それを K にあえて ( ここでは なぜ持って帰ってきたか というような問いは K から発せられていない ) 言うことで この行為があなたを知っていたためにできる行為であったのだ ということを印象付けている (12-13) そして その予測が正しかったとき (16) に 相手の性質が自らの認識のなかで同一のものであったことを示すために 先述の だと思った という言葉が用いられているのである 本 4.2 節では 相手を自ら認識に組み込む ことを 相手に示す ことによる 親しさのストラテジーを見た チャットデータ 3 と 4 では 私はあなたの行動がわかる あなたの行動は認識の範疇である と述べることによって 相手に 知られていること を自覚させ 知られている関係であることを示すことをしている可能性についてのべた また チャットデータ 5 では 相手の性質を認識している こと また その認識 を 相手に示す 場合を考察した 本節のそれぞれのデータで行われている活動は 相手を 自分の認識の中に組み込む 作業であり それが間違いでないことを 相手に示す ことによって 認識の中に組み込まれた関係であることが妥当であることを示す活動である そして それが親しさのストラテジーとして機能している可能性は この会話が特異である点 そのことを伝える 理由 についての考察 ならびに 周辺のコンテクスト ( 笑いや 絵文字の使用など ) により 十分にあるであろうと考えられる 相手の性質を知っていると語ること 節で示したデータは どれも連想や予測というある程度前後のコンテクストをもとに 思考活動によって相手の行動や性質を言い当てるものであった 本 4.3 節では その連想や予測を使用しない 相手のことを知っている と端的に述べる活動について考察したい チャットデータ 6 < 紙でざっくり > 21 カナエが携帯ゲームをしている話から タクヤが突然質問をする [2011/04/08] [19:31:57] タクヤ : てか 何が痛いの?? (( 中略カナエが痛みの原因について話したくない旨の問答がある )) [19:33:00] カナエ : いや ただ手を切っただけです [19:33:02] カナエ : 紙で [19:33:09] カナエ : 結構ざっくり 20 カナエが爬虫類の皮膚の見た目が嫌いであることは これ以前に述べられている 21 チャットの前のコンテクストには 痛い 等を示す言葉はない おそらく このチャット外の活動から このような言及に至ったと推察される ( そうでなくても 分析に差し支えはないが ) Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 53

57 [19:33:11] タクヤ : ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー [19:33:18] タクヤ : でた 紙 wwwwwwwww [19:33:24] タクヤ : よく切るなぁ www [19:33:31] タクヤ : 紙で [19:33:39] カナエ : そうなんですよ [19:33:41] タクヤ : 痛そう www [19:33:46] タクヤ : 前世 はさみとかだったんじゃない? [19:33:53] タクヤ : 今世で逆襲されてるとか [19:34:16] カナエ : だったら仕方ないですね うん 笑 [19:34:19] タクヤ : どれどれ 見せてみ [19:34:22] タクヤ : ウェブカムで [19:34:28] カナエ : いや いいです笑 T の発言 で行われていることは どれも相手の傾向 ( ここでいえば 相手の 紙でよく切る という性質 ) を述べているものである ここで注目したいのは この相手の性質を述べることが 挿入連鎖として存在することである 02 で手を切ったことを述べる K は でその負傷の原因と 程度をそれぞれ述べる その後 で T は叫び声ととれる言葉を書き そのあと 07 で でた 紙 と冗談風にデザインして述べる でさらに それが よくあることであること を述べる K はそれに同意する (10) T は さらに笑いながら 痛そう と述べる この場合 の T の叫び声の次の発話行動として選好 (Preferred) なのは 痛そう 大丈夫? などの 傷に対してのコメントであろう (11 で起こっていることである ) しかし ここで 相手の性質に述べること (= 紙でよく負傷する傾向があるということ ) が 7-10 という臨場的場面において挿入されているのは 大丈夫? など傷への直接的言及ではなく あなたは前もそのようなことがあった と言うことで 相手にそれが日常的であることを提示し それが異常ではないことを提示している そして そのような手段に 日常性 を差し出すことは 二者間がお互いをよく知っていることを暗示しており その手段をできることは 二人が 親しい ことを察知できるその場として機能すると考えられる ここで 類似したもう一つのデータを見る チャットデータ 7 < 夜更かし > カナエがスカイプのビデオをONにしてくれないことを話していて 分が悪くなったタクヤが 話をやめようと おやすみー と発言する [2011/04/08] 01 [19:41:34] タクヤ : おやすみー 02 [19:41:40] タクヤ : ( ω `) 03 [19:41:41] カナエ : まだ8 時前ですよ 04 [19:41:44] カナエ : ( ω `) 05 [19:41:48] タクヤ : ( Д ) ネムヒー 06 [19:42:18] タクヤ : 07 毎日夜 やることなさすぎて 10 時ぐらいに寝られるのが 54 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

58 好き w [19:42:27] タクヤ : そうすると 日中 眠くない!!!! [19:42:28] タクヤ : 笑 [19:42:50] タクヤ : 私 夜更かししすぎてたんだって 気づいた w [19:43:01] カナエ : ずっと前から知ってました [19:43:04] タクヤ : www [19:43:04] カナエ : 笑 [19:43:15] タクヤ : 主に カナとぐだぐだしてたからだけど NE!w [19:43:27] タクヤ : あと 大学遠いから これ 主な理由 w 10 で T は と最近の出来事を言及し 昔夜更かししすぎていたこと について 気付いた 認識の変化 を述べる それについて K はそのことを ずっと前から知っていた と そのことについて既知であったことを述べる 22 それに対して タクヤは笑って返答をする ここでの K の 11 の発言は T のこれまでの生活リズムを知っているからこそできるものであり それを述べても問題がない 関係であることが その発話が行われる裏には隠されている そして T が 気付いた ことを すでに既知のこととして ずっと前から と述べることができることは その二人に以前からお互いを知り合っていたという文脈的な日常性を感じさせる 10 の K の発言への T の選好応答を考えると そうですか や そうなんですか など 相手が述べた認識の変化に対してそれを受け入れるような発言が選好応答だと考えられるが そこであえて 私はあなたの性質のことを前から知っていました ということをしていることは 相手に対して親しさを提示することとして機能していることは 想像に難くない チャットデータ 8< 面倒くさいのが嫌い > 人間関係の話をしていて Tが突然 殺虫剤の話をしだす [2011/05/19] 01 [22:15:48] タクヤ : この殺虫剤 オレンジの匂いがする 02 [22:16:03] カナエ : 嫌いですか? オレンジの匂いも 03 [22:16:13] タクヤ : いいえ も? 04 [22:16:29] カナエ : いや みかん嫌いって言ってたから 05 [22:16:59] タクヤ : いや みかん嫌いなのは むくのが嫌なだけで 06 [22:17:12] タクヤ : 07 魚もあんまりすきじゃないのは 骨をとるのがきらいなだけ 08 で 09 [22:17:17] カナエ : 知ってます笑 10 [22:17:28] カナエ : というか予想つきます笑 11 [22:17:37] タクヤ : 知ってるなら なぜ聞く 12 [22:17:52] カナエ : ( ω ) 13 [22:18:49] タクヤ : ( _ つ )( _ ` ) ネー 14 [22:19:10] カナエ : ( ω ) 15 [22:19:38] カナエ : ( ω )( ω `) マシ テ ヨネー [22:19:43] タクヤ : でたw 22 ここで K が現実として知っていたかどうか ということはこのデータからはわからない ここで大切なのは 相手の状態について 既知である ようにデザインしていること である Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 55

59 以後 そろそろ寝ようかという話になる 01 で T は手元にあるとみられる殺虫剤のにおいの話に触れる それに対し 02 で K は オレンジの匂い も 嫌いであるか と尋ねる 03 で T は 嫌いですか という質問に答えるべく いいえ と答え さらに も? と取り立て助詞に触れる K は も の真意について みかんが嫌いと言っていたこと を理由として提示する ここで述べられていることは ミカンが嫌い と言われていたことから オレンジの匂い も 嫌いなのか という K から T への疑問を再構成し直すものである それに対し T は 05 で ミカン嫌いな理由を 皮をむくのが嫌いであると述べることによって オレンジの匂いが嫌いであることを否定している さらに その 面倒くささ を強化するために 魚についても述べている (06-07) K はそれに対し 知ってます とそれが異常であること笑いで示した後 知っているのではなく 予想がつく とより現象を詳細に説明するために 言い換えを行っている この相手の性質を知っているという行為 (08) または それが予想の範囲内であると述べる行為 (09) は チャットデータ 4 7 でそれぞれの T の行動が認識の範囲内であるとした K の活動と類似している つまりここでも 相手に自分の性質が知られていること を自覚させ 知られている関係であることを暗に伝える手法として登場している しかしながら ここで T は その 予想 に対して 知っているならなぜ オレンジの匂いも嫌い と聞いたのか その質問の意図について疑問を述べる形で発言する (10) これは 単に発話意図を聞いているわけではなく 本当に聞く前に知っていたのか というある種の相手の行動に批判的な対処をしていると見受けられる その証拠に それに対し K が 11 で ( ω ) と反応しているのは そこに二者間での進行性 (Progressivity) を阻害する衝突 (Conflict) があったことを示唆する とはいえ 15 で K の 14 の発言 ( ω )( ω `) マシ テ ヨネー に対して でた に加え w が冗談としてデザインされていることから この衝突は大きなものとならずここで収束しているように判断されている しかし このチャットデータ 8 から見られるのは この親しさのストラテジーには 大きなリスクが伴っているということである それは 相手を認識に組み込むことが 相手の心情にコンフリクトとしてマイナスに作用してしまうことがあるのではないかという危険性である そのことを このチャットデータ 8 は内包している 4.3 節では 選好応答 周辺のコンテクスト 日常性などの観点から 相手の性質を知っていると述べること について考察した 多くの場合 それらの発話は 選好応答とは別の形で提示され なおかつ 二人の過去での共通の理解や 相手の過去の出来事などに言及していた そして これは多くの場合で二人の共通の知識や共通の認識を相手に差し出す方法として機能しており その行為の動機となっているのは 親しさの面の強調であろうと考えるのは 決して不自然なことではない しかし チャットデータ 8 でも見たように そのストラテジーは 他者を 知っている という心理学的側面における見地である 透明性の錯覚 とも強い関連性を見せ それが錯覚であった場合 また それが偽りであると判断された場合 進行性が阻害され 衝突が起こることも 一つの現象として確認された 56 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

60 全体考察とまとめ 本研究では 第 4 節を通し 付き合う男女二者間で起こった言語活動による二者間の関係の 親しさのストラテジー を帰納的に抽出しようと試みた 今回のデータで観察された言語活動を類型化してみると 以下のようになる A: 認識の類似性を相手に示す ( 同じことを考えていた の類 ) B: 発話に対して認識的に寄り添うことを示す ( 私もそれを言おうと思っていました の類 ) C: 自分の認識へ相手を組み込むことを示す ( 言うと思った の類 ) D: 相手の性質 傾向を理解していることを示す ( だと思った よく V するなぁ の類 ) そして これらに共通するのは 相手を知っている ことを示す ということである A 類であれば思考が同じであるということ B 類であれば相手の認識を C 類であれば相手を認識へ組み込み D 類であれば相手の性質 傾向を それぞれ 知っている と指向する相手へ向けて伝達しようとするのである あるいは 人が言語で思考するという観点で見れば その状態を回帰的に自分に植え付けようとしているのかもしれない いずれにせよ 相手を知っていること 相手に知られていることを確認することが 二者間の 親しさのストラテジー として使用されている 心理学的見地での 透明性の錯覚 についての研究は 主に相手に自分の思考がばれていると認知する傾向の言説であった しかし ここで行われていることは 発話者が被発話者に対して 知っている と述べる行為であり 被発話者は 知られている と示される という活動であった とすれば 被発話者は発話者からの言葉によって 透明性の錯覚 を強められている ととることができるだろう そして 透明性を強く錯覚すること / 強く錯覚させること が 親しさのストラテジーの根幹的な原理である可能性は否定できない また 工藤 (2007) が述べたように 相手の考えがわかると錯覚する傾向において語られたその錯覚をより的確にする インセンティブ についても 親しくなりたい という動機が そのインセンティブとして日常の文脈の中で働いている と仮定すれば この説明はより真実味を増す ここで行われた親しさのストラテジーを仮定を含めまとめると 次のようになるだろう 付き合う男女二者間による チャット会話における親しさのストラテジーの一端には 相手を 知っている ことを示すことで 相手の透明性の錯覚を強めることがある また その動機は 相手とより親しくなりたいというものである 本研究デザインでは 操作的定義や演繹的な研究を避け 帰納的研究に重点を置いた また 少数のデータからの質的研究という点から これがこの二者間以外に適応可能かという議論は いまだに残っている だが 4 節の冒頭で述べたように このストラテジーは 彼らが今までの社会の中で他者とのインタラクションを通して獲得した親しさのストラテジーであるため 他の社会の構成員が類似した あるいは同じ活動を行っているはずであることは 特記しておく必要がある 今後の課題として考えられるのは より量的に充実したものにすること また 仮定段階での言説を別の方法を用いて研究すること また このストラテジーが どのくらいの 親しさで使われるのかという観点からの研究の必要性があるだろう Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 57

61 文献目録 < 英文 > Goffman, E. (1981). Forms of Talk. University of Pennsylvania Press. < 和文 > 加藤篤志 (2008) 対人関係の言説分析に向けて 人文コミュニケーション学科論集 5, pp.13-20, 茨城大学人文学部紀要. 楠見幸子 (1989) 友人関係の各位相に関わる要因について 日本グループ ダイナミックス学会, 第 36 回大会研究発表論文集.pp 久保真人 (1993) 行動特性からみた関係の親密さ -RCI の妥当性と限界 - 実験社会心理学研究 第 33 巻第 1 号, pp クレスウェル J.W., プラノクラーク V.L.(2010) 人間科学のための混合研究法 ( 大谷順子訳 ) 北大路書房 工藤恵理子 (2007) 親密な関係におけるメタ認知バイアス 友人間の透明性の錯覚における社会的規範仮説の検討 実験社会心理学研究, Vol. 46, No. 1, (2007). 鈴木孝夫 (1973) ことばと文化. 岩波書店 大坊郁夫 (2004) 親密な関係を映す対人コミュニケーション 対人社会心理学研究 (4) pp.1-10, 大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室. 高木智世. (2009) 社会的実践としての日常会話 Ⅱ- 親しさ の実践 - 論叢現代語 - 現代文化 2009 Vol.03, pp 田中ゆかり (1999) 大学生の呼称 : 場面 上下 性の異なる相手からの呼ばれ方 青山学院女子短期大学総合文化研究所年報 7. 千々岩宏晃 (2011) 付き合う ことによる会話の変化 大阪大学外国語学部国際文化学科卒業論文. 中山晶子 (2003) 親しさのコミュニケーション くろしお出版. 早川治子 (2000a) 相互行為としての 笑い 文学部紀要 第 14-1 号 pp.01-24, 文教大学文学部. 早川治子 (2000b) 笑い の分類に基づく数量的分析 文学部紀要 第 14-2 号 pp.01-24, 文教大学文学部. 前澤温子 (2008) 親しさを築く日本人学生と留学生の調整行動 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第 198 集 言語生成と言語管理の学際的研究 - 接触場面の言語管理研究 Vol.6 村岡英裕編千葉大学大学院人文社会科学研究科. 58 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 40-59

