Ⅰ 総則

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ 総則"

Transcription

1 改正番号 改正年月日 適用年月日 整理年月日 備考 1 空総第 130 号 昭和 昭和 制定 2 空制第 5 号 空制第 86 号 空制第 160 号 空制第 227 号 空制第 10 号 空制第 58 号 空制第 215 号 空制第 189 号 空制第 7 号 空制第 152 号 空制第 136 号 空制第 296 号 空制第 10 号 空制第 80 号 空制第 37 号 空制第 238 号 空制第 109 号 空制第 145 号 空制第 171 号 空制第 193 号 空制第 223 号 空制第 204 号 空制第 5 号 空制第 70 号 空制第 111 号 空制第 171 号 空制第 12 号 空制第 229 号 空制第 178 号 空制第 26 号 空制第 52 号 空制第 401 号 空制第 449 号 空制第 46 号 空制第 155 号 空制第 248 号 空制第 382 号 空制第 292 号 空制第 403 号 空制第 437 号 空制第 7 号 空制第 75 号 空制第 170 号 空制第 172 号 空制第 234 号 空制第 381 号 空制第 141 号 平成 平成 空制第 348 号 空制第 1 号 空制第 363 号

2 改正番号 改正年月日 適用年月日 52 空制第 287 号 空制第 202 号 空制第 245 号 空制第 293 号 空制第 416 号 空制第 145 号 空制第 412 号 空制第 93 号 空制第 260 号 空制第 147 号 国空制第 128 号 国空制第 479 号 国空制第 706 号 国空制第 687 号 国空制第 412 号 国空制第 818 号 国空制第 538 号 国空制第 731 号 国空制第 834 号 国空制第 917 号 国空制第 360 号 国空保第 265 号 国空制第 368 号 国空制第 714 号 国空制第 335 号 国空制第 400 号 国空総第 1277 号 国空制第 3 号 国空制第 3 号 国空制第 3 号 国空制第 133 号 国空制第 133 号 国空制第 605 号 国空制第 710 号 国空制第 710 号 国空制第 139 号 国空制第 625 号 国空制第 709 号 国空制第 464 号 国空制第 610 号 国空制第 128 号 国空制第 298 号 国空制第 550 号 国空制第 90 号 国空制第 90 号 国空制第 162 号 国空制第 58 号 国空制第 58 号 国空制第 281 号 国空制第 308 号 国空制第 368 号 整理年月日 備考

3 改正番号 改正年月日 適用年月日 103 国空制第 508 号 国空制第 508 号 国空制第 234 号 国空制第 374 号 国空制第 89 号 国空制第 383 号 国空制第 349 号 国空制第 580 号 国空制第 580 号 国空制第 194 号 国空制第 669 号 国空制第 421 号 整理年月日 備考

4

5 (9) 編隊飛行 (Ⅰ)-2-2 (10) 飛行検査 (Ⅰ)-2-2 (11) ATIS 機関への通報 (Ⅰ)-2-2 (12) 航空機に対する情報の提供 (Ⅰ)-2-2 (13) ATIS の中断又は終了 (Ⅰ)-2-2 (14) 迅速な行動を必要とする場合 (Ⅰ)-2-3 (15) 許可又は不許可に係る用語 (Ⅰ)-2-3 (16) 無線施設の異常報告受領時の措置 (Ⅰ)-2-3 (17) 回避アドバイザリーに係る措置 (Ⅰ)-2-3 (18) 後方乱気流関連 (Ⅰ)-2-4 (19) 鳥群情報 (Ⅰ)-2-4 (20) 速度制限空域における制限速度を超える速度の指示 (Ⅰ)-2-5 (21) 最低安全高度警報 (Ⅰ) 気象情報 (Ⅰ)-3-1 (1) 気象情報の提供 (Ⅰ)-3-1 (2) 悪気象空域の回避 (Ⅰ)-3-2 (3) 気象情報の要求 (Ⅰ)-3-2 (4) RVR 値の通報 (Ⅰ)-3-2 (5) ウィンドシアー情報の通報 (Ⅰ) 高度計規正値 (Ⅰ)-4-1 (1) 高度計規正値の入手 (Ⅰ)-4-1 (2) 観測地点名の通報 (Ⅰ)-4-1 (3) 提供する高度計規正値 (Ⅰ)-4-1 (4) 高度計規正値の提供時機 (Ⅰ) 電話通信 (Ⅰ)-5-1 (1) 試験電波の発射 (Ⅰ)-5-1 (2) 通信の類別 (Ⅰ)-5-1 (3) 通信の優先順位 (Ⅰ)-5-1 (4) 文字の通話表 (Ⅰ)-5-2 (5) 数の送信 (Ⅰ)-5-2 (6) 数等の確認 (Ⅰ)-5-6 (7) 無線呼出符号 (Ⅰ)-5-7 (8) 管制席等の名称 (Ⅰ)-5-10 (9) 航空機型式 (Ⅰ)-5-10 (10) 送信要領 (Ⅰ)-5-10 (11) 復唱の確認 (Ⅰ)-5-12 (12) 通信の設定 (Ⅰ)

6 (13) 試験通信 (Ⅰ)-5-13 (14) 通信の移管 (Ⅰ)-5-14 (15) 周波数の変更 (Ⅰ)-5-14 (16) 通信の内容 (Ⅰ)-5-15 (17) 聴守の中断 (Ⅰ)-5-15 (18) 通信の中継 (Ⅰ)-5-15 (Ⅱ) 計器飛行管制方式 1 管制承認等 (Ⅱ)-1-1 (1) 管制承認 (Ⅱ)-1-1 (2) 管制承認及び一般情報の中継 (Ⅱ)-1-1 (3) 管制承認限界点 (Ⅱ)-1-1 (4) SID 又はトランジションの指示 (Ⅱ)-1-2 (5) 飛行経路 (Ⅱ)-1-2 (6) 高度 (Ⅱ)-1-5 (7) 管制承認の変更 (Ⅱ)-1-5 (8) 高度の指定 (Ⅱ)-1-6 (9) 高度制限 (Ⅱ)-1-8 (10) SID トランジション又は STAR による飛行 (Ⅱ)-1-10 (11) 高度変更ができない場合の措置 (Ⅱ)-1-10 (12) 高度の確認 (Ⅱ)-1-11 (13) RVSM 非適合に係る通報 (Ⅱ)-1-11 (14) RVSM 適合に係る確認 (Ⅱ)-1-11 (15) 有視界気象状態を維持して行う飛行 (Ⅱ)-1-11 (16) 法第 94 条ただし書の許可 (Ⅱ)-1-12 (17) 自衛隊低高度訓練 / 試験空域及び自衛隊高高度訓練 / 試験空域並び に制限空域 (Ⅱ)-1-12 (18) 回廊 (Ⅱ) 管制間隔 (Ⅱ)-2-1 (1) 適用 (Ⅱ)-2-1 (2) 垂直間隔 (Ⅱ)-2-1 (3) 縦間隔 (Ⅱ)-2-2 (4) 横間隔 (Ⅱ)-2-8 (5) 出発機間の初期間隔 (Ⅱ)-2-12 (6) 到着機と出発機との間隔 (Ⅱ)-2-14 (7) 到着機間の間隔 (Ⅱ)-2-15 (8) 目視間隔 (Ⅱ)-2-16 (9) 隣接空港の航空交通に対する管制間隔 (Ⅱ)

7 (10) 不測の事態における一時的な措置 (Ⅱ) 特別有視界飛行方式 (Ⅱ)-3-1 (1) 適用 (Ⅱ)-3-1 (2) 管制間隔 (Ⅱ)-3-1 (3) 管制圏又は情報圏における飛行 (Ⅱ)-3-1 (4) VMC への上昇 (Ⅱ)-3-2 (5) VMC 到達後の措置 (Ⅱ)-3-2 (6) ローカル飛行 (Ⅱ)-3-2 (7) 地上視程 1,500 メートル未満の場合の措置 (Ⅱ)-3-2 (8) ヘリコプター特別有視界飛行方式 (Ⅱ) 出発機 (Ⅱ)-4-1 (1) 出発に係る指示 (Ⅱ)-4-1 (2) 出発制限の方法 (Ⅱ)-4-1 (3) 連絡調整 (Ⅱ)-4-1 (4) 複合飛行方式 (Ⅱ)-4-2 (5) 模擬計器出発 (Ⅱ) 巡航機 (Ⅱ)-5-1 (1) 移管情報 (Ⅱ)-5-1 (2) 変更情報 (Ⅱ)-5-1 (3) 連絡調整 (Ⅱ)-5-1 (4) 位置通報 (Ⅱ) 待機機 (Ⅱ)-6-1 (1) 待機指示 (Ⅱ)-6-1 (2) フィックス以遠への管制承認等 (Ⅱ)-6-2 (3) 30 分以上の遅延 (Ⅱ)-6-2 (4) 目視地点における待機 (Ⅱ)-6-3 (5) 待機経路からの逸脱 (Ⅱ) 到着機 (Ⅱ)-7-1 (1) 到着情報 (Ⅱ)-7-1 (2) 進入フィックスへの承認 (Ⅱ)-7-2 (3) 通信の移管 (Ⅱ)-7-2 (4) 到着機に対する情報等 (Ⅱ)-7-2 (5) 気象情報の通報 (Ⅱ)-7-3 (6) 進入を継続するための最低気象条件未満の場合の措置 (Ⅱ)-7-3 (7) 進入許可 (Ⅱ)-7-4 (8) 周回進入 (Ⅱ)-7-6 (9) 目視進入 (Ⅱ)

8 (10) 時差進入 (Ⅱ)-7-7 (11) 模擬計器進入 (Ⅱ)-7-8 (12) ローアプローチ等を行った後の飛行に係る指示 (Ⅱ) 法第 94 条の2 第 1 項ただし書の許可 (Ⅱ)-8-1 (1) 特別管制空域飛行の許可 (Ⅱ)-8-1 (2) フライトレベル 290 以上の空域の飛行の許可 (Ⅱ)-8-1 (3) 管制間隔 (Ⅱ) 洋上管制 (Ⅱ)-9-1 (1) 適用 (Ⅱ)-9-1 (2) 垂直間隔 (Ⅱ)-9-1 (3) 縦間隔 (Ⅱ)-9-1 (4) 横間隔 (Ⅱ)-9-4 (5) 複合間隔方式 (Ⅱ) ADS 及び CPDLC (Ⅱ)-10-1 (1) 適用 (Ⅱ)-10-1 (2) 管制用語 (Ⅱ)-10-1 (3) CPDLC による送受信 (Ⅱ)-10-1 (4) 垂直間隔 (Ⅱ)-10-1 (5) 上昇降下時の高度の指定 (Ⅱ)-10-1 (6) 縦間隔 (Ⅱ)-10-2 (7) CPDLC のみを使用する航空機相互間の縦間隔 (Ⅱ)-10-6 (8) 横間隔 (Ⅱ)-10-6 (9) 速度の調整 (Ⅱ)-10-6 (10) 誘導の禁止 (Ⅱ)-10-6 (11) ADS の表示が疑わしい場合の措置 (Ⅱ)-10-6 (12) 航空機からの応答がない場合の措置 (Ⅱ)-10-6 (13) データリンクの不具合時及び復旧時の措置 (Ⅱ)-10-7 (14) 緊急事態が表示された場合の措置 (Ⅱ)-10-7 別表 CPDLC アップリンク定型メッセージ一覧表 (Ⅱ)-10-8 (Ⅲ) 飛行場管制方式 1 通則 (Ⅲ)-1-1 (1) 適用 (Ⅲ)-1-1 (2) 走行地域における指示 (Ⅲ)-1-1 (3) 滑走路の使用 (Ⅲ)-1-1 (4) 閉鎖滑走路における離着陸 (Ⅲ)-1-1 (5) ローアプローチ タッチアンドゴー及びストップアンドゴー (Ⅲ)-1-2 (6) 滑走路の選定 (Ⅲ)

9 (7) カテゴリー Ⅱ/ⅢILS 制限区域の保護 (Ⅲ) 管制許可等 (Ⅲ)-2-1 (1) 離陸許可 (Ⅲ)-2-1 (2) インターセクション デパーチャー (Ⅲ)-2-2 (3) 滑走路上における待機 (Ⅲ)-2-3 (4) 航空機の位置の確認 (Ⅲ)-2-3 (5) 停止線灯運用時の措置 (Ⅲ)-2-3 (6) 滑走路手前における待機 (Ⅲ)-2-3 (7) 離陸許可の取消し (Ⅲ)-2-4 (8) 着陸許可 (Ⅲ)-2-4 (9) 滑走路離脱の指示 (Ⅲ)-2-6 (10) 復行の指示 (Ⅲ)-2-6 (11) 滑走路上の地上走行 (Ⅲ)-2-7 (12) 滑走路の横断 (Ⅲ)-2-7 (13) 使用周波数 (Ⅲ)-2-7 (14) 滑走路状態表示灯 (RWSL) システム運用時の措置 (Ⅲ)-2-8 (15) 計器気象状態の場合の措置 (Ⅲ)-2-8 (16) 法第 95 条ただし書きの許可 (Ⅲ)-2-8 (17) 平行滑走路における同時運用 (Ⅲ) 管制間隔 (Ⅲ)-3-1 (1) 適用 (Ⅲ)-3-1 (2) 同一滑走路における間隔 (Ⅲ)-3-1 (3) 平行滑走路における間隔 (Ⅲ)-3-4 (4) 交差滑走路及び非交差滑走路における間隔 (Ⅲ)-3-5 (5) ヘリコプターの間隔 (Ⅲ)-3-11 (6) 間隔の短縮 (Ⅲ)-3-12 (7) インターセクション デパーチャー等の間隔 (Ⅲ) 地上走行 (Ⅲ)-4-1 (1) 地上走行に関する指示 (Ⅲ)-4-1 (2) ヘリコプターの地上走行 (Ⅲ)-4-2 (3) 航空機の位置の確認 (Ⅲ)-4-3 (4) グライドパス停止線に関する措置 (Ⅲ)-4-3 (5) 使用周波数 (Ⅲ) 出発機 (Ⅲ)-5-1 (1) 出発機に対する情報及び指示 (Ⅲ)-5-1 (2) 気象情報の通報 (Ⅲ)-5-1 (3) 出発後の周波数変更に関する通報 (Ⅲ)

10 (4) 出発遅延に関する情報 (Ⅲ)-5-2 (5) 管制承認の伝達 (Ⅲ)-5-2 (6) 離陸準備完了の通報 (Ⅲ)-5-2 (7) 離陸時刻の通報 (Ⅲ) 到着機 (Ⅲ)-6-1 (1) 到着機に対する情報及び指示 (Ⅲ)-6-1 (2) 位置通報の要求 (Ⅲ)-6-2 (3) 間隔設定 (Ⅲ)-6-2 (4) 飛行の制限 (Ⅲ)-6-2 (5) VFR 機の空中待機 (Ⅲ)-6-2 (6) 脚の点検 (Ⅲ)-6-3 (7) 360 直上進入 (Ⅲ) 可視信号 (Ⅲ)-7-1 (1) 適用 (Ⅲ)-7-1 (2) 注意信号 (Ⅲ)-7-2 (3) 航空機からの応答 (Ⅲ) 情報の提供 (Ⅲ)-8-1 (1) 交通情報 (Ⅲ)-8-1 (2) 飛行場の状態に関する情報 (Ⅲ)-8-1 (3) 航空機の異常状態に関する情報 (Ⅲ) 空港面レーダー表示装置 (Ⅲ)-9-1 (1) 適用 (Ⅲ)-9-1 (2) 空港面レーダー表示装置による情報 (Ⅲ)-9-1 (3) 識別 (Ⅲ) タワーブライトディスプレイ (Ⅲ)-10-1 (1) 適用 (Ⅲ)-10-1 (2) 航空機の位置の確認 (Ⅲ)-10-1 (3) ブライトによる情報の提供 (Ⅲ) 航空機位置情報表示装置 (Ⅲ)-11-1 (1) 適用 (Ⅲ)-11-1 (2) 航空機の位置の確認 (Ⅲ)-11-1 (3) APID による情報の提供 (Ⅲ) 空港用航空機位置表示装置 (Ⅲ)-12-1 (1) 適用 (Ⅲ)-12-1 (2) 航空機の位置の確認 (Ⅲ)-12-1 (3) APDU による情報の提供 (Ⅲ) 飛行場灯火運用方法 (Ⅲ)

11 (1) 適用 (Ⅲ)-13-1 (2) 停止線灯の運用 (Ⅲ)-13-1 (3) RWSL システムの運用 (Ⅲ)-13-1 (Ⅳ) レーダー使用基準 1 通則 (Ⅳ)-1-1 (1) 業務量 (Ⅳ)-1-1 (2) レーダー機器調整 (Ⅳ)-1-1 (3) 航空機の無線通信機故障の場合の措置 (Ⅳ)-1-1 (4) レーダー機器故障の場合の措置 (Ⅳ)-1-2 (5) TRAD の運用 (Ⅳ) 二次レーダー (Ⅳ)-2-1 (1) 適用 (Ⅳ)-2-1 (2) コードの指定等 (Ⅳ)-2-1 (3) 緊急コード (Ⅳ)-2-2 (4) トランスポンダーの待機又は低感度による応信 (Ⅳ)-2-3 (5) トランスポンダーの停止 (Ⅳ)-2-3 (6) トランスポンダーの故障 (Ⅳ)-2-3 (7) コードの確認 (Ⅳ) レーダー識別 (Ⅳ)-3-1 (1) 適用 (Ⅳ)-3-1 (2) レーダー識別の方法及び維持 (Ⅳ)-3-1 (3) レーダー識別に係る通報 (Ⅳ)-3-2 (4) レーダー業務終了の通報等 (Ⅳ)-3-2 (5) 識別が疑わしい場合の措置 (Ⅳ)-3-3 (6) 再識別における注意事項 (Ⅳ)-3-3 (7) 位置通報の要求 (Ⅳ) レーダー誘導 (Ⅳ)-4-1 (1) 適用 (Ⅳ)-4-1 (2) 最低誘導高度 (Ⅳ)-4-1 (3) 誘導の範囲 (Ⅳ)-4-2 (4) 誘導の方法 (Ⅳ)-4-2 (5) 誘導に係る通報事項等 (Ⅳ)-4-3 (6) 誘導の終了 (Ⅳ)-4-5 (7) 位置情報 (Ⅳ)-4-6 (8) 最終進入以外のレーダー監視 (Ⅳ)-4-7 (9) VFR 機の誘導 (Ⅳ) レーダー移送 (Ⅳ)

12 (1) 適用 (Ⅳ)-5-1 (2) 移送の方法 (Ⅳ)-5-1 (3) 継受の方法 (Ⅳ)-5-1 (4) レーダーハンドオフ (Ⅳ)-5-1 (5) レーダーポイントアウト (Ⅳ) 管制間隔 (Ⅳ)-6-1 (1) 適用 (Ⅳ)-6-1 (2) ターゲットの間隔測点 (Ⅳ)-6-1 (3) 二次レーダーの距離精度の確認 (Ⅳ)-6-2 (4) レーダー間隔の最低基準 (Ⅳ)-6-2 (5) 変位の限界 (Ⅳ)-6-3 (6) 管轄区域等境界線との間隔 (Ⅳ)-6-4 (7) レーダー画面周縁における間隔 (Ⅳ)-6-4 (8) 出発機間の初期間隔 (Ⅳ)-6-5 (9) 到着機と出発機との間隔 (Ⅳ)-6-6 (10) 編隊飛行に係るレーダー間隔 (Ⅳ)-6-8 (11) レーダー間隔の特例 (Ⅳ)-6-8 (12) 自動高度応答装置による高度 (Ⅳ)-6-9 (13) クイックルック (Ⅳ) 出発機 (Ⅳ)-7-1 (1) 出発機の誘導 (Ⅳ)-7-1 (2) 離陸直後の誘導 (Ⅳ)-7-1 (3) コードの指定 (Ⅳ)-7-1 (4) 最低誘導高度未満の誘導 (Ⅳ) 到着機 (Ⅳ)-8-1 (1) 到着機の誘導 (Ⅳ)-8-1 (2) 最終進入コースへの誘導 (Ⅳ)-8-1 (3) 最終進入コースへの会合角 (Ⅳ)-8-1 (4) 最終進入コースの横断 (Ⅳ)-8-1 (5) アプローチゲート到着前の通報事項等 (Ⅳ)-8-1 (6) 進入機に係るレーダー業務範囲 (Ⅳ)-8-2 (7) フィックスへの直行 (Ⅳ) 視認進入 (Ⅳ)-8-6 (1) 適用 (Ⅳ)-8-6 (2) レーダー間隔の適用 (Ⅳ)-8-6 (3) 同一滑走路への視認進入 (Ⅳ)-8-6 (4) 同一滑走路への経路指定視認進入 (Ⅳ)

13 (5) 平行滑走路への視認進入 (Ⅳ)-8-8 (6) 後方乱気流関連 (Ⅳ) 平行 ILS 進入 (Ⅳ)-8-10 (1) 適用 (Ⅳ)-8-10 (2) 到着機に対する情報 (Ⅳ)-8-10 (3) 進入機相互間の間隔 (Ⅳ)-8-10 (4) 間隔の短縮 (Ⅳ) 平行 ILS/ 精測レーダー進入 (Ⅳ)-8-11 (1) 適用 (Ⅳ)-8-11 (2) 到着機に対する情報 (Ⅳ)-8-11 (3) 進入機相互間の間隔 (Ⅳ)-8-11 (4) 間隔の短縮 (Ⅳ) 同時平行 ILS 進入 (Ⅳ)-8-12 (1) 適用 (Ⅳ)-8-12 (2) 到着機に対する情報 (Ⅳ)-8-12 (3) 進入機相互間の間隔 (Ⅳ)-8-12 (4) ローカライザーコースへの誘導 (Ⅳ)-8-12 (5) 通信の移管 (Ⅳ)-8-12 (6) 同時平行 ILS 進入の監視 (Ⅳ)-8-13 (7) 航空機への指示 (Ⅳ)-8-13 (8) 監視の終了 (Ⅳ) RNAV 進入 (Ⅳ)-8-14 (1) 適用 (Ⅳ)-8-14 (2) フィックスへの直行 (Ⅳ)-8-14 (3) 進入許可 (Ⅳ)-8-15 (4) 速度調整 (Ⅳ) 速度調整 (Ⅳ)-9-1 (1) 適用 (Ⅳ)-9-1 (2) 方法 (Ⅳ)-9-1 (3) 過度の調整 (Ⅳ)-9-3 (4) 最低調整速度及び調整量 (Ⅳ)-9-3 (5) 調整の終了 (Ⅳ) レーダー進入 (Ⅳ)-10-1 (1) 適用 (Ⅳ)-10-1 (2) レーダー進入に係る通報事項 (Ⅳ)-10-1 (3) 通信連絡途絶に係る指示 (Ⅳ)-10-1 (4) ノージャイロ進入 (Ⅳ)

