<4D F736F F D A6589CD90EC82CC8A548BB E63189F19770>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D A6589CD90EC82CC8A548BB E63189F19770>"

Transcription

1 資料 -5 水質汚濁に係るの 類型が指定された河川 ( 水域 ) の水質 鴨川 新川 白川 清滝川 西高瀬川 小畑川 高野川 宇治川 5 岩倉川 旧安祥寺川 桂川 5 山科川 7 有栖川 東高瀬川 8 御室川 7 弓削川 9 天神川

2 鴨川 鴨川 鴨川上流 () 高橋から上流 鴨川上流 () 高橋から高野川合流点まで 鴨川中流 高野川合流点から勧進橋まで AA 鴨川下流勧進橋から下流 B BA A A A A 鴨川の 経年変化 ( 上流, 中流 ) 75 % 水質値 (mg/ L) 鴨川上流 ()( 高橋 ) 鴨川中流 ( 三条大橋 ) 鴨川上流 ()( 北大路橋 ) 鴨川中流 ( 勧進橋 ) 鴨川上流 ()( 出町橋 ) 類型 AA A B C mg/l 以下 mg/l 以下 mg/l 以下 5 mg/l 以下 鴨川の 経年変化 ( 下流 ) 鴨川下流 ( 鳥羽大橋 ) 鴨川下流 ( 京川橋 ) 類型 AA A B C mg/l 以下 mg/l 以下 mg/l 以下 5 mg/l 以下 上流 中流では概ね.5mg/L 以下で推移しており, を連続して達成している 下流については平成一桁台に水質改善が進み, 平成 8 以降は.mg/L 以下 (A 類型 ) の値で推移している

3 () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 高橋 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 < 北大路橋 出町橋 三条大橋 勧進橋 鳥羽大橋 京川橋 地点名 ph 高橋 最小 最大 北大路橋 最小 最大 出町橋 最小 最大 三条大橋 最小 最大 勧進橋 最小 最大 鳥羽大橋 最小 最大 京川橋 最小 最大 地点名 高橋 7.5 以上 北大路橋 9.8 出町橋 以上 三条大橋 勧進橋 7.5 以上 鳥羽大橋 京川橋 5 以上 高橋 5 北大路橋 出町橋 5 三条大橋 勧進橋 鳥羽大橋 5 京川橋 5 高橋.5E.7E 5.7E.E 8.E 5.9E.E.5E.E.9E.E 5.E 北大路橋.7E.9E.E.5E.E.5E 9.E.E.E.E.E.E 出町橋.E.E.E.7E.E.E.E.E.7E.E.E 大腸菌群数三条大橋.9E.E 8.E.E 7.9E.8E.8E 7.5E 9.E 5.5E.E (MPN/mL).E 勧進橋.8E.5E.E.E 8.E.7E.E.5E.8E.8E 8.E 鳥羽大橋 7.5E.E 9.5E 5.5E.5E.E.E 8.9E 9.E.9E.7E 5.E 京川橋 7.7E.8E 7.8E 8.E.E.E 8.E.E.7E.E.E 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

4 白川 白川 白川 A - 白川の 経年変化 白川 ( 下河原橋 ) mg/L で推移しており, を連続して達成している 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 下河原橋 地点名 最小 ph 下河原橋 最大 地点名 下河原橋 下河原橋 大腸菌群数 下河原橋 (MPN/mL).E.E.8E.E.E.8E.8E.7E.E.E.E.E 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

5 西高瀬川 西高瀬川 西高瀬川 C - 西高瀬川の 経年変化 8 西高瀬川 ( 天神橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 を超過することが多かったが, 平成 5 以降は連続してを達成している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 天神橋 地点名 最小 ph 天神橋 最大 地点名 天神橋 天神橋 大腸菌群数天神橋.7E 7.E.E5.5E5.E5.5E5.E.E5.E.8E.E - (MPN/mL) 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