62 村山和恵 (2007) 顧客と従業員との親密な長期的関係に関する一考察 新潟青陵大学紀要, 第 7 号, pp ライター K(1987) エスノメソドロジーとは何か ( 高山眞知子, 訳 ) 新曜社. 山田富秋, 好井裕明, 山崎敬一. (1987). エスノメソドロジー社会学的思考の解体 せりか書房. 好井裕明 (1992) エスノメソドロジーの現実せめぎあう < 生 > と < 常 > 世界思想社. なお 言語資料内に使用されている顔文字の主な解説は 以下の URL に依った ( ^ω^) わんわんお! とは ( ワンワンオとは ) ( ω `) とは ( ショボーンとは ) ( 最終アクセス :2012 年 2 月 2 日 ) 文末脚注 i エスノメソドロジーの目的は 日常知 (common sense knowledge) の解明 ( ライター, 1987) であると述べられている それゆえ ここで分析に使用する特異な会話がある程度間主観的に抽出されていることについては問題ではない というのも 特異な会話であると判断すること はおそらく誰においてもそうであろうという日常知そのものであり それは分析される以前の言語資料的段階であり なによりも なぜその部分が選ばれたのか ということこそが分析されるべきことであるからである ( もちろん 不特定多数が 特異だと感じた部分 を研究するほうがよいことは言うまでもないが ) ii チャットデータの見方は以下の通り チャットデータの番号 2 コンテクストによる大まかな題名 3 前コンテクストの説明 4 発話があった日付 [yyyy.mm.dd] 5 データ内の連番号 6 発話があった時間 ( 日本より 2 時間遅い )[ 時 : 分 : 秒 ] 7 後述で特記するデータ iii 13 の K の発言が 11 の T の ホットケーキ という発言を指向しているのではないかという考え方もあるだろう しかし 発言の秒数をみると 11 から 12 が 15 秒間離れているのに対し 12 から 13 が 6 秒間という比較的短い間に行われていることから 13 の発言が 11 へのコメントであると仮定した場合 21 秒の間があることになる このコンテクスト周辺のコメント間の秒数が最長でも 12 秒の間しかないことを考えると その間は 不自然な間 になるため 13 の K の言語活動は ほっとけ ホットケーキ という連想ではなく ホットケーキ パンケーキ食べたい という後者の連想に対してのコメントであると考えられる Saying I Know You.. (Hiroaki Chijiiwa) 59

63 桂米朝の上方落語の中の婉曲法 MAJAS EUFIMISME DALAM KAMIGATA RAKUGO KARYA KATSURA BEICHO ナルティ. ノヴィアンティ Nalti Novianti Japanese Department, Faculty of Humanities, Bina Nusantara University Jln. Kemanggisan Ilir III No. 45, Kemanggisan, Jakarta Barat 概要 婉曲法は具体的に聞き手が感じる不快感や困惑を少なくする目的で あるいは話し手がそのような不都合やタブーへの抵触を避ける目的で用いられる 当研究はユーモアを通じて 桂米朝が書いた上方落語の本 愛憎模様 における婉曲法を分析するものである 話の中で その婉曲法をどのように用いられるか どのようにユーモアに結び付けられるかを知ることが目標である 関西落語におけるユーモアは 関西人の社会や文化を背景とし それらから多大な影響を受けている 関西 中でも大阪は昔から商人の町として知られ 商人の文化が盛んであった そしてその商人の文化から 人との関係をよりよく 大切にするために 横社会制度を保って ワッハ文化が生まれた この商人文化とワッハ文化こそが関西落語の背景となったわけである 桂米朝が書いた上方落語の本 愛憎模様 における婉曲法は 関西らしいユーモアを通じて 話を面白く表現するためである データを分析するために Sperber and Wilson ( 1991 ) の The Theory of Relevancy を使用し データと背景の関西社会や文化と結びつけた Raskin ( 1996 ) によると 話の中でフレームの対立があるからこそ サプライズが起こり 最高に面白いユーモアが出てくるということである この理論は Ross(19 98) の理論にも支持されてある ABSTRAK Euphimisme merupakan sebuah majas yang bertujuan untuk menghaluskan satu ucapan agar petutur tidak perlu mendengarkan kata-kata tabu atau kasar. Selain itu majas inipun bertujuan untuk memperkecil perasaan tidak nyaman petutur saat sedang melakukan tindak komunikasi. Artikel menjelaskan penelitian yang membahas masalah eufimisme melalui sebuah cerita humor Jepang, yaitu Rakugo karya Katsura Beichoo yang berjudul Aizo moyo. Tujuan penelitian untuk mengetahui sejauh mana eufimisme dapat digunakan untuk menarik unsur humor dari cerita yang disajikan. Rakugo daerah Kansai atau sering disebut dengan Kamigata rakugo, ceritanya banyak dilatarbelakangi oleh budaya Kansai yang kental dengan budaya perdagangan. Osaka sejak dulu terkenal sebagai kota perdagangan yang diwarnai hubungan sosial yang vertikal, dengan tipisnya hubungan hierarki antara atasan dan bawahan. Sementara di daerah Tokyo hubungan sosial antar manusianya lebih ke arah hierarki tinggi yang mengusung ketat hubungan atasan dan bawahan. Karena itulah budaya Osaka lebih kental dengan berbagai problem manusia yang tidak mementingkan hierarki, dan justru itulah yang membuat budaya Osaka kaya akan warna, dan disebut dengan Wahha Bunka atau budaya ketawa ala Osaka. Untuk meneliti eufimisme dalam unsur humor ini, penulis menggunakan teori relevansi dari Sperber dan Wilson (1991). Kemudian untuk menemukan unsur humornya digunakan teori Raskin ( 1996 ), yang didukung oleh Ross ( 1998 ). Keywords: Eufimisme, Humor, Kamigata Rakugo 60 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 60-66

64 はじめに 落語は二つの漢字で成り立ち 落は 落ちる という意味で 語は 言葉遣い あるいは狭い意味では 単語 を示す言葉である 相場 (1992:7) によると 落語は 軽口話で 言葉の最後に 落ち がある と説明した 簡単に言えば 落語は話し手が客の前で ユーモア要素のある話のパフォーマンスをする いつ 落ち が来るがわからないのは落語の一つの面白さである 上方落語は関西の方に広く盛んで さかのぼると江戸時代の1615 年に始めて書物になり 1623 年 徳川家光の治世下で完全に近づき 1628 年に完全版の古典落語の書物ができあがった これは文学分作品としても認められている ( 相場 :1992:16) 当研究に使用している理論 仁田の婉曲法の理論 (1992) 野村が解釈した Raskin の Theory of frame (1996), Ross ( 1998 ) の Theory of Incongruity の三つである まず データの中にユーモアの要素があるかどうか Ross ( 1998 ), Theory of Incongruity で分析し判断する そして Raskin ( 1996 ) のフレーム理論でどのようなユーモアが働いているのか どのような文化が背景としてそのユーモアを生かすのか Sperber and Wilson ( 1986 ) の Theory of Relevancy を使用して 分析する 結論には 婉曲法はどのように言葉を言い換えて ユーモアの要素を生かすのかを述べる 仁田 (1992) は 婉曲表現の特徴を丁寧の観点から次のように説明している 婉曲表現とは 1 話し手は言表事態の成立が真であると認識している 2 言表事態の成立が未だ認識されていないところを有するものとして表現されている 婉曲表現は 基本的に丁寧さといった伝え方に関わる現象であると述べている 婉曲表現とは 他人との無益な衝突を避けるため 角が立つような言い回しから角が立たないような言い回しへの言い換えと 確実である事柄を確実でないように表現する表現のしかたである Ross(1998) の Incongruity Theory 下記の通りである The incongruity theory focuses on the element of surprise. It states that humor is created out of a conflict between what is expected and what actually occurs in the joke. This occurs for the most obvious feature of much humor: an ambiguity, or double meaning. Which deliberately mislead the audience, followed by puncline ( Ross,1998:7 ). そして Raskin フレーム理論は Nomura ( 1995 ) が下記のように解釈をされている 1. 冗談で実際に起こる状態と冗談で呼び起こされた状態のフレームの対立 2. 違うフレームで話を立ち上げる フレームの話がずれるからこそが Ross の述べた Punc line/ 刺激が起こりうる つまり読者や聞き手が期待していることが逆方向に行ってしまうということで ユーモア要素があると確実に理解することができる 当研究では本の中におけるユーモア要素があると思われる会話文だけ取り上げ 上記に述べた理論を通し 分析をする 今回は三つの話 すとくいん, たち切れ線香 持参金 から データを収集した Majas Eufimisme.. (Nalti Novianti) 61

65 仁田 (1992) が言ったように 婉曲法は丁寧さを求めている 実際の上方落語の世界で この婉曲法が通用する話術であることを証明する 研究の分析 桂米朝が書いた上方落語の話 愛憎模様 の中には五つの話がある 今回はその五つの話の中にある三つのフレースのみ取り上げ 分析する データ 1 すとくいん と言う話の中で 登場する人の旦那と熊五郎という手伝いの会話文 旦那熊旦那 : こらちょっと待ちなはれ 倅はまだ死んでやせん : あ さよか そら埒があかんこった : そらなにを言うのやいな 埒があいてたまるかかいな ( ページ48) 旦那の息子が 好きな女性に会いたがっているが 一回会っただけで どこの誰かがわからない その恋の悩みで 何週間も部屋にこもって 誰にも会いがらない 食事もとらない 当然病気の有様になってしまった そこで 旦那は熊五郎に頼み その女性を探すように 呼び出した その前に息子のもやもやの気持ちを晴らすために お寺に熊五郎と一緒に言ってほしいといった 熊五郎は お寺 と言われると 死ぬ という関連を認知している それで 熊五郎は旦那に葬儀屋さんに連絡しなければならないといった そのとき旦那は こらちょっと待ちなはれ 倅はまだ死んでやせん という これは 旦那の息子が死んだら問題が解決する 旦那の息子が死んだら 旦那の悩みも一段楽する 旦那の息子が死んだら わけ分からないどこかのの娘を探さなくても済む など いろいろ考えられる説明はあるが とにかく 旦那の息子が死んだら 物事が簡単に片付けられる という熊五郎の残酷な考え方が裏付けられている Ross が言っている Puncline いわゆる 落ち は熊五郎が言っている あ さよか 埒があかんこった の会話文に示されている 熊五郎は 何だ まだ死んでいないのか 片付けられないな と言いたかったのだが 話し相手が自分より身分がたかいし いつもお世話人なっている人だから言えない しかもこれを言ったら 旦那に失礼 怒りを呼び起こすかもしれないという様子を予想している熊五郎は言葉を言い換えてみる もちろん現実だったら 旦那にも 病気の息子に対しても十分無礼な言葉だが だからこそ落語の世界では笑いを呼ぶ力になると思われる 新明国語辞典によると 埒があかない のもとの意味は 物事がはかどらない. 物事に決まりがつかない という説明がなされている 言語由来辞典によると 埒 というのは 囲いや仕切りのことで 主に馬場の周囲に設けた柵のことを指す 埒が 進展 という意味で使われるようになった由来は諸説あり加茂競べ馬 比べ馬 柵が外されるのを待ちわびた一般客が言った言葉から始まる と書かれてある 熊五郎は無理な依頼を出した旦那に 攻撃 をかけようと思ったが どうしても世話になっている人だから まだ死んでいないのか という 残酷 なフレーズを 埒が明かない という一段丁寧さを表すフレーズで自分の不満を旦那に伝えた どうしてここが面白い 62 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 60-66

66 かというと Raskin (1995) が言った冗談で実際に起こる状態と冗談で呼び起こされた状態のフレームの対立があるから 酷い と思われてもこのフレーズは笑いを呼び起こせる 上記にふれたように 上方落語はワッハ文化という商人の文化から生まれた横社会の関係をよりよく保つためにできた文化なのである 関東の縦社会と違い 旦那と手伝いの会話文にも 上のように横社会の様子を見ることができる データ 2 たち切れ線香 と言う話の中で 登場する人の御茶屋の奥さんと金持ちの息子 若旦那 の会話文 甲 :... お越しやす... 若旦那 乙 :... ご機嫌さんで... 若 :... ご機嫌さん... ああ... よう来たげとおくなはった そうか... 久しぶりにお酌してもらいまひょうかな お母はん いただきます... 小糸呼ばれるわ ( 一口飲んで咳き込む ) ゴホン ゴホン ( 上座 調子を合わせる音 ) 芸 : キャーお母ちゃん お仏壇の三味線が鳴ってる 内 : へえ お仏壇の三味線が... 若 : シーッ ( 上座で 他唄の雪 ほんに昔の昔のことよ...) 若 : 小糸よ 堪忍してくれ 何も知らなんだんや 恨んだやろうなァ わしゃもう生涯女房と名のつくものは持たんで 内 : 若旦那 よう言う手やってくれ張りました 千部万部のお経より どれぐらいうれしかったやろうと思います 小糸 今日の若旦那のお言葉を聞いて どうぞ迷わず成仏しとや ( 上座 おしのおとりの... 途中でプツッと音やむ ) 若 :... な... なんで途中で止まったや これ 私の好きな他唄の雪やがな.. 何でしまいまで弾いてくれへんのや 内 : ほんまになんで 小糸 もっと弾かへんねん... 若旦那何ぼ言うても もう小糸 三味線弾けしまへんわ 若 : なんでやねん... 内 : お仏壇の線香が ちょうど立ちきれました 大阪の金持ちの息子が芸者に恋に落ちて 毎晩ほど花街へ行き お金の無駄使いをしている 心配になった旦那は番頭さんに 100 日間 若旦那を倉庫にとじこめるように頼んだ そこから出られる条件はただ一つ その芸者との関係を絶つことである その間に 小 Majas Eufimisme.. (Nalti Novianti) 63

67 糸という若旦那が愛している芸者は若旦那に会いたくて その金持ちのうちへ行き 会わせてほしいといっても 会わせてくれなかったので 番頭さんに手紙を渡すように 頼んだ が その手紙を読むと 若旦那の気持ちがまた歪むからと判断した番頭は手紙を渡さなかった そして 100 日が経ち 若旦那は番頭さんに花町にはぜったい行かないと強く約束して 倉庫から出してもらって ようやく自由がもどった 神社へお祈りをと言っておいて 一目瞭然小糸にいる花街へと急いで行った が その何週間も会っていない間に小糸は若旦那に捨てられたと思い 体が弱くなり 死んでしまった そのことがわからない旦那が小糸うちに来た時 その女性はもう灰になっていて 仏壇には小糸がいつも弾いてくれていた三味線だけが残っている あまりにも悔しくて 悲しい若旦那は小糸の灰の前に一生結婚はしないと約束した その時 仏壇の上に飾ってある小糸の三味線がなった 聞こえてくる唄は若旦那が好きなものだったが 最後までは至らなかった そのうちのお母さんが仏壇の方へ近づき そこにおいてある線香が切れたのが わかった 昔の花町では 芸者や麻衣子のサービス料金というのは 線香何本で決めた 来客が来た時に線香に火をつけて 線香が立ち切れたら 時間が来たということだった 延長時間ほしいと言われたら また線香に火をつける ( 桂 2005:20) そこで ここでは小糸は死んでも芸者ゆえ 線香が切れたら サービスは終わりということを 落ち として 表現しており 延長料金払っていただければ 最後までうたいますよ サービス時間が終わりましたよ というような意味を示している Ross によると ユーモア要素がある話における Punc line あるいは 落ち というのは聞き手や読み手の期待を裏切ることによって 出てくるサプライズのようなものである 死んだ小糸がまさかまだサービス料金のことを考えるとは思わなかった というのが話ではサプライズになっている 小糸に捧げる線香が断ち切れたとき そのうちのお母さんは もっと線香を立てて お会計の時間ですが 延長料金にいたしましょうか とは言わないで 若旦那に 線香が立ちけれた というだけで 若旦那がサービス時間がもう終わりだということがわかった 仁田 (1992) が言ったように婉曲表現は 基本的に丁寧さといった伝え方に関わる現象である 線香が断ち切れた というフレーズは サービス終了で 延長したければ 追加料金を払って という意味の言い換えの丁寧さを表しているフレーズであるわけだ Ruskin(1996) のフレームの理論から見ると 分析している上のフレーズの中には 現実フレームと非現実フレーム が働き 読者や 聞き手の興味をわかせるような部分があるからこそ 落ち はここだと判断することができる また ここも 商人の文化 という影響がみられる 死んでも 商売のことだけは頭から離れないという皮肉を表現している データ 3 持参金 と言う話の中で 登場する人の甲と乙の会話文 甲乙 : な 嫁はん貰い : どこぞに 良え出物でおますか 64 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 60-66

