<4D F736F F F696E74202D F30315F928690EC90E690B682CC95F18D F8CCB8E7382F082DF82AE82E9906C8CFB93AE91D482C68FAB

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F F696E74202D F30315F928690EC90E690B682CC95F18D F8CCB8E7382F082DF82AE82E9906C8CFB93AE91D482C68FAB"

Transcription

1 資料 3 ー 1 第 3 回今後の神戸市の人口動態に関する有識者会議 2015 年 3 月 5 日三宮コンベンションセンター 神戸市をめぐる人口動態と 将来人口推計 中川聡史神戸大学経済学研究科 u.ac.jp 1

2 神戸市全体の人口動態の現状 1 1 戦後 震災までは郊外 ( 垂水区 北区 西区 ) で人口増加 既成市街地では人口変化なし 2 震災以降 郊外の人口が停滞し 既成市街地の中 東部 ( 東灘区 灘区 中央区 ) は人口増加 既成市街地西部は人口変化なし ~ 減少 3 将来人口をみると 市全体で人口減少 既成市街地中 東部のみ人口変化なし その他は人口減少 2

3 神戸市の人口推移 阪神淡路大震災 神戸市 人 口(人) 年 将来推計 市街地中東部 ( 東灘区 灘区 中央区 ) 市街地西部 ( 兵庫区 長田区 須磨区 ) 郊外地域 ( 垂水区 北区 西区 ) 資料 : 国勢調査 ( 各年 ) 日本の地域別将来推計 ( 人口国立社会保障 人口問題研究所 2013 年 ) 3

4 神戸市全体の人口動態の現状 2 4 人口変化は出生と死亡 ( 自然増加 ) 転入と転出 ( 社会増加 ) の 4 つ /2 つの要因による 5 出生数の停滞と死亡数の着実な増加により自然減少 転入数と転出数は拮抗 人口減少が始まる 6 かつては西日本諸県に対して大きな転入超過 対兵庫県は 1980 年代後半より転入超過 対大阪府も同様に転入超過 しかし近年は対兵庫県 大阪府で転出入が拮抗 関東に対しては常に転出超過 近年はその影響が大きい 4

5 90000 神戸市の人口動態 転入転出出生死亡 転出入 出生死亡数 増加数 社会増加 自然増加 人口増加 年 年 資料 : 住民基本台帳人口移動報告 ( 各年 ) 人口動態統計 ( 各年 ) 5

6 30000 神戸市の人口移動 ( 相手地域 ) 転入超過数 その他西日本 兵庫県 大阪府 関東 その他東日本 年 転入超過数 (1958 年 ~2013 年 ) 資料 : 住民基本台帳人口移動報告 ( 各年 ) 6

7 神戸市内部の動き 2000 年 北区から六甲南麓の区への転出 須磨区と垂水区から西区への転出 2013 年 西区が転出超過に 東灘区 中央区 垂水区に人口が動く 7

8 周辺市町との関係 年 : 大阪市 西宮市 明石市に対して転入超過 2013 年 ; 大阪市 西宮市 明石市に対して転出超過 8

9 周辺市町との関係 2 ー神戸大都市圏を考える 通勤 通学に関する統計をもとに大都市圏 ( 神戸市への通勤 通学率の高い市町 ) を設定 近年 神戸市内圏と西宮 芦屋 宝塚で人口増加 とくに 15 歳未満の人口が増加していることに注目したい 9

10 [ 千人 ] 3,500 神戸大都市圏の人口推移 ( ) 3,000 1,007 2,500 2,000 1, , 神戸内圏 ( 東灘区 灘区 中央区 兵庫区 長田区 ) 神戸外圏 ( 須磨区 垂水区 北区 西区 ) 西宮市 + 芦屋市 + 宝塚市周辺自治体 ( 西宮市 芦屋市 宝塚市を除く ) 資料 : 国勢調査 10

11 [ 千人 ] 神戸大都市圏の 15 歳未満人口の推移 ( ) 神戸内圏 ( 東灘区 灘区 中央区 兵庫区 長田区 ) 西宮市 + 芦屋市 + 宝塚市資料 : 国勢調査神戸外圏 ( 須磨区 垂水区 北区 西区 ) 周辺自治体 ( 西宮市 芦屋市 宝塚市を除く )