14 (5) 着陸点検 (Ⅳ)-10-3 (6) 最終進入開始前の位置情報 (Ⅳ)-10-3 (7) 着陸誘導開始前の交信点検 (Ⅳ)-10-3 (8) 着陸誘導開始後の応答 (Ⅳ)-10-3 (9) 脚の点検 (Ⅳ)-10-3 (10) 進入復行方式の通報 (Ⅳ)-10-3 (11) ローアプローチ等を行った後の飛行に係る指示 (Ⅳ)-10-3 (12) 周回進入 (Ⅳ)-10-4 (13) 着陸許可等 (Ⅳ)-10-5 (14) 通信の移管 (Ⅳ)-10-5 (15) 管制区管制所等への連絡 (Ⅳ)-10-5 (16) 最終進入の中止等 (Ⅳ) 捜索レーダー進入 (Ⅳ)-11-1 (1) 適正高度の通報 (Ⅳ)-11-1 (2) 滑走路視認の通報 (Ⅳ)-11-1 (3) 最終降下の予告 (Ⅳ)-11-1 (4) 最終降下の指示 (Ⅳ)-11-1 (5) 最終進入中の指示及び情報 (Ⅳ)-11-1 (6) 最低降下高度到達地点の通報 (Ⅳ)-11-2 (7) 捜索レーダー進入の終了 (Ⅳ) 精測レーダー進入 (Ⅳ)-12-1 (1) 継続送信 (Ⅳ)-12-1 (2) 最終降下の予告 (Ⅳ)-12-1 (3) 最終降下の指示 (Ⅳ)-12-1 (4) 最終進入中の指示及び情報 (Ⅳ)-12-1 (5) 接地点からの距離 (Ⅳ)-12-2 (6) 精測レーダー進入の終了 (Ⅳ)-12-2 (7) 誘導限界到達後の情報 (Ⅳ)-12-3 (8) エレベーション表示装置の故障 (Ⅳ) 最終進入の監視 (Ⅳ)-13-1 (1) 適用 (Ⅳ)-13-1 (2) 監視用周波数の通報 (Ⅳ)-13-1 (3) 監視の方法 (Ⅳ)-13-1 (4) 監視の終了 (Ⅳ) TCA アドバイザリー業務 (Ⅳ)-14-1 (1) 適用 (Ⅳ)-14-1 (2) 進入順位の助言 (Ⅳ)

15 (3) 待機の助言 (Ⅳ)-14-1 (4) TCA アドバイザリー業務の終了 (Ⅳ) 補足業務 (Ⅳ)-15-1 (1) 適用 (Ⅳ)-15-1 (2) レーダー交通情報 (Ⅳ)-15-1 (3) ターゲット接触のおそれがある時の措置 (Ⅳ)-15-2 (4) 回避措置 (Ⅳ)-15-2 (5) トラフィック解消の通報 (Ⅳ)-15-3 (6) レーダー気象情報及びチャフ情報 (Ⅳ)-15-3 別表 1 二次レーダー管制機関別特定コード (Ⅳ)-15-4 ( 参考 ) 米軍管制機関特定コード (Ⅳ)-15-4 別表 2 二次レーダー一般コード (Ⅳ)-15-5 (Ⅴ) 特別管制方式 1 東京国際空港における同時 LDA 進入 (Ⅴ)-1-1 (1) 適用 (Ⅴ)-1-1 (2) 到着機に対する情報 (Ⅴ)-1-1 (3) 進入機相互間の間隔 (Ⅴ)-1-1 (4) ローカライザーコースへの誘導 (Ⅴ)-1-2 (5) 通信の移管 (Ⅴ)-1-2 (6) 同時 LDA 進入のレーダー監視 (Ⅴ)-1-2 (7) 航空機への指示 (Ⅴ)-1-2 (8) レーダー監視の終了 (Ⅴ) 成田国際空港における同時平行出発 (Ⅴ)-2-1 (1) 定義 (Ⅴ)-2-1 (2) 適用 (Ⅴ)-2-2 (3) 成田 WAM による位置確認 (Ⅴ)-2-2 (4) 出発機に対する情報 (Ⅴ)-2-3 (5) 出発機相互間の間隔 (Ⅴ)-2-3 (6) 飛行場管制方式 (Ⅴ)-2-3 (7) レーダー管制方式 (Ⅴ)-2-4 (8) 成田 WAM が使用できない場合の代替方式 (Ⅴ) データリンクによる管制承認 (Ⅴ)-3-1 (1) 適用 (Ⅴ)-3-1 (2) DCL の発出 (Ⅴ)-3-1 (3) 復唱の確認 (Ⅴ)-3-1 (4) DCL の変更 取消し (Ⅴ)-3-1 (Ⅵ) 緊急方式 -13-

16 1 通則 (Ⅵ)-1-1 (1) 適用 (Ⅵ)-1-1 (2) 情報の収集 (Ⅵ)-1-1 (3) 緊急機に対する指示 (Ⅵ) 警急業務 (Ⅵ)-2-1 (1) 措置基準 (Ⅵ)-2-1 (2) 通報内容 (Ⅵ)-2-2 (3) 作図 (Ⅵ)-2-2 (4) 消火救難機関に対する通報 (Ⅵ) 管制方式 (Ⅵ)-3-1 (1) 優先的取扱い (Ⅵ)-3-1 (2) 緊急降下の通報を受けた場合の措置 (Ⅵ)-3-1 (3) 航空機の無線通信途絶の場合の措置 (Ⅵ)-3-1 (4) 捜索救難機 (Ⅵ)-3-2 (5) 患者輸送機等 (Ⅵ)-3-2 (6) ミニマムフュ-エルを通報した航空機 (Ⅵ)-3-2 (7) ハイジャック (Ⅵ)-3-3 (8) 燃料投棄 (Ⅵ)-3-3 Ⅳ 管制機関運用基準 1 目的 Ⅳ-1 2 管制機関の種類及び管制席 Ⅳ-1 3 調整要領 Ⅳ-1 4 協定書 Ⅳ-1 5 運用要領 Ⅳ-2 6 業務処理要領 Ⅳ-2 7 業務の引継ぎ Ⅳ-2 8 書類の作成 Ⅳ-2 Ⅴ 管制書類様式記入要領 1 管制日誌 ( 第 1 号様式 ) 及び管理管制日誌 ( 第 1の2 号様式 ) Ⅴ-1 2 管制無線業務日誌 ( 第 2 号様式 ) Ⅴ-1 3 航空交通機数表 ( 第 6 号様式 ) Ⅴ-5 4 気象日誌 ( 第 7 号様式 ) Ⅴ-5 5 飛行場管制所機器点検表 ( 第 8 号様式 ) Ⅴ-5 6 レーダー管制室機器点検表 ( 第 8 号の2 様式 ) Ⅴ-6 7 航空交通管制特別報告書 ( 第 9 号様式 ) Ⅴ-6 8 管制月間交通量報告書 ( 飛行場 )( 第 10 号様式 ) Ⅴ-7 9 管制月間交通量報告書 ( 航空路 )( 第 11 号様式 ) Ⅴ-7-14-

17 10 ピークデイ交通量報告書 Ⅴ-8 11 管制ストリップ Ⅴ-8 12 各様式の保存期間 Ⅴ-22 Ⅵ 管制業務等実施要領 1 テープレコーダー運用要領 Ⅵ-1 2 機長報告取扱要領 Ⅵ-1 3 航空交通管制特別報告書取扱要領 Ⅵ-1 Ⅶ 訓練実施要領 1 技能証明未取得者に対する訓練実施要領 Ⅶ-1 2 国内搭乗訓練実施要領 Ⅶ-2-15-

18

19 直行経路 (Direct route) 航空機が無線施設を利用して直行飛行を行うときの飛行経路であって 航空路 RNAV5 経路及び洋上転移経路以外のものをいう 直線進入 (Straight-in approach) a 計器飛行方式の場合方式旋回又は基礎旋回を行わないで最終進入を開始する計器進入をいう b 有視界飛行方式の場合場周経路の他の部分を経ないで直接最終進入に入ることによって行う着陸の方法をいう 直線着陸 (Straight-in landing) 滑走路の中心線から 30 度以内の角度で設定された計器進入に続く最終進入コースから直接行なわれる着陸をいう 低高度ウィンドシアー (Low level wind shear) 最終進入コース又は離陸若しくは初期上昇経路沿いのウィンドシアーをいう データブロック (Data block) レーダー画面上に表示される航空機の識別符号 対地速度等を内容とする情報の表示群をいう 適正交通容量値 (Capacity value) ATM センターが管制処理容量を適正に管理するために設定するセクター 航空路 進入管制区 滑走路等における単位時間あたりの航空交通量の値をいう デジタルモード (Digital mode) レーダー画面上のデータ表示形式の一つで 表示データの全部がデジタル処理されたものを航空路管制卓システム (Integrated En-route Control System:IECS) 表示装置 ターミナルレーダー情報処理システム (Automated radar terminal system:arts) 表示装置又は空港レーダー情報処理システム (Terminal radar alphanumeric display system:trad) 表示装置上に表示することをいう デマンドコントラクトリクエスト (Demand contract request) 管制機関から航空機に対して行われる ADS に関する情報の送信要求をいう 転移経路 (Transition route 以下 トランジション という ) SID を補足するものとして SID の終了するフィックスから航空路上のフィックスまでの間に設定された飛行経路等をいう 同方向経路 (Same tracks) 保護空域が重複する同方向の経路であって 45 度未満の角度で交わる経路をいう 特別有視界飛行方式 (Special VFR) 計器気象状態において航空機が法第 94 条ただし書の許可を受けて航空法施行規則 ( 以下 則 という ) 第 198 条の4に掲げる基準に従って行う飛行方式をいう トラックシンボル (Track symbol) ARTS 表示装置及び TRAD 表示装置において レーダーターゲットの属性を表すシンボル Ⅰ-11

20 をいう 二次レーダー個別コード (Discrete code) 4 桁の数字からなり かつ 末尾 2 桁のいずれかが0でないコードをいう 二次レーダーターゲット (Secondary radar target) 二次レーダーの応信装置の応答波によりレーダー画面上に映し出されるスラッシュ又はスラッシュ群をいう ノージャイロ誘導 (No-gyro vectoring) ジャイロ式方向指示器が故障した航空機に対するレーダー誘導をいう ノンレーダー経路 (Non-radar route) 航空機がレーダー誘導を受けずに通常航法で飛行する経路をいう 非交差滑走路 (Non-intersecting runways) 交差滑走路及び平行滑走路以外の滑走路であって 2 本の滑走路の中心線の延長線が交差するものをいう 飛行視程 (Flight visibility) 飛行中の航空機の操縦席から視認できる前方距離 ( メートル単位 ) をいう 飛行場管制所 (Airport traffic control tower) 飛行場管制業務を行う機関をいう 飛行情報業務 (Flight information service) 航空機の安全 かつ 円滑な運航に必要な情報を提供する業務をいう 非精密進入 (Non-precision approach) 精密進入以外の計器進入をいう 標準計器出発方式 (Standard instrument departure-sid) 計器飛行方式により飛行する出発機が秩序よく上昇するため設定された飛行経路 旋回方向 高度 飛行区域等の飛行の方式をいう 標準計器到着方式 (Standard instrument arrival-star) 計器飛行方式により飛行する到着機が ATS 経路から着陸飛行場の進入フィックスまで秩序よく降下するため設定された飛行経路 旋回方向 高度 飛行区域等の飛行の方式をいう フィックス (Fix) 地表の目視 無線施設の利用 天測航法その他の方法によって得られる地理上の位置をいう 不可侵区域 (No Transgression Zone-NTZ) 同時平行 ILS 進入のために 2 本の滑走路中心線の延長線から等距離の位置に設定される 当該進入のレーダー監視に必要な長さ及び 610 メートル (2,000 フィート ) 以上の幅を有する区域をいう 複合間隔 (Composite separation) 複合経路システム内の経路をフライトレベル 290 以上で飛行する航空機間に設定する管制間隔であって 洋上管制区に適用する横間隔及び垂直間隔の最低基準の2 分の1の間隔を複 Ⅰ-12

21 ADS(Automatic Dependent Surveillance) 航空機がデータリンクを使用し 自動的に管制機関に通報する自機の位置情報や航空機識別符号に基づく監視システムをいう ADS 周期報告 (Periodic ADS reports) 航空機から ADS により周期的にダウンリンクされる報告をいう ATIS(Automatic terminal information service) 飛行場に発着しようとする航空機に対し その発着に必要な航空情報を自動装置により継続的に送信することをいう ATS 経路 (ATS route) 公示された飛行経路であって 航空路 RNAV5 経路 直行経路 洋上転移経路 標準計器出発方式 トランジション及び標準計器到着方式をいう Baro-VNAV(Barometric vertical navigation) 飛行管理装置 (FMS) その他のRNAVシステムの垂直航法 (VNAV) 機能を利用した 気圧高度を用いた垂直方向の経路情報による航法をいう Basic-RNP 1(Basic-RNP 1) 全飛行時間の 95% における進行方向に対する横方向の航法誤差が ±1 海里以内となる航法精度及びその他の航法性能要件並びに航法機能要件 ( 機上性能監視及び警報機能を含む ) が規定される RNP 仕様をいう Basic-RNP 1 経路 (Basic-RNP 1 route) Basic-RNP 1 に従い航行する航空機の用に供するために設定された標準計器出発方式 トランジション及び標準計器到着方式をいう CPDLC(Controller Pilot Data Link Communications) データリンクを用いて行う管理管制官又は管制官とパイロット間の管制通信をいう DME フィックス (DME fix) VOR 等による方位線及び DME 又は TACAN の距離情報により設定されたフィックスをいう ILS カテゴリー (Categories of ILS) a カテゴリー ⅠILS 決心高が 200 フィート以上であり かつ 地上視程が 800 メートル以上又は RVR が 550 メートル以上の場合における ILS 進入をいう b カテゴリー ⅡILS 決心高が 200 フィート未満 100 フィート以上であり かつ RVR が 300 メートル以上の場合における ILS 進入をいう c カテゴリー ⅢAILS 決心高が 100 フィート未満又は決心高を定めず かつ RVR が 175 メートル以上の場合における ILS 進入をいう d カテゴリー ⅢBILS 決心高が 50 フィート未満又は決心高を定めず かつ RVR が 175 メートル未満 50 メートル以上の場合における ILS 進入をいう e カテゴリー ⅢCILS 決心高を定めず かつ RVR の制限のない ILS 進入をいう Ⅰ-17

22 ILS 制限区域 (ILS critical area) ILS の電波障害を防止するために設定された区域であって ローカライザー制限区域及びグライドスロープ制限区域をいう PACOTS(Pacific Organized Track System) 太平洋地域の空域の有効利用を目的に 日本 - 北米間 日本 -ハワイ間及び東南アジア- 北米間の航空交通のために日単位で設定される経路及びその利用方法をいう 経路は太平洋の両側の出入点 (Gateway) 間に日々設定される可変経路及びこれに接続する洋上転移経路又は航空路により構成される RF レグ (Radius to Fix leg) RNAVによるSID STAR 及び計器進入方式の各セグメントに割り当てられる飛行方法及び終了方法の種類をアルファベット2 文字により表した規格 ( パスターミネータ ) のうち一定半径の円弧により終点フィックスに至るものをいう RNAV(Area Navigation) 無線施設 自蔵航法装置若しくは衛星航法装置 又はこれらの組み合わせで 任意の経路を飛行する方式による航法をいう RNAV 経路 (RNAV route) RNAV 仕様に従い航行する航空機の用に供するために設定された飛行経路をいう RNAV 仕様 (RNAV specification) RNAV の接頭辞が付される機上性能監視及び警報機能に係る要件を含まない航法仕様をいう RNAV 進入方式 (RNAV approach procedure) 全地球的航法衛星システム (GNSS) を航空機の測位及び位置情報更新の手段として使用するRNAV 適合機のために設定された航法精度が指定されない計器進入方式をいう 注 RNAV 進入方式は 航法精度が指定されないことから性能準拠型航法には該当しない RNAV 進入 (RNAV approach) RNAV 進入方式 RNP 進入方式又はRNP AR 進入方式に従い進入することをいう RNAV1(RNAV1) 全飛行時間の95% における進行方向に対する横方向の航法誤差が ±1 海里以内となる航法精度及びその他の航法性能並びに航法機能要件が規定されるRNAV 仕様をいう RNAV1 経路 (RNAV1 route) RNAV1 に従い航行する航空機の用に供するために設定された標準計器出発方式 トランジション及び標準計器到着方式をいう RNAV5(RNAV5) 全飛行時間の 95% における進行方向に対する横方向の航法誤差が ±5 海里以内となる航法精度及びその他の航法性能並びに航法機能要件が規定される RNAV 仕様をいう RNAV5 経路 (RNAV5 route) RNAV5 に従い航行する航空機の用に供するために設定された経路をいう Ⅰ-18

23 UNABLE TO ISSUE RNAV5 route designator / SID name / TRANSITION name / STAR name. ( reason ) (b) RNAV 又は RNP 経路を飛行中の航空機には 最寄りの無線施設等を経由する飛行経路を指示する d 必要に応じ RNAV 又は RNP 経路の飛行の可否について 航空機に対し確認するものとする SID の名称 / トランジションの名称 /STAR の名称 が飛行可能か通知して下さい ADVISE IF ABLE SID name / TRANSITION name / STAR name 高度 (6)a 管制承認に係る高度は (8) の方法により以下の高度を指定するものとする (a) 飛行計画又は飛行計画の変更により航空機から要求された高度 (b) (a) の高度を指定できない場合は 航空機から要求された高度に近い高度 (c) 交通状況等により直ちに (a) 又は (b) の高度を指定できない場合は 指定可能な高度 b a(c) の高度を指定する場合は 原則として当該高度に続き巡航高度として予定するa (a) 又は (b) の高度を通報するものとする 例 Jai ocean 151 cleared to Naha Airport via Nasu Two Departure, flight planned route, maintain 12,000, expect FL280. c aに掲げる高度の指定に代え クルーズを許可することができる 高度 でのクルーズを許可します CRUISE altitude 注 1 クルーズの許可は 目的飛行場の進入フィックスまでの飛行経路上及び目的飛行場への進入開始時に適正な間隔を保持できる場合に限る 注 2 クルーズの許可を受けた航空機は 当該機の飛行経路に係る最低経路高度と当該許可により指定された高度との間の任意の高度を飛行することができるが いったん降下を開始して高度の離脱を通報した場合は 当該高度への上昇はできない d 高度に係る優先権は原則として次のとおりとする (a) 巡航高度を飛行中の航空機は当該高度を要求した他の航空機に対し優先権を有する (b) 同一の巡航高度を飛行中の航空機相互間にあっては先行機が優先権を有する (c) RVSM 適用空域においては RVSM 適合機が RVSM 非適合機よりも優先権を有する 管制承認の変更 (7) 管制承認の変更は 以下に掲げる要領により行うものとする a 必要に応じ次の用語を前置する 管制承認を変更します REVISED CLEARANCE. b 管制承認の全部を新しく発出する c 飛行経路 ( 管制承認限界点を含む ) を変更する場合は 次のいずれかの方法によるものとする (Ⅱ)-1-5

24 (a) 変更しようとする経路と変更経路を述べる 変更される部分の経路 を 変更した経路 として下さい CHANGE portion of route TO READ amended route. 例 Change TAURA direct Yaizu NDB direct SAKAK to read TAURA direct SAKAK. (b) 変更部分の経路を述べ 必要に応じ他の管制承認に変更がないことを述べる 変更経路 を承認します ( 他の管制承認に変更はありません ) RECLEARED amended route (REST OF CLEARANCE UNCHANGED). 例 Recleared via R220 Daigo VORTAC direct Miho VORTAC, rest of clearance unchanged. (c) 飛行経路上のフィックスへの直行を承認し 必要に応じ他の管制承認に変更がないことを述べる フィックス への直行を承認します ( 他の管制承認に変更はありません ) RECLEARED DIRECT fix (REST OF CLEARANCE UNCHANGED). 例 Recleared direct CHOKA. 注当該フィックスへの直行ができない場合 操縦士からその旨通報される (d) 変更部分を含む全経路を述べる この場合は高度に変更がない場合であっても 当該高度をあらためて指定するものとする 変更部分を含む全経路 を承認します 高度 を維持して下さい RECLEARED whole route including amended route, MAINTAIN altitude. d 高度を変更する場合は次の方法によるものとする (a) 飛行前においては あらためて (6)a 及びbの方法によるものとする (b) 飛行中においては (10) に規定する場合を除き (8)f(a) の方法により新たな高度の指定を行うものとする 高度の指定 (8) 航空機に対して 高度を指定する場合は 原則として以下の方法により行うものとする a 管轄セクター又はターミナル管制所の管轄区域内に適用される次の高度を指定するものとする (a) 当該機の飛行経路に係る最低経路高度 最低通過高度及び最低受信可能高度 ( 以下 最低経路高度等 という ) 以上の高度を指定するものとする (b) 最低経路高度等が公示されていない経路にあっては 当該機の飛行経路の両側 5 海里の範囲内の最も高い地形又は障害物の上端から 2,000 フィート以上の高度を指定するものとする (c) レーダー業務が提供されている空域において出発機に対し (a) 又は (b) の高度を指定できない場合は 当該機の位置又は飛行経路に適用される最低誘導高度以上の高度を一時的に指定することができる ただし レーダー誘導を伴わない場合は 速やかに (a) 又は (b) の高度を指定する (Ⅱ)-1-6