68 甲 : 出物というやつがあるかいな いやわしも あてもなしにこんな話はせえへん 実はわしがどうやろうなと思てる相手はな 歳は二十二や 乙 : はあ ちょうどよろしいな 甲 : そうやろう この女はえろう別嬪ということはないが ま 色はくっきり... 乙 : 白いで 甲 : 黒いねん 乙 :... さようか 甲 : その代わり 背がスラット 低いやん 乙 : へーン 黒うて スラット低いで 甲 : 顔はこの... でぼちんがぐっと出る割に鼻がうちらへ遠慮している 両側のほっぺたが盛り上がって あごが前へ こう せり出しているさかい こけても鼻は打んわな... 甲は貧乏で なかなか結婚ができないという男で 乙は金持ちの番頭として働いている という話の設定である 甲はあやまって 自分が仕事している家の女中を妊娠させてしまった 女中と結婚はしたくないが 責任は取るという考え方で 無職で貧乏な友達とその女性を結婚させようと計画を立てた その女中はけっして綺麗な人ではないが 直接言うと 断られるかもしれないので 婉曲法を使って 言葉を言い換えるという方法で 貧乏な友達を近づいていた 次の文章をみてみよう... でぽちんがぐっと出る割には 鼻がうちらへ遠慮している というのは 額が広い さらに外側の方へ出ている そして鼻は低い ということを表せている そして 両側のほっぺたが盛り上がって あごが前へ こう せり出しているさかい こけても鼻は打んわな... という文章は ほっぺが膨らんで あごはあまりにも前の方に出すぎているので 転ぶ時にはあごが鼻をかばって 鼻が折ることはないだろう ということを表している そこが Ross が言っていた Punc line が働いて 笑いを呼び寄せる 鼻が遠慮して というフレーズの中に 遠慮 という言葉は語源由来辞典 (201 1) によると 人に対して 言葉や行動を控えめにすることである 鼻の形には関係ないような気がしているが この話にはうまく利用できる また ほっぺが盛り上がる というフレーズ中の 盛り上がり という言葉は 盛ったように高くなる という国語辞典には書いてある そこで 膨らんだほっぺた というフレーズを ほっぺたが盛り上がる に言い換えることで よりよく丁寧な言い方に言い換えており 大阪の商人文化が確実に見ることができる 商人というのは 自分が売りたいものには いくら悪くても 悪い とは言わない ほめてはいないかもしれないが 違う言い方で 来客を品物に仕向けるような話の技術が確かに存在する ( 井上 2003:201) また Raskin のフレーム理論から見ると 確実に 綺麗な女 と 綺麗じゃない女 というフレームの中で 話をねじ合わせて 聞き手があまりネガティブな方向へ向かせないように 婉曲法で言い方を変えて もって丁寧に聞こえるように工夫している その顔だからこそ 転ぶとしても 鼻だけは折れない というさらにプラスのこと表現し 相手の興味を深く引く話の技術にそれが見られる また Ross(1998) の Incongruity 理論から見ると サブライズが何度も登場する 顔はこの... でぼちんがぐっと出る割に鼻がうちらへ遠慮している 両側のほっぺたが盛り上がって あごが前へ こう せり出しているさかい こけても鼻は打んわな... の文におけるユーモア要素が確実に証明することができる Majas Eufimisme.. (Nalti Novianti) 65

69 結論 分析したデータを見ると 婉曲法は落語の世界では 笑いを呼び寄せる道具として使われている より丁寧に言葉を使うと より面白さが出てくる ユーモアというのは 時々話し手が聞き手に 攻撃 したり 遠慮 したり ポジティブな方向へ さそったりしながら笑いを呼び寄せる技術である また 上方落語には 大阪の商人文化いわゆるワッハ文化が話の中にとりいれ よりよくその文化の中に生きている人たちの考え方や 理想が把握できる また Raskin のフレーム理論でわかったのは 話のフレームがはずれる または話し手の考え方のフレームは聞き手の考え方のフレームが対立することによって 笑いをもっと呼び寄せる力になっているということであった 参考文献 相場昭雄 落語入門. 東京 : 博文出版社 浅井健二 関東人の思い込み 関西人の言い訳. 東京 : 鳴海道出版 井上博.2003 大阪の文化と笑い. 大阪 : 関西大学出版部 野村正明 1996 落語のレトリック. 東京 : 平凡社 Spelber,D., &Wilson Daidre. (1991) Relevance, Communication and Cognition.USA:Harvard Univ Press Ross, A. (1998). The language of Humor.London: Routladge 66 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 60-66

70 EFEKTIFITAS MIND MAPPING DALAM PEMBELAJARAN KOSAKATA BAHASA JEPANG PADA PEMELAJAR TINGKAT DASAR Rosita Ningrum Japanese Department,Faculty of Letter, Bina Nusantara University Jln. Kemanggisan Ilir III No. 45, Kemanggisan, Jakarta Barat ABSTRACT Article clarified the research entitled 初級学習者における日本語の語彙学習においてのマインド マッピングの効果 which were translated as "The Effectiveness of Mind Mapping In Japanese Vocabulary Learning for A Basic Level Learners". In previous studies, mind mapping was tested on reading skill, but for this research it was focused on vocabulary with the assumption that the language learners usually got difficulties in learning both languages. Technique of mind mapping was tested on a two-semester student to find out the effectiveness of its techniques in learning Japanese vocabulary. This research used experimental methods. This design involved two groups of subjects. One group, as experimental group, was given the mind mapping learning technique, and the other group (the control group) was treated with the conventional learning techniques. Data were taken in two ways, the quantitative method was using instrument in the forms of pre test and post test on both sample class. The qualitative method applied interview to complete the descriptive data analysis. Then, the pre test and post test data were analyzed by measuring the normality of data and test-t to know to what extent the effectiveness of mind mapping techniques was successfully applied to the sample. To strengthen those results, the outcomes of interview was transcribed to see the sample s responses in line with mind mapping techniques to the study of Japanese vocabulary. The research result indicates that mind mapping technique is proven more effective in learning Japanese vocabulary compared to the conventional way. Keywords: mind map, vocabulary, Japanese ABSTRAK Artikel menjelaskan penelitian berjudul 初級学習者における日本語の語彙学習においてのマインド マッピングの効果 yang diterjemahkan dalam bahasa Indonesia sebagai Efektifitas Mind Mapping dalam Pembelajaran Kosakata Bahasa Jepang pada Pemelajar Tingkat Dasar. Pada penelitian terdahulu, teknik mind mapping banyak diujikan pada keterampilan membaca, sedangkan pada penelitian ini, mind mapping difokuskan pada kosakata dengan asumsi peneliti melihat kendala pembelajar bahasa asing yang sama sekali baru dalam mempelajari bahasa keduanya. Teknik mind mapping diujicobakan pada mahasiswa semester dua dengan tujuan untuk mengetahui efektifitas teknik mind mapping dalam pembelajaran kosakata bahasa Jepang. Penelitian ini menggunakan metode eksperimen murni dengan melibatkan dua kelompok subjek. Satu diberi perlakuan eksperimental dengan teknik mind mapping (kelompok eksperimen) dan kelompok lain (kelompok kontrol) diperlakukan dengan teknik pembelajaran biasa. Data diambil dengan dua cara, yakni kuantitatif dengan membuat instrumen berupa pre test dan post test pada kedua sampel kelas serta data kualitatif berupa wawancara untuk melengkapi hasil analisis data secara deskriptif. Selanjutnya, seluruh hasil data pre test dan post test dianalisis dengan mengukur normalitas data dan uji-t untuk mengetahui sejauh mana efektifitas teknik mind mapping berhasil diterapkan pada sampel. Untuk menguatkan hasil tersebut, hasil wawancara ditranskripsi untuk melihat tanggapan atau respon dari sampel tentang teknik mind mapping pada pembelajaran kosakata bahasa Jepang. Diperoleh hasil bahwa teknik mind mapping terbukti lebih efektif dipakai dalam pembelajaran kosakata bahasa Jepang dibandingkan dengan cara konvensional.. Kata kunci: mind map, kosakata, bahasa Jepang Efektifitas Mind Mapping.. (Rosita Ningrum) 67

71 PENDAHULUAN Bagi pembelajar Bahasa Jepang, penguasaan kosakata mutlak diperlukan. Menurut Mulyadi (2007: 17), dalam proses pembelajaran bahasa, pembelajar diharapkan mampu menguasai empat keterampilan berbahasa, yaitu menyimak, berbicara, membaca, dan menulis. Empat keterampilan di atas erat kaitannya dengan sedikit banyaknya kosakata yang dikuasai pemelajar. Sampai saat ini pemelajar terutama di tingkat pertama, sangat tergantung dengan kosakata yang diberikan pengajar di kelas dan buku teks. Kondisi pembelajaran diatas cenderung menimbulkan keengganan pemelajar untuk mempelajari kosa kata di luar dari yang diberikan pengajar di kelas. Bahkan untuk kosa kata yang berhubungan dengan aktifitas (doushi) cenderung diberikan sesuai dengan yang ada di buku teks. Mind map dapat dijadikan tool stimulus untuk pemelajar menambah atau mengembangkan kosakata sampai tiada batas. Satu kata bisa mengurai belasan bahkan ratusan kata yang saling berkorelasi. Teknik ini terbilang sangat mudah sehingga tidak mustahil dikuasai kedua belah pihak (pengajar dan pemelajar) untuk mengoptimalkan pembelajaran dua arah. Metode dan Alur Penelitian Metode yang digunakan dalam penelitian ini adalah metode eksperimen dengan menggunakan dua kelompok yaitu kelompok eksperimen dan kelompok kontrol. Teknik mind map ini akan diujicobakan di dalam kelas dengan menciptakan lingkungan sedemikian rupa agar semua variabel yang terkait dapat dimanipulasi, dikontrol dan diamati dengan seksama, sehingga lebih mendekati lingkungan aslinya (Sutedi, 2009: 19). Data penelitian ini berupa data kuantitatif, yaitu skor pre test dan post test sebelum dan setelah pembelajaran. Sedangkan data kualititatif berupa tanggapan responden yang diperoleh melalui wawancara. Jenis eksperimen yang dipilih adalah eksperimen murni dengan desain pre test post test control group design. Desain ini melibatkan dua kelompok subjek, satu diberi perlakuan eksperimental (kelompok eksperimen) dan kelompok lainnya (kelompok kontrol) tidak mendapat perlakuan apa-apa. PEMBAHASAN Pembelajaran diekspetasikan dapat menimbulkan atau menyempurnakan pola laku dan membina kebiasaan sehingga pemelajar menjadi terampil (Danasasmita, 1994: 64). Oleh karena itu, pengajar perlu memahami pemilihan tentang pendekatan, metode, dan teknik mengajar. Bila pendekatan mengandung muatan filosofis pembelajaran, metode mengungkapkan rancangan keseluruhan pembelajaran. Sedangkan teknik adalah upaya-upaya pengajar untuk membahasakan metode sesuai dengan pendekatan yang telah ditentukan. Dryden (2000: 127) menghimbau pangajar untuk berani mengeksplorasi banyak teknik pembelajaran yang memungkinkan pemelajar belajar lebih cepat, dan lebih baik. Karena tidak ada satu teknik mengajar dan belajar yang benar-benar efektif menjangkau keunikan siswa yang beragam. Kosakata Machi Hiromitsu dalam Sudjianto dan Dahidi (2004: 97) memberikan konsepsi kosakata (goi) dari kanji /i/ 彙 pada kata /goi/ 語彙 adalah atsumeru koto kumpulan atau himpunan atau didefinisikan sebagai go no mure go no atau atsumari yang berarti kumpulan kata yang berhubungan dengan suatu bahasa atau dengan bidang tertentu dalam bahasa itu. 68 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 67-80

72 Dalam Nihongo Noryoku Shiken atau dalam bahasa Indonesianya dikenal dengan sebutan ujian kemampuan Bahasa Jepang (The Japanese Language Proficiency Test), kosakata ( 語彙 ) merupakan salah satu kemampuan yang diukur dari kemampuan berbahasa Jepang yang lain (huruf, membaca, gramatika dan menyimak). Ujian tersebut dibedakan menjadi empat level, dimulai dari urutan yang terendah: level 4 dengan minimum penguasaan kosakata sebanyak 800 kosakata. Kemudian, pada level 3, minimum penguasaan kosakata peserta sebanyak 1500 kosakata, level 2 sebanyak 6000 kosakata dan terakhir level 1, sebanyak kosakata (Sudjianto, 2009: 80). Dengan adanya sistem baru noryoku shiken yang akan diberlakukan 2010 ini, batasannya menjadi level 5 (sama dengan level 4 pada sistem lama), level 4 (sama dengan level 3), level 3 (berada di level 2 dan 3 pada sistem lama), level 2 (sama dengan level 2) dan level 1 (sama dengan level 1). Artinya perbedaannya hanya pada level 3 yang dibuat sebagai level peralihan dari level 3 ke level 2 yang memiliki kecenderungan terlalu jauh dan berat dalam hal batasan kemampuan bahasa Jepang. Beberapa Pengertian dalam Teknik Pembelajaran Kosakata Freeman dalam Setiadi (2007: 78) memandang pembelajaran bahasa asing sebagai sebuah sistem yang dinamis, kompleks dan non linear. Pemelajar tidak dapat statis apabila menginginkan penguasaan bahasa yang maksimal. Kosakata memegang peranan penting dalam pembelajaran bahasa bahkan indikator kemampuan bahasa. Terutama dalam pembelajaran Bahasa Jepang yang memiliki ribuan kata yang baru untuk pemelajar sendiri. Menurut Thornburry (2002: 78), pembelajaran kosakata dapat disajikan dengan mengajak pemelajar mengkaji tentang sinonim, antonim, atau yang lain dengan menggunakan berbagai teknik seperti penggunaan kamus, semantik mapping, atau diagram pohon. Berdasarkan pengalaman selama peneliti mengajar bahasa Jepang, variasi atau alternatif teknik pengajaran kosakata mutlak dipikirkan, di antaranya dengan e kado (kartu gambar). Hal ini cukup menstimulus pemelajar untuk menghafal kata-kata. Canning (2001: 53) mengungkapkan salah satu teknik untuk mengilustrasikan dan mengklarifikasikan suatu arti kata dalam pembelajaran kosa kata dapat menggunakan media gambar sebagai stimulus visual. Hal ini membantu pemelajar dalam memprediksikan informasi. Selain itu pembelajaran kosakata juga dapat diberikan dengan teknik mnemonic. Teknik ini berupa pengandaian dengan benda, atau linking (mengingat sesuatu berdasarkan hubungan dengan suatu hal lain). Mind Map sebagai Teknik Pembelajaran Kosakata Selama ini pemelajar hanya mendapatkan what to learn dari apa yang dipelajarinya di kelas. Di sisi lain penguasaan how to learn dapat menguak keberhasilan belajarnya, dan itu yang sering terlewat oleh pengajar. Ketidakseimbangan aspek how to learn dan what to learn, menyebabkan belajar bukan aktivitas yang menyenangkan. Penguasaan what to learn dan how to learn yang seimbang, diharapkan menumbuhkan stimulus positif dan kecintaan pemelajar untuk menambah yang ilmunya tidak hanya di kelas dan melahirkan kontinuitas self motivated atau kemandirian belajar. Sayangnya, menurut Thonburry (2002: 13) pengajar jarang merasa peka untuk mengasah kemampuan kosakata pemelajar untuk lebih berkembang ditambah lagi memikirkan teknik yang menyenangkan. Pembelajaran kosakata yang mudah diserap dan selalu tersimpan dalam ingatan dalam jangka waktu yang lama oleh pemelajar memerlukan teknik pembelajaran yang tepat, menarik dan jauh dari ketegangan (Thornburry, 2002: 144). Salah satu caranya dengan menggunakan musik dan menggunakan mind mapping. Diperlukan stimulus seperti membuat jejaring kata, dari satu kata kunci menjadi belasan, puluhan bahkan ratusan agar dapat digunakan maksimal terutama untuk mendukung empat aspek keterampilan bahasa lainnya. Efektifitas Mind Mapping.. (Rosita Ningrum) 69