6 高野川 高野川 高野川上流花園川合流点から上流 AA AA 高野川下流花園川合流点から下流 A A.5.5 高野川の 経年変化 高野川上流 ( 三宅橋 ) 高野川下流 ( 高野橋 ) 高野川下流 ( 河合橋 ) 上流では.mg/L 以下, 下流では.5.mg/L で推移しており, を連続して達成している 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名三宅橋 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 < 高野橋 河合橋 地点名 ph 三宅橋 高野橋 河合橋 最小 最大 最小 最大 最小 最大 地点名 三宅橋 高野橋 河合橋 三宅橋 5 高野橋 河合橋 三宅橋.E.9E 5.5E.E 7.E 8.9E.E.E.5E.E 7.5E 5.E 大腸菌群数高野橋.E.E 8.E.E.E.E.E.7E.E.E 7.E (MPN/mL).E 河合橋.E.8E.E.E 7.5E.9E.5E.E.E 8.5E.E 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

7 5 岩倉川 岩倉川 岩倉川 A 岩倉川の 経年変化 岩倉川 ( 千石橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 平成一桁台に水質改善が進み, 平成 7 以降はを連続して達成している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 千石橋 地点名 最小 ph 千石橋 最大 地点名 千石橋 千石橋 5 大腸菌群数千石橋.9E 5.E.E 7.5E.E.E.7E.9E.9E.E.E.E (MPN/mL) 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

8 桂川 桂川上流 渡月橋から上流 A A 桂川 桂川中流 渡月橋から天神川合流点まで B BA 桂川下流 天神川合流点から宇治川合流点まで B BA 桂川の 経年変化 ( 上流 ) 桂川上流 ( 八千代橋 ) 桂川上流 ( 渡月橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 桂川の 経年変化 ( 中流, 下流 ) 桂川中流 ( 西大橋 ) 桂川下流 ( 久世橋 ) 桂川下流 ( 羽束師橋 ) 桂川下流 ( 宮前橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 上流では概ね.5.mg/L で推移しており, を連続して達成している 中流では緩やかな減少傾向がみられ, 平成 5 以降は.mg/L 以下 (A 類型 ) の値で推移している 下流についても, 平成一桁台を中心に水質改善が進み, 平成 5 以降は.mg/L 以下 (A 類型 ) の値で推移している 7

9 () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 八千代橋 <.5. < 渡月橋 西大橋 久世橋 羽束師橋 宮前橋 地点名 ph 八千代橋 最小 最大 渡月橋 最小 最大 西大橋 最小 最大 久世橋 最小 最大 羽束師橋 最小 最大 宮前橋 最小 最大 地点名 八千代橋 9.5 渡月橋 西大橋 久世橋 羽束師橋 宮前橋 八千代橋 渡月橋 5 西大橋 久世橋 5 5 羽束師橋 宮前橋 八千代橋.E.9E.5E.E.E.9E.E 5.E.E.E.E.E 渡月橋 9.7E.5E 9.E.E 5.8E.5E 8.E 9.E.5E 8.E 5.7E 大腸菌群数西大橋.E.E.E 8.E 7.E 5.E 5.5E.E 5.8E 8.9E.E 5.E (MPN/mL) 久世橋.E.7E.E.5E 5.8E.8E 8.E.E.7E.E 9.E 羽束師橋.E.8E.8E.E.E 5.E.9E.8E.E.5E.E 5.E 宮前橋.7E 5.5E.E.E.E 9.E.8E5.8E.7E.E.E 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である 8

10 7 弓削川 弓削川 弓削川 A A 弓削川の 経年変化 弓削川 ( 寺田橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 平成 8 に新たに類型指定した水域である.5mg/L 以下で推移しており, 現行のでみると, 全期間達成している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 寺田橋 <.5.9 < 地点名 最小 ph 寺田橋 最大 地点名 寺田橋 寺田橋 5 大腸菌群数寺田橋 7.E.E.7E 8.9E.E 9.9E.E.5E.5E.E 8.E.E (MPN/mL) 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である 9