25 b 高度は 原則として飛行方向別に次表の基準により指定するものとする 航空機の飛行範囲磁方位による飛行方向指定する高度 1,000 フィートの奇数倍の 0 度以上 180 度未満 QNH 高度 / フライトレベルフライトレベル 410 以下 1,000 フィートの偶数倍の 180 度以上 360 度未満 QNH 高度 / フライトレベルフライトレベル 450 又は当該 0 度以上 180 度未満フライトレベルに 4,000 フィートの整数倍を加えたフライトレベルフライトレベル 410 超フライトレベル 430 又は当該 180 度以上 360 度未満フライトレベルに 4,000 フィートの整数倍を加えたフライトレベル c 航空交通の状況 関係管制機関との調整 気象状態又は航空機の運航性能等により 前項の表に掲げる基準が適用できない場合は 飛行方向に関係なく当該表の高度を任意に指定することができる この場合 必要に応じ関係管制機関相互間において調整を行うものとする また 到着機に対して最低誘導高度又は計器進入の開始高度等を指定する場合 又はその他必要な場合は 100 フィートの整数倍の高度を指定することができる d 14,000 フィート以上の高度を指定する場合は 次表による最低利用可能フライトレベル以上とする 気圧の変化により最低利用可能フライトレベルが変更される場合は 当該フライトレベルについて 関係する管制機関 ( 同一管制区管制所内の隣接セクター 管制区管制所又はターミナル管制所 ) に通報するものとする 気圧 ( インチ ) 最低利用可能フライトレベル 以上 から まで から まで 160 e 高度は 以下の用語により指定するものとする 高度 を維持して下さい MAINTAIN altitude 高度 から 高度 までの間を維持して下さい MAINTAIN BLOCK altitude TO altitude. f(a) 高度の変更は 新たな高度を指定することにより行うものとする また 高度制限を伴う高度の変更は (9)a(b) 又は (c) によることができる ( 上昇 / 降下して ) 高度 を維持して下さい (CLIMB / DESCEND AND) MAINTAIN altitude. 注 10,000 フィート以下への降下を指定したとき 操縦士は 法第 82 条の2に規定された制限速度へ減速するため 10,000 フィート付近で一時的に水平飛行 (level (Ⅱ)-1-7

26 off) を行う場合がある (b) パイロットの判断による上昇又は降下が可能な場合は その旨指示するものとする パイロットの判断で上昇 / 降下して 高度 を維持して下さい CLIMB / DESCEND AT PILOT'S DISCRETION MAINTAIN altitude. 注高度の指定に AT PILOT'S DISCRETION の語を含む場合は 上昇又は降下の開始時期 上昇率又は降下率の調整及び上昇中又は降下中の一時的な水平飛行は操縦士の判断に任される ただし 離脱高度又は通過高度への上昇又は降下はできない g 最低経路高度 (MEA) が高くなることにより航空機を上昇させる場合は 当該経路を構成するフィックス通過前又は通過後速やかに上昇を開始するよう指示するものとする ただし 最低通過高度 (MCA) が公示されているフィックスにあっては 最低通過高度以上の高度で通過させることとする ((8)-1 図及び2 図 ) 高度制限 (9)a 高度制限を指示する場合は 以下の方法によるものとする (a) 特定フィックスを通過する高度を指定する 高度 ( 以上 / 以下 ) で フィックス 又は VOR/VORTAC/TACAN の 方向 数値 海里の地点を通過して下さい fix CROSS or number DME direction OF VOR/VORTAC/TACAN AT (OR ABOVE / BELOW) altitude. (b) 上昇又は降下を開始する特定フィックス又は特定時刻まで維持すべき高度を指定する フィックス 通過後に上昇/ 降下して 高度 を維持して下さい AFTER PASSING fix, CLIMB / DESCEND AND MAINTAIN altitude. (Ⅱ)-1-8

27 時刻 又は 高度 を維持した後 フィックス まで上昇 / 降下して 高度 を維持して下さい MAINTAIN altitude time UNTIL or THEN CLIMB / DESCEND PASSING fix AND MAINTAIN altitude. (c) 上昇又は降下により特定フィックス又は特定時刻において到達すべき高度を指定する フィックス又は時刻 までに 高度 に到達するよう上昇/ 降下して下さい CLIMB / DESCEND TO REACH altitude BY fix or time. b 高度制限を変更する場合は 以下の方法により行うものとする (a) すべての高度制限を無効とする旨を通報する 高度制限を無効とします ALTITUDE RESTRICTIONS CANCELLED. (b) 無効となる高度制限を通報し その他の高度制限に変更がない旨を通報する 高度又はフィックス の制限を無効とします その他の高度制限に変更はありません altitude or fix RESTRICTION CANCELLED, REST OF RESTRICTIONS UNCHANGED. (c) 追加又は変更となる高度制限を指示し その他の高度制限について通報する に変更はありません 追加/ 変更後の高度制限 その他の高度制限又はを無効とします additional / amended altitude restriction, UNCHANGED. REST OF RESTRICTIONS or CANCELLED. c (10) に規定する場合を除き 飛行中において あらためて高度 ( 現在指定されている高度を含む ) を指定する場合又はフィックスへの直行を含め飛行経路を変更する場合は 必要な高度制限についてあらためて指示するものとする ( 上昇 / 降下して ) 高度 を維持してください 高度制限に従ってください (CLIMB / DESCEND AND) MAINTAIN altitude, COMPLY WITH RESTRICTIONS. フィックス への直行を承認します 高度制限に従ってください RECLEARED DIRECT fix, COMPLY WITH RESTRICTIONS. 注 1 飛行中において あらためて高度を指定 ( CLIMB DESCEND 又は MAINTAIN の用語を使用 ) する場合又はフィックスへの直行を含め飛行経路を変 (Ⅱ)-1-9

28 更する場合は 高度制限について指示しない限りすべて無効となる 例 Recleared via CUBIC direct JYONA, cross CUBIC at or above FL150. 注 2 降下に係る高度を指定する場合であって 特定フィックスの通過高度が含まれるときは 降下の時機についてはパイロットに任される SID トランジション又は STAR による飛行 (10) 飛行中において あらためて高度 ( 現在指定されている高度を含む ) を指定する場合又はフィックスへの直行を含め飛行経路を変更する場合であって 公示されたSID トランジション又はSTARの高度制限又は速度に従って飛行するよう指示するときは 次の用語により指示するものとする (a) SID 又はトランジションの高度制限又は速度に従って上昇させる場合 SID 又はトランジションの制限に従い 高度 まで上昇してください CLIMB VIA SID TO altitude 例 Recleared direct TAURA, climb via SID to 13,000. (b) STARの高度制限又は速度に従って降下させる場合 STARの制限に従い 高度 まで降下してください DESCEND VIA STAR TO altitude 例 Cleared via DAIYA arrival, descend via STAR to altitude 2,000. 注 1 速度調整を行っている航空機に対し (a) 又は (b) を指示した場合は あらためて速度を指示しない限り (Ⅳ)9(5)a(b) により速度調整は自動的に終了する 注 2 航空機に対し (b) を指示した場合は 降下の時機についてはパイロットに任される 高度変更ができない場合の措置 (11) 高度変更ができない場合は できる限り上昇又は降下が可能となる予定時刻若しくはフィックス又は他の管制機関に対して高度変更を要求すべき旨を当該機に通報するものとする 数値 海里/ 分後に又は上昇 / 降下を指定する予定です 時刻又はフィックス において IN number MILES / MINUTES, EXPECT CLIMB / DESCENT or AT time or fix. 管制機関 に( 時刻又はフィックス において) 高度変更を要求して下さい REQUEST ALTITUDE CHANGE FROM name of facility (AT time or fix ). RVSM 適用空域への進入を許可できません ( 上昇 / 降下して ) 高度 を維持して下さい UNABLE TO ISSUE CLEARANCE INTO RVSM AIRSPACE, (CLIMB / DESCEND AND) MAINTAIN altitude. 注 RVSM 適用空域外を飛行中の RVSM 非適合機から RVSM 適用高度への高度変更を要求された場合に使用する (Ⅱ)-1-10

29 高度の確認 (12) 最初の無線通信連絡及びその後の位置通報において指定された高度を通報しない航空機 又は指定された高度と異なる高度を通報した航空機に対しては 高度の確認を要求するものとする ただし 指定された高度を通報しなかった航空機に対して あらためて高度を指定する場合はこの限りでない (a) 巡航中の航空機であって指定された高度を通報しない場合は 指定した高度の確認を行うものとする 高度 を確認して下さい VERIFY AT altitude. (b) 上昇中又は降下中の航空機であって指定された高度を通報しない場合又は指定された高度と異なる高度を通報した場合は 指定した高度の確認を行うものとする 指定された高度 高度 を確認して下さい VERIFY ASSIGNED ALTITUDE altitude. (c) 巡航中の航空機であって指定された高度と異なる高度を通報した場合は 現在の高度の確認を行うものとする 現在の高度を確認して下さい VERIFY PRESENT ALTITUDE. RVSM 非適合に係る通報 (13) RVSM 適用空域を許可を受けて飛行中の RVSM 非適合機からの最初の無線通信連絡において RVSM 非適合である旨の通報を受けた場合は 必ず復唱するものとする RVSM 非適合了解しました ROGER, NEGATIVE RVSM. RVSM 適合に係る確認 (14) 必要に応じ航空機の RVSM 適合について確認するものとする RVSM 適合機ですか CONFIRM RVSM APPROVED. 有視界気象状態を維持して行う飛行 (15)a 航空機から飛行の一部につき要求があった場合は 特別管制空域を飛行する場合を除き 条件をつけて有視界気象状態 ( 以下 VMC という) を維持して行う飛行を承認することができる この場合 当該機及び関係機間には (Ⅱ)2 及び (Ⅳ)6に規定する管制間隔を設定する必要はない 時刻 又はまで VMC を維持して下さい フィックス 通過 time, MAINTAIN VMC UNTIL or PASSING fix. (Ⅱ)-1-11

30 高度 又はまで VMC を維持して上昇 / 降下して下さい 高度 から 高度 UNTIL altitude, CLIMB / DESCEND IN VMC or BETWEEN altitude AND altitude. 高度 以上/ 以下においては VMC を維持して上昇 / 降下して下さい CLIMB / DESCEND IN VMC ABOVE / BELOW altitude. b 前項により VMC を維持して飛行することを承認する場合であって VMC の維持が不可能となるおそれがある場合は 代替の管制承認を発出するものとする 不可能な場合は 代替方式 して通知してください IF NOT POSSIBLE, alternative procedure AND ADVISE. c(a) 航空機の要求により VMC を維持して上昇し又は降下することを承認した場合であって 当該機及び関係機間に (Ⅱ)2に規定する管制間隔がない場合は 前者の航空機に対し後者の航空機に関する交通情報を提供するものとする ただし 前者の航空機から交通情報を必要としない旨の通報があった場合は 当該情報の提供を省略することができる (b) 交通情報は (a) でいう後者の航空機に係る次に掲げる事項を含むものとする ア進行方向イ航空機型式 ( 当該情報を早急に提供する必要がある場合は省略することができる ) ウ高度エ最寄りのフィックスの到着予定時刻又は通過時刻 トラフィック 方向 へ進行中 航空機の型式 高度 フィックス 到着予定 / 通過 時刻 TRAFFIC, direction -BOUND type of aircraft altitude ESTIMATED / OVER fix time. 法第 94 条ただし書の許可 (16) 管制圏又は航空交通情報圏 ( 以下 情報圏 という ) が指定されていない飛行場に係る進入管制業務を行う機関が (Ⅱ)1(1) 及び (4) (Ⅱ)4(1) 又は (Ⅱ)7(7)aに基づき発出する管制承認 管制指示又は管制許可には 当該飛行場における気象状態が計器気象状態である場合において 当該飛行場に離着陸するため管制空域外を飛行することに係る法第 94 条ただし書の許可を含むものとする 自衛隊低高度訓練/ 試験空域及び自衛隊高高度訓練 / 試験空域並びに制限空域 (17) 自衛隊低高度訓練 / 試験空域及び自衛隊高高度訓練 / 試験空域 ( 以下 自衛隊訓練 / 試験空域 という ) 並びに制限空域のそれぞれについて公示された使用時間内は 航空機の保護空域が当該自衛隊訓練 / 試験空域又は制限空域と重複する飛行経路を承認してはならない ただし 当該自衛隊訓練 / 試験空域又は制限空域の運用に関する協定がある場合であって (Ⅱ)-1-12

31 この基準を補足する管制方式が定められている場合は この限りでない 回廊 (18) 公示された回廊の使用時間内は 回廊空域を飛行しようとする航空機に対し 当該回廊空域と重複する飛行経路を承認又は指示してはならない (Ⅱ)-1-13

32 2 管制間隔 適用 (1)a 管制間隔は 次に掲げる航空機相互間に 垂直間隔 縦間隔又は横間隔を以下に掲げる方法及び基準により設定するものとする ただし IFR 機に VMC を維持して飛行することを許可した場合及びレーダー間隔を適用する場合はこの限りでない (a) IFR 機相互間 (b) IFR 機と特別有視界飛行方式により飛行する航空機 ( 以下 SVFR 機 という ) との間 (c) IFR 機と法第 94 条の2 第 1 項ただし書の許可を得て飛行する VFR 機との間 (d) SVFR 機相互間 (e) フライトレベル 290 以上の空域 特別管制空域 A 又は特別管制空域 B を法第 94 条の 2 第 1 項ただし書の許可を得て飛行する VFR 機相互間 b DME を利用する場合の管制間隔は 関連航空機間の距離を同一の DME 地上施設から確認することにより設定するものとする DME 施設 からの距離を知らせて下さい REPORT DISTANCE FROM DME facility. DME 施設 から 数値 海里で報告して下さい REPORT number DME FROM DME facility. 垂直間隔 (2)a IFR 機に対する垂直間隔の最低基準は 次に掲げるとおりとする (a) フライトレベル 290 以下の高度にあっては 1,000 フィート (b) フライトレベル 290 を超える高度にあっては 2,000 フィート (c) RVSM 適用空域を飛行する RVSM 適合機相互間にあっては 1,000 フィート (d) RVSM 適用空域を飛行する RVSM 適合機と RVSM 非適合機相互間にあっては 2,000 フィート (e) (c) を適用している場合であって 機器の故障により RVSM 適合基準を満たさなくなった旨の通報を受けたときは 当該航空機と他の航空機との間にあっては 2,000 フィート b 制限空域 民間訓練試験空域及び自衛隊訓練 / 試験空域並びに回廊 ( 以下 制限空域等 という ) の上限高度又は下限高度と IFR 機との間に垂直間隔を設定する場合は a(a) 又は (b) の最低基準を適用するものとする ただし 特別管制空域を飛行する VFR 機との間の垂直間隔の最低基準は 500 フィートとする c 航空機が高度を離脱したことを通報した場合は 当該高度を他の航空機に指定することができる ただし 次に掲げる場合は 当該航空機からaに定めた最低基準以上の間隔を有する高度に到達したことの通報を受けた後でなければ 当該高度を他の航空機に指定してはならない (Ⅱ)-2-1

33 (a) 強い乱気流が報告されている場合 (b) パイロットの判断による上昇又は降下を指示した場合 (c) クルーズを承認した場合 (d) 航空機の運航性能上の理由から aに定めた最低基準以上の間隔が維持できないと判断される場合 高度 を離脱したら/ に到達したら報告して下さい REPORT LEAVING / REACHING altitude. 奇数 / 偶数高度を離脱したら報告して下さい REPORT LEAVING ODD / EVEN ALTITUDES. 高度を知らせて下さい REPORT ALTITUDE. d RVSM 適用空域において 航空機から 並 を超える乱気流に遭遇した旨の通報があった場合は 垂直間隔の最低基準を確保するため 当該航空機と他の航空機との間に 2,000 フィートの間隔を設定する また 当該報告のあった高度とその上下 1,000 フィートの高度の使用を一時中止する e RVSM 適用空域において 航空機から 機器の故障により指定した高度の維持が困難である旨通報があった場合は 当該機について RVSM 適用空域外への高度変更等の措置をとるものとする RVSM 運航に復帰できる場合は報告してください REPORT WHEN ABLE TO RESUME RVSM. 縦間隔 (3)a 同方向経路又は交差経路を飛行する航空機相互間における縦間隔の最低基準は 次に掲げるとおりとする なお DME を使用する場合は 航空機との直接交信により縦間隔を設定するものとする また 出発機相互間に縦間隔を設定する場合は 真対気速度に代えて指示対気速度によることが望ましい (a) 先行機が後続機の真対気速度よりも 40 ノット以上速い真対気速度を維持している場合であって 次のいずれかの場合 両機が DME を使用するときは5 海里 その他のときは3 分 : ア先行機が離陸した飛行場又はそれに近接する飛行場から後続機が出発する場合 ((3)-1 図 ) イ先行の巡航機が飛行場の無線施設を通過したのち 後続機が当該飛行場から出発する場合 ((3)-2 図及び3 図 ) ウ先行の巡航機がフィックス通過を通報したのち 後続の巡航機が当該フィックスを通過する場合 ((3)-3の2 図 ) 注以下の図においては出発機をはその他の航空機を示す (Ⅱ)-2-2

34 (b) 先行機が後続機の真対気速度よりも 20 ノット以上速い真対気速度を維持している場合であって 次のいずれかの場合 両機が DME を使用するときは 10 海里 その他のときは5 分 : ア先行機が離陸した飛行場又はそれに近接する飛行場から後続機が出発する場合 ((3)-4 図 ) イ先行の巡航機が飛行場の無線施設を通過したのち 後続機が当該飛行場から出発する場合 ((3)-5 図及び6 図 ) ウ先行の巡航機がフィックス通過を通報したのち 後続の巡航機が当該フィックスを通過する場合 ((3)-7 図 ) (Ⅱ)-2-3

35 (c) 上昇又は降下を行う航空機が他の航空機の高度を通過する場合 : ア両機が DME を使用している場合であって 先行機が降下を行うとき 又は後続機 が上昇を行うときは 10 海里 ((3)-8 図及び 9 図 ) (Ⅱ)-2-4

36 イ両機が DME を使用していない場合であって 次のすべての条件が満たされるときは 5 分 ( ア ) 先行機が降下を行うとき又は後続機が上昇を行うとき ( イ ) 高度変更が開始される時点において 両機間の垂直間隔が 4,000 フィート以下の場合 ((3)-10 図 ~13 図 ) ( ウ ) 先行機が位置通報を行ったフィックスにおいて 後続機が位置通報を行った時刻又は当該フィックスの通過時刻を指定する管制指示を後続機が確認応答した時刻から 10 分以内に高度変更を開始する場合 (Ⅱ)-2-5

37 (d) 前 3 項に該当しない場合 :((3)-14 図 ~18 図 ) ア両機が DME を使用するときは 20 海里 イその他のときは 10 分 (Ⅱ)-2-6

38 (e) DME を使用する航空機と DME を使用しない航空機との間において 距離を使用して縦間隔を設定する場合であって 次のすべての条件が満たされるときは 30 海里 ((3) -19 図及び 20 図 ) ア DME を使用しない航空機が位置通報を行った無線施設と DME を使用する航空機が利用する無線施設とが同一であることイ DME を使用しない航空機が 当該無線施設から 15 分の範囲にあること (Ⅱ)-2-7

39 b 対面経路を飛行する航空機に対しては 両機の擦過予定時刻の前後それぞれ 10 分間にわ たって (2)a に定める垂直間隔を設定するものとする ただし 次のいずれかに該当する 場合は この限りでない ((3)-21 図 ) (a) 関連両機が行った無線施設又は DME フィックス上空の位置通報が両機の擦過を明 示する場合 この場合 両機が同一の無線施設から分岐する航空路又は放射方位に着航している場合も含むものとする ((3)-22 図 ) (b) 関連両機が同一のインターセクション (2つ以上の無線施設からの方位線の交点に限る ) を通過した旨報告した場合であって 両機間に3 分以上の間隔が存在するとき c 縦間隔は 航空機に対し次のいずれかの方法を適宜指示することにより設定するものとする (a) 指定した時刻に飛行場を出発すること 参照 4(2) (b) 指定した時刻に特定のフィックスを通過すること フィックス を 時刻 以前に通過して下さい CROSS fix AT time OR BEFORE. フィックス を 時刻 以後に通過して下さい CROSS fix AT time OR LATER. (c) 指定した時刻まで特定のフィックスにおいて待機すること フィックス 上空で 時刻 まで待機して下さい HOLD AT fix UNTIL time. (d) 指定した時刻又はフィックスにおいて高度の変更を行うこと 参照 1(9)a 横間隔 (4)a 横間隔は 次の方法により設定するものとする (a) 航空機に対し bに規定する保護空域が重複しない異なる飛行経路を指示又は承認する ただし 民間及び自衛隊訓練 / 試験空域との間にあっては 当該保護空域との間に (Ⅱ)-2-8

40 5 海里の間隔を設定する (b) 航空機に対し 待機に係る保護空域が他の航空機に係る保護空域又は他の関連保護空域若しくは制限空域等と重複しないフィックス上空における待機を指示する ((4)-1 図 ) (c) 出発機相互に対し 45 度以上分岐した針路を指示又は承認する ((4)-2 図 ) b 保護空域は次のとおりとするほか 当該経路が 飛行方式設定基準 ( 平成 18 年 7 月 7 日付け国空制第 111 号 ) により設定されたもののうち RNAV によるもの以外については 同基準に規定された一次区域とし RNP 経路及び RNP 進入方式については 同基準に規定された区域のうち二次区域とする なお RNP AR 進入方式については 経路ごとの 運航安全性評価 (FOSA) 実施要領 ( 平成 23 年 10 月 5 日付け国空航第 179 号 国空機第 212 号 国空制第 110 号 ) に基づき個別に検証された区域とする (a) 航空路及び直行経路ア航空路として告示されているものにあっては その告示された幅を有する空域イア以外のものであって NDB を構成無線施設とするものにあっては NDB から 57 海里の地点までは当該飛行経路の両側に5 海里の幅を有する空域 それ以遠については両側に5 度の角度で広がる幅を有する空域 ((4)-3 図 ) ウア以外のものであって VOR 又はTACANを構成無線施設とするものにあっては VOR 又は TACAN から 46 海里の地点までは当該飛行経路の両側に4 海里の幅を有する空域 それ以遠については両側に5 度の角度で広がる幅を有する空域 ((4)-4 図 ) (Ⅱ)-2-9