73 Definisi Mind Map Penggunaan mind map memungkinkan otak belahan kiri dan kanan bekerja beriringan. Beban yang selama ini hanya dipikir pada daya otak kiri, dapat disinergikan bersama otak kanan. Kegiatan apapun yang melibatkan otak kiri dan otak kanan sekaligus pasti menyenangkan, seperti apabila kita membaca komik, menonton film kartun, atau main games. Dalam sebuah film kartun selalu ada unsur gambar, warna, cerita (khayalan), dan emosi yang terlibat (senang, sedih, seru) di samping teks ceritanya. Gambar, warna dan cerita khayalan adalah unsur otak kanan dan teks adalah unsur otak kirinya. Dengan demikian, otak kiri dan otak kanan pada saat yang bersamaan digunakan dua-duanya secara seimbang. Begitu pula dengan membaca komik dan games. Cara Kerja Mind Map Mind map adalah salah satu teknik how to learn. Tahap pertama setelah tema ditentukan dan kata kunci hasil curah gagasan dituliskan, dilukis, dan ditandai dengan warna atau simbol tertentu (Wikipedia). Analoginya sebagai berikut, Pengajar dapat menstimulus pemelajar dengan cara memberikan kata kunci taberu, kemudian pemelajar diminta membayangkan kata-kata yang berkorelasi dengan kata taberu. Hasil penemuan dapat langsung mengacu ke bahasa Jepangnya, kanji, atau kata berbahasa Indonesia atau bisa pula berupa gambar-gambar saja. Pemelajar membuat coretancoretan dari kata kunci yang diberikan pengajar menjadi urutan kata yang memiliki korelasi. Dengan langkah seperti itu, pemelajar akan terbiasa memikirkan kata-kata yang berhubungan dengan apa yang dipelajari dengan dinamis. Jika pemelajar menemukan kesulitan mencari padanan kata dalan bahasa Jepangnnya, pemelajar menjadi termotivasi untuk membuka kamus. Sehingga kendala pengajar membiasakan pengajar membuka kamus sejak tingkat awal menjad teratasi. Pengajarpun tidak perlu repot membahas seluruh kosakata yang ada di buku. Ajak pemelajar mengkhayalkan satu kata kunci. Kata kunci ini, pasti di dalam imajinasi pemelajar adalah gambar. Gambar selalu penuh dengan warna. Stimulus pemelajar dengan kata わえあしの家 seperti gambar 1. Langsung saja pemelajar membayangkan apa saja yang ada di rumah. Imaji yang terbayang dapat berupa bagian-bagian besar kecil dari rumah seperti kamar mandi, dapur, kamar atau mengerucut ke bagian yang sangat spesifik seperti televisi yang ada di kamarnya, atau anjing yang pemelajar pelihara di rumahnya. Gambar 1 Visualisasi konsep mind map pada ide 私の家 (rumah saya) Gambar dan warna-warna menyebabkan otak belahan kanan menjadi lebih aktif dan secara otomatis otak kiri pun menyeimbangkan diri. Saat itu ada yang bekerja beriringan, yakni memori atau ingatan pemelajar atas kosakata yang pernah mereka pelajari sebelumnya dan daya imajinasi mereka menelusuri cabang-cabang dari kata tersebut menjadi sub cabang yang lebih kecil, dan detil. Artinya, 70 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 67-80

74 selalu ada kata baru ( 新しい言葉 ) yang akan terpikirkan. Dan ini bagus sekali untuk penambahan kosakata pembelajar. Bahkan dapat melampaui kata-kata yang seharusnya belum mereka pelajari. Misalkan mereka sedang mempelajari Bab 12 dari buku Minna no Nihonggo I, kemudian dengan stimulus kata kunci dengan teknik mind map, pemelajar dapat memikirkan kata di Bab 17 atau di luar buku teks sekalipun. Secara garis besar keuntungan menggunakan mind map, Pertama, Mengembangkan kemampuan visual, berpikir kreatif dan percaya diri. Yang dimaksud di sini adalah apabila pemelajar diberi kesempatan untuk membangun korelasi yang terhubung dengan tema atau kata yang diberikan pengajar, tentu akan menstimulus kepercayaan diri pemelajar. Pemelajar akan terbiasa mengeluarkan respon yang mendukung ketercapaian materi. Satu pemelajar mungkin akan menemukan sepuluh pengembangan kata ie misalnya, dan pemelajar seterusnya menjadi dua belas, bahkan ratusan. Dan visi yang tercipta dari kemaharajaan pikiran setiap orang mungkin sekali berbeda. Satu pemelajar bisa berpikir ie itu terdiri dari kamar, dapur, kursi, bangku, meja, sedangkan pemelajar lain menemukan kata keluarga, ayah, ibu, adik dan mungkin saja menjadi lebih spesifik sampai dengan kompleks. Kedua, karena kelas diswitch menjadi pembelajaran yang atraktif dan interaktif, tekanan atau stress akan ekspetasi pengajar dapat direduksi. Pemelajar menjadi lebih rileks dan bisa mengeksplorasi mata kuliah dengan baik. Ketiga, Menyenangkan. Bahkan dapat dikembangkan ke arah ice breaker (pemecah kebekuan) dalam bentuk game, role play dan lain-lain. Keempat, Ketercapaian pemahaman suatu topik atau mata kuliah menjadi lebih mudah baik untuk pengajar dan pemelajar. Analisis Hasil Penelitian Untuk mengetahui adanya peningkatan kemampuan kosakata bahasa Jepang mahasiswa, maka perlu diketahui kemampuan awal kosakata bahasa Jepang mahasiswa pada kelas sampel (kelas kontrol dan kelas eksperimen). Untuk mengetahui kemampuan awal mahasiswa, mereka diberi tes awal (pretest). Kemudian kelas eksperimen diberikan perlakuan khusus yaitu menggunakan teknik mind mapping, sedangkan kelas kontrol menggunakan teknik konvensional atau biasa yakni teknik grammar translation. Setelah seluruh pembelajaran selesai dilaksanakan, kedua kelas sampel diberikan tes akhir (postest). Pemberian tes akhir diberikan untuk mengetahui peningkatan kemampuan penguasaan kosakata bahasa Jepang mahasiswa. Hasil Penelitian Kelas Kontrol Peneliti menerapkan teknik grammar translation pada kelas kontrol. Penerapan teknik ini dilakukan sebanyak empat kali, pada tanggal 29 Maret 2011, 01 April 2011, 05 April 2011 dan 08 April 2011 selama 90 menit. Jumlah responden yang mengikuti teknik grammar translation ini adalah 17 orang. Untuk mengukur keberhasilan teknik grammar translation, peneliti mengambil hasil test sebelum dan sesudah dilakukannya teknik grammar translation. Statistik Deskripsi Kelas Kontrol Data hasil tes awal kelas kontrol menunjukkan nilai terendah 4,13 dan nilai tertinggi 9,75. Rerata nilai tes awal (pretest) kelas kontrol adalah 7,30 dengan standar deviasi 1,931. Sedangkan untuk tes akhir (postest), responden menunjukkan nilai terendah 5 dan nilai tertinggi 10. Untuk rerata nilai postest pada kelas kontrol adalah 8,10 dengan standar deviasi untuk hasil postest adalah 1,607. Kemudian dari hasil tabel tersebut di atas peneliti mendeskripsikan dalam bentuk grafik sehingga dapat memperlihatkan dengan jelas kenaikan hasil test antara pretest dan postest dengan teknik grammar translation. Berikut adalah gambar grafik hasil pretest dan postest kelas kontrol dapat dilihat pada Gambar 2. Efektifitas Mind Mapping.. (Rosita Ningrum) 71

75 Pre_test Post_test Gambar 2 Hasil Pre test dan Post test Kelas Kontrol Gambar 2 menggambarkan keragaman kemampuan kosakata bahasa Jepang siswa pada kelas kontrol ketika pretest dan kenaikan pada hasil postest. Uji Normalitas Kelas Kontrol Uji normalitas dilakukan untuk mengetahui apakah data pretest berasal dari populasi yang terdistribusi normal atau tidak. Selain itu, uji normalitas data berfungsi sebagai asumsi dasar untuk menentukan jenis uji statistik yang digunakan dalam analisis selanjutnya. Untuk menguji normalitas data pretes dan postes kelas kontrol, digunakan statistik uji Chi Kuadrat X² = Σ (f0 fh)² Fn Di mana : X² = Chi Square ; f0 = frekuensi yang diobservasi fn = frekuensi yang diharapkan. dengan taraf signifikansi α sebesar 5% (0,05). Pasangan hipotesis yang akan diuji adalah sebagai berikut: H 0 : H 1 : data pretest dan postest menunjukkan bahwa sampel berasal dari populasi yang terdistribusi normal data pretest dan postest menunjukkan bahwa sampel berasal dari populasi yang tidak terdistribusi normal Dengan α = 0.05 Dari rumusan di atas, diperoleh hasil uji normalitas pada kelas kontrol seperti pada Tabel Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 67-80

76 Tabel 1 Hasil Tests of Normality dari kelas Kontrol Berdasarkan hasil pengolahan data pretest dan postest pada kelas kontrol diperoleh hasil bahwa χ 2 hitung kelas kontrol adalah 0,200 untuk pretest dan untuk post test. Hasil uji normalitas untuk pretest dan postest perlakuan teknik grammar translation lebih besar dari 0,05, sehingga kesimpulan statistika yang diambil adalah Ho diterima, artinya bahwa hasil pretest dan postest dari teknik grammar translation berasal dari populasi yang menyebar normal. Kemudian dari hasil test uji normalitas untuk kelas kontrol terdapat hasil beberapa grafik, seperti terlihat pada Gambar 3 dan Gambar 4 berikut. Gambar 3.Normal Q Q Plot untuk hasil pretest kelas Kontrol Gambar 4 Normal Q Q Plot untuk hasil postest kelas Kontrol Efektifitas Mind Mapping.. (Rosita Ningrum) 73

77 Dari Gambar Normal Q Q Plot untuk kedua hasil pretest maupun postest di atas menunjukkan bahwa titik-titik nilai data terletak kurang lebih dalam suatu garis lurus, sehingga mendukung kesimpulan di atas bahwa data pretest maupun postest berasal dari populasi yang terdistribusi normal. Uji T-Test pada kelas Kontrol Peningkatan nilai rata-rata menunjukkan adanya peningkatan pemelajar sebelum dan sesudah menggunakan teknik grammar translation dalam pembelajaran kosakata bahasa Jepang. Adapun korelasi kemampuan kosakata bahasa Jepang antara dua buah sampel pretest dan postest dengan teknik grammar translation ditunjukkan dengan nilai koefisien korelasi r = 0,907 dengan nilai signifikansi korelasi sebesar 0,000 < α = 0,05. Ini berarti korelasi antara nilai kemampuan kosakata bahasa Jepang responden ketika pretest dan postest menunjukkan korelasi positif yang signifikan seperti terlihat pada Tabel 2. Tabel 2 Hasil Paired Samples Correlations dari kelas Kontrol Hasil di atas perlu diperkuat dengan pengujian hipotesis mengenai perbedaan yang kentara dan signifikan pada nilai postest daripada nilai pretest. Hipotesis ini adalah sebagai berikut, H 0 adalah teknik grammar translation tidak berpengaruh pada hasil belajar kosa kata bahasa Jepang. H 1 adalah teknik grammar translation berpengaruh pada hasil belajar kosakata bahasa Jepang. Hasil uji signifikansi terlihat pada Tabel 3. Tabel 3 Uji Signifikansi Nilai Rata-rata Pretest dan Postest Kelas Kontrol Pengujian hipotesa ini memperlihatkan hasil seperti pada Tabel 1, yakni dengan nilai-p = Karena nilai-p < 0,05 maka H 0 ditolak atau dengan kata lain hasil postest pada kelas kontrol lebih tinggi secara signifikan dibandingkan hasil pretest. Hasil tersebut dapat ditarik kesimpulan 74 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 67-80

78 bahwa teknik grammar translation pada kelas kontrol berpengaruh pada hasil pembelajaran kosakata bahasa Jepang. Hasil Penelitian Kelas Eksperimen Kemudian Peneliti menerapkan teknik mind map pada kelas eksperimen. Penerapan teknik ini dilakukan sebanyak empat kali, pada tanggal 29 Maret 2011, 01 April 2011, 05 April 2011 dan 08 April 2011 selama 90 menit. Jumlah responden yang mengikuti teknik mind map ini adalah 16 orang. Untuk mengukur keberhasilan teknik mind map, peneliti mengambil hasil test sebelum dan sesudah dilakukannya teknik mind map. Statistik Deskripsi Kelas Eksperimen Data hasil pretest kelas eksperimen menunjukkan nilai terendah 5,00 dan nilai tertinggi 9,63. Rerata nilai tes awal (pretest) kelas eksperimen adalah 7,14 dengan standar deviasi 1,33. Sedangkan untuk postest, responden menunjukkan nilai terendah 8,25 dan nilai tertinggi 10. Untuk rerata nilai postest pada kelas eksperimen adalah 9,18 dengan standar deviasi adalah 0,54. Kemudian dari hasil tabel tersebut di atas peneliti mendeskripsikan dalam bentuk grafik sehingga dapat memperlihatkan dengan jelas kenaikan hasil test antara pretest dan postest dengan teknik mind mapping, seperti terlihat pada Gambar Pre_test Post_test Gambar 5 Hasil Pretest dan Postest Kelas Eksperimen Kemampuan kosakata bahasa Jepang responden pada kelas eksperimen sebelum treatment tidak seragam, dan ada kenaikan nilai yang cukup baik setelah treatment dan kemampuan siswa semakin seragam. Uji Normalitas Kelas Eksperimen Uji normalitas dilakukan untuk mengetahui apakah data pretest berasal dari populasi yang terdistribusi normal atau tidak. Selain itu, uji normalitas data berfungsi sebagai asumsi dasar untuk menentukan jenis uji statistik yang digunakan dalam analisis selanjutnya. Untuk menguji normalitas data pretes dan postest kelas eksperimen, digunakan statistik uji Chi Kuadrat X² = Σ (f0 fh)² Fn Di mana : X² = Chi Square ; f0 = frekuensi yang diobservasi Efektifitas Mind Mapping.. (Rosita Ningrum) 75