12 小学校区を単位とした分析の試み 12

13 H22 男性未婚率 (%) 凡例 西区 30 Ü 平野 ( 西区 ) 32.3 出合 32.8 枝 30.9 神出 36.8 玉津第一 26.3 春日台樫野台 高津橋 km 美多台 30.5 竹の台 27.2 高和 27.2 伊川谷 35.3 有瀬 35.1 台 23.6 井西 24.3 垂水区 北山 24.7 押部谷 29.9 狩場台 25.2 井東 21 長坂 45.1 月が丘 31.2 桜が丘 25.1 櫨谷 29.1 小寺 28.8 東町 29.8 小束山 25.8 太山寺 40.6 菅の台 25.6 木津 24 神の谷松尾 菅の台 25. 西落合 28.7 淡河 33 白川 29.4 東落合 30 花谷 山田 26.7 藍那 竜が台南落合 横尾 28.4 星和台 23.3 ひよどり台 28 好徳 41.2 若草ひどり台雀丘 丸山 小部 29 大沢 31.1 谷上 31.6 広陵 25 八多 29.1 こうべ 長尾 20.1 湊山 34 央 40.5 多井畑明親 本多聞明親つつじが丘東須磨長田南御蔵 34.7 蓮池多聞台 28.7 名谷 多聞東 32.7 下畑台 高倉台浜山神陵台 26.7 西脇下畑台 25.8 だいち真陽真野 和田岬 29.2 多聞南 西舞子 北須磨駒ケ林 28.2 塩屋北 27.3 千鳥が丘 27.9 若宮 福田西須磨 34.6 舞子千代が丘乙 28.8 兵 28.8 東舞子木 塩屋長 25.1 庫高丸 27.3 震ケ丘 31.1 東垂水区 垂水 34.3 妙法寺 32.6 須磨区 北区 北五葉 26.5 鈴蘭台南五葉 38.3 板宿 33.6 泉台 影 31.7 長田 30 五位の池 箕谷 28 箕谷 28 桂木甲緑 小部東 平野 ( 兵庫区 ) 35.3 荒田山の手 34.3 夢野の丘湊川多聞 名倉 34.1 湊会下山 39.4 宮川 31.9 室内兵庫大開 水木 池田 31.4 桜の宮 29.8 田区 筑紫が丘 24.7 大池花山 花山 28.2 花山 28.2 藤原台 30.1 摩耶 30.6 鹿の子台 28.6 西山 26.7 港島 31.6 唐橿 27.6 美野丘 26.9 有野 30 有野東 30.7 有野台 25.5 六甲山 15.5 上筒井福稗田 春日野宮本 なぎさ 23.7 中央区 西灘 38 港島 31.6 鶴甲 34.2 六甲 41 灘 37 西 34.2 道場 33.3 有馬 34.5 高羽 御影北 灘区 向羊 21.2 本山第三 26.4 渦が森 26.1 本山第二 29.8 本山第一 30.8 徳 32.9 御影 御影 魚崎 31 本山南東灘 福池 29.4 六甲アイランド 25.9 東灘区 本 32.3 資料 : 国勢調査 13