41 (b) 進入 出発及び待機経路 計器飛行による進入方式 出発方式及び最低気象条件の暫定設定基準 ( 平成 16 年 3 月 26 日付け国空制第 842 号 ) により規定されたそれぞれの飛行経路に係る区域 ただし DME 待機方式については FAA Order A Holding Pattern Criteria により規定された区域 (c) 洋上転移経路 航空路等暫定設定基準 ( 昭和 53 年 2 月 26 日付け空航第 834 号 ) 第 4 章第 5 節 3に規定された幅を有する空域 (d) 洋上管制区における経路 9(4)a に規定された空域 c 分岐角度による横間隔 (a) 同一の無線施設に係る分岐角度のうち 鋭角が 15 度以上ある放射方位又は 45 度以上あるベアリング若しくはコース上に着航した航空機相互間において いずれかの航空機が他の航空機に係る保護空域の外にある場合は 当該機相互間に横間隔が設定されているものとみなす ((4)-5 図 ) (b) (a) の分岐角度により横間隔が設定されるとみなされる無線施設からの距離は 次の表に掲げるとおりとする 使用する分岐角度が表に示されている値の中間値の場合は 小さい方の角度に対応する距離を適用するものとする ア保護空域が4 海里である飛行経路角度距離 ( 海里 ) (Ⅱ)-2-10

42 イ保護空域が5 海里である飛行経路角度距離 ( 海里 ) (c) 分岐又は交差している飛行経路であって (b) の表を適用できない場合は 両機に係る保護空域が重複しない地点において横間隔が設定されているものとする ((4)-6 図 ) d DME 横間隔 DME を利用した横間隔の設定は 航空機間において次に定める間隔が維持されることとなるよう DME 地上施設からの特定の距離にあるアークの飛行を指示することにより行うものとする ( 参照 1(5)a(b)) (a) 飛行方向にかかわらず 同一の DME 地上施設の周囲におけるアーク間 : ア当該 DME 地上施設から 36 海里未満のアーク間には 10 海里 ((4)-7 図 ) (Ⅱ)-2-11

43 イ当該 DME 地上施設から 36 海里未満のアークと 36 海里以上のアーク間には 15 海里ウ当該 DME 地上施設から 36 海里以上のアーク間には 20 海里 (b) 同一の DME 地上施設の周囲におけるアークと他の保護空域との間 : ア当該アークが当該 DME 地上施設から 36 海里未満の空域では 5 海里 ((4)-8 図 ) イ当該アークが当該 DME 地上施設から 36 海里以上の空域では 10 海里 出発機間の初期間隔 (5)a 同一の又は近接する飛行場から出発後 45 度以上分岐する経路を飛行する航空機間にあっては 経路の分岐点において 次の縦間隔を設定するものとする (a) 後続の出発機が離陸直後に 先行機の出発経路から分岐した経路をとる場合は 1 分 ((5)-1 図 ) (b) 後続の出発機が離陸後 5 分 (DME 使用の場合は滑走路端から 13 海里 ) 以内に先行機 の出発経路から分岐した経路をとる場合は 2 分 (DME 使用の場合は 3 海里 )((5) -2 図 ) (Ⅱ)-2-12

44 b 分岐角度が 30 度以上の分岐滑走路から出発する 2 機の航空機が離陸直後から 45 度以上 分岐する経路を飛行する場合は 同時離陸を許可することができる ((5)-3 図 ) c 交差角度が 30 度以上の交差滑走路から出発する 2 機の航空機が離陸直後から 45 度以上 分岐する経路を飛行する場合は 先行機が滑走路の交差点を通過した後に 後続機の離陸を許可することができる ((5)-4 図 ) d 滑走路の中心線の間隔が 1,310 メートル (4,300 フィート ) 以上分離した平行滑走路をそれぞれ使用して同方向に出発する2 機の航空機が 離陸直後から 45 度以上分岐する経路を飛行する場合は 同時離陸を許可することができる ((5)-5 図 ) (Ⅱ)-2-13

45 e 先行の出発機と同一経路により出発する後続機が先行機の指定された高度より高い高度 へ上昇する場合は 後続機が先行機の高度を通過するまでは 両機間に 3 分 ( 両機とも DME を使用する場合は 5 海里 ) の縦間隔を設定するものとする ((5)-6 図 ) 到着機と出発機との間隔 (6)a 計器進入を行っている到着機のある飛行場から出発する航空機に対しては 2(2) に掲げる垂直間隔又は2(4) に掲げる横間隔が確保されるまでは 次の出発間隔を設定するものとする (a) 離陸方向及びその後の上昇経路が到着機の最終進入コースの逆方向から 45 度以上分岐している場合は 到着機の飛行場到着予定時刻の3 分前までに出発機が離陸すること ((6)-1 図 ) (b) 離陸方向が前号と異なる場合は 到着機の飛行場到着予定時刻の5 分前又は到着機の方式旋回開始前までに 出発機が到着機の最終進入コースの逆方向から 45 度以上分岐した経路に着航することができるよう離陸すること ((6)-2 図及び3 図 ) (Ⅱ)-2-14

46 b aの規定にかかわらず ターミナル管制所においてターミナル レーダー管制業務又は進入管制業務が行われている飛行場から出発する航空機に対しては 次の出発間隔を設定することができる (a) 離陸方向及びその後の上昇経路が到着機の最終進入コースの逆方向から 45 度以上分岐している場合は 到着機が飛行場から4 海里以遠にあるフィックスを通過進入する前までに 出発機が離陸すること ((6)-4 図 ) (b) 離陸方向が (a) と異なる場合は 到着機が飛行場から4 海里以遠にあるフィックスを通過進入する前までに 出発機が到着機の最終進入コースの逆方向から 45 度以上分岐した経路に着航することができるよう離陸すること ((6)-5 図 ) 到着機間の間隔 後方乱気流管制方式 (7) 到着するヘビー機等又はミディアム機と後続の IFR 到着機とが次に掲げる滑走路を使用する場合は 先行機が滑走路進入端を通過するまで次表に掲げる数値以上の間隔を設定するものとする (a) 同一滑走路 ((7)-1 図 ) (b) 滑走路の中心線の間隔が 760 メートル (2,500 フィート ) 未満の平行滑走路 ((7)-2 図 ) (c) 投影した飛行経路が交差する非交差滑走路 ((7)-3 図 ) (Ⅱ)-2-15

47 先行機後続機最低基準 ヘビー機等 (A380 に限る ) ヘビー機等 (A380 を除く ) ヘビー機等 (A380 を除く ) ミディアム機 ヘビー機ミディアム機ライト機ヘビー機ミディアム機ライト機 2 分間 3 分間 4 分間 2 分間 3 分間 目視間隔 (8) 管制区管制所等は (Ⅱ)2(2) から (6) 及び (Ⅳ)6 に規定する管制間隔にかかわらず (a) (Ⅱ)-2-16

48 に掲げる空域において (b) 又は (c) の場合は 飛行場管制所及び航空機に対して航空機間に目視間隔を設定させることができる この場合 目視間隔適用の前後においては 適切な管制間隔が確保されなければならない 注飛行場管制所は 後方乱気流管制方式に係る間隔を短縮することはできない (a) 目視間隔は 原則として管制圏内において適用するものとする ただし 以下の航空機間にあっては管制圏外においても目視間隔を適用することができる ア到着機と管制圏内を飛行する関連機イ視認進入を行う到着機と先行到着機ウレーダー管制下にあり 特別管制空域 B 又は特別管制空域 C を飛行する VFR 機と関連機注飛行場管制所は 目視間隔を設定するために管制圏外において到着機の経路等を変更する場合 事前に管制区管制所等の許可を得なければならない (b) 飛行場管制所が関連機を視認し 必要に応じ航空機に対して目視間隔を設定するための指示を発出することができる場合 ア到着機と出発機間 航空機無線呼出符号 を視認次第 貴所の判断で出発させて下さい RELEASE SUBJECT YOUR DISCRETION WHEN aircraft identification IN SIGHT. イ到着機相互間この場合は 当該飛行場管制所から関係機を視認し かつ 目視間隔が設定できる旨の通報を得なければならない (c) 航空機が関連機を視認しており 管制官の指示に従って自ら関連機との間隔を維持して飛行できる場合 ただし 両機の飛行経路が交差する場合又は一方の航空機が他方の航空機にとって予期し得ない行動を起こすおそれがある場合は 関連機に対して交通情報を提供し 目視間隔が適用されている旨を通報しなければならない 関連機の位置 関連機の型式 当該機はあなたを視認しています TRAFFIC, position type of aircraft. HE HAS YOU IN SIGHT. 隣接空港の航空交通に対する管制間隔 後方乱気流管制方式 (9) 管制機関は 複数の空港に対し 進入管制業務を実施している場合 これらの空港において出発又は到着する IFR 機の飛行経路が ヘビー機等の飛行経路の後方で交差するときは 当該経路の交点において 先行ヘビー機等と2 分間 ( 先行ヘビー機等が A380 の場合は3 分間 ) の間隔を設定するものとする ((9)-1 図 ) (Ⅱ)-2-17

49 不測の事態における一時的な措置 (10)a 不測の事態において (Ⅱ)2(3) から (6) まで 9(3) から (5) まで 10(6) から (8) まで又は (Ⅳ)6(4) に掲げる間隔の設定が困難であり かつ 所定の垂直間隔の設定が困難である場合には (Ⅱ)2(2)aに定める最低基準の2 分の1の間隔を一時的な措置として適用できるものとする この場合においては 当該間隔を適用した航空機に対して 緊急的な垂直間隔が適用されていること及び実際に適用している垂直間隔を通知し 交通情報を提供しなければならない 例 500ft emergency separation applied. Traffic information b 当該間隔適用後は すみやかに (Ⅱ)2 (3) から (6) まで 9(3) から (5) まで 10 (6) から (8) まで又は (Ⅳ)6(4) に掲げる間隔の設定に努めるものとする (Ⅱ)-2-18

50 3 特別有視界飛行方式 適用 (1)a 管制区管制所等は 管制圏又は情報圏が指定されている飛行場における地上視程 ( 同一管制圏内に2 以上の飛行場がある場合は 当該管制圏の中心となっている飛行場の地上視程 ) が 1,500 メートル以上ある場合であって 航空機から管制圏又は情報圏における特別有視界飛行方式による飛行の許可を求められたときは 航空交通の状況を考慮してこれを許可することができる ただし 情報圏内においては 1 機のみの飛行の許可を行うものとする なお 管制圏内における飛行の許可があった場合は 飛行場管制所は 当該許可の条件内で飛行場及びその周辺における当該機の管制を行うものとする b IFR 機との関連 (a) 特別有視界飛行方式による飛行は 原則として IFR 機の航行に支障がない場合に許可するものとする (b) IFR 機のため特別有視界飛行方式による飛行を許可できない場合は 当該機に対し可能な限り遅延に関する情報を通報するものとする 数値 分間待って下さい EXPECT number MINUTES DELAY. 管制間隔 (2) SVFR 機相互間及び SVFR 機と IFR 機との間の管制間隔は (Ⅱ)2に掲げた規定を準用するものとする ただし SVFR 機に対しては 特定の高度の指定は行わず 必要があれば IFR 機の下方 500 フィート以下の高度で飛行するよう指示するものとする ( 高度 以下で) 特別有視界飛行基準を維持して下さい MAINTAIN SPECIAL VFR CONDITIONS (AT OR BELOW altitude ). 管制圏又は情報圏における飛行 (3) 特別有視界飛行方式による飛行を許可する場合は 次に掲げる用語を使用するものとする (a) 管制圏又は情報圏が指定されている飛行場から離陸し出圏する場合 飛行場の 方向 数値 海里の点までの特別有視界飛行方式による飛行を許可します 管制圏 / 情報圏内で特別有視界飛行基準を維持して下さい CLEARED TO LEAVE CONTROL / INFORMATION ZONE number MILES direction OF( name ) AIRPORT, MAINTAIN SPECIAL VFR CONDITIONS WHILE IN CONTROL / INFORMATION ZONE. (b) 管制圏又は情報圏の圏外から入圏し管制圏又は情報圏が指定されている飛行場に着陸する場合 飛行場の 方向 数値 海里の点からの特別有視界飛行方式による飛行を許可します 管制圏 / 情報圏内で特別有視界飛行基準を維持してください CLEARED TO ENTER CONTROL / INFORMATION ZONE number MILES (Ⅱ)-3-1

51 direction OF( name ) AIRPORT, MAINTAIN SPECIAL VFR CONDITIONS WHILE IN CONTROL / INFORMATION ZONE. (c) 管制圏又は情報圏を通過する場合 管制圏 / 情報圏の通過を許可します 管制圏 / 情報圏内で特別有視界飛行基準を維持してください CLEARED TO CROSS CONTROL / INFORMATION ZONE MAINTAIN SPECIAL VFR CONDITIONS WHILE IN CONTROL / INFORMATION ZONE. VMC への上昇 (4) 視程のみが VMC の条件を満たさない場合であって VMC に到達するまで特別有視界飛行方式による上昇を許可するときは 次の用語を使用するものとする 管制圏 / 情報圏 / 飛行場から 数値 海里内において上昇 VMC に到達するまで特別有視界飛行基準を維持して下さい CLIMB TO VMC WITHIN CONTROL ZONE / INFORMATION ZONE / specified distance within control zone / information zone MILES FROM ( name )AIRPORT, MAINTAIN SPECIAL VFR CONDITIONS UNTIL REACHING VMC. VMC 到達後の措置 (5) 管制区管制所等は SVFR 機 ( 到着機及び次項の飛行を行う航空機を除く ) から VMC に到達した旨の通報があった場合であって 当該機を VFR 機として取扱うときは 当該機に対して VMC を維持するよう指示するものとする VMC を維持してください MAINTAIN VMC. ローカル飛行 (6) 次の条件が満たされる場合は 管制圏内において特別有視界飛行方式による一定時間の飛行場周辺の飛行 ( 離着陸の連続を含む ) を許可することができる (a) 交通の状況又は気象状態の変化により必要な場合 SVFR 機を帰着させることができること (b) この基準を補足するものとして定められた諸規定に当該飛行に係る管制方式が定められていること 時刻 まで 飛行場名 飛行場周辺のローカル特別有視界飛行方式による飛行を許可します 特別有視界飛行基準を維持して下さい LOCAL SPECIAL VFR OPERATIONS IN THE IMMEDIATE VICINITY OF name AIRPORT ARE AUTHORIZED UNTIL time, MAINTAIN SPECIAL VFR CONDITIONS. 地上視程 1,500 メートル未満の場合の措置 (7) 地上視程が 1,500 メートル未満のときに航空機から特別有視界飛行方式による飛行の要求があった場合は 次の要領により処理するものとする (a) 出発機に対しては 気象状態が特別有視界飛行方式による飛行の要件未満である旨及び (Ⅱ)-3-2

52 当該飛行の許可ができない旨を通報する (b) 到着機であって 管制圏又は情報圏外で飛行中のものに対しては 気象条件が特別有視界飛行方式の要件未満である旨及び緊急状態が存在する場合の外は 当該飛行の許可ができない旨を通報する (c) 到着機であって 管制圏又は情報圏内を飛行中のものに対しては 気象条件が特別有視界飛行方式の要件未満である旨を通報し 1,500 メートル以上の飛行視程で管制圏又は情報圏外に脱出できるかどうかを尋ね 脱出できない旨の通報があった場合又は緊急状態が存在する場合は 航空交通の状況が許す限りにおいて当該飛行の許可を行う 飛行場名 飛行場は 特別有視界飛行方式の最低気象条件未満です name AIRPORT IS BELOW SPECIAL VFR WEATHER MINIMUM. 特別有視界飛行方式の許可は発出できません UNABLE TO ISSUE SPECIAL VFR CLEARANCE. 緊急状態の場合以外は特別有視界飛行方式の許可は発出できません UNABLE TO ISSUE SPECIAL VFR CLEARANCE UNLESS AN EMERGENCY EXISTS. 飛行視程 1,500 メートル以上を維持して管制圏 / 情報圏を離脱できますか? CAN YOU LEAVE CONTROL / INFORMATION ZONE MAINTAINING FLIGHT VISIBILITY 1,500 METERS OR MORE? ヘリコプター特別有視界飛行方式 (8)a 特別有視界飛行方式による飛行を行うヘリコプター ( 以下 SVFR ヘリコプター という ) の管制は 3(1) から (7) までの規定によるほか 次項の規定により飛行場管制所が行うものとする b ヘリコプターの交通量等により 必要と認められる飛行場 ( ヘリポートを含む ) においては ヘリコプターが地表 場周経路 飛行経路を及び安全間隔設定のために使用される位置通報点又は待機フィックス等を常に目視により確認することを条件として 次の基準による管制間隔の設定に係る方式を定めることができる (a) SVFR ヘリコプター相互間の場合 : 分岐した経路により同時に出発する場合は 200 フィート ((8)-1 図 ) その他の場合は 1 海里 ((8)-2 図 ) (b) ア到着又は管制圏通過 SVFR ヘリコプターと直線進入を行う固定翼機との間の場合 : (Ⅱ)-3-3

53 当該固定翼機が滑走路進入端から 1 海里未満の点にある場合は 0.5 海里 ((8)- 3 図 ) 当該固定翼機が滑走路進入端から 1 海里以遠にある場合は 1.5 海里 ((8)-4 図 ) イ到着又は管制圏通過 SVFR ヘリコプターと周回進入又は進入復行を行う固定翼機 との間の場合は 2 海里 ((8)-5 図及び 6 図 ) ウ到着又は管制圏通過 SVFR ヘリコプターと固定翼機の出発機との間の場合 : 当該出発機が滑走路端から 0.5 海里未満の点にある場合は 0.5 海里 ((8)-7 図 ) 当該出発機が滑走路端から 0.5 海里以遠の場合は 2 海里 ((8)-8 図 ) (Ⅱ)-3-4

54 (c) ア出発 SVFR ヘリコプターと固定翼機の出発機との間の場合であって 出発経路が分岐する場合は 0.5 海里 ((8)-9 図 ) イ出発 SVFR ヘリコプターと固定翼機の到着機との間の場合は 当該到着機が滑走路進入端から1 海里の点に到達する前に 当該ヘリコプターが分岐経路により出発すること ((8)-10 図 ) (Ⅱ)-3-5

55 4 出発機 出発に係る指示 (1) 必要な場合 出発機の離陸前に離陸方向 旋回方向 経路 針路 通過高度等を指示するものとする 方向 へ出発して下さい DEPART direction / runway. 離陸後左 / 右旋回して下さい TURN LEFT / RIGHT AFTER DEPARTURE. 滑走路の方位で飛行して下さい CONTINUE RUNWAY HEADING. 注 CONTINUE RUNWAY HEADING を用いた場合 航空機は使用する滑走路の磁方位の磁針路で飛行する この場合 偏流の修正を行わない磁針路であることに留意すること 出発制限の方法 (2)a 管制区管制所等は 出発機と他の航空機との間に管制間隔を設定するため又はその他必要な場合は 出発機に対し 出発制限解除時刻 (RELEASE TIME) 管制承認失効時刻 (CLEARANCE VOID TIME) 又はその他の出発制限事項を指定するものとする この場合 ターミナル管制所は 次に掲げる時刻を指定してはならない (a) 管制区管制所が指示した出発制限解除時刻よりも早い時刻 (b) 管制区管制所が指示した管制承認失効時刻よりも遅い時刻 出発制限を 時刻 に解除します RELEASED AT time. 時刻 までに離陸しないときは この管制承認は無効です CLEARANCE VOID IF NOT OFF THE GROUND BY time. b 出発制限解除時刻を指定できない場合は 次の用語によるものとする 地上で待機させて下さい / して下さい 遅延時間は 時間 / 分 の予定です HOLD ON THE GROUND. EXPECT time in hours and/or minutes DELAY. 出発制限を解除します RELEASED FOR DEPARTURE. 連絡調整 (3)a 移管機関は その管轄区域内の飛行場から出発する IFR 機が出発後 15 分未満の時間内に継承機関の管轄区域境界線に到着する場合は 当該機の出発前に当該継承機関と当該機の管制についての連絡調整を行うものとする b 管制区管制所は 出発機について遅延が予期される場合は その旨をターミナル管制機関に通報するものとする c ターミナル管制機関は 出発機の離陸時刻を管制区管制所に通報するものとする (Ⅱ)-4-1

56 複合飛行方式 (4)a 飛行経路のうち 最初の一部を計器飛行方式により 残りの部分を有視界飛行方式により飛行する航空機に対しては計器飛行方式による飛行が終了するフィックスまでの飛行について管制承認を発出するものとする b 飛行経路のうち 最初の一部を有視界飛行方式により 残りの部分を計器飛行方式により飛行する航空機は これを有視界飛行方式による出発機として取り扱うこととし 当該機に対する管制承認は 計器飛行方式による飛行の開始点に接近した当該機からの要求に基づき発出するものとする 模擬計器出発 (5) VFR 機から模擬計器出発の要求があった場合は次のa 又はbの要領により取り扱うものとし 当該飛行場の気象状態が VMC である場合に許可することができる また 当該模擬計器出発が飛行場における航空機の円滑な流れに支障とならないよう留意する a 管制圏が設定されており ターミナル管制所により進入管制業務又はターミナル レーダー管制業務が行われている飛行場の場合 ターミナル管制所は次の要領により取り扱うものとする (a) 当該機と他の IFR 機又は模擬計器進入若しくは模擬計器出発を要求した VFR 機との間には IFR 機に準じた管制間隔を設定する ただし 垂直間隔の最低基準は 500 フィートとする (b) 当該機が飛行する SID 及び終了地点を定める (c) 飛行中 VMC を維持させる (d) 必要な場合 位置又は高度の通報等を指示する フィックス まで SID の名称 の模擬計器出発を許可します VMC を維持して下さい ( その他の指示 ) CLEARED TO fix VIA SIMULATED SID name, MAINTAIN VMC, ( other instructions ). 注模擬計器出発においては SID 上の任意のフィックスを終了地点と定めることができる b 管制圏が設定されており 管制区管制所により進入管制業務が行われている飛行場の場合 飛行場管制所は次の要領により取り扱うものとする (a) 関連機がある場合交通情報を提供する この場合の交通情報は 当該飛行場における SID と重複する近接飛行場における計器進入方式又は SID により飛行する航空機に係る情報をも含むものとし 交通情報の入手につき必要があれば関係機関の間で実施細目を取り決めるものとする (b) 当該機が飛行する SID を定める (c) 飛行中 VMC を維持させる SID の名称 の模擬計器出発を許可します VMC を維持して下さい SIMULATED SID name APPROVED, MAINTAIN VMC. (Ⅱ)-4-2