79 fn = frekuensi yang diharapkan. Dengan taraf signifikansi α sebesar 5% (0,05). Pasangan hipotesis yang akan diuji adalah sebagai berikut: H 0 : data pretest dan postest menunjukkan bahwa sampel berasal dari populasi yang terdistribusi normal H 1 : data pretest dan postest menunjukkan bahwa sampel berasal dari populasi yang tidak terdistribusi normal Dengan α = 0.05 Tabel 4 Hasil Tests of Normality dari kelas Eksperimen Berdasarkan hasil pengolahan data pretest dan postest pada kelas eksperimen yang seperti digambarkan pada Tabel 4, diperoleh hasil bahwa χ 2 hitung kelas eksperimen adalah 0,200 untuk pretest dan untuk post test. Hasil uji normalitas untuk pretest dan postest perlakuan teknik mind mapping lebih besar dari 0,05, sehingga simpulan statistika yang diambil adalah terima Ho, artinya dapat dikatakan bahwa hasil pretest dan postest dari teknik mind mapping berasal dari populasi yang menyebar normal. Kemudian dari hasil test uji normalitas untuk kelas eksperimen memperlihatkan grafik seperti Gambar 6 berikut. 76 Jurnal LINGUA CULTURA Vol.6 No.1 Mei 2012: 67-80

80 Gambar 6 Grafik Normal Q Q Plot untuk hasil pretest kelas Eksperimen Gambar 7 Grafik Normal Q Q Plot untuk hasil postest kelas Eksperimen Q Q Plot untuk kedua hasil pretest maupun postest di atas menunjukkan bahwa titik-titik nilai data terletak kurang lebih dalam suatu garis lurus, sehingga mendukung simpulan di atas bahwa data pretest maupun postest berasal dari populasi yang terdistribusi normal, seperti terlihat pada Gambar 6 dan Gambar 7.. Uji T-Test pada Kelas Eksperimen Peningkatan nilai rata-rata menunjukkan adanya peningkatan pemelajar sebelum dan sesudah menggunakan teknik mind mapping dalam pembelajaran kosakata bahasa Jepang. Adapun korelasi kemampuan kosakata bahasa Jepang antara dua buah sampel pretest dan postest dengan teknik mind mapping ditunjukkan dengan nilai koefisien korelasi r = 0,791 dengan nilai signifikansi korelasi sebesar 0,000 < α = 0,05. seperti pada Tabel 5 berikut. Tabel 5 Hasil Paired Samples Correlations dari kelas Eksperimen Ini berarti korelasi antara nilai kemampuan kosakata bahasa Jepang responden ketika pretest dan postest menunjukkan korelasi positif yang signifikan. Efektifitas Mind Mapping.. (Rosita Ningrum) 77

國立中山大學學位論文典藏.PDF

國立中山大學學位論文典藏.PDF I II III The Study of Factors to the Failure or Success of Applying to Holding International Sport Games Abstract For years, holding international sport games has been Taiwan s goal and we are on the way

More information

Microsoft Word - TIP006SCH Uni-edit Writing Tip - Presentperfecttenseandpasttenseinyourintroduction readytopublish

Microsoft Word - TIP006SCH Uni-edit Writing Tip - Presentperfecttenseandpasttenseinyourintroduction readytopublish 我 难 度 : 高 级 对 们 现 不 在 知 仍 道 有 听 影 过 响 多 少 那 次 么 : 研 英 究 过 文 论 去 写 文 时 作 的 表 技 引 示 巧 言 事 : 部 情 引 分 发 言 该 生 使 在 中 用 过 去, 而 现 在 完 成 时 仅 表 示 事 情 发 生 在 过 去, 并 的 哪 现 种 在 时 完 态 成 呢 时? 和 难 过 道 去 不 时 相 关? 是 所 有

More information

致 谢 本 人 自 2008 年 6 月 从 上 海 外 国 语 大 学 毕 业 之 后, 于 2010 年 3 月 再 次 进 入 上 外, 非 常 有 幸 成 为 汉 语 国 际 教 育 专 业 的 研 究 生 回 顾 三 年 以 来 的 学 习 和 生 活, 顿 时 感 觉 这 段 时 间 也

致 谢 本 人 自 2008 年 6 月 从 上 海 外 国 语 大 学 毕 业 之 后, 于 2010 年 3 月 再 次 进 入 上 外, 非 常 有 幸 成 为 汉 语 国 际 教 育 专 业 的 研 究 生 回 顾 三 年 以 来 的 学 习 和 生 活, 顿 时 感 觉 这 段 时 间 也 精 英 汉 语 和 新 实 用 汉 语 课 本 的 对 比 研 究 The Comparative Study of Jing Ying Chinese and The New Practical Chinese Textbook 专 业 : 届 别 : 姓 名 : 导 师 : 汉 语 国 际 教 育 2013 届 王 泉 玲 杨 金 华 1 致 谢 本 人 自 2008 年 6 月 从 上 海 外

More information

Microsoft Word - 11月電子報1130.doc

Microsoft Word - 11月電子報1130.doc 發 行 人 : 楊 進 成 出 刊 日 期 2008 年 12 月 1 日, 第 38 期 第 1 頁 / 共 16 頁 封 面 圖 話 來 來 來, 來 葳 格 ; 玩 玩 玩, 玩 數 學 在 11 月 17 到 21 日 這 5 天 裡 每 天 一 個 題 目, 孩 子 們 依 據 不 同 年 段, 尋 找 屬 於 自 己 的 解 答, 這 些 數 學 題 目 和 校 園 情 境 緊 緊 結

More information

國家圖書館典藏電子全文

國家圖書館典藏電子全文 i ii Abstract The most important task in human resource management is to encourage and help employees to develop their potential so that they can fully contribute to the organization s goals. The main

More information

WTO

WTO 10384 200015128 UDC Exploration on Design of CIB s Human Resources System in the New Stage (MBA) 2004 2004 2 3 2004 3 2 0 0 4 2 WTO Abstract Abstract With the rapid development of the high and new technique

More information

附件1:

附件1: 附 件 1: 全 国 优 秀 教 育 硕 士 专 业 学 位 论 文 推 荐 表 单 位 名 称 : 西 南 大 学 论 文 题 目 填 表 日 期 :2014 年 4 月 30 日 数 学 小 组 合 作 学 习 的 课 堂 管 理 攻 硕 期 间 及 获 得 硕 士 学 位 后 一 年 内 获 得 与 硕 士 学 位 论 文 有 关 的 成 果 作 者 姓 名 论 文 答 辩 日 期 学 科 专

More information

2009.05

2009.05 2009 05 2009.05 2009.05 璆 2009.05 1 亿 平 方 米 6 万 套 10 名 20 亿 元 5 个 月 30 万 亿 60 万 平 方 米 Data 围 观 CCDI 公 司 内 刊 企 业 版 P08 围 观 CCDI 管 理 学 上 有 句 名 言 : 做 正 确 的 事, 比 正 确 地 做 事 更 重 要 方 向 的 对 错 于 大 局 的 意 义 而 言,

More information

Chinese oil import policies and reforms 随 着 经 济 的 发 展, 目 前 中 国 石 油 消 费 总 量 已 经 跃 居 世 界 第 二 作 为 一 个 负 责 任 的 大 国, 中 国 正 在 积 极 推 进 能 源 进 口 多 元 化, 鼓 励 替 代

Chinese oil import policies and reforms 随 着 经 济 的 发 展, 目 前 中 国 石 油 消 费 总 量 已 经 跃 居 世 界 第 二 作 为 一 个 负 责 任 的 大 国, 中 国 正 在 积 极 推 进 能 源 进 口 多 元 化, 鼓 励 替 代 Chinese oil import policies and reforms SINOPEC EDRI 2014.8 Chinese oil import policies and reforms 随 着 经 济 的 发 展, 目 前 中 国 石 油 消 费 总 量 已 经 跃 居 世 界 第 二 作 为 一 个 负 责 任 的 大 国, 中 国 正 在 积 极 推 进 能 源 进 口 多 元 化,

More information

Your Field Guide to More Effective Global Video Conferencing As a global expert in video conferencing, and a geographically dispersed company that uses video conferencing in virtually every aspect of its

More information

Microsoft Word doc

Microsoft Word doc 中 考 英 语 科 考 试 标 准 及 试 卷 结 构 技 术 指 标 构 想 1 王 后 雄 童 祥 林 ( 华 中 师 范 大 学 考 试 研 究 院, 武 汉,430079, 湖 北 ) 提 要 : 本 文 从 结 构 模 式 内 容 要 素 能 力 要 素 题 型 要 素 难 度 要 素 分 数 要 素 时 限 要 素 等 方 面 细 致 分 析 了 中 考 英 语 科 试 卷 结 构 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203338B4C12D42A448A4E5C3C0B34EC3FE2DAB65ABE1>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203338B4C12D42A448A4E5C3C0B34EC3FE2DAB65ABE1> ϲ ฯ र ቑ ጯ 高雄師大學報 2015, 38, 63-93 高雄港港史館歷史變遷之研究 李文環 1 楊晴惠 2 摘 要 古老的建築物往往承載許多回憶 也能追溯某些歷史發展的軌跡 位於高雄市蓬 萊路三號 現為高雄港港史館的紅磚式建築 在高雄港三號碼頭作業區旁的一片倉庫 群中 格外搶眼 這棟建築建成於西元 1917 年 至今已將近百年 不僅躲過二戰戰 火無情轟炸 並保存至今 十分可貴 本文透過歷史考證

More information

A-錢穆宗教觀-171

A-錢穆宗教觀-171 台 南 應 用 科 大 學 報 第 32 期 人 文 管 理 類 頁 171-186 中 華 民 國 102 年 10 月 錢 穆 宗 教 觀 析 論 以 文 化 與 教 育 為 觀 察 核 心 梁 淑 芳 國 立 體 育 大 學 通 識 教 育 中 心 助 理 教 授 摘 要 國 學 大 師 錢 穆, 可 謂 一 代 通 儒 本 文 以 其 文 化 與 教 育 為 主, 輔 以 錢 穆 的 其 餘

More information

東方設計學院文化創意設計研究所

東方設計學院文化創意設計研究所 東 方 設 計 學 院 文 化 創 意 設 計 研 究 所 碩 士 學 位 論 文 應 用 德 爾 菲 法 建 立 社 區 業 餘 油 畫 課 程 之 探 討 - 以 高 雄 市 湖 內 區 為 例 指 導 教 授 : 薛 淞 林 教 授 研 究 生 : 賴 秀 紅 中 華 民 國 一 o 四 年 一 月 東 方 設 計 學 院 文 化 創 意 設 計 研 究 所 碩 士 學 位 論 文 Graduate

More information

東莞工商總會劉百樂中學

東莞工商總會劉百樂中學 /2015/ 頁 (2015 年 版 ) 目 錄 : 中 文 1 English Language 2-3 數 學 4-5 通 識 教 育 6 物 理 7 化 學 8 生 物 9 組 合 科 學 ( 化 學 ) 10 組 合 科 學 ( 生 物 ) 11 企 業 會 計 及 財 務 概 論 12 中 國 歷 史 13 歷 史 14 地 理 15 經 濟 16 資 訊 及 通 訊 科 技 17 視 覺

More information

C o n t e n t s...7... 15 1. Acceptance... 17 2. Allow Love... 19 3. Apologize... 21 4. Archangel Metatron... 23 5. Archangel Michael... 25 6. Ask for

C o n t e n t s...7... 15 1. Acceptance... 17 2. Allow Love... 19 3. Apologize... 21 4. Archangel Metatron... 23 5. Archangel Michael... 25 6. Ask for Doreen Virtue, Ph.D. Charles Virtue C o n t e n t s...7... 15 1. Acceptance... 17 2. Allow Love... 19 3. Apologize... 21 4. Archangel Metatron... 23 5. Archangel Michael... 25 6. Ask for a Sign... 27 7.

More information

Microsoft Word - 刘藤升答辩修改论文.doc

Microsoft Word - 刘藤升答辩修改论文.doc 武 汉 体 育 学 院 硕 士 学 位 论 文 ( 全 日 制 硕 士 ) 社 会 需 求 视 角 下 武 汉 体 院 乒 乓 球 硕 士 研 究 生 就 业 状 况 研 究 研 究 生 : 刘 藤 升 导 师 : 滕 守 刚 副 教 授 专 业 : 体 育 教 育 训 练 学 研 究 方 向 : 乒 乓 球 教 学 训 练 理 论 与 方 法 2015 年 5 月 分 类 号 : G8 学 校 代

More information

Microsoft Word - (web)_F.1_Notes_&_Application_Form(Chi)(non-SPCCPS)_16-17.doc

Microsoft Word - (web)_F.1_Notes_&_Application_Form(Chi)(non-SPCCPS)_16-17.doc 聖 保 羅 男 女 中 學 學 年 中 一 入 學 申 請 申 請 須 知 申 請 程 序 : 請 將 下 列 文 件 交 回 本 校 ( 麥 當 勞 道 33 號 ( 請 以 A4 紙 張 雙 面 影 印, 並 用 魚 尾 夾 夾 起 : 填 妥 申 請 表 並 貼 上 近 照 小 學 五 年 級 上 下 學 期 成 績 表 影 印 本 課 外 活 動 表 現 及 服 務 的 證 明 文 件 及

More information

学 校 编 码 :10384 分 类 号 密 级 学 号 :X2007155130 UDC 厦 门 怡 福 养 生 健 康 管 理 有 限 公 司 创 业 计 划 王 韬 指 导 教 师 姓 名 : 郭 霖 教 授 厦 门 大 学 硕 士 学 位 论 文 厦 门 怡 福 养 生 健 康 管 理 有 限 公 司 创 业 计 划 A Business Plan for Xiamen Eve Health

More information

Microsoft Word - Final Exam Review Packet.docx

Microsoft Word - Final Exam Review Packet.docx Do you know these words?... 3.1 3.5 Can you do the following?... Ask for and say the date. Use the adverbial of time correctly. Use Use to ask a tag question. Form a yes/no question with the verb / not

More information

國立中山大學學位論文典藏

國立中山大學學位論文典藏 I II III IV The theories of leadership seldom explain the difference of male leaders and female leaders. Instead of the assumption that the leaders leading traits and leading styles of two sexes are the

More information

1505.indd

1505.indd 上 海 市 孙 中 山 宋 庆 龄 文 物 管 理 委 员 会 上 海 宋 庆 龄 研 究 会 主 办 2015.05 总 第 148 期 图 片 新 闻 2015 年 9 月 22 日, 由 上 海 孙 中 山 故 居 纪 念 馆 台 湾 辅 仁 大 学 和 台 湾 图 书 馆 联 合 举 办 的 世 纪 姻 缘 纪 念 孙 中 山 先 生 逝 世 九 十 周 年 及 其 革 命 历 程 特 展

More information

Wuhan Textile University M. A. S Dissertation Emotional Design of Home Textile Based on the Chinese Traditional Culture Wedding Bedding for Example Ca

Wuhan Textile University M. A. S Dissertation Emotional Design of Home Textile Based on the Chinese Traditional Culture Wedding Bedding for Example Ca 分 类 号 J523 学 校 代 码 10495 UDC 746 密 级 硕 士 学 位 论 文 基 于 中 国 传 统 文 化 的 家 用 纺 织 品 情 感 化 研 究 以 婚 庆 床 上 用 品 为 例 作 者 姓 名 : 郭 晓 彤 学 号 : 1115013015 指 导 教 师 : 学 科 门 类 : 高 波 副 教 授 艺 术 学 专 业 : 设 计 艺 术 学 研 究 方 向 : 完