11 8 新川 新川 新川 C - 7 新川の 経年変化 5 新川 ( 上久世橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 平成一桁台に水質改善が進み, 平成 9 以降は.mg/L 以下 (A 類型 ) の値で推移している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 上久世橋 地点名 ph 上久世橋 最小 最大 地点名 上久世橋 5 上久世橋 5 5 大腸菌群数上久世橋.E.E.8E.5E.8E.E.E.E.E 8.E.E - (MPN/mL) 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

12 9 有栖川 有栖川 有栖川 B BA 有栖川の 経年変化 8 有栖川 ( 梅津新橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 平成一桁台に水質改善が大幅に進み, 平成 以降は概ね.5.mg/L(A 類型 ) の値で推移している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 梅津新橋 地点名 最小 ph 梅津新橋 最大 地点名 梅津新橋 5 梅津新橋 大腸菌群数梅津新橋.E 9.E 9.8E.E.9E.E.E.9E 7.8E 7.9E.7E 5.E (MPN/mL) 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

13

14 天神川 天神川 天神川上流御室川合流点から上流 A 天神川下流御室川合流点から下流 B BA 8 天神川の 経年変化 天神川上流 ( 原谷川合流点 ) 天神川上流 ( 二条裏橋 ) 天神川下流 ( 西京極橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 特に下流において平成一桁台に水質改善が進み, 上流では平成 8 以降, 下流では平成 以降現行のを連続して達成している 下流では平成 以降.mg/L 以下 (A 類型 ) の値で推移している

15 () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 原谷川合流点 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 < 二条裏橋 西京極橋 * 地点名 ph 原谷川合流点 二条裏橋 最小 最大 最小 最大 最小 西京極橋 * 最大 地点名原谷川合流点 二条裏橋 西京極橋 * 5 原谷川合流点 < < < < < 二条裏橋 西京極橋 * 5 原谷川.E.E.5E 5.5E 8.E.E.9E.5E.8E 5.E.E 大腸菌群数合流点.E (MPN/mL) 二条裏橋.9E5.5E.7E.E.9E.E 7.5E.E.E.7E 9.E 西京極橋 *.E.E.7E.5E.E.5E.E.5E.E.9E 5.E 5.E *: 平成 以前の調査地点は東海道本線下, 平成 は葛野西橋 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である 7.5 5

16 御室川 御室川 御室川 A 御室川の 経年変化 御室川 ( 三宝寺川合流点 ) 御室川 ( 太子道橋 ) 平成一桁台に水質改善が大幅に進み, 平成 以降を連続して達成している 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 三宝寺川合流点 < 太子道橋 地点名 ph 三宝寺川合流点 太子道橋 最小 最大 最小 最大 大腸菌群数 (MPN/mL) 地点名 三宝寺川合流点 太子道橋 三宝寺川合流点 < 太子道橋 三宝寺川 合流点 太子道橋.E.E.8E.8E.8E 9.8E.E.E.5E 5.5E 5.7E.E.E.5E.7E.E 7.E.E.E.9E 7.9E.E.E 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

17 清滝川 清滝川 清滝川 AA AA 清滝川の 経年変化 清滝川 ( 落合橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下.mg/L 以下で推移しており, を連続して達成している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 落合橋 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 <.5 < 地点名 最小 ph 落合橋 最大 地点名 落合橋 7.5 落合橋 5 大腸菌群数落合橋.E.7E.7E 8.E.E 9.8E.E 5.8E.5E.8E.E 5.E (MPN/mL) 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

18 小畑川 小畑川 小畑川上流 A CA 5 小畑川の 経年変化 小畑川 ( 中山橋 ) 小畑川 ( 京都市長岡京市境界点 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 平成一桁台に水質改善が進み, 平成 以降を連続して達成している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 中山橋 京都市長岡京市境界点 地点名 ph 中山橋 最小 最大 京都市長岡最小 京市境界点最大 地点名 中山橋 京都市長岡京市境界点 中山橋 京都市長岡京市境界点 中山橋大腸菌群数 5.E 8.E.E.8E.E.E.E.E.E.E.E (MPN/mL) 京都市長岡.9E 7.E.7E.E.7E.E 9.8E.E 7.E 7.7E.E 京市境界点 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である E 7