57 5 巡航機 移管情報 (1)a 管制区管制所相互間の業務を行う場合 移管機関は IFR 機が継承機関の管轄区域に入域する 15 分前までに当該機の移管に係る情報を継承機関に通報するものとする b 移管に係る情報の通報は 次の項目について行う ただし 飛行計画が送付されている場合は (b) (f) (g) 及び (h) 並びに (i) の目的飛行場に係る情報は省略することができる (a) 航空機無線呼出符号 (b) 航空機型式 (c) 管轄区域境界線に位置通報点がある場合は 当該位置通報点の到着予定時刻 その他の場合は管轄区域外における最初の位置通報点 (FDPS を運用していない場合は 管轄区域内における最後の位置通報点 ) の到着予定時刻 (d) 指定した高度及び当該高度が巡航高度以外の場合は予定する巡航高度 (e) RVSM 適用空域を飛行する場合は RVSM 非適合の情報 (f) 真対気速度 (g) 出発地 (h) 残余の飛行経路 (i) 目的飛行場又は目的飛行場が管制承認限界点でない場合は管制承認限界点 ( 管制機関間で別に取決めがある場合は省略することができる ) (j) 同一高度で飛行中の IFR 機間の縦間隔が管制区管制所の管轄区域境界線上において 10 分未満となる場合は使用中の縦間隔の種類 (k) 移管の方法 ( 調整要領において定められている場合は省略することができる ) (l) その他業務上必要な情報 変更情報 (2)a 通報済みの情報内容に変更があった場合は 当該変更事項を継承機関へ通報するものとする ただし 位置通報点到着予定時刻については3 分を超える変更があった場合に限ることとし 高度及び飛行経路については変更前に継承機関の承認を得るものとする 航空機無線呼出符号 の 通報済みの情報 は 変更された情報 と変更 aircraft identification REVISED type of information revised information b 通報済み位置通報点到着予定時刻と通過時刻との間に3 分を超える差がある場合は 速やかに通過時刻を継承機関へ通報するものとする 連絡調整 (3)a 管制区管制所相互間の移管情報 ((1)b(e) を除く ) 変更情報その他の情報の授受は FDPS により行うものとし FDPS によることができない場合は電話により行うものとする b 管制区管制所は FDPS に障害が生じた場合又は FDPS の運用中断 運用再開若しくは運用形態の変更を行う場合は 電話によりその旨を ATM センター及び関係管制区管制所 (Ⅱ)-5-1

58 に通報するとともに 管制上必要な調整を行うものとする 位置通報 (4) IFR 機間の管制間隔設定上必要とされる位置通報が得られない場合は 当該機の関係フィックス到着予定時刻以後 5 分以内にその位置通報を取得するよう努めるものとする (Ⅱ)-5-2

59 6 待機機 待機指示 (1)a 待機が予想される場合は 原則として当該機に対し待機させようとするフィックスの到着予定時刻の5 分前までに待機指示を発出するものとする 注当該機に対して5 分前までに待機指示を発出できない場合は 待機速度への減速が間に合わない等の影響があることに留意しなければならない b 待機の指示は次の事項を含むものとする ただし 当該待機経路が公示されている場合は (c) 以下の事項を省略することができる (a) 待機経路の待機フィックスからの関係方位 (b) 待機フィックス ( 待機フィックスが管制承認限界点と同一である場合は省略することができる ) (c) 待機フィックスの入方向経路 若しくは入方向経路として使用する無線施設に係る放射方位 コース ベアリング 航空路又は経路 (d) 待機経路の出方向距離 (DME 使用の場合に限る ) 又は分を単位とする飛行時間 (e) 待機経路の旋回方向 ( 右旋回の場合は省略することができる ) フィックス の 方位 入方向経路 放射方位 コース ベアリング 航空路又は経路 上 出方向 距離又は時間で表わした出方向距離 左旋回 /( 右旋回 ) で待機して下さい HOLD direction OF fix ON specified inbound track,radial, course, bearing, airway or route number MINUTE / MILE LEG, LEFT / (RIGHT) TURNS. 例 Hold northeast of ARMOR on inbound track 209 degrees one and a half minutes leg, left turns. Hold west of Oshima VORTAC on 275 radial one minute leg. Hold north of KASMI on Choshi VORTAC 347 radial 7 mile leg, left turns. Hold southwest of Kagoshima NDB on 048 degrees course one minute leg, left turns. フィックス の 方位 で待機して下さい HOLD direction OF fix. 例 Hold southwest of Kagoshima NDB. (Ⅱ)-6-1

60 フィックス まで承認します 方位 で待機して下さい CLEARED TO fix, HOLD direction. c bの待機の指示を発出した場合は 当該機に対し進入予定時刻又は追加管制承認予定時刻を 遅延時間が未定の場合はその旨を通報するものとする なお 通報時刻について5 分以上の変更がある場合は 速やかに変更時刻を当該機に通報するものとする 進入予定 時刻 です EXPECT APPROACH AT time. 追加管制承認予定 時刻 です EXPECT FURTHER CLEARANCE AT time. 遅延時間未定です DELAY NOT DETERMINED. 注この用語は遅延時間の予想がつかない場合に使用することとし できるだけ早く遅延時間の予想及び遅延の理由を通報することが望ましい d 到着機に係る追加管制承認予定時刻は 待機フィックスが当該機にとって進入フィックスでない場合に発出する 進入フィックスにおいて更に待機が予想される場合は 当該機に対してできるだけ正確な追加遅延の予想時間を通報するものとする フィックス以遠への管制承認等 (2)a 進入フィックス以遠への飛行について遅延が予想されない場合であって 進入フィックス到達の5 分前までに進入許可を発出できないときは 必要に応じ遅延がない旨を通報し 当該機が進入フィックスへ到着するまでに進入許可を発出するものとする 遅延の予定ありません NO DELAY EXPECTED. b 待機フィックス以遠へ飛行させる場合は 待機中の航空機に対し 次に掲げる管制承認等を発出するものとする (a) 進入許可 (b) 待機フィックス以遠のフィックスへの直行指示 (c) 磁針路の指示 (d) 追加管制承認の発出 (e) 既承認経路での飛行指示 最後に承認された経路で飛行して下さい PROCEED VIA LAST ROUTING CLEARED. 注待機終了をした場合 パイロットは待機経路の任意の地点から待機フィックスに直行することができる 30 分以上の遅延 (3) 30 分以上の遅延が予想される場合 到着機の目的地を管轄する管制機関は その管轄区域に当該機が入域したあと 速やかに進入予定時刻又は追加管制承認予定時刻を当該機に通報するものとする (Ⅱ)-6-2

61 目視地点における待機 (4) 航空機が地表目視により位置を確認できる場合は 当該機が同地点に熟知している旨の通報があった場合に限って当該地点を待機フィックスとして利用することができる 時刻又は他の条件 まで 地点 上空で待機して下さい HOLD AT location UNTIL time or other condition. 待機経路からの逸脱 (5) 航空機が所定の待機経路からの逸脱を要求した場合は 地形 障害物及び航空交通の状況が許す範囲で承認することができる (Ⅱ)-6-3

62 7 到着機 到着情報 (1)a 管制区管制所は 到着機に係る次の情報をターミナル管制所に対し 当該機の業務移管点到着予定時刻の 15 分前までに通報するものとする (a) 航空機無線呼出符号 (b) 航空機型式 (c) 進入フィックス又は調整要領等で定められたフィックスの到着予定時刻又は到着時刻及び予定高度又は実際高度 (d) 業務移管の方法 ( 時刻 フィックス又は高度 ) 航空機無線呼出符号 航空機型式 フィックス 到着予定/ 通過 時刻 高度 業務移管点 時刻 フィックス又は高度 aircraft identification, type of aircraft, ESTIMATED / OVER fix time, altitude, YOUR CONTROL AT time, fix or altitude. b 管制区管制所等は 到着機に係る次の情報をあらかじめ飛行場管制所 飛行場対空援助局又は援助局に通報するものとする (a) 航空機無線呼出符号 (b) 航空機型式 (c) 進入フィックス又は飛行場上空の到着予定時刻 (d) 計器進入方式の種類 ( 必要な場合に限る ) c ターミナル管制所は 到着機に係る次の情報を管制区管制所に通報するものとする (a) 待機フィックスにおいて使用中の最も高い高度 (b) 航空機が業務移管点に到着した時刻及び当該機を継承した旨 若しくは当該機が計器飛行方式を取り下げた場合はその時刻 航空機無線呼出符号 業務移管点 到着時刻 業務継承 aircraft identification, release point time, MY CONTROL. (c) 進入復行が管制区管制所の業務に関連する場合は それが行われた旨 (d) 通信途絶機に関する情報 d 飛行場管制所は 到着機に係る次の情報のうち必要なものを管制区管制所等に通報するものとする (a) 到着機を視認し 当該機の着陸が確実であると判断したこと (b) 着陸時刻 (c) 計器飛行方式を取り下げた場合は その時刻 (d) 復行を行った航空機又は通信途絶機に関する情報 (e) 使用滑走路 e 各管制機関は 通報した情報に変更があった場合は 速やかに相手機関にその旨を通報するものとする ( 到着予定時刻の変更については3 分を超える場合に限る ) (Ⅱ)-7-1

63 進入フィックスへの承認 (2) 管制区管制所等が到着機に対し進入フィックス等までの管制承認を発出する場合は 次に掲げる事項を含むものとする ただし 進入許可の発出と同時に当該計器進入方式に接続する STAR を承認する場合は (7)b(a) によるものとする (a) 進入フィックス等の名称 ( ただし (b) により STAR を承認することにより進入フィックスが特定できる場合は 省略することができる ) (b) 進入フィックス等までの飛行経路この場合公示された STAR を使用することができる ただし RNAV1 として指定された STAR を承認する場合は レーダー業務が提供できる場合に限る STAR の名称 STAR name (c) 高度 (d) その他必要な事項 例 Cleared to KAIHO via UTIBO Y108, descend and maintain 10,000. Cleared to LAKES via LAKES Arrival, descend via STAR to 6,000. Cleared via ENSYU Arrival, descend and maintain FL190. 通信の移管 (3) 管制区管制所がターミナル管制所に対し 到着機との通信及び当該機に係る業務を移管する場合は 当該機が管制承認限界点に到達する前にターミナル管制所が当該機に対し 追加承認を発出できるよう時間的余裕をもって行うものとする 到着機に対する情報等 (4) 管制区管制所 ( 広域セクターに限る ) ターミナル管制所又は飛行場管制所は 到着機と最初の無線通信を設定したのち 当該機に対し 次に掲げる情報等 ( 飛行場管制所にあっては (b) を除く ) を速やかに通報するものとする ただし (b) イ ウ及びオ並びに (c) から (f) については 当該情報が ATIS 情報又は FSC 等からの情報に含まれており 航空機がこれらの情報を受信した旨を通報した場合は 省略することができる (a) 到着機が通報した位置の確認 ( 必要な場合に限る ) フィックス 上空 時刻 高度 OVER fix, time AT altitude (b) 状況に応じ次に掲げる進入に係る許可 情報又は指示ア進入許可イ進入許可が直ちに発出されない場合で複数の計器進入方式が設定されており かつ管制承認限界点からは進入方式が判断できないと思われる場合 視認進入又はレーダー進入を予定している場合は 許可又は実施を予定している進入の方式 型式 進入を予期して下さい EXPECT type of approach APPROACH. ウレーダーにより最終進入コース 場周経路 初期進入フィックス 初期進入セグメン (Ⅱ)-7-2

64 ト上のフィックス若しくは中間進入フィックスのいずれかに誘導する場合又は視認進入のために誘導する場合はその旨 最終進入コース / 場周経路 / 初期進入フィックス/ 初期進入セグメント上のフィックス / 中間進入フィックス への誘導を予期して下さい 又は視認進入 / 経路指定視認進入のための TO FINAL APPROACH COURSE / TRAFFIC PATTERN / initial approach fix / fix on initial EXPECT VECTOR approach segment / intermediate fix. or FOR VISUAL APPROACH RUNWAY number / name of CVA APPROACH. エ遅延が予想される場合は待機に係る指示オ気象状態が雲高 200 フィート未満又は RVR550 メートル未満の場合であって カテゴリー Ⅱ/ⅢILS が適用できない場合はその旨 ( ノータム等により周知されている場合を除く ) 理由 によりカテゴリー Ⅱ/Ⅲ/Ⅱ 及びⅢILSは適用できません CATEGORY TWO / THREE / TWO AND THREE ILS NOT AVAILABLE DUE TO reason. (c) 使用滑走路 (d) 風向風速 (e) 雲高及び視程が次の場合はその値 : 気象通報の雲高の値が周回進入に係る最低降下高の最高値未満のとき又は気象通報の視程が周回進入に係る最低気象条件の地上視程の最高値未満のとき (f) 高度計規正値 気象情報の通報 (5) 管制区管制所 ( 広域セクターに限る ) ターミナル管制所又は飛行場管制所は 飛行場の気象状態が (4)(e) のときは 到着機に対し 航空交通量 業務量及び通信量を考慮のうえ 実施可能な範囲内において その後の気象変化を通報するものとする ただし 当該気象変化が ATIS 情報又は FSC 等からの情報に含まれており 航空機がこれらの情報を受信した旨を通報した場合は 省略することができる 進入を継続するための最低気象条件未満の場合の措置 (6) 管制区管制所等は 到着機から目的飛行場の気象状態が当該機の進入を継続するための最低気象条件未満である旨の通報を受けた場合は 当該機の要求に基づき 待機の指示又は代替飛行場への管制承認を発出し 進入順位を調整するものとする (Ⅱ)-7-3

65 注 1 当該機の進入を継続するための最低気象条件は 計器進入方式 航空機の区分及び操縦士の資格によって決定される 注 2 航空機が Baro-VNAV による進入を行う場合は 地上障害物との間隔を確保するため 進入の継続に必要な気象条件として 目的飛行場の気温が含まれる 進入許可 (7)a 進入許可を発出する場合は 交通状況により公示されている計器進入方式を指定し 又は計器進入方式を到着機に選択させることができる ただし RNP AR 進入方式が設定されている飛行場においては 公示されている計器進入方式を指定して進入許可を発出するものとする なお レーダーを使用する場合は 到着機を所定の計器進入方式の最終進入コース 場周経路 初期進入フィックス 初期進入セグメント上のフィックス若しくは中間進入フィックスへ誘導 又は視認進入のために誘導することができる 計器進入方式の種類 進入を許可します CLEARED FOR type of approach APPROACH. 例 Cleared for ADF A approach. Cleared for ILS runway 34 approach. Cleared for TACAN NR 1 / ILS runway 36R approach. 進入を許可します CLEARED FOR APPROACH. 注計器進入方式の種類を指定しないで到着機に進入方式を選択させる場合に用いる 進入復行して下さい EXECUTE MISSED APPROACH. 注 1 進入許可は 当該計器進入方式に係る進入復行方式を飛行する許可を含むものである 注 2 航空路等を航行中の航空機に対し 進入フィックス上空到達以前に降下の指示を含まない進入許可を発出した場合は 当該機は航空路等の最低経路高度まで降下することができる 注 3 進入方式の括弧内 ( センサー名 ) は省略するものとする b STAR を経由して到着機に対し進入許可を発出する場合は次に掲げるとおりとする ただし RNAV1 として指定された STAR を承認する場合は レーダー業務が提供できる場合に限る (a) 進入許可の発出と同時に当該計器進入方式に接続する STAR を承認する STAR の名称 経由 ( 計器進入方式の種類 ) 進入を許可します CLEARED FOR ( type of approach ) APPROACH VIA STAR name 注この場合 航空機は航空路等の最低経路高度及び STAR の高度制限又は速度に従って降下し進入を行う (b) (a) によることができない場合は 公示された進入開始高度を指定したのち進入許可を発出する (Ⅱ)-7-4

この冊子は 募集要項 ( 願書 ) ではありませんので, 試験時間 場所等の記載はありません 出願 ( インターネット出願 ) を行う前に, 必ず 募集要項 (76 ページ参照 ) を確認してください 目 次 平成 31 年度入試の主な変更点 1 インターネット出願について 2 1. アドミッション

この冊子は 募集要項 ( 願書 ) ではありませんので, 試験時間 場所等の記載はありません 出願 ( インターネット出願 ) を行う前に, 必ず 募集要項 (76 ページ参照 ) を確認してください 目 次 平成 31 年度入試の主な変更点 1 インターネット出願について 2 1. アドミッション この冊子は 募集要項 ( 願書 ) ではありませんので, 試験時間 場所等の記載はありません 出願 ( インターネット出願 ) を行う前に, 必ず 募集要項 (76 ページ参照 ) を確認してください 目 次 平成 31 年度入試の主な変更点 1 インターネット出願について 2 1. アドミッション ポリシー 3 2. 入学者選抜実施日程 11 3. 募集人員 13 4. 入学者選抜方法等 14 (1)

More information

121025 資料4 国民年金保険料の後紊制度の実施状況等について

121025 資料4 国民年金保険料の後紊制度の実施状況等について 平 成 24 年 10 月 25 日 国 民 年 金 部 資 料 4 国 民 年 金 保 険 料 の 後 納 制 度 の 実 施 状 況 等 について 高 齢 期 の 年 金 権 の 確 保 等 を 目 的 とした 国 民 年 金 及 び 企 業 年 金 等 による 高 齢 期 における 所 得 の 確 保 を 支 援 するための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平

More information

Dsub 高周波コンタクト

Dsub 高周波コンタクト D サフ 高周波コンタクト Dsub Coaxial Contacts D サフ 高周波コンタクトは ケーフ ルアセンフ リ後 複合 D サフ に装着可能なコンタクトです このコンタクトは複合 D サフ に装着後 専用の治具を用いて取り外すことが可能です 仕様 Specifications 絶縁抵抗 insulation resistance 接触抵抗 Contact resistance(signal)

More information

2. 主 婦 パートの 能 力 2.6 個 人 正 社 員 経 験 主 婦 パートの 9 割 以 上 が 正 社 員 経 験 あり 主 婦 パートに 正 社 員 (または 正 職 員 )でどのくらいの 期 間 働 いていたかを 聞 いたところ 全 体 の 91.6%に 正 社 員 で 働 いた 経

2. 主 婦 パートの 能 力 2.6 個 人 正 社 員 経 験 主 婦 パートの 9 割 以 上 が 正 社 員 経 験 あり 主 婦 パートに 正 社 員 (または 正 職 員 )でどのくらいの 期 間 働 いていたかを 聞 いたところ 全 体 の 91.6%に 正 社 員 で 働 いた 経 第 8 回 社 会 保 障 審 議 会 短 時 間 労 働 者 への 社 会 保 険 適 用 等 に 関 する 特 別 部 会 平 成 23 年 11 月 17 日 資 料 4 平 田 未 緒 委 員 ( 株 式 会 社 アイデム 人 と 仕 事 研 究 所 所 長 ) 提 出 資 料 2. 主 婦 パートの 能 力 2.6 個 人 正 社 員 経 験 主 婦 パートの 9 割 以 上 が 正 社

More information

Microsoft Word - 02_表紙.doc

Microsoft Word - 02_表紙.doc No. 土木工事標準積算基準書 平成 29 年 10 月 平成 30 年 5 月一部改定 ( 第 1 回 ) 山梨県県土整備部 所属 氏名 工種 直接工事費 一部改正 改正 現行 3 (1)(3) () () () ( 4 () ) ) () () () () () ) () ) 及び明細書 の単価及び金額は1 円まで1 円未満は切り捨てる ) ) 1,0001,000 ) 1,0001,000 10,00010,000

More information

第5期科学技術基本計画における目標値・指標

第5期科学技術基本計画における目標値・指標 7.% 6.% 58.1% 58.9% 59.5% 6.4% 61.% 61.5% 61.7% 61.9% 62.3% 63.5% 63.9% 5.% 4.% 3.% 2.% 1.% 44.4% 45.7% 45.1% 45.1% 44.9% 45.1% 39.2% 4.% 41.1% 41.5% 42.7% 27.6% 28.8% 29.6% 3.6% 31.4% 32.5% 33.5% 34.2%

More information

<81798B9B89EE97DE817A95FA8ECB945C945A93788C8B89CA2E786C7378>

<81798B9B89EE97DE817A95FA8ECB945C945A93788C8B89CA2E786C7378> 川崎港で採取された魚介類の放射能濃度測定結果 測定方法 : 食品中の放射性セシウム検査法 ( 厚労省 : 平成 24 年 3 月 15 日付け 食安発 0315 第 4 号別添 ) 使用測定器 : ゲルマニウム半導体検出器 ( キャンベラジャパン株式会社製 GC2518-7500RDC-2002CSL) 測定機関 : 川崎市健康安全研究所 食品衛生法上の基準値 ( 一般食品 ) Cs134 と Cs137

More information

61_設計建設14A_本文正誤表

61_設計建設14A_本文正誤表 JSME 発電用原子力設備規格設計 建設規格 ( 年版 (4 年追補含む )) 第 Ⅰ 編軽水炉規格 (JSME S NC-//4) 正誤表 ~ 規格本文 ~ 第 4 章容器 -4-59 添付 4-A. T : 板厚 ( 肉厚 )() R : 円筒内径 () Ro : 円筒外径 () γ R : 円筒平均半径 () M : 曲げモーメント (N ) N : 膜力 (N) σ : 分布応力 (MPa)

More information

40

40 40 41 42 52 53 54 150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目 14 番 6 号渋谷ヒューマックスビル 550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀二丁目 1 番 13 号 Tel: 06-6448-7521 Fax:06-6447-1896 本書の一部 または全部を無断で複写複製することは 法律で認められた場合を除き 著作権の侵害になります 製本には 十分注意いたしておりますが 乱丁

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 1 本 研 究 の 目 的 1 1 2 先 行 研 究 2 1 3 本 研 究 の 構 成 9 1 4 略 語 収 集 の 方 針 10 第 2 章 原 形 分 割 単 位 (1): 段 2 1 略 語 構 成 過 程 における 原 形 分 割 13 2 2 段 の