14 H22 女性未婚率 (%) 凡例 西区 23.4 Ü 平野 ( 西区 ) 21.1 出合 23.5 枝 23.5 神出 23.1 玉津第一 21 春日台 24.8 高津橋 22.8 美多台 29.4 竹の台 26.3 樫野台 km 高和 20.7 伊川谷 25.6 有瀬 27 台 24.8 井西 22.6 垂水区 北山 19.9 押部谷 21.3 狩場台 24.6 井東 22.2 長坂 31 月が丘 27 桜が丘 19.5 櫨谷 19.8 小寺 29.1 東町 25.2 小束山 22.2 太山寺 40.3 菅の台 19.9 木津 20.9 神の谷松尾 菅の台 19. 西落合 23.7 淡河 19.6 白川 23.9 東落合 24.2 花谷 山田 19.2 藍那 竜が台南落合 横尾 23.4 星和台 21.3 ひよどり台 20.9 好徳 27 若草ひどり台 雀 丘 丸山 21.2 小部 25.5 大沢 17.5 谷上 23.7 広陵 21.8 八多 21.8 こうべ 長尾 15 湊山 23.3 央 37.7 多井畑明親 本多聞明親つつじが丘東須磨長田南御蔵 27.6 蓮池多聞台 23.6 名谷 多聞東 25.4 下畑台 高倉台神陵台 21.9 浜山西脇下畑台 23.8 だいち真陽真野 21 和田岬 24.9 多聞南 西舞子 北須磨駒ケ林 20.5 塩屋北 26.6 千鳥が丘 20.6 若宮 福田西須磨 24.9 舞子千代が丘乙 29.9 兵 23.3 東舞子木 塩屋長 21.3 庫高丸 23.2 震ケ丘 26.6 東垂水区 垂水 27.7 妙法寺 24.9 須磨区 板宿 26.7 北区 泉台 20.8 箕谷 22.9 箕谷 22.9 桂木甲緑 北五葉 20.8 鈴蘭台南五葉 22.7 影 21.4 長田 25 五位の池 23 小部東 平野 ( 兵庫区 ) 27.1 荒田山の手 26.6 夢野の丘湊川多聞 名倉 23.3 会下山湊 31 宮川 27.7 室内兵庫大開 水木 池田 24.2 桜の宮 21.7 田区 筑紫が丘 23 大池花山 花山 22.8 花山 22.8 藤原台 25.7 摩耶 27.3 鹿の子台 25.6 西山 25.6 港島 29.2 唐橿 21.1 美野丘 25.2 有野 25.9 有野東 21.6 有野台 21 六甲山 17.6 西灘 33.3 鶴甲 25.7 六甲 36.9 上筒井福稗田 春日野宮本 なぎさ 20 中央区 港島 29.2 灘 34.7 西 25.3 道場 21.3 有馬 32 高羽 御影北 灘区 向羊 31.2 本山第三 28.7 渦が森 22.5 本山第二 26.8 本山第一 33.6 徳 30.3 御影 御影 魚崎 23.5 本山南東灘 福池 30 六甲アイランド 25.4 東灘区 本 24.7 資料 : 国勢調査 14

15 H22 他県従業率 (%) 凡例 西区 2.5 Ü 平野 ( 西区 ) 2.5 出合 4.7 枝 6 神出 2 玉津第一 4.1 春日台 7.3 高津橋 4.2 美多台 9.3 竹の台 9.5 樫野台 9 10 km 高和 2.7 伊川谷 4.2 有瀬 5.2 台 8 垂水区 井西 7.9 北山 3.9 押部谷 2.3 狩場台 7.8 井東 9.9 長坂 5.7 月が丘 5.6 桜が丘 4.4 櫨谷 3.2 小寺 7.1 東町 11 太山寺 3 菅の台 6.7 木津 4.2 神の谷松尾 西落合 6.2 淡河 2 白川 6 東落合 6.4 花谷 山田 6.9 藍那 竜が台南落合 横尾 8.9 好徳 3.4 北五葉 5.3 鈴蘭台 6.4 星和台南五葉 影 4.5 ひよどり台 4.9 若草ひどり台雀丘 丸山 妙法寺 6 北区 泉台 8 長田 6.8 五位の池 箕谷 14.7 箕谷 14.7 桂木甲緑 小部東 7.3 小部 8.3 谷上 9.8 大沢 4.9 広陵 13.1 八多 長尾 12.6 平野 ( 兵庫区 )7 こうべ 11.2 湊山 5.9 央 9.9 荒田山の手 夢野の丘 5.6 名倉 5.2 宮川 4.6 湊川多聞 室内兵庫大開 水木 7.2 明親長田南御蔵 8 小束山板宿 7 菅の台池田 6.7 多井畑 明親本多聞つつじが丘 8.1 東須磨 8 多聞台 5.2 名谷蓮池 多聞東下畑台 高倉台浜山神陵台西協 7.6 下畑台だいち真陽真野 4.9 和田岬 多聞南 西舞子 北須磨駒ケ林 7 塩屋北 千鳥が丘 8.6 若宮 6 福田西須磨 6.3 舞子 千代が丘 7 乙 東舞子木 塩屋長 9.9 震ケ丘 10.4 高丸 8.3 垂水 9.3 東垂水 6.7 須磨区 5.5 桜の宮 6.1 田区 筑紫が丘 12.9 会下山 6.9 大池花山 花山 11.3 花山 11.3 湊 8.8 庫区 藤原台 9.5 摩耶 12.9 鹿の子台 18 西山 14.8 港島 11.3 唐橿 7.2 美野丘 17.6 有野 10 有野東 4 有野台 5 六甲山 6.1 西灘 11.1 鶴甲 16.2 六甲 14.4 上筒井福稗田 春日野宮本 なぎさ 16.7 中央区 港島 11.3 灘 15.5 西 11.9 道場 10.5 有馬 2.4 高羽 御影北 灘区 向羊 28 本山第三 26.9 渦が森 21.3 本山第二 27.1 本山第一 27 徳 16.1 御影 御影 魚崎 19.3 本山南東灘 福池 22.3 六甲アイランド 29.1 東灘区 本 16 資料 : 国勢調査 15