19 8

20 宇治川 宇治川 宇治川上流山科川合流点から上流 A A 宇治川下流 山科川合流点から三川合流点まで B B 宇治川の 経年変化 宇治川下流 ( 観月橋 ) 宇治川下流 ( 宇治川大橋 ) 宇治川上流 ( 陰元橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 上流については, 市内に公共用水域常時監視地点がないため上流の宇治市との境界 ( 宇治市側 ) に位置する点 陰元橋 の測定値でみると,.mg/L 以下で推移しており, を連続して達成している 下流についても,..mg/L 前後で推移しており, 平成 以降は.mg/L 以下 (A 類型 ) の値を連続で示している 9

21 () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 観月橋 宇治川大橋 陰元橋 地点名 ph 観月橋 宇治川大橋 陰元橋 最小 最大 最小 最大 最小 最大 地点名 観月橋 宇治川大橋 陰元橋 観月橋 5 5 宇治川大橋 陰元橋 5 観月橋.E.E 8.E.E.E.E.9E.7E 5.E 8.7E.E 大腸菌群数宇治川 5.E 5.E 9.E 8.E.5E.E 8.8E 7.5E.E.E.E.8E 大橋 (MPN/mL) 9.E.E.E.9E.E.E.8E 5.8E.9E.E.E.E 陰元橋 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である 5 5

22 5 旧安祥寺川 旧安祥寺川旧安祥寺川 A - 旧安祥寺川の 経年変化 8 旧安祥寺川 ( 金ケ崎橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 平成一桁台に水質改善が進み, 平成 以降を連続して達成している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 金ケ崎橋 地点名 最小 ph 金ケ崎橋 最大 地点名 金ケ崎橋 金ケ崎橋 5 5 大腸菌群数金ケ崎橋.5E.E.5E.7E.E.E 7.5E.E.E.E 7.E.E (MPN/mL) 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

23 山科川 山科川 山科川上流旧安祥寺川合流点から上流 A - 山科川下流旧安祥寺川合流点から下流 C - 山科川の 経年変化 8 山科川上流 ( 新金ケ崎橋 ) 山科川下流 ( 中野橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 上流では平成一桁台に水質改善が進み, 平成 9 以降現行のを連続して達成している 下流では緩やかな減少傾向がみられているが, 平成 を除きいまだを達成していない () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 新金ケ崎橋 中野橋 地点名 ph 最小 新金ケ崎橋最大 最小 中野橋最大 地点名 新金ケ崎橋 中野橋 新金ケ崎橋 5 中野橋 大腸菌群数新金ケ崎橋 7.E 8.E.E.E.8E.E.E.E.5E.E 9.8E.E (MPN/mL) 中野橋 8.E.E.7E.E.E.8E.9E 7.E 8.E 7.E.E - 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である

24 7 東高瀬川 東高瀬川 東高瀬川 B - 東高瀬川の 経年変化 8 東高瀬川 ( 新竹田出橋 ) 東高瀬川 ( 三栖橋 ) 類型 AA mg/l 以下 A mg/l 以下 B mg/l 以下 平成一桁台に水質改善が進み, 平成 以降は.mg/L 以下 (A 類型 ) の値で推移している () 生活環境 ( 一般 ) の測定結果 地点名 新竹田出橋 三栖橋 地点名 ph 最小 新竹田出橋最大 最小 三栖橋最大 地点名 新竹田出橋 三栖橋 9. 新竹田出橋 5 三栖橋 大腸菌群数新竹田出橋.E.E 9.E.E.9E.E.7E.8E.8E.E.E 5.E (MPN/mL) 三栖橋.E.5E.E.9E 8.E 5.5E 9.5E 5.E.9E.E.9E 基準の評価については日間平均値で行う なお,,, 大腸菌群数の基準は 以下である