目 次 第 1 章 はじめに 1 1 本 研 究 の 目 的 1 1 2 先 行 研 究 2 1 3 本 研 究 の 構 成 9 1 4 略 語 収 集 の 方 針 10 第 2 章 原 形 分 割 単 位 (1): 段 2 1 略 語 構 成 過 程 における 原 形 分 割 13 2 2 段 の 日 本 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 学 位 論 文 現 代 中 国 語 略 語 研 究 構 成 過 程 上 の 制 約 と 数 詞 の 位 置 決 定 規 則 学 位 申 請 者 星 健 一 Kenichi HOSHI 平 成 25 年 11 月 7 日 目 次 第 1 章 はじめに 1 1 本 研 究 の 目 的 1 1 2 先 行 研 究 2 1 3 本 研 究 の 構 成 9 1

More information

2016/6/30 時点で修理受付可能な機種を掲載しています 通常修理料金品名 型式 修理終了年月 その他 体重体組成計 HBF 年 7 月終了 体重体組成計 HBF-202 体重体組成計 HBF-203 体重体組成計 HBF 年 6 月終了 体重体組成計 HBF

2016/6/30 時点で修理受付可能な機種を掲載しています 通常修理料金品名 型式 修理終了年月 その他 体重体組成計 HBF 年 7 月終了 体重体組成計 HBF-202 体重体組成計 HBF-203 体重体組成計 HBF 年 6 月終了 体重体組成計 HBF 2016/6/30 時点で修理受付可能な機種を掲載しています 通常修理料金品名 型式 修理終了年月 その他 HBF-201 2017 年 7 月終了 HBF-202 HBF-203 HBF-204 2017 年 6 月終了 HBF-207 HBF-208IT HBF-212 HBF-214 HBF-215F HBF-216 HBF-217 HBF-220 HBF-223 HBF-224 HBF-251

More information

法第 9 条の 3 第 6 項 平成 24 年 6 月一般廃棄物処理施設維持管理記録簿 最終処分場 最終処分場 作成日平成 24 年 7 月 10 日 対象期間 : 平成 24 年 6 月 1 日 ~ 平成 24 年 6 月 30 日 雲南市木次町里方 1369-39 雲南市 飯南町事務組合 埋め立てた一般廃棄物の種類及び数量 規則第 4 条の5の2 第 4 号イ 水質検査の実施状況と措置 ( 月

More information

2.3 GNF-J GNF-J 3.1 GNF-J 44.7km ±60 2

2.3 GNF-J GNF-J 3.1 GNF-J 44.7km ±60 2 2.3 GNF-J GNF-J 3.1 GNF-J 44.7km ±60 2 3.2 2014 26 212,802 2 7 1995 2014 7 26 20 20 0 0.5 8 JNES-RE-2013-9011 1995 2014 7 26 20 9 AIP Pd,a =5.47 10 / 3 cc Nc AIP GNF-J KISARAZU KZEYOKOSUKA HYEYOKOSUKA

More information

<96DA8E9F2E786C73>

<96DA8E9F2E786C73> ATSUGI DEVICE 総合カタログ 2017-06 DC/ACインバータ大容量型インバータバッテリ内蔵型インバータ双方向型インバータ三相型インバータ新製品単相 3 線型インバータ新製品三相 3 線型インバータ新製品 UPS 型インバータ AC/ACコンバータ AC/DCコンバータ DC/DCコンバータ充電コントローラ新製品コントロールユニット FAシリーズ LAシリーズ BAシリーズ TCシリーズ

More information

OZ Brake Pad for BMW 純正センサー取り付けできません ( 非対応です ) 1 series X 1 3 series X 3 MODEL TYPE YEAR MODEL 価格は税抜です 現在 品番価格 BP001 BP002 BP003 BP004 BP005

OZ Brake Pad for BMW 純正センサー取り付けできません ( 非対応です ) 1 series X 1 3 series X 3 MODEL TYPE YEAR MODEL 価格は税抜です 現在 品番価格 BP001 BP002 BP003 BP004 BP005 OZ Brake Pad for BMW 1 series X 1 3 series X 3 2014.3.19 現在 E82 135i 08/03~ UF16/UE15 836 本体 15,000 20,500 24,500 27,500 34,500 837 本体 19,430 22,930 26,930 29,930 34,930 E87 E84 E90 (Sedan) E91 (Touring)

More information

物件毎チラシ1-4-2

物件毎チラシ1-4-2 1-4-2 2,149,000 円 所在 神栖市一丁目 4 番 2 権利 所有権 設備 水道 引込済 神栖市役所水道課 面積 公簿 244 m2 下水道 引込済 神栖市役所下水道課 接道方位 西南西 引渡 現況 更地 約 0.4km 建ぺい率 50% 施設等 波崎第三中学校 約 3.1km 区画整理事業 柳川区画整理事業 機関約 0.4km JR 下総橘駅備考 水道の敷地内引込管は利用できない可能性があります

More information

耐火構造認定適合鋼種データ集 および鋼材の耐火性能の継続調査により 大臣認定鋼材等が適用鋼種に含まれた耐火構造認定等一覧 2019 年 2 月 13 日付一般社団法人日本鋼構造協会鋼材高温特性調査特別委員会運営会議 注意 ) 認定を取得した時期 認定を取得する際に使用した耐火構造認定適合鋼種データ集

耐火構造認定適合鋼種データ集 および鋼材の耐火性能の継続調査により 大臣認定鋼材等が適用鋼種に含まれた耐火構造認定等一覧 2019 年 2 月 13 日付一般社団法人日本鋼構造協会鋼材高温特性調査特別委員会運営会議 注意 ) 認定を取得した時期 認定を取得する際に使用した耐火構造認定適合鋼種データ集 耐火構造認定適合鋼種データ集 および鋼材の耐火性能の継続調査により 大臣認定鋼材等が適用鋼種に含まれた耐火構造認定等一覧 注意 ) 認定を取得した時期 認定を取得する際に使用した耐火構造認定適合鋼種データ集のバージョンにより 適用鋼種に含まれる鋼種が異なります 本一覧に掲載された認定等を使用する際には 認定取得者に適用鋼種等の詳細をご確認してください 注意 ) (*) は同上認定取得後に適用鋼種やサイズなどの取得条件が異なる(

More information

品質管理における寸法検査完成されたソリューションの提供

品質管理における寸法検査完成されたソリューションの提供 ? Creaform 3D CMM 3D 0.1 10 0.020 mm Creaform CMM Creaform 3D 3D CMM 0.1 m 1 m 10 m HandySCAN 3D 0.030 mm HandyPROBE 0.064 mm MetraSCAN 3D 0.064 0.064 mm + MetraSCAN 3D R-Series 3D : 1 MaxSHOT 3D HandyPROBE

More information

固定資産税 1 固定資産税の調定額調 区分構成比前年比構成比前年比 納税義務者数 ( 人 ) 課税標準額 法定未免満税点 法定以免上税点 計 合 年度平成 3 0 年度平成 2 9 年度 土地 5, % 99.8 % 6, % % 土 家 家屋 1,156

固定資産税 1 固定資産税の調定額調 区分構成比前年比構成比前年比 納税義務者数 ( 人 ) 課税標準額 法定未免満税点 法定以免上税点 計 合 年度平成 3 0 年度平成 2 9 年度 土地 5, % 99.8 % 6, % % 土 家 家屋 1,156 固定資産税 1 固定資産税の調定額調 分構成比前年比構成比前年比 納税義務者 人 法定未免満税点 法定以免上税点 合 年度平成 3 0 年度平成 2 9 年度 土 5,990 13.9 % 99.8 % 6,000 14.0 % 100.1 % 土 家 家屋 1,156 2.7 99.1 1,167 2.7 98.6 償却資産 2,306 5.4 97.7 2,361 5.5 98.3 土 15,793

More information

ぶつかり稽古ランキング 2016/5/31 現在 前回順位 1 酒井 28 戦 26 勝 2 敗 石田 32 戦 26 勝 6 敗 小山 72 戦 57 勝 15 敗 高木 51 戦 38 勝 13 敗 寺谷 37 戦 27 勝 10

ぶつかり稽古ランキング 2016/5/31 現在 前回順位 1 酒井 28 戦 26 勝 2 敗 石田 32 戦 26 勝 6 敗 小山 72 戦 57 勝 15 敗 高木 51 戦 38 勝 13 敗 寺谷 37 戦 27 勝 10 ぶつかり稽古ランキング 2016/5/31 現在 前回順位 1 酒井 28 戦 26 勝 2 敗.929 1 2 石田 32 戦 26 勝 6 敗.813 3 3 小山 72 戦 57 勝 15 敗.792 2 4 高木 51 戦 38 勝 13 敗.745 4 5 寺谷 37 戦 27 勝 10 敗.730 5 6 金野 35 戦 21 勝 14 敗.600 7 7 梅林 60 戦 35 勝 25

More information

リスニング 1 1 1.⑴~⑸のAの 発 話 に 対 するBの 問 いの 答 えとして 最 も 適 当 なものを,それぞれ 1~4の 中 から1つ 選 び,その 番 号 を 解 答 欄 にマークしなさい (25 点 ) ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ 1

リスニング 1 1 1.⑴~⑸のAの 発 話 に 対 するBの 問 いの 答 えとして 最 も 適 当 なものを,それぞれ 1~4の 中 から1つ 選 び,その 番 号 を 解 答 欄 にマークしなさい (25 点 ) ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ 1 第 89 回 (2016 年 6 月 ) 中 国 語 検 定 試 験 2 級 ( 全 11 ページ 解 答 時 間 120 分 ) 受 験 上 の 注 意 ⑴ 試 験 監 督 の 指 示 があるまで, 問 題 冊 子 を 開 いてはいけません ⑵ リスニング 試 験 終 了 後, 試 験 監 督 の 指 示 があるまで, 退 室 はできません ⑶ 退 室 時 は, 解 答 用 紙 を 裏 返 して

More information

<48508F4390B38CB48D E FA C092E88AED88EA C FD82E786C73>

<48508F4390B38CB48D E FA C092E88AED88EA C FD82E786C73> PCB 使用放電灯安定器形名一覧表 ( 注 1) 形名末尾の 5 又は 6 の表示は 周波数を表示するもので 下表では省略しています ( 注 2) 対象商品の確認は 安定器形名で行ってください ( 照明器具の形名とは異なります ) 三菱電機照明株式会社 蛍光灯安定器 ( 一般形 ) FL40 1 FD-411HE FD-42 FD-42C FD-43 FGK-40HA FGN-40HA (61 41

More information

<96B391E8>

<96B391E8> 天空率による建築確認申請図書サンプル Ver.9 改訂版 COMMUICATIO YTEM P0 断面 P9( 差分 =5.68%, 斜適 =88.64%, 計画 =94.32%) 測定高 -523 P8( 差分 =7.24%, 斜適 =84.67%, 計画 =9.9%) 測定高 -467 P7( 差分 =7.09%, 斜適 =8.97%, 計画 =89.06%) 測定高 -4 P6( 差分 =4.82%,

More information

IP Camera - EIZO IP Monitor Compatibility

IP Camera - EIZO IP Monitor Compatibility カメラ カメラバージョンバージョンバージョンバージョンバージョンバージョンバージョンバージョンファームウェア 4.3xxx 4.20xx 4.10xx 4.00xx 3.00xx 2.00xx 1.0001 1.0000 WV-SW598J - WV-SW598 - DG-SW396 - WV-SW396J - WV-SW396 - DG-SW396A - WV-SW396AJ - WV-SW396A

More information

PRIMERGY SX960 S1/SX980 S1/SX910 S1 システム構成図 (2012年8月版) 樹系図

PRIMERGY SX960 S1/SX980 S1/SX910 S1 システム構成図 (2012年8月版) 樹系図 システム構成図 本システム構成図に掲載されております商品 の価格体系につきましては 市場の価格に近く お客様にわかりやすい 希望小売価格 となっております PRIMERGY 本体等また 標準価格 で提供している商品につきましては 本システム構成図 ( 樹系図 ) では で表示してあります 1 PRIMERGY PRIMERGY 2.5 PY-S96AD1 SATA SSD(MLC)100GB / 200GB

More information

14年度MF_09短大66_p02-14[植].indd

14年度MF_09短大66_p02-14[植].indd 英語 2 第 1 問 英語 次の問い ( 問 1 問 5) において, 第一アクセント ( 強勢 ) の位置がほかの三つの場合と 異なるものを, それぞれ 1 4 の中から一つずつ選びなさい 問 1 1 em-ploy 2 ex-plore 3 ob-tain 4 of-fer 1 問 2 1 pri-vate 2 re-ceipt 3 sur-face 4 web-site 2 問 3 1 ar-ti-cle

More information

< AD928D8AEE8F E786C73>

< AD928D8AEE8F E786C73> < 資格登録業種 : 土木一式 > 特殊工事で高度技術提案型が適切であると認めた工事 高度技術提案型 70 点 (70 点 ) 案件毎に設定 22.9 億円以上 WTO 標準型 1(WTO) 54 点 (54 点 ) 9 提案 54 点 なし 22.9 億円未満 9 億円以上 9 億円未満 3 億円以上 3 億円未満 1.5 億円以上 のうちA1グループ 3 入札参加形態 :2~4 者 JV (JV

More information

2017 年度決算短信集計 連結 合計 ( 市場第一部 市場第二部 マザーズ JASDAQ)(1) 業種集計社数 ( 単位 : 社 百万円 %) 売 上 高 ( 営業収益 ) 営業利益 経常利益 2017 前年度比 前年度比 前年度比 全産業 3,250 72

2017 年度決算短信集計 連結 合計 ( 市場第一部 市場第二部 マザーズ JASDAQ)(1) 業種集計社数 ( 単位 : 社 百万円 %) 売 上 高 ( 営業収益 ) 営業利益 経常利益 2017 前年度比 前年度比 前年度比 全産業 3,250 72 2017 決算短信集計 連結 合計 ( 市場第一部 市場第二部 マザーズ JASDAQ)(1) 業種集計社数 ( 単位 : 社 百万円 %) 売 上 高 ( 営業収益 ) 営業利益 経常利益 2017 前比 2017 前比 2017 前比 全産業 3,250 721,244,356 7.50 670,921,265 49,458,928 13.23 43,681,443 53,198,523 15.55

More information

貿易投資相談ニュース臨時増刊号

貿易投資相談ニュース臨時増刊号 臨 時 増 刊 号 Oct.6, 2009 Asian Business Advisory Office Monthly Special Edition 総 合 研 究 所 ア ジ ア 業 務 室 越 境 貿 易 における 人 民 元 決 済 の 解 禁 について ~ 対 象 地 区 および 取 引 を 限 定 して 試 行 ~ これまで 中 国 企 業 との 貿 易 取 引 は 中 国 の 外 貨

More information

2016年度招生簡章 持有留學以外的其他簽證者(在日本居住)

2016年度招生簡章 持有留學以外的其他簽證者(在日本居住) 广 岛 YMCA 专 门 学 校 日 语 专 业 2016 年 度 (4 月, 10 月 ) 入 学 1. 招 生 班 级 ( 包 括 留 学 生 签 证 的 学 生 ) * 一 年 课 程 ( 只 限 于 四 月 入 学 ):60 名 * 两 年 课 程 ( 只 限 于 四 月 入 学 ):60 名 * 一 年 半 课 程 ( 只 限 于 十 月 入 学 ):60 名 2. 上 课 时 间 ( 教

More information

日本医療安全調査機構_年報0_表紙

日本医療安全調査機構_年報0_表紙 28 3 4 4 15 26 38 411 512 621 23 1 27 2 28 3 8 23 2 28 1 28 7 20 23 25 125 226 29 29 45 47 56 1 目 次 70 83 1 97 2 99 3 100 4 102 5 108 6 109 7 111 8 9 112 115 10 120 11 121 12 /122 13 129 14 131 15 132

More information

Microsoft Word - æŒ°âŸƒâŸ–ã•’æł´æŒ°å‹ƒ30㕆10,19確å®ı㕂㕕髟瀇帇仉è�·äº‹éŸ²ã…»æŠ¥å¸¸çfl�æ´»æfl¯æ‘´ç·‘咋争æ¥�費ㇳㅼㅛ表 - ㇳã…flã…¼ (è⁄ªå‰Łä

Microsoft Word - æŒ°âŸƒâŸ–ã•’æł´æŒ°å‹ƒ30㕆10,19確å®ı㕂㕕髟瀇帇仉è�·äº‹éŸ²ã…»æŠ¥å¸¸çfl�æ´»æfl¯æ‘´ç·‘咋争æ¥�費ㇳㅼㅛ表 - ㇳã…flã…¼ (è⁄ªå‰Łä 通所型サービス ( 独自 ) 表 A6 1111 A6 1112 A6 1221 A6 1222 A6 1121 A6 1122 加算コード A6 6109 A6 6129 A6 6105 サービス内容略称 算定項目 合成単位数 算定単位 事業対象者 1,647 単位 1,647 1 月につス1 要支援 1( 週 1 回 54 単位 54 1 日につス1 日割 イ通所型( 週 1,647 単位 1,647

More information

様式 -1 氾濫範囲図

様式 -1 氾濫範囲図 様式 - 氾濫範囲図 様式 -2 札内川資産データ河川名 : 札内川国勢調査 : 平成 22 経済センサス調査 : 平成 2 ブロック面積 km2 人口 人 世帯数 世帯 従業者数 産業分類別に算出 人 一般資産等基礎数量 百万円 百万円 農漁家数 戸 延床面積 m 2 水田面積 ha 畑面積 ha 水稲畑作物 一般資産額等合計 百万円 備考 基準点上流 33 94 7 69,7 0 39 2 4

More information

<834A838A834C C2E786C7378>

<834A838A834C C2E786C7378> 1 普通科 総合コース 教科 科目 1 学年 2 学年 3 学年 国語 国語総合 4 現代文 B 4 4 地歴 日本史 B 4 世界史 A 3 公民 現代社会 2 数学 数学 Ⅰ 4 数学 A 2 数学 Ⅱ 4 数学特講 Ⅰ 3 理科 物理基礎 2 化学基礎 2 生物基礎 2 生物 4 保健体育保健 1 1 体育 2 3 2 芸術 音楽 Ⅰ (2) 美術 Ⅰ (2) 書道 Ⅰ (2) 外国語 コミュニケーション英語

More information

平成28年度 看護学会集録(表紙)

平成28年度 看護学会集録(表紙) 2025 () 23 19 28 12 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 2007 2008 2011 2012 11 12 QOLQOD 201310TMSC TMSC 13 TMSC 14 :: :: 15 16 17 18 19 20 DVD Keyword 1) 2 H26 33 4 1 DVD( DVD ) DVD 1 2015 7 9 2 A 3 1 3 DVD 15 DVD

More information

CRG 2019 パーツリスト.xlsx

CRG 2019 パーツリスト.xlsx 117 ABBIGLIAMENTO - CLOTHING LINE 1 AAC.30094* CRG Tシャツ 2016- T-Shirt CRG 2016 3,000 AAC.30095.# CRG Tシャツ Kids 2016- T-Shirt CRG 2016 child 3,000 2 AAC.30121* CRG Lico ハ イロットシャツ Long Shirt L/S CRG 12,500

More information

2016 年夏期フライトスケジュール UK ロンドン ヒースロー (LHR) 便名 運行期間 月火水木金土日出発地 出発時間 到着地 到着時間 KM100 3 月 27 日 - 10 月 29 日 a a a a a a a MLA 7:20 LHR 9:45 4/13 運休 KM102 3 月 2

2016 年夏期フライトスケジュール UK ロンドン ヒースロー (LHR) 便名 運行期間 月火水木金土日出発地 出発時間 到着地 到着時間 KM100 3 月 27 日 - 10 月 29 日 a a a a a a a MLA 7:20 LHR 9:45 4/13 運休 KM102 3 月 2 2016 年夏期フライトスケジュール UK ロンドン ヒースロー (LHR) KM100 3 月 27 日 - 10 月 29 日 a a a a a a a MLA 7:20 LHR 9:45 4/13 運休 KM102 3 月 27 日 - 10 月 29 日 a a a a a a a MLA 17:05 LHR 19:30 KM106 4 月 1 日 - 10 月 28 日 a MLA 15:40

More information

㉘歯周疾患検診等結果

㉘歯周疾患検診等結果 1 調査項目 市町数 全 体 4 対象者数要精検者数 34 39 項現在歯数 39 歯肉出血 BOP 35 目歯周ポケット PD 35 歯間部清掃用具の使用状況 4 別定期的な歯石除去等の受診状況 4 定期的な歯科健診の受診状況 4 82 目標値達成者数 39 平成 28 年度歯周疾患検診等結果のまとめ 兵庫県健康福祉部健康局健康増進課調べ 2 歳 は 15~19 歳 と 2~24 歳 のデータの平均値

More information

物理基礎 + 物理 落下運動 落下運動 ❶ 重力加速度空気抵抗が無視できれば, 物体はその質量に関係なく, 同じ加速度で落下する * 地上付近で, 物体が重力のみを受けて落下するときの加速度を重力加速度という 重力加速度は鉛直下向きで, その大きさは記号 g で表され,9.8m/s で一定である 重

物理基礎 + 物理 落下運動 落下運動 ❶ 重力加速度空気抵抗が無視できれば, 物体はその質量に関係なく, 同じ加速度で落下する * 地上付近で, 物体が重力のみを受けて落下するときの加速度を重力加速度という 重力加速度は鉛直下向きで, その大きさは記号 g で表され,9.8m/s で一定である 重 物理基礎 + 物理 落下運動 落下運動 ❶ 重力加速度空気抵抗が無視できれば, 物体はその質量に関係なく, 同じ加速度で落下する * 地上付近で, 物体が重力のみを受けて落下するときの加速度を重力加速度という 重力加速度は鉛直下向きで, その大きさは記号 で表され,9.8m/s で一定である 重力加速度の大きさ =9.8 m/s ❷ 自由落下初速度 0 で落下する物体の運動 ❸ 鉛直投げおろし初速度

More information

修正 廃番他 修正 変更該当箇所 ページ番号 LOST+FOUND STANDARD COLLECTION CATALOGUE PRICE LIST 更新日 : 品番名称色 W (mm) H (mm) D (mm) 呼称 備考 メーカー希望小売価格 ( 税別 ) 修正 変更価格