More information

徐汇教育214/3月刊 重 点 关 注 高中生异性交往的小团体辅导 及效果研究 颜静红 摘 要 采用人际关系综合诊断量表 郑日昌编制并 与同性交往所不能带来的好处 带来稳定感和安全感 能 修订 对我校高一学生进行问卷测量 实验组前后测 在 够度过更快乐的时光 获得与别人友好相处的经验 宽容 量表总分和第 4 项因子分 异性交往困扰 上均有显著差 大度和理解力得到发展 得到掌握社会技术的机会 得到 异

More information

1 2 20 3 4 5 6 1 2006 1 2 3 21 2004 6 101 4 () () 5 ( ) 6 86 4 30 1( ) 166

1 2 20 3 4 5 6 1 2006 1 2 3 21 2004 6 101 4 () () 5 ( ) 6 86 4 30 1( ) 166 1 2 20 3 4 5 6 1 2006 1 2 3 21 2004 6 101 4 () () 5 ( ) 6 86 4 30 1( ) 166 167 7 8 7 21 8 3 9 10 11 12 168 169 13 14 13 66 14 15 16 17 15 66-67 16 34 17 37 1 6 170 18 19 20 18 34 19 79 8 5 20 37 1 6-7

More information

高中英文科教師甄試心得

高中英文科教師甄試心得 高 中 英 文 科 教 師 甄 試 心 得 英 語 學 系 碩 士 班 林 俊 呈 高 雄 市 立 高 雄 高 級 中 學 今 年 第 一 次 參 加 教 師 甄 試, 能 夠 在 尚 未 服 兵 役 前 便 考 上 高 雄 市 立 高 雄 高 級 中 學 專 任 教 師, 自 己 覺 得 很 意 外, 也 很 幸 運 考 上 後 不 久 在 與 雄 中 校 長 的 會 談 中, 校 長 的 一 句

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D0ECB7C9D4C6A3A8C5C5B0E6A3A92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D0ECB7C9D4C6A3A8C5C5B0E6A3A92E646F63> 硕 士 专 业 学 位 论 文 论 文 题 目 性 灵 文 学 思 想 与 高 中 作 文 教 学 研 究 生 姓 名 指 导 教 师 姓 名 专 业 名 称 徐 飞 云 卞 兆 明 教 育 硕 士 研 究 方 向 学 科 教 学 ( 语 文 ) 论 文 提 交 日 期 2012 年 9 月 性 灵 文 学 思 想 与 高 中 作 文 教 学 中 文 摘 要 性 灵 文 学 思 想 与 高 中 作

More information

1對外華語文詞彙教學的策略研究_第三次印).doc

1對外華語文詞彙教學的策略研究_第三次印).doc 37 92 1 16 1 2 3 4 5 6 7 8????? 9????????? 10???????????????????? 11? 12 13 14 15 16 The Strategy Research of Teaching Chinese as a Second Language Li-Na Fang Department of Chinese, National Kaohsiung

More information

入學考試網上報名指南

入學考試網上報名指南 入 學 考 試 網 上 報 名 指 南 On-line Application Guide for Admission Examination 16/01/2015 University of Macau Table of Contents Table of Contents... 1 A. 新 申 請 網 上 登 記 帳 戶 /Register for New Account... 2 B. 填

More information

謝 辭 能 夠 完 成 這 本 論 文, 首 先 當 然 要 感 謝 的 是 我 的 指 導 教 授, 謝 林 德 老 師 這 段 時 間 老 師 不 厭 其 煩 的 幫 我 檢 視 論 文, 每 次 與 老 師 討 論 後 總 是 收 穫 很 多, 在 臺 灣 求 的 這 段 期 間 深 深 地

謝 辭 能 夠 完 成 這 本 論 文, 首 先 當 然 要 感 謝 的 是 我 的 指 導 教 授, 謝 林 德 老 師 這 段 時 間 老 師 不 厭 其 煩 的 幫 我 檢 視 論 文, 每 次 與 老 師 討 論 後 總 是 收 穫 很 多, 在 臺 灣 求 的 這 段 期 間 深 深 地 文 教 碩 博 士 位 程 碩 士 位 論 文 指 導 教 授 : 謝 林 德 博 士 Dr. Dennis Schilling 華 同 形 漢 字 詞 之 比 較 及 教 建 議 以 台 灣 八 千 詞 及 韓 漢 字 語 辭 典 分 析 為 例 Semantic and Pragmatic Features of Chinese and Korean Homographic Words with

More information

Microsoft Word - 24217011311120061钟翠翠.doc

Microsoft Word - 24217011311120061钟翠翠.doc HUAZHONG AGRICULTURAL UNIVERSITY 硕 士 学 位 论 文 MASTER S DEGREE DISSERTATION 女 性 主 义 视 角 下 女 大 学 生 就 业 性 别 歧 视 现 状 研 究 以 华 中 农 业 大 学 为 例 RESEARCH ON THE STATUS OF GENDER DISCRIMINATION IN EMPLOYMENT FOR FEMALE

More information

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit 留 学 澳 洲 英 语 讲 座 English for Study in Australia 第 十 三 课 : 与 同 学 一 起 做 功 课 Lesson 13: Working together L1 Male 各 位 听 众 朋 友 好, 我 是 澳 大 利 亚 澳 洲 广 播 电 台 的 节 目 主 持 人 陈 昊 L1 Female 各 位 好, 我 是 马 健 媛 L1 Male L1

More information

9330.doc

9330.doc The research of the ecotourism operated by the cooperative operating system in northern Tapajen Mountain The research of the ecotourism operated by the cooperative operating system in northern Tapajen

More information

2015 Chinese FL Written examination

2015 Chinese FL Written examination Victorian Certificate of Education 2015 SUPERVISOR TO ATTACH PROCESSING LABEL HERE Letter STUDENT NUMBER CHINESE FIRST LANGUAGE Written examination Monday 16 November 2015 Reading time: 11.45 am to 12.00

More information

Microsoft Word - 第四組心得.doc

Microsoft Word - 第四組心得.doc 徐 婉 真 這 四 天 的 綠 島 人 權 體 驗 營 令 我 印 象 深 刻, 尤 其 第 三 天 晚 上 吳 豪 人 教 授 的 那 堂 課, 他 讓 我 聽 到 不 同 於 以 往 的 正 義 之 聲 轉 型 正 義, 透 過 他 幽 默 熱 情 的 語 調 激 起 了 我 對 政 治 的 興 趣, 願 意 在 未 來 多 關 心 社 會 多 了 解 政 治 第 一 天 抵 達 綠 島 不 久,

More information

English Language

English Language P.2 P.3 P.5 P.7 P.8 P.9 P.10 P.11 P.13 P.15 P.17 P.18 P.20 P.22 P.24 English Language I. Aims of the English Language curriculum at senior level to broaden and deepen the language competencies learners

More information

Microsoft Word - 24217010311110028谢雯雯.doc

Microsoft Word - 24217010311110028谢雯雯.doc HUAZHONG AGRICULTURAL UNIVERSITY 硕 士 学 位 论 文 MASTER S DEGREE DISSERTATION 80 后 女 硕 士 生 择 偶 现 状 以 武 汉 市 七 所 高 校 为 例 POST-80S FEMALE POSTGRADUATE MATE SELECTION STATUS STUDY TAKE WUHAN SEVEN UNIVERSITIES

More information

2005 Research on the Lucre, Risk, and Development of Native Bankcard Business 2005 3 2003 6.5 45 18, WTO SWOT I Abstract Research on the Lucre, Risk, and Development of Native Bankcard Business Research

More information

2015年4月11日雅思阅读预测机经(新东方版)

2015年4月11日雅思阅读预测机经(新东方版) 剑 桥 雅 思 10 第 一 时 间 解 析 阅 读 部 分 1 剑 桥 雅 思 10 整 体 内 容 统 计 2 剑 桥 雅 思 10 话 题 类 型 从 以 上 统 计 可 以 看 出, 雅 思 阅 读 的 考 试 话 题 一 直 广 泛 多 样 而 题 型 则 稳 中 有 变 以 剑 桥 10 的 test 4 为 例 出 现 的 三 篇 文 章 分 别 是 自 然 类, 心 理 研 究 类,

More information

硕 士 学 位 论 文 论 文 题 目 : 北 岛 诗 歌 创 作 的 双 重 困 境 专 业 名 称 : 中 国 现 当 代 文 学 研 究 方 向 : 中 国 新 诗 研 究 论 文 作 者 : 奚 荣 荣 指 导 老 师 : 姜 玉 琴 2014 年 12 月

硕 士 学 位 论 文 论 文 题 目 : 北 岛 诗 歌 创 作 的 双 重 困 境 专 业 名 称 : 中 国 现 当 代 文 学 研 究 方 向 : 中 国 新 诗 研 究 论 文 作 者 : 奚 荣 荣 指 导 老 师 : 姜 玉 琴 2014 年 12 月 硕 士 学 位 论 文 论 文 题 目 : 北 岛 诗 歌 创 作 的 双 重 困 境 专 业 名 称 : 中 国 现 当 代 文 学 研 究 方 向 : 中 国 新 诗 研 究 论 文 作 者 : 奚 荣 荣 指 导 老 师 : 姜 玉 琴 2014 年 12 月 致 谢 文 学 是 我 们 人 类 宝 贵 的 精 神 财 富 两 年 半 的 硕 士 学 习 让 我 进 一 步 接 近 文 学,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033BDD7A16DA576B04FA145A4ADABD2A5BBACF6A16EADBAB6C0ABD2A4A7B74EB8712E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033BDD7A16DA576B04FA145A4ADABD2A5BBACF6A16EADBAB6C0ABD2A4A7B74EB8712E646F63> 論 史 記 五 帝 本 紀 首 黃 帝 之 意 義 林 立 仁 明 志 科 技 大 學 通 識 教 育 中 心 副 教 授 摘 要 太 史 公 司 馬 遷 承 父 著 史 遺 志, 並 以 身 膺 五 百 年 大 運, 上 繼 孔 子 春 秋 之 史 學 文 化 道 統 為 其 職 志, 著 史 記 欲 達 究 天 人 之 際, 通 古 今 之 變, 成 一 家 之 言 之 境 界 然 史 記 百

More information

Microsoft Word - 01李惠玲ok.doc

Microsoft Word - 01李惠玲ok.doc 康 寧 學 報 11:1-20(2009) 1 數 位 學 習 於 護 理 技 術 課 程 之 運 用 與 評 值 * 李 惠 玲 ** 高 清 華 *** 呂 莉 婷 摘 要 背 景 : 網 路 科 技 在 教 育 的 使 用 已 成 為 一 種 有 利 的 教 學 輔 助 工 具 網 路 教 學 的 特 性, 在 使 學 習 可 不 分 時 間 與 空 間 不 同 進 度 把 握 即 時 性 資

More information

TWGHs S

TWGHs S TWGHs S C Gaw Memorial College 東 華 三 院 吳 祥 川 紀 念 中 學 Subject Selection S3 to S4 (2013 年 2 月 版 ) 中 三 升 中 四 選 科 手 冊 新 高 中 課 程 東 華 三 院 吳 祥 川 紀 念 中 學 升 學 及 擇 業 輔 導 處 P. 1 目 錄 選 科 導 言 P.3 升 學 路 徑 P.3 如 何 選

More information

南華大學數位論文

南華大學數位論文 A THESIS FOR THE DEGREE OF MASTER OF BUSINESS ADMINISTRATION GRADUATE INSTITUTE IN PUBLISHING NAN HUA UNIVERSITY THE OPERATION MODELS OF WRITERS PRESSES IN TAIWAN ADVISOR: PH.D. CHEN CHUN-JUNG GRADUATE

More information

前 言 一 場 交 換 學 生 的 夢, 夢 想 不 只 是 敢 夢, 而 是 也 要 敢 去 實 踐 為 期 一 年 的 交 換 學 生 生 涯, 說 長 不 長, 說 短 不 短 再 長 的 路, 一 步 步 也 能 走 完 ; 再 短 的 路, 不 踏 出 起 步 就 無 法 到 達 這 次

前 言 一 場 交 換 學 生 的 夢, 夢 想 不 只 是 敢 夢, 而 是 也 要 敢 去 實 踐 為 期 一 年 的 交 換 學 生 生 涯, 說 長 不 長, 說 短 不 短 再 長 的 路, 一 步 步 也 能 走 完 ; 再 短 的 路, 不 踏 出 起 步 就 無 法 到 達 這 次 壹 教 育 部 獎 助 國 內 大 學 校 院 選 送 優 秀 學 生 出 國 研 修 之 留 學 生 成 果 報 告 書 奧 地 利 約 翰 克 卜 勒 大 學 (JKU) 留 學 心 得 原 就 讀 學 校 / 科 系 / 年 級 : 長 榮 大 學 / 財 務 金 融 學 系 / 四 年 級 獲 獎 生 姓 名 : 賴 欣 怡 研 修 國 家 : 奧 地 利 研 修 學 校 : 約 翰 克 普

More information

Microsoft Word - 105碩博甄簡章.doc

Microsoft Word - 105碩博甄簡章.doc 淡 江 大 105 年 度 博 甄 試 招 生 簡 章 104 年 9 月 16 日 本 校 招 生 委 員 會 105 年 度 第 1 次 會 議 決 議 通 過 淡 江 大 網 址 :http://www.tku.edu.tw 淡 江 大 105 年 度 博 甄 試 招 生 簡 章 目 錄 壹 報 考 資 格 及 相 關 規 定 1 貳 報 名 與 注 意 事 項 1 參 考 試 日 期 地 點

More information

马 大 华 人 文 学 与 文 化 学 刊 Journal of Chinese Literature and Culture 6 前 言 顾 城 曾 在 接 受 德 国 汉 学 家 顾 彬 及 张 穗 子 专 访 中, 将 其 诗 歌 创 作 分 为 四 个 时 期, 即 自 然 阶 段 文 化

马 大 华 人 文 学 与 文 化 学 刊 Journal of Chinese Literature and Culture 6 前 言 顾 城 曾 在 接 受 德 国 汉 学 家 顾 彬 及 张 穗 子 专 访 中, 将 其 诗 歌 创 作 分 为 四 个 时 期, 即 自 然 阶 段 文 化 5 顾 城 水 银 组 诗 的 水 意 象 解 读 内 容 摘 要 : 意 象 长 久 以 来 扮 演 着 沟 通 人 与 物 之 间 的 桥 梁 在 顾 城 的 诗 歌 中, 意 象 更 发 挥 了 回 归 到 本 身 及 本 质 上 的 功 用 本 文 旨 在 探 讨 顾 城 组 诗 水 银 里 意 象 所 拼 凑 出 来 的 有 关 复 归 本 源 / 自 然 的 命 题 在 顾 城 笔 下,

More information

BIBLID 0254-4466(2001)19:1 pp. 249-276 19 1 90 6 ** * ** 88 I 2000 8 249 250 19 1 251 1873-1929 1900 1 1902 1 35 1900 1960 7-12 252 19 1 2 3 2 1900 1902 3 2000 129-197 253 4 5 6 4 1902 1962 103 5 Joseph

More information

Shanghai International Studies University MANAGEMENT CONTRACT MODEL IN CHINESE HOTEL BASED ON ANALYSIS OF H GROUP'S HOTEL BUSINESS A Thesis Submitted