16 コーホート要因法基準人口生残率純移動率5 歳以上人の5 年の人口人5 年口後口女性人0~30~5 後4 年歳の5 年39 歳の後の口\子0~ど0~性30 も人~4 歳女4 口歳39 歳人性性女口比比将来人口推計の考え方 後16

17 神戸市に関する国の将来人口推計と仮定を変えた場合の将来人口 1 ケース 0 4 歳人口 ( 出生 ) 0 4 歳性比生残率純移動率 総人口 : 社人研地域推計との差 ( 人 ) 1 出生高位 2030 年に TFR1.8 まで上昇に基づく CWR 2030 年以降一定 社人研値社人研値社人研値 103,817 2 出生中位 2030 年に TFR1.5 まで上昇に基づく CWR 2030 年以降一定 社人研値社人研値社人研値 44,847 3 純移動率一定社人研値社人研値社人研値 年の社人研純移動率を 年以降一定で適用 211,942 4 純移動率高位社人研値社人研値社人研値 社人研値 人あたり 1 人転入が増える 85,626 5 若年層のみ最新純移動率 社人研値社人研値社人研値 若年層のみ住基人口 年に対して 国勢調査との差分を加えたもの 若年層以外は社人研値を採用し 全年齢 社人研地域推計同様に移動率を 年にかけ定率で縮減 97,506 社人研地域推計 社人研値社人研値社人研値社人研値 0 注 : 社人研地域推計 社人研値は 日本の地域別将来推計人口 平成 22(2010)~52(2040) 年 平成 25 年 3 月推計 による神戸市の各仮定値 17

18 神戸市に関する国の将来人口推計と仮定を変えた場合の将来人口 年 2015 年 2020 年 2025 年 2030 年 2035 年 2040 年 ( 人 ) 1 出生高位 1,559,735 1,552,558 1,537,577 1,517,745 1,491,547 1,460,373 2 出生中位 1,555,135 1,540,802 1,515,974 1,484,519 1,445,905 1,401,403 3 純移動率一定 1,571,141 1,586,298 1,592,334 1,592,433 1,584,109 1,568,498 4 純移動率高位 1,544,200 1,567,582 1,565,327 1,548,260 1,520,985 1,485,303 1,442,182 5 若年層のみ最新純移動率 1,558,789 1,552,803 1,537,777 1,516,535 1,487,744 1,454,062 社人研地域推計 1,551,558 1,533,473 1,501,306 1,459,932 1,411,298 1,356,556 18

19 小学校区ごとにみた人口変化 ( 年 ) 資料 : 国勢調査 (%) km 19

20 小学校区ごとにみた将来の人口増加率 ( 年 ) 注 : 国勢調査小地域統計 (2005 年 2010 年 ) をもちいた筆者の推計による (%) km 20

21 小学校区ごとにみた将来の自然増加率 ( 年 ) 注 : 国勢調査小地域統計 (2005 年 2010 年 ) をもちいた筆者の推計による (%) km 21

22 小学校区ごとにみた将来の社会増加率 ( 年 ) 注 : 国勢調査小地域統計 (2005 年 2010 年 ) をもちいた筆者の推計による (%) km 22

23 小学校区ごとにみた 歳女性の将来の人口変化 ( 年 ) 注 :2010 年を 100 としたときの 2040 年の値 注 : 国勢調査小地域統計 (2005 年 2010 年 ) をもちいた報告者の推計による km 23

24 神戸市の人口問題は何か おわりに 神戸市 神戸大都市圏として三宮 元町を中心とする独自の圏域であると同時に 京阪神大都市圏の一部 京阪神大都市圏の一部としての意義がより重要になるのでは その枠組みで大阪との役割分担を考える必要がある 少子化や高齢化に関して政令市ができることを明確にする 他の政令市より出生率が低い要因を分析する必要あり 小学校区別の人口分析の使い道を考える 小学校区ごとに課題や目標を設定し 住民と行政が一緒になって実現を目指すことは可能なのか 人口問題の基本的な状況を多くの人で共有することの重要性 24