修正 廃番他 修正 変更該当箇所 ページ番号 LOST+FOUND STANDARD COLLECTION CATALOGUE PRICE LIST 更新日 : 品番名称色 W (mm) H (mm) D (mm) 呼称 備考 メーカー希望小売価格 ( 税別 ) 修正 変更価格 修正 変更価格 F-01 FL-OAK90 フローリンク オーク 90 幅 FL-OAK90 CL 90 1820 15 CL 90 1820 15 ケース販売 1.638 m2 /CS 10 枚 /CS 13,900 修正 変更価格 F-01 FL-OAK90 フローリンク オーク 90 幅 FL-OAK90 90 1820 15 90 1820 15 ケース販売 1.638 m2 /CS 10

More information

2 留 学 项 目 1 北 海 道 大 学 招 收 中 国 国 家 建 设 高 水 平 大 学 公 派 研 究 生 项 目 学 生 的 通 知 项 目 信 息 来 源 : 国 际 合 作 部 项 目 简 介 : 国 家 留 学 生 基 金 委 每 年 通 过 国 家 建 设 高 水 平 大 学 公

2 留 学 项 目 1 北 海 道 大 学 招 收 中 国 国 家 建 设 高 水 平 大 学 公 派 研 究 生 项 目 学 生 的 通 知 项 目 信 息 来 源 : 国 际 合 作 部 项 目 简 介 : 国 家 留 学 生 基 金 委 每 年 通 过 国 家 建 设 高 水 平 大 学 公 1 Take what you need, Do what you want! Newsletter 欢 迎 关 注 北 京 大 学 研 究 生 国 际 交 流 简 报! 简 报 的 发 行 方 式 是 : 1. 请 在 11 月 23 日 ( 周 一 ) 及 之 后 每 两 周 的 周 一 关 注 BBS pkupa 版 ( 研 究 生 会 版 ), 我 们 会 将 每 期 简 报 通 过 发 帖

More information

投資部門別取引状況 Trading by Type of Investors ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 株式会社大阪取引所 Osaka Exchange, Inc 年 05 月第 2 週 2017/05 week2 ( 05/08-05/12 )

投資部門別取引状況 Trading by Type of Investors ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 株式会社大阪取引所 Osaka Exchange, Inc 年 05 月第 2 週 2017/05 week2 ( 05/08-05/12 ) ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 委託内訳 Breakdown of 法人内訳 Breakdown of Other Other 単位, 千円,% units, 1,000yen, % 売り Sales 69,702 15.4 9,199 1,385,203,125 15.4 182,091,863 買い Purchases 60,503 13.4 1,203,111,262

More information

投資部門別取引状況 Trading by Type of Investors ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 株式会社大阪取引所 Osaka Exchange, Inc 年 04 月第 4 週 2018/04 week4 ( 04/23-04/27 )

投資部門別取引状況 Trading by Type of Investors ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 株式会社大阪取引所 Osaka Exchange, Inc 年 04 月第 4 週 2018/04 week4 ( 04/23-04/27 ) ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 委託内訳 Breakdown of 法人内訳 Breakdown of Other Other 単位, 千円,% units, 1,000yen, % 売り Sales 34,730 10.4 5,684 773,396,201 10.5 126,599,110 買い Purchases 29,046 8.7 646,797,091

More information

2007 年パーツリスト

2007 年パーツリスト 2007 年パーツリスト 2007. 6/24 目次 1 レギュレーター DRAWING TABLE PAGE 1st STAGE 1 1stステージ MR 42 2006 E 108 31 2-3 1stステージ V 42 2005 E 101 24 4-5 1stステージ MR/V 32 EXTREME E 103 26 6-7 1stステージ MR/V 32 E 12 21 8-9 1stステージ

More information

<81A195BD90AC E93788A77944E97EF816988C4816A31302E31302E786C7378>

<81A195BD90AC E93788A77944E97EF816988C4816A31302E31302E786C7378> 09 年度米子地区学年暦 医学科 事 項 月 日 学年始 ( 前期始 ) 4 月 日 ( 月 ) 新入生オリエンテーション 4 月 日 ( 金 ) 前期授業開始 4 月 日 ( 月 ) 年次は4 月 日 ( 月 ) 入学式 4 月 日 ( 土 ) 鳥取大学記念日 月 日 ( 土 ) 前期授業終了 年次は 月 7 日 ( 水 ) 年次は 7 月 30 日 ( 火 ) 3 4 年次は 7 月 3 日 (

More information

資料編 1 大学グループ別資料 資料 1-1 資料 1-2 資料 1-3 資料 1-4 資料 1-5 資料 1-6 資料 1-7 資料 1-8 新司法試験の総合評価成績と法科大学院の成績 ( 全授業科目 ): 学生構成別新司法試験の総合評価成績と法科大学院の成績 ( 全授業科目 ): 合格率別新司法試験の短答式試験総合成績と法科大学院の成績 ( 全授業科目 ): 学生構成別新司法試験の短答式試験総合成績と法科大学院の成績

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303432348EC096B1814590A79378836A8385815B8358838C835E815B91E63133378D865F959F8C9A8EA996668BE682CC915391CC95FB88C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303432348EC096B1814590A79378836A8385815B8358838C835E815B91E63133378D865F959F8C9A8EA996668BE682CC915391CC95FB88C42E646F63> BTMU(China) 実 務 制 度 ニュースレター 国 務 院 の 中 国 ( 福 建 ) 自 由 貿 易 試 験 区 全 体 方 案 の 印 刷 発 行 に 関 する 通 知 福 建 省 で 自 由 貿 易 試 験 区 が 発 足 トランザクションバンキング 部 2015 年 4 月 20 日 国 務 院 は 広 東 天 津 福 建 にこのたび 新 しく 設 けられた 各 自 由 貿 易 試

More information

< E937893FC8E8E8EC08E7B8C8B89CA C668DDA A2E786C73>

< E937893FC8E8E8EC08E7B8C8B89CA C668DDA A2E786C73> 個別学力検査等 ( 前期日程 ) 個別学力事項志願者合格者合格者合格者入学追加募集人員志願者数検査等合格者数総合点入学者数 学群 学類 倍率 受験者数 最高点 最低点 平均点 辞退者数 合格者 人文 文化人文学類 70 229 3.3 225 82 1,350 1,092 912 960.9 6 0 76 50 154 3.1 148 57 1,800 1,429 1,248 1,304.8 7 1

More information

ぶつかり稽古ランキング 2017/10/31 現在 前回順位 1 石田 34 戦 31 勝 3 敗 酒井 51 戦 41 勝 10 敗 小山 123 戦 96 勝 27 敗 杉本 61 戦 47 勝 14 敗 高木 37 戦 23 勝 14

ぶつかり稽古ランキング 2017/10/31 現在 前回順位 1 石田 34 戦 31 勝 3 敗 酒井 51 戦 41 勝 10 敗 小山 123 戦 96 勝 27 敗 杉本 61 戦 47 勝 14 敗 高木 37 戦 23 勝 14 ぶつかり稽古ランキング 2017/10/31 現在 前回順位 1 石田 34 戦 31 勝 3 敗.912-2 酒井 51 戦 41 勝 10 敗.804 1 3 小山 123 戦 96 勝 27 敗.780 2 4 杉本 61 戦 47 勝 14 敗.770 3 5 高木 37 戦 23 勝 14 敗.622 4 6 梅林 79 戦 48 勝 31 敗.608 5 7 大倉 65 戦 37 勝 28

More information

untitled

untitled Ⅲ 利用の手引き 2. 財務比率等の解説と度数分布 の修正箇所について 部門の度数分布について下記の箇所に誤りがありました 修正箇所 : 階級範囲 全体の最頻値 上下 2.5% 削除後の最大値から変動係数の全て 38.3 25.0 35.0 40.0 45.0 50.0 55.0 60.0 65.0 70.0 249.5 24.9 29.9 34.9 39.9 44.9 49.9 54.9 59.9

More information

投資部門別取引状況 Trading by Type of Investors ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 株式会社大阪取引所 Osaka Exchange, Inc 年 11 月第 4 週 2018/11 week4 ( 11/26-11/30 )

投資部門別取引状況 Trading by Type of Investors ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 株式会社大阪取引所 Osaka Exchange, Inc 年 11 月第 4 週 2018/11 week4 ( 11/26-11/30 ) ( 日経 225 先物 / Nikkei 225 Futures) 委託内訳 Breakdown of 法人内訳 Breakdown of Other Other 単位, 千円,% units, 1,000yen, % 売り Sales 29,000 8.2 4,780 641,036,517 8.2 106,238,264 買い Purchases 24,220 6.9 534,798,253 6.9

More information

平成 28 年 11 月 8 日第 64 回中小企業退職金共済部会資料 4 独立行政法人勤労者退職金共済機構 平成 27 事業年度決算の概要

平成 28 年 11 月 8 日第 64 回中小企業退職金共済部会資料 4 独立行政法人勤労者退職金共済機構 平成 27 事業年度決算の概要 平成 28 年 11 月 8 日第 64 回中小企業退職金共済部会資料 4 独立行政法人勤労者退職金共済機構 平成 27 事業年度決算の概要 現金及び預金 188,106 有価証券 310,229 金銭信託 2,163,929 未収収益 7,828 その他 498,797 流動資産合計 3,168,890 1 有形 536 2 無形 708 3 投資その他の資産 2,910,470 合計 2,911,714

More information

平成 3 0 年 8 月 2 9 日 土地 建設産業局不動産市場整備課 不動産価格指数 ( 平成 30 年 5 月 第 1 四半期分 ) の公表 不動産価格指数は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市場価格の動向を表すものとして 国土交通省が作成したものです 全国 地域別 住宅 商業用別の市場

平成 3 0 年 8 月 2 9 日 土地 建設産業局不動産市場整備課 不動産価格指数 ( 平成 30 年 5 月 第 1 四半期分 ) の公表 不動産価格指数は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市場価格の動向を表すものとして 国土交通省が作成したものです 全国 地域別 住宅 商業用別の市場 平成 3 0 年 8 月 2 9 日 土地 建設産業局不動産市場整備課 ( 平成 30 年 5 月 第 1 四半期分 ) の公表 は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市場価格の動向を表すものとして 国土交通省が作成したものです 地域別 住宅 商業用別の市場分析を通じて 投資環境の整備などが進むことを目的としています 今般 ( 平成 30 年 5 月分 ) 及び( 第 1 四半期分 ) を公表します

More information

Microsoft Word - 王鼎棫79551212.doc

Microsoft Word - 王鼎棫79551212.doc 公 務 機 關 處 理 個 人 資 料 之 法 制 回 顧 與 檢 討 以 目 的 拘 束 原 則 於 電 腦 處 理 個 人 資 料 保 護 法 之 建 制 為 中 心 The Review of Act of Institution of Public Affairs Processing Personal Data Focus on Establishment of The Purpose Limitation

More information

Microsoft Word - 20081015.doc

Microsoft Word - 20081015.doc 请 各 位 学 友 点 击 下 述 通 知 的 相 关 链 接, 欢 迎 您 参 加 相 关 活 动 一 第 11 届 留 日 学 人 与 21 世 纪 中 国 发 展 国 际 研 讨 会 暨 中 国 改 革 开 放 30 周 年 回 顾 与 展 望 专 题 讨 论 会 恳 亲 会 第 二 轮 通 知 通 知 链 接 :http://www.liurixueren.org/subhalf.php?id=300&subjectid=1889

More information

刈払機肩掛式ゼノアブランド TR2611 部品明細書 ハスクバーナ ゼノア株式会社

刈払機肩掛式ゼノアブランド TR2611 部品明細書 ハスクバーナ ゼノア株式会社 刈払機肩掛式ゼノアブランド 部品明細書 ハスクバーナ ゼノア株式会社 ( 目次 ) エンジンブロック 電装 クラッチ燃料供給系 外装キャブレタ スタータ操作桿 ギヤケース 付属品ハンドル回り () ハンドル回り (S W) ハンドル回り (ST) スロットルレバー (S W) スロットルレバー (ST) エンシ ンフ ロック 電装 クラッチ エンシ ンフ ロック 電装 クラッチ 索引使用部品番号品名仕様適用号機標準価格番号個数

More information

< BBE1BFAF2DBADAB0D7D2B32E696E6464>

< BBE1BFAF2DBADAB0D7D2B32E696E6464> 67 68 m2 69 70 櫵 m2, m2 71 72 73 74 75 76 普及, 達到 環境 生態變的更美好 的願景 77 緑 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 日本長野県下伊那郡松川町大島 1339-1 社会福祉法人アンサンブル会是一家主要从会是 事以智能残疾人来生产 销售产品为中心的公司 产 榻榻米是我们主要的生产的产品之一产, 在日本这种 檜木榻榻米已经进入高级榻榻米市场

More information

研究者海外派遣基金補助金(研究者海外派遣基金)

研究者海外派遣基金補助金(研究者海外派遣基金) 交付決定月交付決定月交付決定月交付決定月 >2009/3/31 2009/9/30

More information

~ 4 NHK 25. 9% 38% 23. 6% 63. 9% 3? 倾化? http / /blogos. com /article /80142 / http / /opinion. huanqiu. co

~ 4 NHK 25. 9% 38% 23. 6% 63. 9% 3? 倾化? http / /blogos. com /article /80142 / http / /opinion. huanqiu. co D731. 3 A 1002-7874 2014 05-0036-19 36 1 2 3 4 5 1 2 5 2013 3 2013 8 2 ~ 4 NHK 25. 9% 38% 23. 6% 63. 9% 3? 倾化? http / /blogos. com /article /80142 / 4 2013 5 30 http / /opinion. huanqiu. com / opinion_

More information

大学院前期学生の状況入学者数 定員数 入学者数 入学者推移年度春入学 (4 月 /5 月 1 日現在 ) 秋入学 (9 月 /10 月 1 日現在 ) 令和元年度 平成 30 年度 平成 29 年度 平成 28 年度 ( 単位 : 名 ) 定員入学定員 ( 単位 : 名 ) 日本人 : 0 留学生

大学院前期学生の状況入学者数 定員数 入学者数 入学者推移年度春入学 (4 月 /5 月 1 日現在 ) 秋入学 (9 月 /10 月 1 日現在 ) 令和元年度 平成 30 年度 平成 29 年度 平成 28 年度 ( 単位 : 名 ) 定員入学定員 ( 単位 : 名 ) 日本人 : 0 留学生 大学院前期学生の状況入学者数 定員数 入学者数 入学者推移年度春入学 (4 月 /5 月 1 日現在 ) 秋入学 (9 月 /10 月 1 日現在 ) 令和元年度 定員入学定員 日本人 : 0 留学生 : 2 4 3 日本人 : 0 留学生 : 4 日本人 : 0 留学生 : 3 20 2 日本人 : 0 留学生 : 2 日本人 : 留学生 : 1 6 日本人 : 0 留学生 : 1 日本人 : 0

More information

新宮川水系の濁度情報 ( 平成 31 年 1 月 12 時の濁度 ) 確定版 濁度 ( 度 ) 各地点の濁度 上野地地点 五百瀬地点 十津川第一発電所放水口地点 重里地点 十津川第二発電所放水口地点 宮井地点 九重地点 志古地点

新宮川水系の濁度情報 ( 平成 31 年 1 月 12 時の濁度 ) 確定版 濁度 ( 度 ) 各地点の濁度 上野地地点 五百瀬地点 十津川第一発電所放水口地点 重里地点 十津川第二発電所放水口地点 宮井地点 九重地点 志古地点 新宮川水系の濁度情報 ( 平成 31 年 1 月 12 時の濁度 ) 45 35 25 15 5 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 13 14 15 16 17 18 19 2 21 22 23 24 25 26 27 28 29 3 31 1 月 1 日 ( 火 ) 1 月 2 日 ( 水 ) 1 月 3 日 ( 木 ) 1 月 4 日 ( 金 ) 1 月 5 日 ( 土 ) 1

More information

名称未設定-4

名称未設定-4 問題 1 解答用紙 1 設問 1 摘要 Ⅰ 各種所得の金額の計算不動産所得 金額計算過程 譲渡所得 総合 土地等 建物等 -177- 2 摘要金額計算過程 ( 譲渡所得のつづき ) 給与所得 4 211 800 Ⅱ 課税標準の計算 合 計 -178- 3 Ⅲ 摘要所得控除額の計算医療費控除 金額計算過程 寄附金控除 社会保険料控除 生命保険料控除 配偶者控除 配偶者特別控除 扶養控除 Ⅳ 基礎控除合計課税所得金額の計算

More information

別記農用地利用計画 (1) 農用地区域ア現況農用地等に係る農用地区域下記の 区域の範囲 欄にかかげる区域内に含まれる土地を農用地区域とする (1) 農用地区域 ( 平成 29 年 7 月 25 日 ) 区域番号 区域の範囲 農用地の区域 備考 A-1 川之江町

別記農用地利用計画 (1) 農用地区域ア現況農用地等に係る農用地区域下記の 区域の範囲 欄にかかげる区域内に含まれる土地を農用地区域とする (1) 農用地区域 ( 平成 29 年 7 月 25 日 ) 区域番号 区域の範囲 農用地の区域 備考 A-1 川之江町 別記農用地利用計画 (1) 農用地区域ア現況農用地等に係る農用地区域下記の 区域の範囲 欄にかかげる区域内に含まれる土地を農用地区域とする (1) 農用地区域 ( 平成 29 年 7 月 25 日 ) A-1 川之江町 2589-1 2599-1 2624-2 2625-1 2642-1 2671 2678-1 2687 2689 2711 2713-1 2718-2 2726 2732 2747

More information

Microsoft Word - 54期決算公告.doc

Microsoft Word - 54期決算公告.doc 第 54 期 ( 平成 20 年 4 月 1 日から平成 21 年 3 月 31 日まで ) 連結貸借対照表及び連結損益計算書 頁 連結貸借対照表 2 連結損益計算書 3 注 記 事 項 4 ( 連結貸借対照表関係 ) 貸 借 対 照 表 5 損 益 計 算 書 6 注 記 事 項 7 ( 貸借対照表関係 ) ( 損益計算書関係 ) 平成 21 年 6 月 26 日東海物産株式会社 - 1 - 連結貸借対照表

More information

untitled

untitled -133- -134- -135- -136- -137- 4 下水排除基準 対象物質又は項目 対象者 カドミウム及びその化合物シアン化合物有機りん化合物鉛及びその化合物有六価クロム化合物ひ素及びその化合物水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物アルキル水銀化合物ポリ塩化ビフェニル害トリクロロエチレンテトラクロロエチレンジクロロメタン四塩化炭素 1,2-ジクロロエタン 1,1-ジクロロエチレン物シス-1,2-ジクロロエチレン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F3130333030325FA57EBB79B8735FB0F2B6A9A5ABA870A5DFA5FAB6A9B0AAAFC5AE61A8C6B0D3B77EC2BEB77EBEC7AED55FA4E9A4E5C3FE5FBDD7A4E5C3FE5F4C494E45A142576543686174A1425768617473417070A8CFA5CEAE74B2A7AABAA4C0AA52A1D

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F3130333030325FA57EBB79B8735FB0F2B6A9A5ABA870A5DFA5FAB6A9B0AAAFC5AE61A8C6B0D3B77EC2BEB77EBEC7AED55FA4E9A4E5C3FE5FBDD7A4E5C3FE5F4C494E45A142576543686174A1425768617473417070A8CFA5CEAE74B2A7AABAA4C0AA52A1D 全 國 高 職 學 生 103 年 度 專 題 暨 創 意 製 作 競 賽 報 告 書 封 面 群 別 : 外 語 群 參 賽 作 品 名 稱 :LINE WeChat WhatsApp 使 用 差 異 的 分 析 - 以 學 校 學 生 為 中 心 - 關 鍵 詞 :LINE WeChat WhatsApp I 要 旨 時 代 の 変 化 につれて 人 はスマートフォンを 使 い 始 めました いろいろな

More information

SurveyMonkey分析 - Export

SurveyMonkey分析 - Export Q ご自身の職種をお聞かせください Answered:, Skipped: 医師看護師臨床工学技士理学療法士作業療法士 薬剤師管理栄養士その他 ( 具体的に ) 医師 看護師 臨床工学技士 理学療法士 作業療法士 薬剤師 8 管理栄養士 その他 ( 具体的に ) 8.%.%.% 8,.%.%.% 8.% / Q 第 回日本集中治療医学会学術集会に Answered:, Skipped: 参加した 参加しなかった

More information

JTHB30-3 FJA xlsx

JTHB30-3 FJA xlsx JTHB0- サイドマウントブラケット BTTABA0 サイト マウントフ ラケット 00- -0- コマツロコ フ レート 00- BTBJBM0 フ ラケットフ ッシュ ( ウチハハ mm, ヒ ンケイ mm) コマツ 00-0 BTBJBF0 フ ラケットフ ッシュ ( ウチハハ mm, ヒ ンケイmm) タシャ 00- BTBJBN0 フ ラケットフ ッシュ ( ウチハハ mm, ヒ ンケイmm)

More information

平成 3 0 年 9 月 2 6 日 土地 建設産業局不動産市場整備課 不動産価格指数 ( 平成 30 年 6 月 第 2 四半期分 ) の公表 不動産価格指数は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市場価格の動向を表すものとして 国土交通省が作成したものです 全国 地域別 住宅 商業用別の市場

平成 3 0 年 9 月 2 6 日 土地 建設産業局不動産市場整備課 不動産価格指数 ( 平成 30 年 6 月 第 2 四半期分 ) の公表 不動産価格指数は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市場価格の動向を表すものとして 国土交通省が作成したものです 全国 地域別 住宅 商業用別の市場 平成 3 0 年 9 月 2 6 日 土地 建設産業局不動産市場整備課 ( 平成 30 年 6 月 第 2 四半期分 ) の公表 は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市場価格の動向を表すものとして 国土交通省が作成したものです 地域別 住宅 商業用別の市場分析を通じて 投資環境の整備などが進むことを目的としています 今般 ( 平成 30 年 6 月分 ) 及び( 第 2 四半期分 ) を公表します

More information

CVIM2009-yoshinaga.dvi

CVIM2009-yoshinaga.dvi y1 y1 y1 1 Pedestrian Estimation Real-time Using Blob Features Satoshi Yoshinaga, y1 Atsushi Shimada y1 and Rin-ichiro Taniguchi y1 propose a system which estimates how many and where pedestrians are We