Shanghai International Studies University MANAGEMENT CONTRACT MODEL IN CHINESE HOTEL BASED ON ANALYSIS OF H GROUP'S HOTEL BUSINESS A Thesis Submitted 上 海 外 国 语 大 学 工 商 管 理 硕 士 学 位 论 文 从 业 主 角 度 看 我 国 酒 店 委 托 管 理 模 式 基 于 H 集 团 酒 店 业 务 的 案 例 研 究 学 科 专 业 : 工 商 管 理 硕 士 (MBA) 作 者 姓 名 : 胡 长 征 指 导 教 师 : 苏 宗 伟 答 辩 日 期 :2013 年 5 月 日 上 海 外 国 语 大 学 二 一 三 年 六 月

More information

Newcomer-Thesis

Newcomer-Thesis Chinese Travel Agencies & The Internet Age: An Analysis of the Adoption of Internet Tourism in Chengdu, China Thesis Presented in Partial Fulfillment of the Requirements for the Degree Master of Arts in

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F4230365FB942A5CEA668B443C5E9BB73A740B5D8A4E5B8C9A552B1D0A7F75FA6BFB1A4ACFC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F4230365FB942A5CEA668B443C5E9BB73A740B5D8A4E5B8C9A552B1D0A7F75FA6BFB1A4ACFC2E646F63> 運 用 多 媒 體 製 作 華 文 補 充 教 材 江 惜 美 銘 傳 大 學 應 用 中 文 系 chm248@gmail.com 摘 要 : 本 文 旨 在 探 究 如 何 運 用 多 媒 體, 結 合 文 字 聲 音 圖 畫, 製 作 華 文 補 充 教 材 當 我 們 在 進 行 華 文 教 學 時, 往 往 必 須 透 過 教 案 設 計, 並 製 作 補 充 教 材, 方 能 使 教 學

More information

Microsoft Word - 武術合併

Microsoft Word - 武術合併 11/13 醫 學 系 一 年 級 張 雲 筑 武 術 課 開 始, 老 師 並 不 急 著 帶 我 們 舞 弄 起 來, 而 是 解 說 著 支 配 氣 的 流 動 為 何 構 成 中 國 武 術 的 追 求 目 標 武 術, 名 之 為 武 恐 怕 與 其 原 本 的 精 義 有 所 偏 差 其 實 武 術 是 為 了 讓 學 習 者 能 夠 掌 握 身 體, 保 養 身 體 而 發 展, 並

More information

國立中山大學學位論文典藏.PDF

國立中山大學學位論文典藏.PDF 中 國 文 學 系 國 立 中 山 大 學, 碩 士 論 文 國 立 中 山 大 學 中 國 文 學 系 碩 士 論 文 Department of Chinese Literature 肉 蒲 團 研 究 National Sun Yat-sen University Master Thesis 肉 蒲 團 研 究 The Research of Rou Pu Tuan 研 究 生 : 林 欣 穎

More information

國立中山大學學位論文典藏.pdf

國立中山大學學位論文典藏.pdf 7 i Abstract Under the globalization trend even the still growing industry of Taiwan Biopharmaceutical will meet the same developing rule Many of the Biotechnology or Pharmaceutical companies are not satisfied

More information

WTO

WTO 10384 X0115018 UDC MBA 2004 5 14 2004 6 1 WTO 2004 2006 7 2 Abstract According to the promise after our country enter into WTO, our country will open the readymade oil retail market in the end of 2004

More information

4. 每 组 学 生 将 写 有 习 语 和 含 义 的 两 组 卡 片 分 别 洗 牌, 将 顺 序 打 乱, 然 后 将 两 组 卡 片 反 面 朝 上 置 于 课 桌 上 5. 学 生 依 次 从 两 组 卡 片 中 各 抽 取 一 张, 展 示 给 小 组 成 员, 并 大 声 朗 读 卡

4. 每 组 学 生 将 写 有 习 语 和 含 义 的 两 组 卡 片 分 别 洗 牌, 将 顺 序 打 乱, 然 后 将 两 组 卡 片 反 面 朝 上 置 于 课 桌 上 5. 学 生 依 次 从 两 组 卡 片 中 各 抽 取 一 张, 展 示 给 小 组 成 员, 并 大 声 朗 读 卡 Tips of the Week 课 堂 上 的 英 语 习 语 教 学 ( 二 ) 2015-04-19 吴 倩 MarriottCHEI 大 家 好! 欢 迎 来 到 Tips of the Week! 这 周 我 想 和 老 师 们 分 享 另 外 两 个 课 堂 上 可 以 开 展 的 英 语 习 语 教 学 活 动 其 中 一 个 活 动 是 一 个 充 满 趣 味 的 游 戏, 另 外

More information

可 愛 的 動 物 小 五 雷 雅 理 第 一 次 小 六 甲 黃 駿 朗 今 年 暑 假 發 生 了 一 件 令 人 非 常 難 忘 的 事 情, 我 第 一 次 參 加 宿 營, 離 開 父 母, 自 己 照 顧 自 己, 出 發 前, 我 的 心 情 十 分 緊 張 當 到 達 目 的 地 後

可 愛 的 動 物 小 五 雷 雅 理 第 一 次 小 六 甲 黃 駿 朗 今 年 暑 假 發 生 了 一 件 令 人 非 常 難 忘 的 事 情, 我 第 一 次 參 加 宿 營, 離 開 父 母, 自 己 照 顧 自 己, 出 發 前, 我 的 心 情 十 分 緊 張 當 到 達 目 的 地 後 郭家朗 許鈞嵐 劉振迪 樊偉賢 林洛鋒 第 36 期 出版日期 28-3-2014 出版日期 28-3-2014 可 愛 的 動 物 小 五 雷 雅 理 第 一 次 小 六 甲 黃 駿 朗 今 年 暑 假 發 生 了 一 件 令 人 非 常 難 忘 的 事 情, 我 第 一 次 參 加 宿 營, 離 開 父 母, 自 己 照 顧 自 己, 出 發 前, 我 的 心 情 十 分 緊 張 當 到 達 目

More information

( 三 ) 產 業 實 習 組 撰 寫 赴 大 陸 產 業 實 習 構 想 與 規 劃 (1,000 字 ) 具 良 好 學 習 意 願 與 工 作 態 度 部 份 跨 國 企 業 需 具 備 外 語 能 力 五 研 習 課 程 * 參 見 附 件 二 六 獎 助 對 象 研 習 期 間 將 有 陸

( 三 ) 產 業 實 習 組 撰 寫 赴 大 陸 產 業 實 習 構 想 與 規 劃 (1,000 字 ) 具 良 好 學 習 意 願 與 工 作 態 度 部 份 跨 國 企 業 需 具 備 外 語 能 力 五 研 習 課 程 * 參 見 附 件 二 六 獎 助 對 象 研 習 期 間 將 有 陸 2015 第 十 屆 兩 岸 暨 國 際 菁 英 蹲 點 獎 助 研 究 生 夏 令 營 一 活 動 主 旨 提 昇 臺 灣 暨 大 陸 研 究 專 業 水 準 強 化 兩 岸 學 術 交 流 與 產 業 對 話 2015 年 3 月 25 日 修 正 獎 助 兩 岸 與 國 際 菁 英, 赴 臺 灣 與 大 陸 進 行 學 術 研 究, 並 強 化 產 業 實 習 經 驗 與 創 業 能 力 二

More information

就业简报

就业简报 北 京 大 学 研 究 生 会 就 业 服 务 部 202/2/2 2.02 目 录 一 中 国 联 通 总 部 招 聘 信 息... 3 二 中 国 铝 业 公 司 203 年 应 届 高 校 毕 业 生 招 聘 公 告... 4 三 中 国 投 资 有 限 责 任 公 司 203 届 校 园 招 聘 公 告... 6 四 中 国 进 出 口 银 行 203 校 园 招 聘... 8 五 浦 发

More information

南華大學數位論文

南華大學數位論文 -- Managing Traditional Temples A Case Study of Representative Temples in CHIA-YI i Abstract This research used the methodology of field study historical comparative research, and qualitative interview

More information

<BEE3A6582E707562>

<BEE3A6582E707562> 面 試 與 履 歷 : 出 社 會 的 第 一 份 挑 戰 第 一 段 : 簡 述 學 歷 學 科 學 習, 新 鮮 人 可 將 自 己 在 校 所 學, 與 所 應 徵 的 職 務 所 需 知 識 緊 密 相 扣, 可 敘 述 一 下 自 己 在 學 校 修 過 什 麼 課 程 或 所 得 到 的 好 成 績, 表 明 自 己 的 學 歷 學 科 學 習, 與 所 要 應 徵 的 工 作 有 高

More information

A VALIDATION STUDY OF THE ACHIEVEMENT TEST OF TEACHING CHINESE AS THE SECOND LANGUAGE by Chen Wei A Thesis Submitted to the Graduate School and Colleg

A VALIDATION STUDY OF THE ACHIEVEMENT TEST OF TEACHING CHINESE AS THE SECOND LANGUAGE by Chen Wei A Thesis Submitted to the Graduate School and Colleg 上 海 外 国 语 大 学 SHANGHAI INTERNATIONAL STUDIES UNIVERSITY 硕 士 学 位 论 文 MASTER DISSERTATION 学 院 国 际 文 化 交 流 学 院 专 业 汉 语 国 际 教 育 硕 士 题 目 届 别 2010 届 学 生 陈 炜 导 师 张 艳 莉 副 教 授 日 期 2010 年 4 月 A VALIDATION STUDY

More information

untitled

untitled Abstract Nowadays, more and more countries begin with the development of creative industries as a strategy to revive the economy. It not only strengthens the link between economic development and local

More information

ABSTRACT ABSTRACT As we know the Sinology has a long history. As earily as 19 th century some works have already been done in this field. And among this the studies of lineages and folk beliefs in Southeast

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEDBC9B3B3C9CBFEA1AAA1AAC9CCBDADBDCCD3FDCEC4BCAF20A3A8D6D0A3A92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEDBC9B3B3C9CBFEA1AAA1AAC9CCBDADBDCCD3FDCEC4BCAF20A3A8D6D0A3A92E646F63> 高 等 教 育 初 步 探 讨 高 等 学 校 党 委 书 记 和 校 长 的 岗 位 职 责 内 容 提 要 : 2003 年 出 版 的 高 等 教 育 杂 志, 几 乎 每 期 都 有 探 讨 高 等 学 校 党 委 领 导 下 的 校 长 分 工 负 责 制 的 文 章 我 以 为, 这 些 文 章 所 涉 及 的 中 心 问 题 是 高 等 学 校 党 委 书 记 和 校 长 谁 是 一

More information

University of Science and Technology of China A dissertation for master s degree Research of e-learning style for public servants under the context of

University of Science and Technology of China A dissertation for master s degree Research of e-learning style for public servants under the context of 中 国 科 学 技 术 大 学 硕 士 学 位 论 文 新 媒 体 环 境 下 公 务 员 在 线 培 训 模 式 研 究 作 者 姓 名 : 学 科 专 业 : 导 师 姓 名 : 完 成 时 间 : 潘 琳 数 字 媒 体 周 荣 庭 教 授 二 一 二 年 五 月 University of Science and Technology of China A dissertation for

More information

論文封面

論文封面 6 21 1973 13 274 A Study of Children s Poetry by Lin Huan-Chang Chen, Chun-Yu National Taitung Teachers College The Graduate Institute of Children s Literature Abstract Lin Huan-Chang, the poet who devoted

More information

【摘要】

【摘要】 RUC-BK-101-110204-11271343 TCL 2001 11271343 2005 4 1 2004 TCL 2004 TCL TCL TCL TCL TCL A TCL TCL TCL TCL 2 Look back the 2004, China's stock market is not all calm At the beginning of the year TCL group

More information

2005 5,,,,,,,,,,,,,,,,, , , 2174, 7014 %, % 4, 1961, ,30, 30,, 4,1976,627,,,,, 3 (1993,12 ),, 2

2005 5,,,,,,,,,,,,,,,,, , , 2174, 7014 %, % 4, 1961, ,30, 30,, 4,1976,627,,,,, 3 (1993,12 ),, 2 3,,,,,, 1872,,,, 3 2004 ( 04BZS030),, 1 2005 5,,,,,,,,,,,,,,,,, 1928 716,1935 6 2682 1928 2 1935 6 1966, 2174, 7014 %, 94137 % 4, 1961, 59 1929,30, 30,, 4,1976,627,,,,, 3 (1993,12 ),, 2 , :,,,, :,,,,,,

More information

Construction of Chinese pediatric standard database A Dissertation Submitted for the Master s Degree Candidate:linan Adviser:Prof. Han Xinmin Nanjing

Construction of Chinese pediatric standard database A Dissertation Submitted for the Master s Degree Candidate:linan Adviser:Prof. Han Xinmin Nanjing 密 级 : 公 开 学 号 :20081209 硕 士 学 位 论 文 中 医 儿 科 标 准 数 据 库 建 设 研 究 研 究 生 李 楠 指 导 教 师 学 科 专 业 所 在 学 院 毕 业 时 间 韩 新 民 教 授 中 医 儿 科 学 第 一 临 床 医 学 院 2011 年 06 月 Construction of Chinese pediatric standard database

More information

南華大學數位論文

南華大學數位論文 南華大學 碩士論文 中華民國九十五年六月十四日 Elfin Excel I II III ABSTRACT Since Ming Hwa Yuan Taiwanese Opera Company started to cooperate with the Chinese orchestra, the problem of how the participation of Chinese music

More information

Microsoft Word - ChineseSATII .doc

Microsoft Word - ChineseSATII .doc 中 文 SAT II 冯 瑶 一 什 么 是 SAT II 中 文 (SAT Subject Test in Chinese with Listening)? SAT Subject Test 是 美 国 大 学 理 事 会 (College Board) 为 美 国 高 中 生 举 办 的 全 国 性 专 科 标 准 测 试 考 生 的 成 绩 是 美 国 大 学 录 取 新 生 的 重 要 依

More information

5 1 linear 5 circular 2 6 2003 10 3000 2 400 ~ 500 4500 7 2013 3500 400 ~ 500 8 3 1900 1. 2 9 1 65

5 1 linear 5 circular 2 6 2003 10 3000 2 400 ~ 500 4500 7 2013 3500 400 ~ 500 8 3 1900 1. 2 9 1 65 2014 2 43 EXAMINATIONS RESEARCH No. 2 2014 General No. 43 李 迅 辉 随 着 新 课 程 改 革 的 不 断 深 入, 教 学 理 念 逐 步 更 新, 学 生 的 英 语 水 平 也 在 逐 渐 提 高, 但 沿 用 多 年 的 高 考 英 语 书 面 表 达 的 评 分 标 准 并 没 有 与 时 俱 进, 已 经 不 能 完 全 适 应

More information

PowerPoint 簡報

PowerPoint 簡報 國 立 中 山 大 學 財 務 管 理 學 系 Department of Finance, NSYSU 刊 登 之 文 章, 其 版 權 屬 於 本 系, 非 徵 得 同 意, 不 得 轉 載 本 期 目 錄 1. 財 管 系 榮 譽 及 活 動 訊 息 2. 讓 夢 想 貣 飛 / 楊 佳 霖 3. Student Ambassador(SA)/ 陳 伯 穎 4. 財 務 報 表 之 重 大 變

More information

ABSTRACT ABSTRACT Based on analyzing public corporation in foreign countries, this paper studies basic theories of public legal establishment, with our country s reality in the social transferring period

More information

南華大學數位論文

南華大學數位論文 南 華 大 學 教 育 社 會 學 研 究 所 碩 士 論 文 高 職 智 能 障 礙 學 生 性 教 育 課 程 之 行 動 研 究 Action research of sex education for students with intellectual disability in a vocational school 研 究 生 : 蘇 淑 惠 指 導 教 授 : 林 昱 瑄 博 士 中