More information

[ 資料 3-4] 内閣府の依頼に基づくレコードスケジュール付与状況の確認実施状況 ( 平成 23 年度新規作成 取得分 ) 行政機関名 内閣府からの確認依頼日 RS 報告件数 平成 23 年度新規作成 取得分 うち 25 年度満了件数 照会数意見数進捗状況 内閣官房平成 24 年 11 月 27

[ 資料 3-4] 内閣府の依頼に基づくレコードスケジュール付与状況の確認実施状況 ( 平成 23 年度新規作成 取得分 ) 行政機関名 内閣府からの確認依頼日 RS 報告件数 平成 23 年度新規作成 取得分 うち 25 年度満了件数 照会数意見数進捗状況 内閣官房平成 24 年 11 月 27 [ 資料 3-4] 内閣府の依頼に基づくレコードスケジュール付与状況の確認実施状況 ( 平成 23 年度新規作成 取得分 ) RS 報告件数 平成 23 年度新規作成 取得分 うち 25 年度満了件数 照会数意見数進捗状況 内閣官房平成 24 年 11 月 27 日 68 0 18 1 終了 内閣法制局平成 24 年 11 月 27 日 633 作業中 公務員事務局平成 24 年 11 月 27 日

More information

-69 添付

-69 添付 -69 添付 -70 添付 -71 添付 -72 添付 -73 添付 -74 添付 -75 添付 -76 添付 -77 添付 -78 添付 -79 添付 -80 添付 -81 添付 -82 添付 -83 添付 -84 添付 -85 添付 -86 添付 -87 添付 -88 添付 -89 添付 -90 添付 -91 添付 -92 添付 -93 添付 -94 添付 -95 添付 添付 -96 -97 添付

More information

R220_平均価額(確)_ _ XLS

R220_平均価額(確)_ _ XLS 31700 春キャベツ 2019 年 05 月 16 日 -2019 年 06 月 30 日 保証基準額 最低基準額 東北 62.00 41.31 2019 年 05 月下旬 99.11 2019 年 06 月上旬 80.65 中旬 71.19 下旬 62.92 関東 60.50 40.32 2019 年 05 月下旬 96.70 2019 年 06 月上旬 78.11 中旬 68.61 下旬 63.44

More information

2018 年 9 月 12 日 PRESS RELEASE 報道関係各位 Spring Japan 2018 冬ダイヤ 国内 国際線航空券販売開始 春秋航空日本株式会社 ( 本社 : 千葉県成田市 代表取締役社長 : 樫原利幸 以下 :Spring Japan) は本日 9 月 12 日 ( 水 )

2018 年 9 月 12 日 PRESS RELEASE 報道関係各位 Spring Japan 2018 冬ダイヤ 国内 国際線航空券販売開始 春秋航空日本株式会社 ( 本社 : 千葉県成田市 代表取締役社長 : 樫原利幸 以下 :Spring Japan) は本日 9 月 12 日 ( 水 ) 2018 年 9 月 12 日 PRESS RELEASE 報道関係各位 Spring Japan 2018 冬ダイヤ 国内 国際線航空券販売開始 春秋航空日本株式会社 ( 本社 : 千葉県成田市 代表取締役社長 : 樫原利幸 以下 :Spring Japan) は本日 9 月 12 日 ( 水 )12 時より国内 国際線冬ダイヤ (2018 年 10 月 28 日から 2019 年 3 月 30

More information

トプコン JSIMA 適用区分一覧表 1. レベル 2. セオドライト 3. トータルステーション 4. レーザ測量機器 製品に関するお問合せは トプコンポジショニングコールセンターまでお願い致します TEL /8

トプコン JSIMA 適用区分一覧表 1. レベル 2. セオドライト 3. トータルステーション 4. レーザ測量機器 製品に関するお問合せは トプコンポジショニングコールセンターまでお願い致します TEL /8 トプコン JSIMA 適用区分一覧表 1. レベル 2. セオドライト 3. トータルステーション 4. レーザ測量機器 製品に関するお問合せは トプコンポジショニングコールセンターまでお願い致します TEL 0120-54-1199 1/8 1. レベル 自動レベル 電子レベル チルチングレベル モデル名 AT-F1 AT-F1A AT-F2 AT-F3 AT-F5 AT-F6 AT-G1 AT-G2

More information

7. 桝類 1/46 CONCRETE CATALOG 北海道型雨水桝用グレーチング 施主 区分荷重条件 形式 受枠寸法 グレーチングピッチ 重量 対応する主な桝 K-1S 470x540x Ⅰ-A 上部桝 導水水抜桝 開 車 K-2S 365x420x Ⅱ-A 上部桝

7. 桝類 1/46 CONCRETE CATALOG 北海道型雨水桝用グレーチング 施主 区分荷重条件 形式 受枠寸法 グレーチングピッチ 重量 対応する主な桝 K-1S 470x540x Ⅰ-A 上部桝 導水水抜桝 開 車 K-2S 365x420x Ⅱ-A 上部桝 7. 桝類 1/46 CONCRETE CATALOG 北海道型雨水桝用グレーチング 施主 区分荷重条件 形式 受枠寸法 グレーチングピッチ 重量 対応する主な桝 K-1S 470x540x56 29.5 Ⅰ-A 上部桝 導水水抜桝 開 車 K-2S 365x420x56 18.6 Ⅱ-A 上部桝 K-3S 512x800x81 67.0 Ⅰ-B 上部桝 発 T-25 K-5S 711x710x71

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D918C9A8DDE92B28DB895F18D902E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D918C9A8DDE92B28DB895F18D902E646F6378> BCJ 委 託 調 査 中 国 における 建 築 製 品 の 基 準 規 格 と 認 証 制 度 に 関 する 調 査 報 告 書 2013 年 7 月 株 式 会 社 呉 建 築 事 務 所 呉 東 航 目 次 1 建 築 製 品 の 基 準 規 格 1-1 中 国 の 基 準 規 格 体 系 P.1 1-2 国 家 標 準 P.2 1-3 業 界 標 準 P.2 1-4 建 築 製 品 に 関

More information

Microsoft Word - ProductNotice-Migration-SLC-series.docx

Microsoft Word - ProductNotice-Migration-SLC-series.docx 日付 : To: From: 件名 : 2015 年 7 月 9 日ロックウェル オートメーションのお客様へロックウェル オートメーションジャパンのご報告 SLC ビジネスは の列にリストした日付で 以下の SLC に関連する製品が生産終了または販売終了になることをご報告します SLC コントローラのカタログ番号 SLC コントローラ 1 1747 L511 EOL ( 生産終了 ) 01/31/2017

More information

病院機能別 制度別 医療費等の状況

病院機能別 制度別 医療費等の状況 平成 28 年度 病院機能別制度別 医療費等の状況 平成 30(2018) 年 2 月 厚生労働省保険局調査課 MC-1 施設数 病院機能別制度別医療費等の状況 ( 平成 28 年度 ) 平成 28 年度 8,536 5,913 85 532 1,665 4,248 2,980 2,619 1,078 1,329 5,417 平成 27 年度 8,589 5,943 84 506 1,578 4,365

More information

_JGN19012_JGM_2018APR.xlsx

_JGN19012_JGM_2018APR.xlsx 1.JAL グループ国際線輸送実績 (1) 旅客輸送実績推移 JAL 国際線 旅客旅客数 ( 人 ) 前年比 (%) RPK( 千人キロ ) 前年比 (%) ASK( 千座席キロ ) 前年比 (%) 利用率 (%) 2017 年度 8,585,399 102.3 42,013,111 103.4 51,836,491 102.4 81.0 2018 年 4 月 739,560 109.0 3,539,138

More information

平成 3 0 年 1 2 月 2 6 日土地 建設産業局不動産市場整備課 不動産価格指数 ( 平成 30 年 9 月 第 3 四半期分 ) の公表 住宅の不動産価格指数は 46 ヶ月連続して前年同月比で上昇し 前年同月比で 0.1% 上昇 不動産価格指数は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市

平成 3 0 年 1 2 月 2 6 日土地 建設産業局不動産市場整備課 不動産価格指数 ( 平成 30 年 9 月 第 3 四半期分 ) の公表 住宅の不動産価格指数は 46 ヶ月連続して前年同月比で上昇し 前年同月比で 0.1% 上昇 不動産価格指数は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市 平成 3 0 年 1 2 月 2 6 日土地 建設産業局不動産市場整備課 ( 平成 30 年 9 月 第 3 四半期分 ) の公表 住宅のは 46 ヶ月連続して前年同月比で上昇し 前年同月比で 0.1% 上昇 は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市場価格の動向を表すものとして 国土交通省が作成したものです 地域別 住宅 商業用別の市場分析を通じて 投資環境の整備などが進むことを目的としています

More information

MOMO WHEEL 輸入車アプリケーション 2015/03/30 版 スライドボルト仕様 フェンダー注意 AUDI 1 要純正フェンダーモールディング 1 キャリパー注意 2 要ローダウン WHEEL COLOR SIZE NUMBER OFF WHEEL CAR WHEE HXP.C.D LHU

MOMO WHEEL 輸入車アプリケーション 2015/03/30 版 スライドボルト仕様 フェンダー注意 AUDI 1 要純正フェンダーモールディング 1 キャリパー注意 2 要ローダウン WHEEL COLOR SIZE NUMBER OFF WHEEL CAR WHEE HXP.C.D LHU LHUB MAKER YEAR GRAE NUT/ M-50 Hypersilver 7 x 16 W50H70641500 41 5x100 72.3 ALFA 147 2001/10~2005/3 2.0TS/2.0TSセレスヒ ート 5x98 58.1 ACO1225 スライドボルト使用 M-50 Hypersilver 7 x 17 W50H70735500 35 5x100 72.3 ALFA

More information

JTHB210-3 FJA xlsx

JTHB210-3 FJA xlsx JTHB0- サイドマウントブラケット 00-- 6 7 0 6 7 索引 記号 品番 品名 個数 適合号機 BT000 サイト マウントフ ラケット 00-77-70- コマツロコ フ レート 00- BTDJDA0 フ ラケットフ ッシュ ( ウチハハ mm, ヒ ンケイ0mm) コマツ 00- BTDJDG0 フ ラケットフ ッシュ ( ウチハハ 7mm, ヒ ンケイ0mm) タシャ 00-

More information

<DADDBCDECCB0C4DECCA7DDBDB2AFC191CE899E955C2E786C73>

<DADDBCDECCB0C4DECCA7DDBDB2AFC191CE899E955C2E786C73> 対象機種 品名コード品名品名コード タカラレンシ フート ファンスイッチ対応表 ( シロッコ ターホ ファン用 ) 標準スイッチ 品名 供給 供給可否 常備非常備 部品センター 品名コード 品名 常備非常備 部品センター 備考 2009.7.10 更新 461271 VB-60 M 196329 VBスイッチクミ ( カン ) 否 供給不可 ( 代替無し ) 461273 VB-75 M 196329

More information

GX240T2 SJGパーツリスト201903

GX240T2 SJGパーツリスト201903 meiwa コンクリートカッタ搭載エンジンパーツリスト 搭載型式適応号機 HC140 11001- 目次 E-2 シリンダーヘッド E-3 シリンダーバレル E-6 クランケースカバー E-7 クランクシャフト E-8 ピストン E-9 カムシャフト E-11 リコイルスターター E-12 ファンカバー E-14 キャブレター E-15 エアークリーナー E-16 マフラー E-17 フューエルタンク

More information

微量急速凝固採血管を用いた 自己採血検査の検討 日本赤十字社医療センター検査部 喜島康雄

微量急速凝固採血管を用いた 自己採血検査の検討 日本赤十字社医療センター検査部 喜島康雄 微量急速凝固採血管を用いた 自己採血検査の検討 日本赤十字社医療センター検査部 喜島康雄 検討内容 生化学 22 項目 血算 5 項目における血と血の相関及び 室温 冷蔵における保存安定性の検討 対象 : 健常者男性 29 名 女性 23 名計 52 名 自己採血キット : ヘルス ウェーブ ジャパン Self Dock Club 採血管 : 生化学 血算用セキスイインセパック SQⅡ 生化学分析

More information

<94CC94848C6F97F02E786C7378>

<94CC94848C6F97F02E786C7378> 全製品共通 2008ベース製品からのアップグレード (3バージョン前より) 2011 年 3 月 15 日 2007ベース製品からのアップグレード クロスグレード (3バージョン前より) 2010 年 3 月 15 日 2007ベース製品からのサブスクリプションレトロクティブ (3バージョン前より) 2010 年 3 月 15 日 2010へのアップグレード (2010 年 4 月までに2010がリリースされた製品

More information

Forst Import 車種適合表

Forst Import 車種適合表 A クラス A160 エレカ ンス G-168033 166 1.6 1998 2001 M166.960 T-BE14C (168) GH-168033 166 1.6 2002 ~ M166.960 A160L エレカ ンス GH-168133 166 1.6 2002 ~ M166.960 T-BE14C A190 アハ ンキ ャルト G-168032 1669 1.9 1999 2001 M166.990

More information

目 录 1 学 长 寄 语 2 留 学 前 准 备 2-1 留 学 计 划 表 2-2 院 校 规 划 2-3 语 言 考 试 2-4 院 校 申 请 2-5 留 学 费 用 2-6 签 证 2-7 行 前 准 备 3 留 学 生 活 3-1 留 学 路 上 3-2 实 用 信 息 3-3 学 习

目 录 1 学 长 寄 语 2 留 学 前 准 备 2-1 留 学 计 划 表 2-2 院 校 规 划 2-3 语 言 考 试 2-4 院 校 申 请 2-5 留 学 费 用 2-6 签 证 2-7 行 前 准 备 3 留 学 生 活 3-1 留 学 路 上 3-2 实 用 信 息 3-3 学 习 日 本 仙 台 留 学 锦 囊 闫 维 霞 目 录 1 学 长 寄 语 2 留 学 前 准 备 2-1 留 学 计 划 表 2-2 院 校 规 划 2-3 语 言 考 试 2-4 院 校 申 请 2-5 留 学 费 用 2-6 签 证 2-7 行 前 准 备 3 留 学 生 活 3-1 留 学 路 上 3-2 实 用 信 息 3-3 学 习 就 业 3-4 餐 饮 住 宿 3-5 校 园 生 活 3-6

More information

GREETNG 致 辞 JBAN 2016 暨 二 十 周 年 大 会 举 办 时 间 :2016 年 8 月 1 日 ( 周 一 )~ 8 月 4 日 ( 周 四 ) 举 办 地 点 : 东 21 东 京 酒 店 大 家 一 起, 握 住 梦 想! 一 个 小 小 的 气 球, 就 能 为 空 间

GREETNG 致 辞 JBAN 2016 暨 二 十 周 年 大 会 举 办 时 间 :2016 年 8 月 1 日 ( 周 一 )~ 8 月 4 日 ( 周 四 ) 举 办 地 点 : 东 21 东 京 酒 店 大 家 一 起, 握 住 梦 想! 一 个 小 小 的 气 球, 就 能 为 空 间 Anniversary th S I N CE 1997-20 1 6 Dream f r the Future 大 家 一 起, 握 住 梦 想! GREETNG 致 辞 JBAN 2016 暨 二 十 周 年 大 会 举 办 时 间 :2016 年 8 月 1 日 ( 周 一 )~ 8 月 4 日 ( 周 四 ) 举 办 地 点 : 东 21 东 京 酒 店 大 家 一 起, 握 住 梦 想!

More information

GX270T2 SJGパーツリスト201903

GX270T2 SJGパーツリスト201903 meiwa コンクリートカッタ搭載エンジンパーツリスト 搭載型式適応号機 HC150 11001- 目次 E-2 シリンダーヘッド E-3 シリンダーバレル E-6 クランケースカバー E-7 クランクシャフト E-8 ピストン E-9 カムシャフト E-11 リコイルスターター E-12 ファンカバー E-14 キャブレター E-15 エアークリーナー E-16 マフラー E-17 フューエルタンク

More information

Microsoft Word - ジャーナル表紙.doc

Microsoft Word - ジャーナル表紙.doc ISSN 1882-6571 ICCS 現 代 中 国 学 ジャーナルⅢ ICCS Journal of Modern Chinese Studies 2016 年 3 月 ICCS 現 代 中 国 学 ジャーナル 編 集 委 員 会 ICCS-JMCS editorial board 愛 知 大 学 国 際 中 国 学 研 究 センター 453-8777 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平

More information

第 41 巻 1 号 宮崎県農業気象速報 平成 31 年 1 月上旬 気象概況 宮崎地方気象台平成 30 年 1 月 15 日 この期間は 高気圧に覆われて晴れた日と 気圧の谷や寒気の影響を受けて曇りや雨の日が短い周期で経過し 少雨だった 県内各地の旬平均気温は 平年差 0.0 ~+1.7 の平年並

第 41 巻 1 号 宮崎県農業気象速報 平成 31 年 1 月上旬 気象概況 宮崎地方気象台平成 30 年 1 月 15 日 この期間は 高気圧に覆われて晴れた日と 気圧の谷や寒気の影響を受けて曇りや雨の日が短い周期で経過し 少雨だった 県内各地の旬平均気温は 平年差 0.0 ~+1.7 の平年並 第 41 巻 1 号 宮崎県農業気象速報 平成 31 年 1 月上旬 気象概況 宮崎地方気象台平成 30 年 1 月 15 日 この期間は 高気圧に覆われて晴れた日と 気圧の谷や寒気の影響を受けて曇りや雨の日が短い周期で経過し 少雨だった 県内各地の旬平均気温は 平年差 0.0 ~+1.7 の平年並で 小林では平年よりかなり高かった 旬降水量は 0.0mm~1.5mm( 0%~6%) で平年よりかなり少なく

More information

平成 27 年度 7 月分 (7/1-7/30) 運賃設定状況 ( 運賃の設定期間等は 会社 運賃種別により異なる ) 羽田 - 新千歳線 届出月日 会社名 7/2 7/2 7/2 7/3 7/3 7/15 7/24 7/27 運賃種別 JAL JAL JAL ANA ANA JAL JAL ANA

平成 27 年度 7 月分 (7/1-7/30) 運賃設定状況 ( 運賃の設定期間等は 会社 運賃種別により異なる ) 羽田 - 新千歳線 届出月日 会社名 7/2 7/2 7/2 7/3 7/3 7/15 7/24 7/27 運賃種別 JAL JAL JAL ANA ANA JAL JAL ANA 平成 27 年度 7 月分 (7/1-7/30) 運賃設定状況 羽田 - 新千歳線 7/2 7/2 7/2 7/3 7/3 7/15 7/24 7/27 JAL JAL JAL ANA ANA JAL JAL ANA 普通運賃 39,900 39,900 39,900 39,900 39,900 39,900 39,900 39,900 往復運賃 35,900 35,900 35,900 35,900

More information

プロシーディングス A Study of Hedge Accounting in the Japanese Banking Industry Masayuki Matsuyama, Development Bank of Japan Inc. Research Institute of Capita

プロシーディングス A Study of Hedge Accounting in the Japanese Banking Industry Masayuki Matsuyama, Development Bank of Japan Inc. Research Institute of Capita プロシーディングス A Study of Hedge Accounting in the Japanese Banking Industry Masayuki Matsuyama, Development Bank of Japan Inc. Research Institute of Capital Formation Senior Economist 要旨本稿は 日本の銀行業におけるヘッジ会計の適用についての分析である

More information

2 华 子 岗 飞 鸟 去 不 穷, 连 山 复 秋 色 上 下 华 子 岗, 惆 怅 情 何 极 苍 茫 的 天 空 中, 成 群 的 鸟 儿 向 南 飞 翔 着, 一 群 又 一 群, 接 连 不 断 连 绵 起 伏 重 重 叠 叠 的 山 峦 又 是 一 片 秋 色 我 有 时 登 上 华 子

2 华 子 岗 飞 鸟 去 不 穷, 连 山 复 秋 色 上 下 华 子 岗, 惆 怅 情 何 极 苍 茫 的 天 空 中, 成 群 的 鸟 儿 向 南 飞 翔 着, 一 群 又 一 群, 接 连 不 断 连 绵 起 伏 重 重 叠 叠 的 山 峦 又 是 一 片 秋 色 我 有 时 登 上 华 子 7 解 説 文 および 物 語 文 の 講 読 と 聞 き 取 りの 練 習 ( 総 合 情 報 処 理 センター 実 習 室 F 体 会 漢 語 上 級 編 詩 と 物 語 編 対 応 ) 詩 と 物 語 (1) 光 と 水 と 空 この 教 材 は 唐 代 の 詩 人 王 維 の 詩 ( 網 川 集 *より)と その 解 釈 文 の 講 読 を 通 して 中 国 語 文 の 講 読 練 習 をしようとするものです

More information

製造中止商品のお知らせ 下記商品は製造中止とさせて頂きます 商品により在庫があるものもございますのでお問合せ下さい 2019/3/14 close to me St SR 製造中止 ~ close to me St SR 製造中止 close to me St

製造中止商品のお知らせ 下記商品は製造中止とさせて頂きます 商品により在庫があるものもございますのでお問合せ下さい 2019/3/14 close to me St SR 製造中止 ~ close to me St SR 製造中止 close to me St 製造中止商品のお知らせ 下記商品は製造中止とさせて頂きます 商品により在庫があるものもございますのでお問合せ下さい 2019/3/14 close to me St SR11-001 製造中止 15.3.31~ close to me St SR11-002 製造中止 close to me St SBR11-003.004 製造中止 15.10.08~ close to me St SN11-001.002

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20959F89AA8D5D9168838A83548343834E838B8CF097AC875595F18D908F91816993FA95B68DC58F4994C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20959F89AA8D5D9168838A83548343834E838B8CF097AC875595F18D908F91816993FA95B68DC58F4994C5816A2E646F63> 平 成 23 年 度 インフラ システム 輸 出 促 進 調 査 等 委 託 費 自 治 体 間 ( 福 岡 県 - 江 蘇 省 ) 連 携 に よる 循 環 型 都 市 協 力 推 進 調 査 事 業 報 告 書 平 成 24 年 3 月 経 済 産 業 省 目 次 I. 調 査 概 要... 1 I-1. 背 景 と 目 的... 1 I-2. 調 査 概 要... 2 I-3. 調 査 体

More information

Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅱ ~ Ⅲ !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information