More information

,, (, 1996 ;, 1999),,,, :,,?,,,, (, ), (, ),, :,, ;,,, (,1994 :33-34),, ;, (,1991 ;,1992), 166

,, (, 1996 ;, 1999),,,, :,,?,,,, (, ), (, ),, :,, ;,,, (,1994 :33-34),, ;, (,1991 ;,1992), 166 :,,,,, :,, 102-107,, 107,, 1982 1981 108147 ;1990 1989 111192 ;2000 116 (,2003),, (,2003), (, 1996a,1996b ;,1997 ;,1997 ;,1998 ;,2000 ;,2000 ;,2001), : 165 2005. 6,, (, 1996 ;, 1999),,,, :,,?,,,, (, ),

More information

A Study of Su Hsuei-Lin s Painting Based on the Literati Painting Prototype Wu Rong-Fu Assistant Professor, Department of Chinese Literature, National

A Study of Su Hsuei-Lin s Painting Based on the Literati Painting Prototype Wu Rong-Fu Assistant Professor, Department of Chinese Literature, National 2007 4 131-170 prototype theory 131 A Study of Su Hsuei-Lin s Painting Based on the Literati Painting Prototype Wu Rong-Fu Assistant Professor, Department of Chinese Literature, National Cheng Kung University

More information

hks298cover&back

hks298cover&back 2957 6364 2377 3300 2302 1087 www.scout.org.hk scoutcraft@scout.org.hk 2675 0011 5,500 Service and Scouting Recently, I had an opportunity to learn more about current state of service in Hong Kong

More information

摘 要 張 捷 明 是 台 灣 當 代 重 要 的 客 語 兒 童 文 學 作 家, 他 的 作 品 記 錄 著 客 家 人 的 思 想 文 化 與 觀 念, 也 曾 榮 獲 多 項 文 學 大 獎 的 肯 定, 對 台 灣 這 塊 土 地 上 的 客 家 人 有 著 深 厚 的 情 感 張 氏 於

摘 要 張 捷 明 是 台 灣 當 代 重 要 的 客 語 兒 童 文 學 作 家, 他 的 作 品 記 錄 著 客 家 人 的 思 想 文 化 與 觀 念, 也 曾 榮 獲 多 項 文 學 大 獎 的 肯 定, 對 台 灣 這 塊 土 地 上 的 客 家 人 有 著 深 厚 的 情 感 張 氏 於 玄 奘 大 學 中 國 語 文 學 系 碩 士 論 文 客 家 安 徒 生 張 捷 明 童 話 研 究 指 導 教 授 : 羅 宗 濤 博 士 研 究 生 : 黃 春 芳 撰 中 華 民 國 一 0 二 年 六 月 摘 要 張 捷 明 是 台 灣 當 代 重 要 的 客 語 兒 童 文 學 作 家, 他 的 作 品 記 錄 著 客 家 人 的 思 想 文 化 與 觀 念, 也 曾 榮 獲 多 項 文

More information

Microsoft Word - 24.doc

Microsoft Word - 24.doc 水 陸 畢 陳 晚 明 飲 食 風 尚 初 探 蕭 慧 媛 桃 園 創 新 技 術 學 院 觀 光 與 休 閒 事 業 管 理 系 摘 要 飲 食 是 人 類 維 持 與 發 展 生 命 的 基 礎 之 一, 飲 食 風 尚 會 隨 著 社 會 地 位 物 質 條 件 以 及 人 為 因 素 轉 移, 不 同 階 層 的 飲 食 方 式, 往 往 標 誌 著 他 們 的 社 會 身 分, 甚 至 反

More information

1

1 行 政 院 國 家 科 學 委 員 會 獎 勵 人 文 與 社 會 科 學 領 域 博 士 候 選 人 撰 寫 博 士 論 文 成 果 報 告 八 0 年 代 後 台 灣 散 文 之 家 國 書 寫 研 究 核 定 編 號 :NSC 98-2420-H-006-003-DR 獎 勵 期 間 :98 年 08 月 01 日 至 99 年 07 月 31 日 執 行 單 位 : 國 立 成 功 大 學

More information

講 座 目 的 1 香 港 六 項 優 勢 產 業 及 其 相 關 業 務 和 職 業 的 知 識 和 就 業 資 訊 ; 2 產 業 對 從 業 員 在 性 格 特 質 工 作 態 度 生 活 技 能 及 入 職 條 件 方 面 的 一 般 及 特 定 要 求, 並 透 過 真 實 成 功 有 趣

講 座 目 的 1 香 港 六 項 優 勢 產 業 及 其 相 關 業 務 和 職 業 的 知 識 和 就 業 資 訊 ; 2 產 業 對 從 業 員 在 性 格 特 質 工 作 態 度 生 活 技 能 及 入 職 條 件 方 面 的 一 般 及 特 定 要 求, 並 透 過 真 實 成 功 有 趣 香 港 六 項 優 勢 產 業 講 座 系 列 講 座 五 : 檢 測 及 認 證 產 業 日 期 : 2012 年 1 月 10 日 ( 星 期 二 ) 時 間 : 下 午 二 時 至 五 時 地 點 : 九 龍 九 龍 塘 沙 福 道 19 號 教 育 局 九 龍 塘 教 育 服 務 中 心 東 座 EP12 主 辦 : 教 育 局 服 務 承 辦 商 : 力 橋 管 理 諮 詢 講 座 目 的

More information

00. - 0-000 0 10 0 00-0 0 11 12 13 14 15 b 16 17 18 19 0 - 20 0 0-0 0 21 22 H.Mead 0-0 - ( ) 23 ( ) 24 ( ) 25 ( ) 26 27 00 0 00 0 28 29 30 31 ( ) 0 0 32 ( ) 33 ( ) 34 ( ) 35 ( ) 36 ( ) ( ) Northrop F.S.C.

More information

Shanghai International Studies University THE STUDY AND PRACTICE OF SITUATIONAL LANGUAGE TEACHING OF ADVERB AT BEGINNING AND INTERMEDIATE LEVEL A Thes

Shanghai International Studies University THE STUDY AND PRACTICE OF SITUATIONAL LANGUAGE TEACHING OF ADVERB AT BEGINNING AND INTERMEDIATE LEVEL A Thes 上 海 外 国 语 大 学 硕 士 学 位 论 文 对 外 汉 语 初 中 级 副 词 情 境 教 学 研 究 与 实 践 院 系 : 国 际 文 化 交 流 学 院 学 科 专 业 : 汉 语 国 际 教 育 姓 名 : 顾 妍 指 导 教 师 : 缪 俊 2016 年 5 月 Shanghai International Studies University THE STUDY AND PRACTICE

More information

On Macro-Planning for China s English Education from Elementary to Tertiary Levels in the Era of Globalization MEI Deming ZHAO Meijuan Abstract This p

On Macro-Planning for China s English Education from Elementary to Tertiary Levels in the Era of Globalization MEI Deming ZHAO Meijuan Abstract This p On Macro-Planning for China s English Education from Elementary to Tertiary Levels in the Era of Globalization MEI Deming ZHAO Meijuan Abstract This paper explores the mechanism of macro-planning for China

More information

2012 2 157 No. 2 2012 Jinan Journal Philosophy and Social Sciences Sum No. 157 100871 I127. 41 A 1000-5072 2012 02-0002 - 10 4 1 1 2 1540 1503 2 2011-06 - 27 1969 1 1985 19 2 3 1997 1998 3 2 34 2 3 1540

More information

國立臺灣藝術大學

國立臺灣藝術大學 國 立 臺 灣 藝 術 大 學 藝 術 與 人 文 教 學 研 究 所 碩 士 學 位 論 文 本 論 文 獲 國 家 教 育 研 究 院 博 ( 碩 ) 士 論 文 研 究 獎 助 課 外 讀 物 對 於 國 小 低 年 級 國 語 科 教 科 書 輔 助 性 之 研 究 - 以 新 北 市 100 年 度 國 民 小 學 推 動 閱 讀 計 畫 優 良 圖 書 為 例 指 導 教 授 : 張 純

More information

曹 文 轩 小 说 中 的 空 间 叙 事 研 究 A STUDY OF SPATIAL NARRATIVE IN CAO WEN XUAN S NOVELS By 陈 诗 蓉 TAN SIH YONG 本 论 文 乃 获 取 文 学 硕 士 学 位 ( 中 文 系 ) 的 部 分 条 件 A di

曹 文 轩 小 说 中 的 空 间 叙 事 研 究 A STUDY OF SPATIAL NARRATIVE IN CAO WEN XUAN S NOVELS By 陈 诗 蓉 TAN SIH YONG 本 论 文 乃 获 取 文 学 硕 士 学 位 ( 中 文 系 ) 的 部 分 条 件 A di 曹 文 轩 小 说 中 的 空 间 叙 事 研 究 A STUDY OF SPATIAL NARRATIVE IN CAO WEN XUAN S NOVELS 陈 诗 蓉 TAN SIH YONG MASTER OF ARTS (CHINESE STUDIES) 拉 曼 大 学 中 华 研 究 院 INSTITUTE OF CHINESE STUDIES UNIVERSITI TUNKU ABDUL

More information

II

II I II Research on the Development of Folk Sports in Taiwan With Rope-Jumping as the Main Subject Abstract The first national folk sports competition, held in Tainan city on Sep 9, 1976, established the

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B0EAA5DFC170A658A46ABEC7A764ACFCAA4BBAD3A468B2A6B77EBDD7A4E53130312E31315FABC8A965B77CA7B9A6A8AAA95F312E646F636D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B0EAA5DFC170A658A46ABEC7A764ACFCAA4BBAD3A468B2A6B77EBDD7A4E53130312E31315FABC8A965B77CA7B9A6A8AAA95F312E646F636D> 國 立 聯 合 大 學 客 家 語 言 與 傳 播 研 究 所 碩 士 論 文 語 言 使 用 與 客 家 認 同 關 係 之 研 究 - 以 三 義 鯉 魚 潭 村 為 例 A study of correlation between Language Use and Hakka Identity A case of Li Yu Tan Village in San Yi Town 研 究 生 :

More information

States and capital package

States and capital package : 1 Students are required to know 50 states and capitals and their geological locations. This is an independent working packet to learn about 50 states and capital. Students are asked to fulfill 4 activities

More information

穨webj05-06

穨webj05-06 Vol. 5, No. 5, Dec 2002 WEB JOURNAL OF A Study Of The Website Content For Securities Brokerage Firms http://www.baf.cuhk.edu.hk/ocrd/cmr.htm Vol. 5, No.5, Dec 2002, 94 * A Study Of The Website Content

More information

國 史 館 館 刊 第 23 期 Chiang Ching-kuo s Educational Innovation in Southern Jiangxi and Its Effects (1941-1943) Abstract Wen-yuan Chu * Chiang Ching-kuo wa

國 史 館 館 刊 第 23 期 Chiang Ching-kuo s Educational Innovation in Southern Jiangxi and Its Effects (1941-1943) Abstract Wen-yuan Chu * Chiang Ching-kuo wa 國 史 館 館 刊 第 二 十 三 期 (2010 年 3 月 ) 119-164 國 史 館 1941-1943 朱 文 原 摘 要 1 關 鍵 詞 : 蔣 經 國 贛 南 學 校 教 育 社 會 教 育 掃 盲 運 動 -119- 國 史 館 館 刊 第 23 期 Chiang Ching-kuo s Educational Innovation in Southern Jiangxi and

More information

目 次 論 漢 代 的 宴 飲 文 化... 韓 秀 利 1 北 宋 市 肆 飲 食 的 美 感 追 求 以 東 京 夢 華 錄 為 中 心 的 考 察... 劉 香 蘭 19 旅 行 社 資 訊 管 理 系 統 課 程 及 專 業 認 證 推 廣 可 行 性 之 研 究 以 醒 吾 技 術 學 院 觀 光 系 為 例... 丁 寧 李 菊 芬 39 我 國 國 內 線 航 空 公 司 競 合 賽

More information

PowerPoint 演示文稿

PowerPoint 演示文稿 / SCI EI OFFER OFFER / OFFER / / 9 9.15 11.20 12 1.3 1.20 2.20 3 4 5 6 7.12 7.13 Resume/CV Application Form Cover Letter Transcript Certificates Publications Recommendation 4 1. 2. 3. 5 1. 1.1 1.2 1.3

More information

度 身 體 活 動 量 ; 芬 蘭 幼 兒 呈 現 中 度 身 體 活 動 量 之 比 例 高 於 臺 灣 幼 兒 (5) 幼 兒 在 投 入 度 方 面 亦 達 顯 著 差 異 (χ²=185.35, p <.001), 芬 蘭 與 臺 灣 幼 兒 多 半 表 現 出 中 度 投 入 與 高 度

度 身 體 活 動 量 ; 芬 蘭 幼 兒 呈 現 中 度 身 體 活 動 量 之 比 例 高 於 臺 灣 幼 兒 (5) 幼 兒 在 投 入 度 方 面 亦 達 顯 著 差 異 (χ²=185.35, p <.001), 芬 蘭 與 臺 灣 幼 兒 多 半 表 現 出 中 度 投 入 與 高 度 臺 灣 與 芬 蘭 幼 兒 園 室 內 自 由 遊 戲 內 涵 之 探 討 林 昭 溶 毛 萬 儀 經 國 管 理 暨 健 康 學 院 幼 兒 保 育 系 副 教 授 joyce@ems.cku.edu.tw 吳 敏 而 國 家 教 育 研 究 院 研 究 員 rozwu@mail.naer.edu.tw wanyi@ems.cku.edu.tw 摘 要 自 由 遊 戲 被 視 為 是 幼 兒 的

More information

TLLFDEC2013.indd

TLLFDEC2013.indd GOOD PEOPLE MANAGEMENT AWARD 2 學教卓越 行政長官卓越教學獎 2010 / 2011 本校重視學生全人發展 致力提供具專業的教學環 6. 通識科的閱讀課藉報章及時事影片與同學進行課堂討 境 營造純樸良好的校風 建立優良的班級文化 積極提 論 提升學生的批判思考及高階思維能力 並藉不同形 升教學效能 善用資源為學生提供分組教學及各種增潤課 程 並成功為學生創造多元化的成功學習經驗

More information

广 州 市 花 都 区 公 务 员 培 训 需 求 分 析 的 研 究 A STUDY OF TRAINING NEEDS ANALYSIS ON CIVIL SERVANTS OF HUADU DISTRICT IN GUANGZHOU 作 者 姓 名 : 黄 宁 宁 领 域 ( 方 向 ): 公

广 州 市 花 都 区 公 务 员 培 训 需 求 分 析 的 研 究 A STUDY OF TRAINING NEEDS ANALYSIS ON CIVIL SERVANTS OF HUADU DISTRICT IN GUANGZHOU 作 者 姓 名 : 黄 宁 宁 领 域 ( 方 向 ): 公 广 州 市 花 都 区 公 务 员 培 训 需 求 分 析 的 研 究 分 类 号 :C93 单 位 代 码 :10183 研 究 生 学 号 :201223A022 密 级 : 公 开 研 吉 林 大 学 硕 士 学 位 论 文 ( 专 业 学 位 ) 黄 宁 宁 广 州 市 花 都 区 公 务 员 培 训 需 求 分 析 的 研 究 A STUDY OF TRAINING NEEDS ANALYSIS

More information

2014 年 4 月 5 日 雅 思 阅 读 真 题 回 忆 2014 年 4 月 5 日 雅 思 阅 读 真 题 解 析 2014 年 4 月 5 日 雅 思 听 力 真 题 回 忆 2014 年 4 月 5 日 雅 思 听 力 真 题 回 忆 Part 1 1. Hometown, What aspects do you like best in your hometown? 2. Apartment/House(

More information